ドラパルト 努力 値。 【ダブルバトル】カラマネロ入りワタシラパルト

【ポケモン剣盾】ドラポット叩きパ【ガラルダブル】:蒼宙の会(仮設)

ドラパルト 努力 値

こんにちは、ポケモットです。 ドラパルトは非常に多くの型があり、自身がアタッカーとなる場合も、起点作りのサポート型になることも可能です。 そんな中で今回はリフレクターなど壁貼りサポート型として採用しました。 壁を貼るだけでなく「のろい」で自らダメージを負うことで自主退場が可能なことも非常に優秀です! ドラパルトは型がたくさんあるので、選出画面から相手は型の判別が不可能なことも大きなメリットです。 先に具体的な「調整」だけ知りたい人は、目次のリンクから飛んでみてください。 記事後半では、ドラパルトを逆に相手に使われた時の対策と弱点についても解説しています。 種族値の特徴としては最速クラスの素早さと、高い攻撃力です。 また、特性「クリアボディ」によって相手の「いかく」が入らないため物理アタッカーとしても活躍でき、「すりぬけ」によって相手のリフレクターなどをすり抜けることも評価できます。 そして非常に広い技範囲のため、物理アタッカーはもちろん、特殊アタッカーとしても活躍することが可能です。 個体値については補足説明が書いてない限り、個体値最高として扱います。 H=「ひかりのかべ」「リフレクター」どちらも貼るためにHに努力値を大幅に振りつつ、「のろい」2回で自主退場できるようにH偶数調整。 S=相手の攻撃よりも早くリフレクターなど壁を貼りたいため最速必須。 仮にドラパルトに H252振らなかった場合、無補正C252サザンドラの「あくのはどう」で確定1発=スカーフのサザンドラと対面した場合、ドラパルトは何もできずに退場になってしまう。 そのため、ドラパルトにH252振りも必要。 確実に両壁を貼ることを第一に考え、Cではなく、Hに努力値を振りました。 ちなみに性格を「ようき」にして「ドラゴンアロー」を採用することも考えましたが、初手に出されやすいオーロンゲや、ミミッキュと対面した時にドラゴン技を無効にされてしまいます。 そのため「おくびょう」「シャドーボール」を採用しました。 特性「クリアボディ」の理由 特性「すりぬけ」と迷いましたが、今回のドラパルトはあくまで後続のサポートでリフレクターなど壁を貼ること。 また 「すりぬけ」にすることで、相手の「みがわり」をすり抜けて攻撃するので「みがわり」を壊すことができません。 相手に「みがわり」を残したまま、後続に繋げたく無いので「みがわり」は不採用にしました。 「壁貼り型ドラパルト」の良さ オーロンゲなどの壁貼り要因との決定的な差は、 選出画面からはこのドラパルトの型の判別がつかないことにあります。 オーロンゲを選出画面に入れた場合は、「オーロンゲで壁を貼って、ギャラドスで積むのかな」などと相手に考えられることがあります。 しかしドラパルトであれば、選出画面からは型がバレません。 初手に出した時も、スカーフ型かもしれないし、ハチマキ型かもしれないし、壁貼り型かもしれないと、型を完璧に推測することは難しいです。 相手にバレることなく選出することができることが、壁貼りドラパルトの良さです。 また 「のろい」によって自主退場することができるので、「リフレクター」「ひかりのかべ」のターンを最大限活かすことが可能です。 今回のドラパルトの立ち回り・役割 初手に出し、「ひかりのかべ」「リフレクター」を貼って、「のろい」で退場する。 終わり!笑 まあ本当にそれだけです 笑 一つ気にすることは、相手が仮に「こだわりスカーフ」を持っていてドラパルトよりも先に行動されるかつ、ドラパルトが1撃で倒されること。 サザンドラは「こだわりスカーフ」を持たせていた場合、初手に出てくることも多いので注意しましょう。 サザンドラレベルの「あくのはどう」まで高確率で耐えることができるので、ほとんどの相手に対して仕事ができると判断して良いでしょう。 相手にドラパルトを使われた時の対策としては、以下のことで対処可能です。 耐久力のあるポケモンで受け切る。 (特に水タイプの物理受けポケモンは冷凍ビームなど氷技を覚えることも多いので有効)• ミミッキュで対面で倒す。 ドラパルトは型が豊富かつ、技範囲が広いポケモンなので全ての型のドラパルトを対応することは難しいです。 しかしヌオーやトリトドンなどの水タイプで耐久力のあるポケモンは、ドラパルトのどの技に対しても不利対面になることはありません。 そして、「じこさいせい」も覚えるのでHP管理がしやすく、ドラパルトの相手をすることができます。 また、 ミミッキュであれば、どのようなドラパルトにも対面なら基本的に倒すことができるので、ミミッキュが非常にオススメです。 ) また、ドラパルトは相手のドラパルトに対しても弱いです。 先に動いた方が勝つからです。 そのため、こだわりスカーフを持たせているドラパルト相手には勝つことができません。 先に「りゅうせいぐん」を打たれて負けてしまいます。 今回のドラパルトと同じパーティに入れると相性の良いポケモン バンギラス(積み技持ちポケモン) 今回のドラパルトは壁貼り型で後続のポケモンをサポートする型です。 なので、 積み技を覚えさせているポケモンと一緒に組ませましょう。 特に「りゅうのまい」を覚えるポケモンは「攻撃」「素早さ」どちらも上げることができるので、その後の相手のポケモン全抜きを狙うことも可能です!.

次の

【ポケモン剣盾】最強ドラパルト育成論!わざ、努力値振り、性格など!600族!!✨【ポケモンソードシールド】【ポケモンSWSH】【Pokémon】【攻略】【REN】

ドラパルト 努力 値

もくじ• 【すりぬけ】 相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 【のろわれボディ 夢特性 】 相手から技を受けた時、30%の確率で3ターンの間、その相手の技を『かなしばり』状態にする。 技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 弱点 『2倍』ゴースト、フェアリー、あく、ドラゴン、こおり 耐性 『0. 伝説以外では初の「ドラゴン・ゴースト」タイプの組み合わせで、かくとうとノーマルを透かせるのも魅力です。 ドラパルトは、最も高い攻撃を活かして ようきの最速物理アタッカーにする。 もしくは、 特攻も高いことも活かして、「せっかちorむじゃき」の最速両刀アタッカーにするかの2択になるでしょう。 たまに「突撃チョッキ型」にも遭遇しますが、使いやすさで言えば上記の2択と言えます。 ただ、補助用の技も多く覚えられるため、様々な型が作りやすいですね。 それでは、自分が作成したドラパルトを紹介します。 両刀最速ドラパルトの育成論 特性 【すりぬけ】 相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 弱点 『2倍』ゴースト、フェアリー、あく、ドラゴン、こおり 耐性 『0. 特性は「すりぬけ」一択で、これで対応できる幅が広がります。 個体値は防御系以外のVを目指しましょう。 ドラゴンアローは、威力50の物理ドラゴン技だが、 2回攻撃により「きあいのタスキ」や「ハバンのみ」を貫通しやすいので便利です。 実質威力100のドラゴン技なので、十分な火力も出せます。 シャドウダイブは、 攻撃ターンは何もできないのですが、これがダイマックスを枯らすのに非常に有効です。 威力90の物理ゴースト技なので、十分な火力も出ますね。 単純に弱点を突くために使ってしまうと、交代されて対策されやすいので注意。 とんぼがえりは、ドラゴン技対策で出してくる「フェアリー」や「はがね」などに使います。 だいもんじは、ドラゴン技を半減する「はがね」に有効な技です。 両刀にすることで、より多くのポケモンに打点を持てます。 最後に、どれだけ速くても「ふいうち」で狩られやすいので、「きあいのタスキ」は優先度が高いです。 わざレコード「だいもんじ」の入手方法 わざレコード「だいもんじ」は、ワットショップで購入することが可能です。 ただし、日によってラインナップは違います。 まとめ ドラパルトは、今作で最も対戦で使われることになるであろうポケモンです。

次の

【ポケモン剣盾】努力値の効率的な稼ぎ方とリセット方法【鎧の孤島】|ゲームエイト

ドラパルト 努力 値

特性 すり抜け• 持ち物 食べ残し ドラパルトの強み いっぱいあるんですが、当論で紹介する型に関係するものを抜粋しています• 足が速い 説明不要!終わり!閉廷!• 補助技が豊富 鬼火、電磁波、呪い、身代わり等、 有用な補助技を多く習得します さらに足が速い為、それらの技を相手よりも早く撃つことでその恩恵を活かすことができます 先制鬼火で物理被ダメージを軽減する、身代わりで相手の補助技をいち早く防ぐ、などですね• 身代わりで耐久ポケモンの補助技をシャットアウトしてカモる• 高速鬼火で物理アタッカーの火力ダウンと祟り目の威力上昇の一挙両得 主なコンセプトはこの2つです また「相手の読み次第」という不確定な要素が絡んでくるのであまり前面に出せることではないですが、ドラパルトというポケモンの型がアホみたいに多い為、相手がこのドラパルトに対して最適な行動を取れない可能性が生まれる(物理ドラパルトを警戒してこのドラパルトに不利なアーマーガアを後投げしてくるなど)のも強みになります 調整• 性格 臆病• 持ち物 食べ残し• 特性 すり抜けor呪われボディ• 努力値 H236-B180-S92 HB-無振りナットのジャイロボールをやけど込みで身代わりが確定耐え S-準速スカーフウオノラゴン抜き• 金縛り 身代わりと合わせて使うことで、ドラパルトへの有効打が一つしかないポケモン(悪波FCロトム等)やこだわりアイテム持ちを完封できます ただし金縛りするタイミングにダイマックスを合わせられると大惨事になる(金縛り不発)のでそこは身代わりを様子見で二度貼る等ケアしながら動く必要があります また耐久ポケモンの再生技を封じて泥沼化を防ぐのにも使えます 因みに金縛りはすり抜けでなくとも身代わりを貫通します• 電磁波 鬼火の効かない相手、エースバーンやウインディあたりに祟り目でダメージを出すために撃ったり、あるいは相手のエースの足を奪う手段として• まとわりつく こっちのドラパルトを物理型だと思い込んで飛んで火にいるアーマーガアやドヒドイデなどを拘束して逃がさずに狩れます• 竜の波動 祟り目の効かないノーマルへの打点 元が異常祟り目頼りの型なので、何もしないよりはマシ、程度の火力しか出ません(無情)• 流星群 サザンドラやミラーでなるべく隙を見せたくないのならこちら 無振りサザンドラが81. 3%の高乱数なので、まあ最低限中の最低限、といった感じの火力です• だいもんじ ナットレイは鬼火身代わり祟り目を駆使すればどうとでもなるので、ほぼアイアントピンポ 確定欄の振り方だと放射じゃアイアントが低乱数になっちゃうので、努力値をいじらないのであれば大文字で確定です• 先出しで扱いやすい鋼を出し、格闘を誘っての無償降臨がありえん強くて環境がヤバいでした。 今まさに使ってますが、強いですね。 鬼火クソ外しが怖いので広角レンズで使ってます。 blacky1031 ブラッキーが好きで、ブラッキーと相性の良いポケモンとして鬼火祟り目型ドラパルトがあるということを知り、ここに辿り着きました。 この型のドラパルトって初手出しも強いですし、今シーズンはTOD狙いの受けループが多いのでかなり強いと思います。 素晴らしい育成論だと思います。 特性を呪われボディにして、金縛りの代わりにとんぼ返りにするのはありでしょうか?トンボルチェンで対面操作などができると思うので。 ほとんど警戒されないし、場合によっては一匹で三体ハメることもできました。 ありがとうございます。

次の