東芝 企業 年金 基金。 全国の企業年金一覧(50音順)

東芝:プレスリリース (2003.10.17)

東芝 企業 年金 基金

年金は大きく公的年金と私的年金がある。 公的年金は安定した生活の支えとして、確定給付型で 組立てられることが多い。 公私を問わず、かつての年金の支払い制度は受け取る 側にとっては、将来の生活設計が立てやすい確定給付年 金だった。 経済成長の低下、人口構成の変化によるGDPの縮小が 予想されるにいたり、確定給付年金は将来にわたって維 持することが困難な情勢が明らかになった。 資金の運用環境が不安定になり、年金債務に対する積 立不足分の負担が大きくなった(過不足の想定が困難な) 結果、国の年金制度を代行する厚生年金基金の解散もす すんだ。 厚生年金基金の解散、適格退職年金制度の解消にとも ない、企業年金基金を設定する(切り替える)企業が増加。 国の代行部分の負担はないものの、企業年金基金も確定 給付型による年金債務の不足分の負担が大きなものとなり、 確定拠出型への切替がすすむ。 11万人対象、国内最大級に 2014年10月7日 日経ビジネスオンライン 清水 崇史 東芝が運用成績によって受取額が変わる確定拠出型企業 年金の導入を検討していることが、本誌の取材で分かった。 年金運用に伴う中長期の財務リスクを減らすとともに、 運用手法を従業員自らが広く選べるようにする。 対象者は 約11万人と、NTT(9万人)を超え国内最大規模となる見 込み。 現行の企業年金は、あらかじめ将来の給付を約束した確定 給付型になっている。 現行制度は残しながら、2015年4月以 降、将来部分の掛け金に確定拠出型を取り入れたい考え。 年内に労働組合に提案する見込み。 確定拠出型では従業員一人ひとりが運用方法を選ぶ。 株式 や債券、現預金などを組み合わせるのが一般的だ。 各資産の 配分比率で運用成績が変わるため、年金の受け取り額も変動 する。 景気拡大時(資金運用環境が良いとき)は企業の年金 資金の負担がなく、加入者も多額の受給額を手にできる 魔法のような制度だった。 運用が厳しくなれば、受け取ることができる年金額は 当然減少した。 経済成長の成果がダイレクトに反映する確定拠出型の年 金制度は、加入者が運用方法を選択できる経済知識が必要 となる。 スウェーデンでは公的年金制度に確定拠出年金を取り入 れるにあたり、教育・研修をセットした。 年金運用手法の選択と資金運用に関する教育・研修はセッ ト。 大きな経済成長が望めない日本。 為替影響はあるものの、海外運用へのシフトが進むことが 想定される。

次の

東芝ビジネスパートナー厚生年金基金−年金なび

東芝 企業 年金 基金

年金は大きく公的年金と私的年金がある。 公的年金は安定した生活の支えとして、確定給付型で 組立てられることが多い。 公私を問わず、かつての年金の支払い制度は受け取る 側にとっては、将来の生活設計が立てやすい確定給付年 金だった。 経済成長の低下、人口構成の変化によるGDPの縮小が 予想されるにいたり、確定給付年金は将来にわたって維 持することが困難な情勢が明らかになった。 資金の運用環境が不安定になり、年金債務に対する積 立不足分の負担が大きくなった(過不足の想定が困難な) 結果、国の年金制度を代行する厚生年金基金の解散もす すんだ。 厚生年金基金の解散、適格退職年金制度の解消にとも ない、企業年金基金を設定する(切り替える)企業が増加。 国の代行部分の負担はないものの、企業年金基金も確定 給付型による年金債務の不足分の負担が大きなものとなり、 確定拠出型への切替がすすむ。 11万人対象、国内最大級に 2014年10月7日 日経ビジネスオンライン 清水 崇史 東芝が運用成績によって受取額が変わる確定拠出型企業 年金の導入を検討していることが、本誌の取材で分かった。 年金運用に伴う中長期の財務リスクを減らすとともに、 運用手法を従業員自らが広く選べるようにする。 対象者は 約11万人と、NTT(9万人)を超え国内最大規模となる見 込み。 現行の企業年金は、あらかじめ将来の給付を約束した確定 給付型になっている。 現行制度は残しながら、2015年4月以 降、将来部分の掛け金に確定拠出型を取り入れたい考え。 年内に労働組合に提案する見込み。 確定拠出型では従業員一人ひとりが運用方法を選ぶ。 株式 や債券、現預金などを組み合わせるのが一般的だ。 各資産の 配分比率で運用成績が変わるため、年金の受け取り額も変動 する。 景気拡大時(資金運用環境が良いとき)は企業の年金 資金の負担がなく、加入者も多額の受給額を手にできる 魔法のような制度だった。 運用が厳しくなれば、受け取ることができる年金額は 当然減少した。 経済成長の成果がダイレクトに反映する確定拠出型の年 金制度は、加入者が運用方法を選択できる経済知識が必要 となる。 スウェーデンでは公的年金制度に確定拠出年金を取り入 れるにあたり、教育・研修をセットした。 年金運用手法の選択と資金運用に関する教育・研修はセッ ト。 大きな経済成長が望めない日本。 為替影響はあるものの、海外運用へのシフトが進むことが 想定される。

次の

東芝:プレスリリース (2003.10.17)

東芝 企業 年金 基金

東芝の企業年金基金については厚生年金基金だったJALと異なり既に確定給付企業年金になっており、会社にとって大きな負担にはならないような設計になっています。 >ググると元金分は確保されるらしい、JAL破綻の際 OBは3割カットだったとの情報を得ました。 これは財政状況を示す決算書を見ないと分かりません。 あなたの場合は基金に連絡すれば決算資料を見ることができますので基金の(会社のではない)貸借対照表を確認すべきです。 仮にカットとなる場合、途中で支給打ち切りというケースがありました。 東芝の場合ですと保証期間の19年以降が支給打ち切りという可能性があります。 というのは企業年金基金における保証期間付き終身年金は法令上保証期間で60歳時の一時金相当額にあたる年金資産を使い切る設計になるからです。 JALの場合は厚生年金基金だったものを代行返上して残った資産や加算年金部分を基金型確定給付年金(企業年金基金)として継続していましたが、給付の利率が高いままだったため損失が膨らみそれを会社本体が補填したため経営破綻に陥りました。 会社再建の条件として企業年金の給付利率を下げることになったため年金額が大幅に減ったという経緯があります。 早い話、高すぎた年金額を世間並みの妥当な水準に戻したという事です。 東芝の企業年金が基金型か規約型かで違ってきます。 基金型ならJALと同じ様なことになる恐れはありますが規約型(金融機関に運用を委託している)のであれば無理な給付の利率で運用はしていないので基金型よりマシでしょう。 しかし規約型でも会社本体が危機になり、会社が金融機関に拠出する掛金が減るようなことになると全体の運用益も下がるので企業年金も下がる可能性は無いとは言えません。 とは言ってもあくまでも可能性の話であり、個々の企業年金で状況は違いますから何とも言えませんね。

次の