エディンバラ空港 ホテル。 エディンバラの送迎付きホテルをJPYから宿泊・予約

エディンバラ空港周辺のホテルを宿泊予約

エディンバラ空港 ホテル

USD 米ドル• EUR ユーロ• GBP スターリング・ポンド• AUD オーストラリア・ドル• CAD カナダドル• BRL ブラジルレアル• BGN ブルガリア・レフ• CNY 中国人民元• CZK チェコ・コルナ• DKK デンマーク・クローネ• HKD 香港ドル• ILS 新シェケル• JPY 日本円• MYR リンギット• NZD ニュージーランド・ドル• NOK ノルウェー・クローネ• PLN ポーランド・ズウォティ• RON ルーマニア・レウ• RUB ロシア・ルーブル• SAR サウジアラビア・リヤル• SGD シンガポール・ドル• ZAR 南アフリカ・ランド• KRW 大韓民国ウォン• SEK スウェーデン・クローナ• CHF スイス・フラン• TRY トルコリラ• UAH ウクライナ・フリヴニャ• THB バーツ 観光名所• Dean Gallery 544• エディンバラ国際会議場 536• ジェフリー・キルト工房 518• マレーフィールド・スタジアム 513• プリンシズ・ストリート・ガーデンズ 510• スコッチウイスキー・ヘリテージセンター 490• ザ・メドウズ 473• ハノーファー・ファインアーツ 466• Museum of Scotland 459• National War musuem of scotland 453• ブラス・ラビング・センター 438• シティーアートセンター 427• エディンバラ・ウェイブリー駅 425• Edinburgh Waverley station 425• Museum of Childhood 402• 王立植物園 368• カールトンヒル 321• ホリールードハウス宮殿 317• The Museum Of Edinburgh 307• インヴァリース・ハウス 288.

次の

エディンバラ訪問

エディンバラ空港 ホテル

次にバスだ。 バスは、以前ご紹介したの、という青いバスが空港と市街地を行き来している。 10分間隔で運行しているので、待つ事無く乗る事ができるだろう。 5で、運転手さんから購入することができる。 普通のバスはお釣りが貰えないのだが、このAir Linkだけはお釣りが用意してあるようだ。 大きなお札しか無く不安な場合は、空港停留所付近の有人の券売所からもチケットを買うことができる その他の乗り場には有人の券売所はない。 また、往復チケットの復路に関しては使用期限が無いので、エディンバラ空港から入ってエディンバラ空港から出る場合は往復チケットを買った方が若干お得な計算になる。 空港から街までは約25-30分ほど。 スーツケースを置く荷物置き場が車内にあるが、大きなスーツケースを置くにはとても力が必要だしなにより大変な置きずらい。 また、乗客のほとんどがスーツケースを持っているため、自分の降りたい駅でスーツケースを引っ張りだせるか不安になる。 また、このAir Linkに関してはディスプレイで駅の名前をアナウンスしてくれるのだが、初めてエディンバラに来る人にとってはとてもわかりにくい。 ウェブサイト上で、どの駅で降りるべきか予習が必須である。 Air Link内は無線Wifiが飛んでいるので、Mapを見ながら降りるのも良い。

次の

エディンバラ空港からエディンバラ市内へのアクセス。

エディンバラ空港 ホテル

人々を魅了してやまない街、エディンバラ 1000年以上の歴史を持つスコットランドの風光明媚な首都は、最も古い都市のひとつでもあります。 キャッスル・ロックの頂上に建つ中世の城や、ストックブリッジに軒を連ねるジョージアン様式のアパートなど、目を見張るような建築物の数々からもその歴史を垣間見ることができます。 美しく存在感のある街エディンバラは、同時に広い範囲に密集した街でもあります。 旧市街のワインド(小道)や路地には古風な自営店や居心地の良いカフェが並び、通りを行く人々の関心を引きます。 さらに、ロイヤル・マイルの雑踏とデザイナーブランドのお店は、より豊かなエリアにもまったく引けを取りません。 近年エディンバラは、8月に開催される2つの主要なフェスティバルでも有名になり、夏になるとがらりとその姿を変えます。 群集の中ではストリート・パフォーマーが芸を披露し、劇場では俳優が舞台の上を歩き回り、街は革新的な芸術で活気づきます。 暖かく賑やかな季節はもちろん冬場も夏場に劣らず楽しめるため、年間を通じていつ訪れても素晴らしい街です。 スコットランドの強い風に吹かれながらホリールード公園でさわやかな散歩をした後には、素敵なバーや心地よいレストランに入りウィスキーで芯から体を温めるのが一番かもしれません。 エディンバラのエリアガイド エディンバラの個性的な各エリアにはどのような名所があるのか、ぜひご覧ください。 ウォーター・オブ・リースが貫く市北部のエリア、ストックブリッジには、ボヘミアンかつビレッジの雰囲気が漂っています。 ここでは、 活気ある街の賑わいとはひと味違った趣を楽しむことができます。 ストックブリッジは、アンティークショップやおしゃれなデリ、流行のカクテルバーなどが数多くあることで有名です。 このエリアには非常に多くのチャリティ・ショップ(慈善目的のリサイクルストア)もあります。 裕福なエリアということもあり、上質な品が出品されるこれらのチャリティ・ショップは、英国でも屈指の売り上げを記録しています。 このエリアにあるインヴァリース ・ パークは、一度は訪れてみる価値があります。 また、スコットランドのキュー・ガーデン(ロンドン)とも称される王立植物園も見逃せません。

次の