いきなり ステーキ 倒産。 いきなりステーキ、出店し過ぎで大赤字。いきなり破産か?ペッパーフードサービス

【いきなりステーキ】いきなり倒産か!?愚かな社長の愚行とは!?

いきなり ステーキ 倒産

1g単位でステーキを注文でき、「立ち食い」というスタイルで気軽にステーキを楽しめるとして、2013年12月の銀座1号店オープン以来急速に店舗を拡大し、、2016年には100店舗、2019年には400店舗を突破しています。 また、最近は海外にも出店しています。 いきなりステーキは、「株式会社ペッパーフードサービス」が運営しています。 同社は、その前身となる「有限会社くに」を1985年に事業を開始して以来、長きに渡ってステーキを専門に扱っています。 1994年に「ペッパーランチ」を開業し、事業拡大に合わせて1995年に今の会社となりました。 ペッパーランチは今も営業していますし、それ以外にもいくつかステーキを中心・専門としたレストラン事業を運営していますが、今は会社の売上の8割以上を「いきなりステーキ」が占めています。 「いきなりステーキ」=「株式会社ペッパーフードサービス」と考えても大きな問題はないでしょう。 まさに「大量閉店」の状態です。 2020年1月以降で489 店舗の内44店舗を閉店することを発表し、業績も悪化しています。 6億円から-7. 3億円と27. 9億円も減額しています。 合わせて2019年12月期第3四半期会計期間に減損損失 1,685 百万円を特別損失として計上することも発表しています。 純資産が37億円前後なのに対し、純利益が-7億円なので、近いうちに倒産してしまうのではとの噂まで広がっているのです。 いきなりステーキの業績悪化は、少し前から噂されており、社長が直々に来店数の減少を呟くなど前兆はありました。 それが今回の発表を受けて広く世間に周知されたことになります。 この業績の悪化を受けて、いきなりステーキファン達はが店舗に殺到していますが、それには同社の「肉マネー」が関係しています。 肉マネーとは、同社が発行しているプリペイドカードです。 いきなりステーキで付与される「肉マイレージ」というポイントが溜められ、ランクアップに応じて特典が得られるだけでなく、チャージの段階でもボーナスが付与されるなど、多くのメリットがあります。 そのため、いきなりステーキファンの多くが愛用し、肉マネーをチャージしていたのですが、今回の大量閉店騒動も相まって、肉マネーの消費が進んでいます。 近所の店舗が閉店し、今後同社が倒産するようなことがあれば、チャージしていたポイント(肉マネー)がムダになってしまうためです。 ですが、残念なことにそれによりさらなる業績の悪化を招いているとも考えられます。 ポイント(肉マネー)の消費によって店舗に人が殺到すれば、現金による収入は得られないため、会社としてはさらに資産を減らす結果となってしまいます。 今後の株価と倒産の危機は? この業績の悪化を受けて、いきなりステーキを運営している株式会社ペッパーフードサービスの株価は大きく下がっています。 また、その後も株価の下落は進み、12月27日時点で1,290円まで株価は下がっています。 ですが、もう少し長い目で見るとペッパーフードサービスの株価にはさらに興味深いものがあります。 その後、緩やかに株価は下がり続けています。 今回の閉店騒動の遥かに手前から、いきなりステーキの業績は悪化していたのでしょうか。 ですが、株価をよく見てみるとさらに面白いことがわかります。 これらと比較するだけでも「いきなりステーキ(株式会社ペッパーフードサービス)」の株価が非常に割高であることがわかります。 業績悪化に加え、そもそも株価が不自然に割高なのです。 個人的な私見を述べれば、今後も「いきなりステーキ(株式会社ペッパーフードサービス)」の株価はまだまだ下がることが予想されます。 倒産の噂もあり、実際に私の周りでも空売りを検討する投資家が出始めています。 身近な存在であるいきなりステーキの閉店はインパクトが大きく、肉マネーの使い切りなどにも頭がいきがちですが、投資・資産運用をするのであれば、ニュースから、株価や財務諸表にまで目を向けられるようになると良いかもしれません。

次の

いきなりステーキが倒産??みんなの評判や反応は?|ブログと育つ

いきなり ステーキ 倒産

Contents• いきなりステーキがいきなり倒産の危機に?一体何があったのか いきなりステーキ 日立 ワイルドステーキ 帰り遅くなり… この時間ステーキを食べちゃった😁😁👍 ご馳走様でした 💖 — aja aja0816 Twitterではいきなりステーキを食べたという人は手軽にというより、ちょっとしたご褒美として食べている印象が強いイメージでした。 もしかするといきなりステーキの値段感だとしても、最近の一般消費者にとってはちょっとしたご褒美レベルの物なのかもしれません。 そうなると、日頃からステーキ食べようという習慣はなかなか根付きませんよね。 それではその他にも経営不振の理由について見ていきましょう。 実は画像を見てもらえればわかるように、いきなりステーキ(ペッパーフードサービス株式会社)の売上高は2018年初旬ごろから落ち始めており、中旬ごろからはマイナスの売上高となっています。 それだけお客離れが激しいことが見て取れますね。 先ほど話したようにお客がステーキに対して飽きがきてしまったことの要因の一つが、ファミレスなども安価のステーキを提供するようになり、どこでも安価にステーキが食べられるようになったことのようです。 最初はいきなりステーキくらいでしかお腹いっぱい安くステーキを食べられませんでしたが、外食するためにお店に入れば比較的どこでも食べれるようになると、それは飽きがきてしまうのも仕方ないですよね。 お笑い芸人にも一発屋で終わってしまうようなブームのネタがあったりしますが、今回のいきなりステーキも最初は話題性で通っていたお客さんが飽きて行かなくなってしまった、というのがシンプルに経営不振の理由でした。 簡単に真似されてしまう魅力があだとなった いきなりステーキが出店した当初は、日本にはステーキを日常から食べるという文化がなく、比較的安価にステーキが食べられることが衝撃的でした。 安いものだと1,600円前後でお腹いっぱいステーキが食べれるのですから、それは魅力的ですよね。 しかし、脂っこいものばかり食べるともたれてしまったり、気持ち悪くなりやすいのが日本人の特徴です。 頻度高くステーキを食べるということ自体が日本人の体に合わないのかもしれません。 そして、「安く食べることができる」というのは簡単に真似されてしまう手法なんですね。 量を提供できれば安く売っても利益が出るというやり方は、ファミレスやその他のステーキ店でも簡単に真似することができてしまうのです。 何かいきなりステーキにしか無い魅力が他にあったのであれば別ですが、同クオリティのお肉を同じ値段感で食べれるのであれば、別にどこでも言い訳ですよね。 他のお店と比較して格別にお肉が美味しい!などの価値があれば別かもしれませんが、そこまでの差別化はやはりできてませんでした。 値上げも客離れの大きな原因に? お客さんの飽きや他のライバル店(ファミレスなど)が真似をしてきたなどの理由の他に、単純に値上げをしたことも客離れの原因と見られています。 安さを売りにして店舗拡大する外食産業がまず目の当たりにするのが、人の確保です。 お店を増やすのはいいのですが、なかなか良い人材を雇うことが難しく、アルバイトも全然集まらない始末。 そうすると給料を上げて働き手を集めるしか無いので、必然的に商品の値段を上げざるえないのです。 また、値上げをすることで今まできていたお客さんは離れていくため、さらに単価を上げてマイナスを補おうとする、そうすると陥るのが完全なる負の連鎖。 値上げが数十円と小さかったとしても、お客さんはしっかり見ているんですね。 特に常連で通っていた人はそういった部分に非常に敏感です。 値上げせざるえない状況が、現在の営業不振に繋がっていることは間違いなさそうですね。 いきなりステーキ経営不振で倒産覚悟?社長自らがお客に頭下げて集客するひどい始末! いきなりステーキ渋谷店。 でも客が来なくなって赤字だから、このままだと店を畳むぞ~。 年末にかけて、いきなりステーキの社長がお客さんにお願いするという始末。 これはちょっと酷すぎますよね。。。 残念な社長のコメント 皆さん食べにきてください。 でないとたくさん出店したあなたの周辺にあるいきなりステーキのお店を閉めざるえません。 だから、お願いだから食べにきてください。 簡単に言うとそんな内容が書かれた文章と一緒に社長の写真が添えられています。 この内容を本当に社長が書いたのか?アルバイトの思いつきでは?ということも考えられますが、それにしても酷すぎる内容。 近くのいきなりステーキがなくなっても困るのはそちらであって、そもそも行く気も無い一般人にとってはなんのデメリットも無いのでバカ丸出しといった感じです。 流石にここまで規模を拡大してきた会社の社長です、こんな頭の悪い文章を書くとは考えにくいのですが、こちらがバズってしまっているんですね。 逆に悪い影響を与えかねないこちらの画像、今後の経営不振はさらに進むのではないかと考えられます。 この2年で株価は大暴落 こちらの画像は売り上げでなく、ペッパーフードサービス株式会社の株価の過去5年を見ています。 2017年末は7,000円を越えていた株価ですが、そこから大暴落を続けなんと今現在は1,320円となってしまっています。 たったの2年で6,000円近くも値下がりするとは、これは会社が倒産するのも時間の問題かもしれませんね、、、 株主もカンカンなことが予想されます。 もし株を持っていると言う方がいれば、1日でも早く損切りしてしまうことをお勧めしますね。 それでも一度はここまで大きな会社に成長させた社長の実力は確かですので、ここからの挽回が腕の見せ所なのかな、という風にも考えられますね。 今後経営コンサルなど外部の実力ある人間からのアドバイスで大きく経営改善する可能性もあります。 あとは、肉マイレージも潰れる前に使い切らなければ損!みたいな考えも散見されましたね。 かなりのスピードと勢いで国内に店舗数を増やしていったので、今そのツケが完全に回ってきている感じです。 バカみたいだなぁ。 こんなん見たらよほどの狂信者以外はもう店に来ないよ。 つーか、今月市内に何故かいきなりステーキが開店するんだけど、開店早々からこんな張り紙を見ることになるのか? — 山口結菜 SX1000 この張り紙で、社長をバカだと思う人がかなり多いですね。 流石に経営を知らない素人が見てもこの内容は呆れると言うか、頭が悪いのかなと疑ってしまいます。 それ以前に、この内容を公表することに対して止めが入らなかった幹部人もかなり心配ですね、、、 まとめ ちなみに私は、赤字からのV字復活銘柄への投資が好きです。 しっかり現状分析して、対策している飲食メーカーは立ち直り、黒字化。 株価も上昇してます。 このままだと誰がどう見ても倒産という結末に陥りそうです。 もしくは、この経営不振を見た大手飲食店の会社が買収して立て直すと言うことも考えられます。 ペッパーフードサービス株式会社も上場企業でかなりの規模がある会社です、社員数も相当数いると思われますので倒産というのは流石に免れなければならないですよね。 この画像を見ていきなりステーキ行かなきゃ!と思う人はほぼいないかとは思いますが、今後どうなるか追って見ていきたいと思います。 以上、いきなりステーキ倒産危機?経営不振で社長がお客にお願いする始末!をお送りしました。

次の

いきなり倒産!いきなりステーキ破産へまっしぐらへ!?

いきなり ステーキ 倒産

もともと11月半ばには 急すぎた店舗拡大により 出店計画の見直しを余儀なくされており、44店舗の閉鎖を発表していたのだが、ここに来て突然年末年始で全国26店舗の店じまいをすることを随時発表しているのである。 しかも、その中には今年4月にオープンしたばかりの「浜松三島店」や、満を持して投入した牡蠣を売りにする「虎ノ門店」「銀座六丁目店」も対象となっており、改めて 事業の無計画さと 顧客の求めるモノとのミスマッチングさが浮き彫りとなった形です。 この凋落ぶりには、SNS上でも、今のうちに行っておかないと、潰れてしまうかもしれないという危機感が募り、いきなり!ステーキ独自の電子マネーである 『肉マネー』が、さながら令和の取り付け騒ぎのように拡大しているのである。 この騒動により、いきなり!ステーキは肉を売っても売っても、キャッシュインフローが期待できず、このままいけば本当に倒産しかねないとも言い切れない状態なのである。 そもそも、以前も取り上げたように、いきなり!ステーキの根本的な問題は、 顧客が求めるモノとのミスマッチを受け止めることができないワンマン経営者によって経営が牛耳られているという状況です。 私は、いきなり!ステーキに行って、割高な値段を払って脂身の肉を食べたいとは思いませんし、ましてやステーキを食べに行こうとしているのに、牡蠣を勧められても、今はそんな気分じゃないとしか思えません。 ショートケーキが食べたくて和菓子屋に行く人が居ないように、牡蠣が食べたくてステーキ屋に行く人はいないでしょう。 コンセプトがブレブレだから、わずか8か月で閉店することになってしまうのです。 そして、同社は、 経営判断のお粗末さを従業員やユーザーに責任転嫁し、昭和以前の誤った根性論と偏った価値観を押し付けているに過ぎません。 この前の貼り紙騒動で完璧に顧客に見放された感はありますね。 ちょっと考えれば分かりそうなものですが、 リアル店舗での顧客相手のビジネスで、炎上商法はあまり得策ではありません。 2014年頃から、外食界の王者であるマクドナルドが深刻な客離れに窮したことがありました。 元々は、チキンナゲットに使用されていた鶏肉の消費期限が切れていた問題など、闇の部分が明るみになったことが原因でした。 しかもこの頃のマクドナルドは、あろうことか高級路線のバーガーの販売を連発し、顧客のニーズに応えることができていませんでした。 しかしその暗黒期を乗り越えて、今はまたそれなりの価格で期待通りの味を提供してくれる、安定したバーガーショップに戻ってきたのです。 マクドナルドにも、いきなり!ステーキにも割高でも通うという客層は皆無であり、高いなら同じ値段でもっとマシな店に行くか、もう少しお金を出して、もっとおいしいハンバーガーやステーキを味わいたいと考えるのが普通です。 今回も倒産の危機が迫っていて、 今までチャージしてきた『肉マネー』が紙くずになるのが許せないというがめつい客層が騒いでいるのであり、肉マネーが無ければ、いきなり!ステーキは見向きもされず深刻な客離れが加速していったことでしょう。 まあ、肉マネーが無ければ、いきなり!ステーキはタダで肉を振る舞うこともなかったので、どちらが良かったのかは何とも言えないところですがね・・・ どちらにせよ、今の段階で同社には投資冥利があるとは思えず、業績改善の最善の一手は『社長の交代』ということになるでしょう。 外食産業に投資したいのであれば、大炎上して倒れかけのステーキ屋より、不死鳥のごとくよみがえったマクドナルドの方が長期的に見て投資冥利があると私は思います。 もちろん、本部に収益を搾り取られる運命にある日本マクドナルド 2702 ではなく、元締めとなる米国のマクドナルド MCD の方ですけどね。 日本の外食産業に投資するということは、 10円の値上げにも過剰に反応する貧乏人と、 タダ飯を食べるためにわざわざ一単元だけ投資して、投資先の利益を圧迫する乞食個人投資家との醜い争いであるということを肝に銘じておく必要があるでしょう。

次の