ブラック ペアン 4 話。 ドラマ ブラックペアン 1話~最終回の動画フル無料視聴!Pandora/Dailymotion/フリドラ動画配信・DVDレンタルサイト最新情報

ドラマ『ブラックペアン』<第1話>見逃し無料動画4月22日

ブラック ペアン 4 話

高階(小泉孝太郎)はスナイプに関する論文を着実に進めていたが、論文の最後に記す研究の最高責任者の名前をどうするか、悩んでいた。 この論文が外科学会理事長選の行方を左右するとあって、論文が掲載される日本外科ジャーナルとの太いパイプを持つ佐伯教授(内野聖陽)と帝華大の西崎教授(市川猿之助)による闘いは、最終局面を迎えていた。 そんな時、高階は帝華大時代に担当していた僧帽弁閉鎖不全の子供の患者を東城大に転院させる。 血液が固まりにくい症状で出血を伴う手術は不可能ということもあり、高階は佐伯教授にスナイプ手術の実施を頼み込む。 佐伯教授は渡海(二宮和也)を執刀医に指名。 ところが、あろうことか渡海は指名を断ってしまう。 それどころかスナイプ手術に舵をきった佐伯教授を厳しい言葉で攻め立て、そばにいた世良(竹内涼真)も止める術がない。 ついには、佐伯を激怒させてしまう。 渡海は今後の手術に一切関わらないよう言い渡され・・・。 引用元:「ブラックペアン」公式ホームページwww. tbs. 中々出来ることじゃないですよね・・・。 それでも10歳の少女はきっと助けてくれるはず!!最後には渡海が・・・。 高階もどう動くのか注目ですね。 そこへ、看護師長の藤原が、自分が患者さんの診断書を持っていたと呼びに来る。 慌ててこっそり元に戻す花房。 藤原の表情は曇る。 会議室では、高階の要請でスナイプを20台導入することになった。 東城大学では、スナイプを使用する手術をするようになっていった。 高階の論文も着々と進み・・・。 ただ、末尾の名前で悩んでいた。 高階は、佐伯に論文の末尾を約束し、西崎に拒否された小春ちゃんの手術を東城大学で行うことが出来るようになったのだった。 佐伯は渡海を執刀医に命じた。 しかし渡海は 「 お断りします」 と断った。 渡海は「 あのスナイプじゃ、このオペは不可能ですよ。 ま、それでもどぉーしてもやってくれっておっしゃるんだったら、佐伯式でやれとご指示いただけますか。 」 と。 佐伯の表情は険しくなる。 黒崎は、佐伯は佐伯式では難しいと判断したとし、「 命令だ」と強い口調で渡海に言った。 渡海「 あぁ、じゃここは佐伯外科ではなく高階外科だったんですね。 俺がいた佐伯外科では、僧帽弁手術は全て佐伯式で行ってきました。 こんな真新しいおもちゃが出てきたところで、誰もすぐ、乗り換えることはしませんでしたよ。 みなさんも大したもんだ。 最初はあれだけ反対していたのに今じゃ・・・。 スナイプスナイプ。 熱心にお勉強されてるようで。 」 渡海は、しゃべりながら佐伯の方へ歩いて行き、「 口を慎め!」と言われてもさらに続け・・・ 「 今まで難しいオペと全て向き合い、それを全て成功させて来られたそれが佐伯清剛という男であり佐伯式じゃないんですか? その佐伯式は無理で、スナイプだったらできるというその判断!」 渡海は首をかしげ、 「 負けですよね?それ。 もう使えないんだったらくださいよ。 ブラックペアン」 と言い放ち去ろうとすると、佐伯が立ち上がった。 佐伯は、自分とブラックペアンをコケにするならそれ相応の覚悟があるんだろうと、渡海の名札をとり、投げ捨てた。 そして「 お前は必要ない。 出ていけ」と告げた。 渡海はニヤッと笑い 「 教授命令でしたら」 と名札を踏み、部屋を出て行った。 世良は、渡海に荷物を整理して出て行くように伝え、上からの命令で仮眠室の渡海の荷物を運び出した。 医局へ運んでいるところ、「 これも運んどいて」と猫田も自分の荷物を乗せた。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 守屋病院長は、帝華大学の西崎とともにジョギングをしていた。 守屋は、佐伯と渡海の一連の騒動を西崎に教えていた。 そして、佐伯式も崩壊に近いと言い、西崎が理事長選に当選するような口振りをする。 その暁には、帝華大学の系列の病院を一つ任せると言われ、お礼を言う守屋。 深々と頭を下げた。 花房は、先輩看護師から渡海に渡して欲しいと資料を渡され、花房は持って行った。 すると、渡海は、炊き立てのご飯を「 食う?」と差し出し、遠慮する花房。 しかし、「 ぐうぅ~」とお腹が鳴り、頂くことに。 花房は、お米の美味しさを改めて感じていた。 そこで、レントゲン写真を思い出しながら渡海を見ていた。 一方、高階は、小春ちゃんの手術のシュミレーションを何度も行っていた。 その手術の難しさを物語っていた。 世良は、そんな高階を心配していた。 高階は、論文を仕上げる前に、どうしても5%しかない成功率であっても、小春ちゃんを助けたかった。 その頃、治験コーディネーターの木下と佐伯はラーメンを食べながら、小春ちゃんの手術を受け入れた代わりに、論文の末尾に書かれるのは自分だという話をしていた。 そこへ、渡海から木下に電話がかかってくる。 渡海は、木下に一つ頼みごとをした。 高階は、小春ちゃんの手術まで日がなく、焦りを見せていた。 病室で眠っている小春ちゃんを見つめながら、思い出していた・・・ 《回想》 「小春ちゃんのことは、先生が必ず治す。 約束だ」 そう言って、小指を出す高階の小指に、小春ちゃんは両手で握りしめ 「約束」 と無邪気な笑顔で笑っていた。 高階は、たまらない思いでベッドの傍にいた。 世良は、高階はスゴイという話を垣谷にしていた。 垣谷も、最初こそいい印象は持っていなかったが、誰よりもタフだと尊敬していた。 その時、電話が鳴り、患者さんが急変し緊急オペを必要とした。 スナイプ手術を行おうとしていたところ、心臓に菌の塊があることに気づいた高階。 これでは、スナイプを挿入した時点で、菌を潰し拡散してしまうことから、スナイプ手術は無理だと判断。 佐伯式しか方法がなかった。 しかも、その患者は佐伯の患者だった。 渡海を呼ぶことになり、花房が呼びに行く。 しかし、渡海は断った。 世良は、電話で渡海に代わるように言い、渡海に必死でお願いをする。 が、電話を切り、花房に返した。 パソコンを見ながら笑みを浮かべる渡海。 そこへ、佐伯がやって来て、佐伯式での手術が行われた。 世良は佐伯を神様だと思った。 無事に手術が終わった。 そして、高階に「 シュミレーション通りにはいかない」と教えた。 手術室の片づけをしていた世良と花房。 世良は、渡海の話をしていた。 「 あそこまで教授の指示に従うんだったら、小春ちゃんのオペの指示にも従ってほしかったですよ。 渡海先生、オペで人を殺したことがないそうです。 だから小春ちゃんの手術も大丈夫だと思ってたのに・・・。 どうしてあの指示だけ断ったんだろ。 」 花房は、考え「 だからじゃないですか?だから渡海先生断ったんじゃないんですかね」 と答えた。 その頃、渡海に母親・春江から電話が。 お米を送ったから、佐伯にも渡して欲しいと言い、電話を切る春江。 渡海は困惑。 そして、何かの資料を見ていた。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 小春ちゃんは母親とサッカーをして遊んでいる子供たちを見ていた。 「 サッカー好きなの?」と話しかける世良。 小春ちゃんは「 もうすぐ出来るんだって!高階先生が約束してくれたんだ」と嬉しそうに話す。 その様子を上から見ていた高階は、苦渋の表情を浮かべていた。 一方、帝華大学の西崎と、日本外科ジャーナルの編集長・池永が電話をしていた。 小春ちゃんの手術を終えてから論文を提出すると伝える西崎。 そして 「 彼の役目は終わったようなものです。 失敗した時は、論文から高階の名を消すまでですよ」 と。 その頃、世良は、一人で渡海の荷物を運んでいた。 たくさん送られて来たお米を・・・。 高階は、小春ちゃんの頭を優しく撫でながら、シュミレーションで失敗していたことを思い出し、手が震える。 高階は小春との約束を守りたかった。 渡海は、高階に論文を書き終えているなら、こんな手術をする必要がないのではと問いかける。 高階も上の教授には関係がないことだと分かっているが・・・。 高階は、苦しんできた小春ちゃんをずっと見てきた。 でも何も出来なかった。 スナイプに目をつけたのも、小春ちゃんを助けたいという一心からだった。 西崎に頭を下げ、媚へつらい、スナイプを外国から持ってくることが出来た高階。 西崎を裏切って、ようやく小春ちゃんの手術を行うことが出来る。 論文もスナイプも、小春ちゃんの手術成功がなくてはならないと話した。 高階は自分の力が分かっていて、このままだと小春ちゃんを殺してしまうという恐怖心を渡海に話し、 「 このスナイプで、助けてください」 と頭を下げた。 渡海は「 なっがい言い訳。 じゃ殺せよ。 お前もう死ね。 そもそもそのスナイプじゃ不可能なんだよ」 と言い、去って行く。 高階は追いかけ、なぜ不可能なのか問いかけた。 渡海は「 いくら腕があったって、切れないメスじゃオペは出来ないんだよ。 」 とスナイプの設計図を高階に見せる。 渡海は高階にカテーテルにスナイプをくっつける提案をする。 高階は、カテーテルの使い道に感銘を受ける。 渡海は「 最新テクノロジーがあったって、使えなきゃ意味がないんだよ。 古いやり方にも強みはある。 前に進むだけが医療じゃないんだよ。 」 と告げた。 ただ、高階は、この難易度の高い手術は渡海じゃないと・・・と言うが、渡海は「 無理なんだよ。 俺は今オペをするなって言われてるから」そう言うと、高階は 「 そういうことですか・・・。 あなたは最初から自分が執刀するつもりだったんですね。 」 渡海は「 どうする?」と聞いた。 高階は、佐伯に渡海を現場に戻して欲しいと頭を下げた。 佐伯はあっさりと許可した。 ーそして小春ちゃんの手術の日 みんなが息を呑んで見守っていた。 渡海と高階との息も合い、中隔に見事に入れることができ、人工弁を留置することができた。 高階は渡海にお礼を言った。 渡海を待っていた佐伯。 佐伯は、渡海に「 余計な心配をせず、お前は私を支えてくれればいい。 私を信じろ」 と言った。 渡海は一礼し、何も言わず去って行った。 高階は、佐伯にお礼を言った。 佐伯は高階にも「 私を信じろ」と言い、「 論文、楽しみにしてるよ」と告げた。 高階は、頭を下げた。 戻った高階は、通りかかった渡海に 高階「 なぜあなたは、佐伯教授にだけは忠実なんですか?それだけ信頼してるということですか?それで今回の要求は?いくらでも払うつもりですよ」 渡海「 貸しといてやるよ。 あんたにはいずれ、金じゃないものを払ってもらう。 信じるな。 佐伯清剛を、信じるな。 あの男は、自分の身に危険が及ぶと感じた時、平気で誰でも切り捨てる。 それがたとえ、長年の盟友であってもだ」 そう静かに言うと、仮眠室に入って行った。 日本外科ジャーナルの本を手にした佐伯と高階。 末尾を見ると、そこには・・・西崎教授の名前が! そして、高階は、「 もう東城大学に用はない」と去って行く覚悟を決めていた。 渡海も、日本外科ジャーナルの末尾の名前を見と、ペアンのレントゲン写真を見て、笑っていた。 渡海の父親は、佐伯に罪をかぶせられたんでしょうか? 高階に「 信じるな。 佐伯清剛を、信じるな。 」って言ってたところ、すごく信憑性がありますよね。 西崎が高階に「 東城大学を利用するだけ利用して・・・」って言ってましたが、高階も本当に西崎と同じ気持ちだったのかな。 「 もう東城大に用はない」って言ってたけど、高階の本心なのでしょうか。 こうやって見ると、西崎も佐伯も、似たり寄ったりということかな? とりあえず、手術は成功したようですが、この後、また小春ちゃんに異変が起こりそう。 次週も目が離せませんね! 「ブラックペアン」5話の視聴率 第5話の視聴率は 13. 1%! 1位:特捜9・・・・・・・・・・・・・・14. 8% 2位:未解決の女 警視庁文書捜査官・・・・13. 0% 3位:警視庁・捜査一課長シーズン3・・・・12. 9% 4位:ブラックペアン・・・・・・・ ・・・12. 8% 5位:正義のセ・・・・・・・・・・・・・・9. 9% 6位:コンフィデンスマンJP・・・・・・・・8. 9% 7位:花のち晴れ~花男Next Seaaon~・・・・8. 5% 8位:あなたには帰る家がある・・・・・・・・8. 2% 8位:シグナル長期未解決事件捜査班・・・・・8. 2% 10位:Miss デビル人事の悪魔・椿眞子・・・・8. 1% 11位:崖っぷちホテル・・・・・・・・・・・・7. 5% 「ブラックペアン」関連記事はこちら! まとめ この後よる9時からは、いよいよスタート! 日曜劇場『ブラックペアン』。 二宮和也さん日曜劇場初主演! 竹内涼真さん、葵わかなさん、小泉孝太郎さん、内野聖陽さんら豪華俳優陣が集結! 天才外科医が巨大な組織に立ち向かう医療エンターテイメントドラマ! 佐伯は渡海にスナイプ手術の執刀を命じるが、渡海は断ってしまう。 さらにスナイプに舵をきった佐伯に厳しい言葉を投げかけ、怒らせてしまう。 しかも、佐伯から「今後一切手術には関わるな」と言い渡され・・・。 この10歳の少女はどうなってしまうのでしょうか? 渡海は、手術を引き受けてくれないのでしょうか? 第5話も見逃せません!!.

次の

ブラックペアンドラマ4話もアドリブシーンから目が離せない?視聴率と感想も!

ブラック ペアン 4 話

神の手によって次々と助かる命。 二宮和也さん演じる渡海の手にかかれば、危機的状況に陥っている手術中の患者さんもあっさりと助かってしまいます。 二宮和也さんのブラックな演技もとてもいいですね。 そして、ブラックな看護師・趣里さんもとてもかっこいいです。 その逆に、ピュアな研修医の竹内涼真さんと、ピュアな看護師の葵わかなさん。 対照的ですよね。 人がいいだけじゃ命は助からない。 とはわかってはいますが、研修医役の竹内涼真さんのような温かいお医者さんで、更に神の手も持っているお医者さんだったら、『インパクトファクター』の評価高くしてほしいですね。 『ブラックペアン』第2話のネタバレ感想と第3話あらすじ、そして『インパクトファクター』って何?ということについて解説していきます。 広告 スナイプ手術での成果が得られない高階先生。 インパクトファクターの欲しい西崎教授からはプレッシャーをかけられていました。 そんな中、スナイプ手術を希望する患者が入院してきました。 ピアノコンクールを控えている音楽大学の学生です。 名前は、田村隼人。 高階外科医は、西崎教授のインパクトファクターの為に論文を書かないといけません。 そしてたくさんの症例が必要なのでした。 せっかくのスナイプ手術なのですが、田村隼人には心臓に大きな問題を抱えていて、高階自身では出来ないというのです。 その代わりにスナイプ手術を行うように佐伯教授に指示されたのが、渡海。 そして手術の日、渡海は手術前の画面を見て『止めた。 』と言って手術室を出ていってしまいました。 その後の精密検査の結果、田村の心臓に大きな欠陥がありスナイプ手術をもしもしていたら、大出血が起こって危険な状態だったというのです。 それでも、インパクトファクターの欲しい西崎は、スナイプ手術を勧め、症例を作るようにと言い張ります。 そんな西崎の指示に高階は、追い詰められていくようです。 国会議員の息子である田村は、コンクールを控えていてスナイプ手術をいつするのかと、医師たちに詰め寄ります。 主治医である渡海にも話を求めます。 ですが渡海は、これまでの失敗例を話し、田村や国会議員の田村浩司(依田司)は驚きます。 高階外科医がスナイプでの手術を推し進める中で、渡海は既にスナイプ手術の解決策を編み出していたのでした。 そんな中、佐伯教授が高階先生のことを東城大病院に引き抜くというのです。 西崎教授からプレッシャーをかけられていることを知っていた佐伯教授。 自分の名前を高階の論文の末尾に書けばいい、そう言うのでした。 そして佐伯教授の患者である、楠木秀雄(田崎真也)。 楠木の検査をすぐにすると言い出す渡海。 何か思うところがあるのでしょうか。 田村隼人のスナイプ手術が始まります。 執刀医は、渡海。 そんな中、佐伯教授の患者である楠木が突然ショック状態となってしまいました。 ですが、佐伯教授は講壇中。 渡海も難しいスナイプ手術で手が離せません。 渡海の判断は、手術中である田村の手術をしている中で、楠木をとなりの手術室へ運ぶように指示。 そして、渡海はとなりの手術室へ行き、楠木の手術も始めました。 高階では手に負えない田村の手術は進展しない不毛な時間が流れていました。 そしてそこへ、渡海が現れます。 渡海は、楠木の手術を高階のスナイプでさせるために左胸から開腹していたのでした。 楠木さんと田村さんのスナイプ手術は、どちらも成功しました。 楠木さんも田村さんも退院していきました。 楠木さんは実は、インパクトファクターの為には、とても大切な存在の患者さんだったのです。 ブラックペアン第4話あらすじ スナイプ手術に懐疑的であった東城大学病院の佐伯教授。 ですが、2例のスナイプ成功例が出来たことからなのか、スナイプ手術を推し進めようとします。 特徴 そして、スナイプ手術を勧めてきた高階外科医は2例のスナイプ成功例を論文にまとめます。 そしてその末尾にのせる教授の名前を、これまで支持してきた西崎教授にするのか、東城大でスナイプ手術を認めてくれた佐伯教授にするのか決めかねていました。 そんな中、高階外科医が帝華大学病院の時に担当していた少女の患者を東城大学病院へと招きます。 少女は、血液が固まりにくい為に出血させることが出来ません。 ですが、高階には何としてでも少女を助けたい気持ちがあるようです。 佐伯教授にスナイプ手術をさせて欲しいと申し出ます。 そして佐伯教授が執刀医に指名したのは、渡海。 渡海は、これまでの東城大病院の流れとは変わり、スナイプ手術を推し進めようとしている佐伯教授のやり方が気に入りません。 そして、良好な関係に思えた佐伯教授と渡海との関係は崩れていってしまうようでした。 怒った佐伯教授は、渡海を手術から外すようにしてしまいました。 親子のように良好な関係に思えた佐伯教授と渡海。 このまま険悪な関係が続いてしまうのでしょうか。 来週も見逃せません。 広告 ブラックペアン用語解説!インパクトファクターって何? 二宮和也さん主演ドラマ『ブラックペアン』。 その中で、『インパクトファクター』という言葉をよく耳にします。 『インパクトファクター』ってそもそも何なのでしょうか。 ドラマの中で内野聖陽さん演じる佐伯教授と医療コーディネーター木下を演じる加藤綾子さんと会食をする場面があります。 その中で、『この店を選んだのはなぜ?』と佐伯教授に問われ、木下は『ミシュランで三ツ星が付いていたから。 』と答えます。 医者にとって、ミシュランの星の役割を持つのが、『インパクトファクター』と呼ばれるもの。 有名医療雑誌に論文や実績が載ることで、人々に認知され医者としての評価も高まる。 教授になるためにもこうした医療雑誌に掲載されることがとても重要のようです。 実際の社会でも 『nature(ネイチャー)』『Cell(セル)』『Science(サイエンス)』と言った医療雑誌に論文や実績が掲載されるのは、医者としての評価に影響を及ぼすことのようです。 2014年1月、小保方晴子さんを筆頭著者として書かれたSTAP細胞の研究が掲載されたのは、この『nature(ネイチャー)』だそう。 ですがその後、STAP細胞の論文は撤回されています。 『nature(ネイチャー)』は、1869年11月にイギリスで創刊された世界有数の総合学術雑誌。 『Cell(セル)』は、1974年にアメリカのセル出版から創刊された学術雑誌。 細胞生物学、ガン領域、感染症領域、幹細胞領域など細分化された姉妹紙も創刊されているそうです。 『Science(サイエンス)』は1880年にアメリカのジャーナリスト、ジョン・マイケルズにより創刊された学術雑誌。 1882年3月に一旦休刊されていますが、翌年再開されています。 この三誌の頭文字を合わせて、 『CNS』とも呼ばれているそうです。 そして『インパクトファクター』が高いことでも有名だそうです。 最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

次の

ブラックペアン4話の動画は無料で一週間過ぎても見れる?高階の論文が!?

ブラック ペアン 4 話

論文をめぐって レントゲンにペアンがあるのを発見してしまう、花房美和(葵わかな)。 しかし、彼女はあえて見なかったふりをしました。 一方、池永英人(加藤浩次)から自分の名で論文を掲載できないと電話を受けるも、動じない、西崎啓介(市川猿之助)。 そんななか、患者の島野小春(稲垣来泉)をめぐって、高階権太(小泉孝太郎)と佐伯清剛(内野聖陽)による論文をめぐる事情が明らかになっていくことに。 島野のスナイプ手術は、渡海征司郎(二宮和也)が執刀することに決まりますが、渡海はこれを拒絶したため、このことで対立していく、渡海と佐伯。 高階といえば、島野を救おうと躍起になっていきます。 そんななか、別の老人の患者をスナイプ手術できなくなり、世良雅志(竹内涼真)は渡海に助けを求めることに。 が、渡海は拒否し、手術は佐伯がしました。 さて、池永に、島野の術後に高階が論文を出すと伝えた、西崎。 懸念する池永に、西崎は、高階のことを利用するようなことを平然というのでした。 手術の行く末とは 渡海から問い詰められ、高階は、島野のオペをめぐっての自身の複雑な胸中を語っていきます。 スナイプを持ち込んだことも、あくまで島野のためだったとのこと。 島野を救えるのは渡海しかいないと頼む高階でしたが、渡海は聞き入れませんでした。 逆に、渡海は高階に手術方法を伝授していくことに。 高階は佐伯に、渡海を復帰させるよう頼みます。 その結果、高階は渡海と手術できることになりました。 渡海の協力もあって、手術を成功させることができ、感謝する高階。 が、そんな高階に渡海は、佐伯を信じてはいけないと忠告。 彼いわく、佐伯は仲間だって裏切る男とのこと。 高階は、ようやく論文を出すことができました。 が、佐伯と西崎の名前が併記されていたため、佐伯は激怒します。 実は、このことは、高階があらかじめ西崎と先手を打った結果でした。 ひそかにほくそえんでいく、高階。 一方、論文を見た渡海は、高階が佐伯に対してやったことを知って、やはり笑うのでした。 【ブラックペアン】を見逃しても無料で動画視聴する方法 ブラックペアンを見逃した方は以下のサイトで無料視聴することができます。 「ブラックペアン 第4話の考察」 毎回毎回、医療現場における暗部を抉り出していく、『ブラックペアン』。 それにしましても、第4話は、高階の腹黒さにおどろかされるようなオチとなりましたね。 一見、島野の命を最優先する熱血漢のように見えていた、高階。 しかし、腹の中では、佐伯を裏切って西崎と組んで、論文の件を成功させることが眼目だったというわけです。 こんな男を小泉孝太郎さんが演じているというギャップも、ショックに拍車をかける結果となりました。 まあ、結果的には島野の命は救われたからいいようなものの、いくらフィクションとはいえ、自分が患者だったら、こういう病院の世話にはなりたくないかもしれませんね。 ラストで渡海が佐伯の赤っ恥を笑う姿も、なんとも不気味な感じでした。 これから話が進んでいくにしたがって、渡海と佐伯の衝突も増えていくでしょうが、ますます見どころとなっていくことでしょう。 スナイプ手術の行方とあわせて注目していきたいですね。 まとめ さすが医師の海堂尊さん原作とあって、『ブラックペアン』は医療現場の描写が生々しいですよね。 今回も相当な感じとなったわけですが、渡海、高階、佐伯、西崎の複雑な関係は今後どう進展していくのでしょう。 それ以外の登場人物たちもそうですが、とにかく、続く第5話が早くも待ち遠しいものですね。

次の