マリリン モンロー シャネル。 シャネルのコンセプトと歴史を知ろう|Fashion Work Media

マリリン・モンローからジョニデ娘まで!シャネル N°5 と9人のアイコン【映画に見る憧れのブランド~第2回シャネルその2】:映画に見る憧れのブランド

マリリン モンロー シャネル

マリリンモンローの伝説のエピソードである 「夜は何を着て寝ますか?」の質問に対し「シャネルの5番よ」と答えたインタビューは、なんと 日本の帝国ホテルでのものだったそうです。 この受け答えは有名すぎますが、まさか日本でのインタビューとは驚きでした。 新婚旅行で日本に来た時の言葉 マリリンモンローは当時アメリカで人気だったメジャーリーガーのジョー・ティマジオとの新婚旅行先に、日本の帝国ホテルを選びました。 ふたりが来日した際、あまりにもマリリンの人気が絶大すぎて、相手のジョー・ティマジオが嫉妬してふて寝したというエピソードがあるそうです。 そういえば、以前読んだマリリンモンローの本には、「日本では大勢のファンにもみくちゃにされて怖かった」とマリリンが言っていたと書いてあったので少し残念に思っていたのですが、彼がふて寝しちゃったから気を使ったとも考えられ・・・ないかな。 でご紹介したマリリンの「シャネルの5番よ」の肉声の動画は、1960年4月と出ています。 そう思って見てみるとまさにそんな感じですね、「改めて聞きますが」という。 (本当よ!)」って言ったのかな。 もしかしたら、なんども同じ質問に答えたのかもしれませんね。 しかし、香水を着て寝ている(香り以外は着ていない)って、本当におしゃれな答えですよね。 しかも「香水」じゃなくて「シャネルの5番」とは素敵すぎる答えです。 あの名言が日本の帝国ホテルで生まれたとは、感動です。

次の

マリリン・モンローの名言集(英語付)「シャネル(香水)5番よ」のエピソードも!

マリリン モンロー シャネル

マリリン・モンローはとっても乾燥肌だったそう。 冬場に唇や、ハンドクリームとして使うだけじゃんなく…顔や、全身のボディケアに使っていたみたいです。 また、ベースメイクの下地としてヴァセリンを塗ってから、メイクをしていたんだとか。 ツヤツヤとした綺麗な肌のイメージのマリリン・モンロー。 5 CHANEL シャネル のNo. 5の香水といえば…思い浮かぶのは、マリリン・モンロー! マリリン・モンローが記者に「何を着て寝ますか?」という質問をされた時に、「シャネルNo. また夜寝る前に香水をシュッと吹きかけることは、メリットだらけなんです! 香水はたくさんの香料が混ぜ合わせて作られており、その一つ一つには、リラックスできるアロマ効果があります。 あなたも、マリリン・モンローを真似てCHANELのNo. 1850年にスイスで生まれた、知る人ぞ知る老舗の腕時計ブランドです。 マリリン・モンローだけじゃなく、あの革命家のチェ・ゲバラも愛用していたことで有名です! 華やかで煌びやかな、ドレスや衣装を身にまとっていたマリリン・モンローですが、意外とアクセサリーはシンプルなものを付けています。 小粒のジュエリーがひとつだけ付いたチョーカーだったり、ピアスだったり。 そんなマリリン・モンローが愛用していたMARVIN マーヴィン の腕時計。 どんなデザインを愛用していたかは不明なのですが…MARVIN マーヴィン はミステリアスなブランドとして有名なんです! 全デザイン、8の文字版だけ赤くなっており、その秘密は創業188年を迎える2038年に公表されるとのこと。

次の

シャネルのコンセプトと歴史を知ろう|Fashion Work Media

マリリン モンロー シャネル

こんにちは、映画で美活する映画美容ライターの此花さくやです。 贅を凝らした装いは前年まで続いた世界恐慌の傷跡を払拭するかのよう。 また、遠くを見据えるシャネルの姿は第二次世界大戦の影が忍び寄る時代に、 男性に依存せず自分の人生を切り開く女性を体現しています。 当時は香水の広告は存在しなかったといわれており、シャネルがメディアでも時代を先駆けていたことが伺えます。 先述の逸話が生まれた時のマリリンは26歳で、映画界で本格的にブレイクする前。 1950年の『アスファルト・ジャングル』や『』の脇役で注目を集め、翌年には第23回アカデミー賞授賞式のプレゼンターを務めた頃でした。 その後、1953年の『』『』『』に主演し、セックスシンボルとして名を馳せました。 「明るくてハッピー、 保守的な上流階級の完璧な女性」を表現していました。 そんなイメージを打ち破り若い女性にアピールしようと起用されたのが、モデルとして活躍していた アリ・マッグローでした。 その後、(1972年)で共演したと結婚して(1978年に離婚)60年代~70年代を代表する女優に成長。 翌年には『』(1964年)で狂気の女を、『』(1967年)では妖艶な若妻を演じ、演技の幅を広げるとともに フレンチエレガンスを代表する顔となりました。 スローガンもキャッチコピーもない1972年の広告は、真のエレガンスは言葉を必要としないことを世界に知らしめました。 カトリーヌのエレガントな広告もこの成功の要因となりました。 (1981年)の ボンドガール役が有名ですが、フランスを中心に50本以上の映画に出演しており、1989年の『美しすぎて』では セザール賞主演女優賞も受賞している実力派です。 真っ赤なシャネルスーツにマトラッセを抱えたキャリア風の女性が、自らスポーツカーを運転して男性に会いに行くという リドリー・スコットが監督したCMも話題に。 80年代に社会進出した新しい女性像を反映しています。 ミュージカル映画(2001年)でゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞、続く 2003年 でも ゴールデン・グローブ賞主演女優賞とアカデミー主演女優賞をW受賞するなど、各国の賞を総なめ。 このCMで「 誰にも私の夢を壊させないわ。 (2009年)で彼女が演じたのは、 強さのなかにいじらしさを見せる新しい解釈のココ・シャネル。 当時のブラッドは私生活では アンジェリーナ・ジョリーと婚約。 (2008年)と(2011年)でアカデミー主演男優賞ノミネートされるなど演技力も評価されていました。 カール・ラガーフェルドはブラッドの起用について「商業的な理由を超えたもの。 シャネルの新しいステートメントだ」と語りましたが、商業的にもこのキャンペーンは大成功。 俳優 ジョニー・デップと、シャネルの香水「COCO」やシャネルバッグのミューズを務めた ヴァネッサ・パラディの愛娘です。 「私の性的指向は流動的」とインタビューで答えLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)運動に参加するなど、私生活から自身のセクシュアリティまでSNSで積極的に発信するリリー。 現在公開中のではモダンバレエの始祖イザドラ・ダンカンを演じ、その圧倒的な存在感が光っています。 オリジナルの香りを守り続けながらも、社会や男性に媚びない 時代をリードする新しい顔をアイコンとして登用してきました。 それはまさにココ・シャネルの生き様そのもの。 「 わたしの成功の秘密。 これらはアリアドーネの糸のように、わたしを人生の困難から抜け出させてくれた」ココ・シャネル。 【参考】 東洋経済「シャネルの戦略 究極のラグジュアリーブランドに見る技術経営」 長沢伸也/杉本香七 徳間書店「ココ・シャネル99の言葉」 酒田真美 [PR] 此花さくやプロフィール 「映画で美活する」映画美容ライター/MAMEW骨筋メイク(R)公認アドバイザー。 洋画好きが高じて高3のときに渡米。 1999年NYファッション工科大学(F. T)でファッションと関連業界の国際貿易とマーケティング学科を卒業。 卒業後はシャネルや資生堂アメリカなどでメイク製品のマーケティングに携わる。 2007年の出産を機にビジネス翻訳家・美容ライターとして活動開始。 執筆実績に扶桑社「女子SPA!」「メディアジーン」「cafeglobe」、小学館「美レンジャー」、コンデナスト・ジャパン「VOGUE GIRL」など。 海外セレブのファッション・メイク分析が生きがいで、映画のファッションやメイクHow Toを発信中!.

次の