コーヒー カス 肥料。 コーヒーかすは捨てちゃダメ!肥料に・消臭剤に!作り方紹介

コーヒーかすは消臭・雑草駆除・肥料と多才!【ひでたけのやじうま好奇心】

コーヒー カス 肥料

コーヒーかすがたくさんゴミとして出ますが再利用法はありませんか?• コーヒーのカスは肥料になるのですか?草枯らしになるのですか?• コーヒーの搾りかすは肥料として使えますか 毎日レギュラーコーヒーをドリップしてコーヒーを飲んでいる人は、 大量に出るコーヒーかすが何かに使えないかと考えているのではないでしょうか。 コーヒーかすの再利用方法の一つに 植物の肥料として使うアイデアが昔からいわれています。 ですが、 コーヒーかすを植物の肥料として使うには いくつかの問題があります。 また、現在植物の鉢やプランターにコーヒーかすをまいている人は、 植物の養分にはなっていないのですぐにやめたほうがいいかもしれません。 今回はコーヒーかすが植物の肥料に適さない理由について まとめていきたいと思います。 コーヒーかすが植物の肥料に適さない理由 コーヒーかすには植物の栄養になる成分がほとんど含まれていない 毎日ドリップしてコーヒーを飲んでいる人は、 大量に出るコーヒーかすをどうにか再利用できないか、 考えている人も少なくないと思います。 その一つに植物の肥料があります。 確かに、コーヒーは植物の実を焙煎して 抽出したコーヒー液の搾りかすのため有機肥料として使えそうです。 ところが、 コーヒーの豆には植物の肥料として求められる 三大栄養素である窒素やリン酸、カリウムなどが多く含まれていません。 そのため、コーヒーのかすを植物の肥料にするのは向いていません。 限定オファー 使い終わったコーヒーかすをそのまままいても効果はない コーヒーかすを植物の生えている鉢やプランターにまいても、 植物はコーヒーかすから栄養を吸収することはできません。 植物が栄養を吸収するためには、 土の中の微生物の力によって、 栄養を吸収できるたい肥にする必要があるのです。 ですが、コーヒーかす単体では分解が進まず土になりにくいので、 植物はコーヒーかすのわずかな養分さえ吸収できないのです。 むしろ、コーヒーに含まれるカフェインによって、 土壌の微生物が殺されてしまう可能性も否定できないくらいです。 なので、使い終わったコーヒーかすをそのまま植物の生えている 鉢やプランターなどにまいている人はすぐにやめたほうが、 もしかしたら、植物は元気に育つかもしれません。 どうしても肥料にするには、腐らせてたい肥を作らなければいけない 通常、生ごみなどは微生物の力を借りたりしながら、 生ごみを発行させたり腐らせたりして 栄養のある土=たい肥にすることができます。 よくホームセンターのガーデニング売り場に、 生ごみからたい肥を作るボックスみたいなのが売っていますが、 あれは、微生物入りの土が入ったボックスのため、 生ごみを入れるとたい肥ができます。 ところが、そのようなところにコーヒーかすだけをいれても、 コーヒーかすだけでは分解ができずにたい肥化しません。 なので、コーヒーかすからたい肥を作る場合は、 米ぬかを一緒に入れて発酵を助ける必要があります。 さらに、先ほどもお伝えしたように、 コーヒーかすを手間をかけてたい肥化しても、 植物の栄養になる養分がほとんど含まれていないので、 肥料としてはほとんど役に立たないでしょう。 普通に、ホームセンターのガーデニング用品売り場で、 肥料を買ってきたほうが効果は高いです。

次の

【考察】コーヒーかすの再利用で現実的な方法は僅かだと思う

コーヒー カス 肥料

コーヒーの残りカスが防虫に!?雑草対策に!?肥料に!? バジルや大葉(青じそ)を で育てたい!という方に、ぜひ、コーヒーの残りカスの再利用をオススメします。 コーヒーの残りカスは、肥料にもなれば、その臭いが としての効果も期待できます。 ただし、使い方によっては成長が抑制されてしまうので注意が必要です。 1.コーヒーの残りカスを乾燥させる 私はコーヒーの残りカスを消臭剤としても使うため、一旦乾燥させてから使っています。 乾燥させることでサラサラになるので、土にも撒きやすくなります。 2.コーヒーの残りカスを土に撒く 乾燥したコーヒーの残りカスをスプーンなどにとり、芽や苗の間に撒きます。 コーヒーは茶色いので撒いてもあまりわかりませんが・・・(笑) コーヒーの残りカスを土に撒くポイント まくポイントは、 あまり根の 近くに撒きすぎない あまり 大量に撒かない ということです。 コーヒーにはポリフェノールが含まれていて、このポリフェノールは 成長を抑制させることもあるそうです。 つまり、 ポリフェノールがなくなるまでの間は、雑草対策にもなる そしてその後は、分解されて肥料になる ということです プランターの場合、臭いや肥料としての効果はそれほど長くはもたないので、1~2週間に一度は追加して撒きましょう。 畑の場合には、畝の間などでも良いかもしれません。 その際に、数日経ったら必ず表面の土と混ぜてあげましょう。 (が出てきます。 ) また、肥料として使う場合には、土にしっかりと混ぜて、十分に発酵させるのが良いです。 段階から入れておくほうが良いです。 ) 小さい頃の芽でも虫は容赦なく食べていきます。 以前に芽が出たバジルと大葉(青じそ)が虫に全滅させられたこともあります。 特に、前年の土を再利用する場合には、虫の卵が入っていることが多いので、害虫の被害にあいやすいといえます。 ですから、芽が小さいうちから をしておくにこしたことはありません。 またこの肥料&防虫対策は、バジルや大葉(青じそ)に限ったものではないので、ぜひいろいろな野菜や栽培にお試しください。

次の

コーヒー抽出残渣の施用による植物の生育、土壌改良の評価について報告

コーヒー カス 肥料

灰皿の火消しとして使う• 乾燥させ消臭・脱臭剤として使う• 肥料として使う• 手作り石鹸に混ぜて使う 確かにそれぞれ再利用方法としては正しいとは思うのですが、実際にやってみるとあることに気付きます。 それは 『水分を完全に飛ばす手間がかかる』ということです。 乾燥方法 水分を完全に飛ばさないと、白カビがあっという間に発生してしまいます。 「消臭・脱臭剤として使う」場合、乾燥させたコーヒーかすを布等に詰めて使用すると思いますが、少しでも水分が残っていようものなら、消臭・脱臭どころではなく白カビの温床となります。 これが結構シビアで、私自身何度も乾燥させたつもりで失敗しています。 水分を飛ばすということは必ずエネルギーが必要となります。 真夏のカンカン照りの日であれば、日中に薄ーく敷いておけば良いのですが、そうでなければ ・フライパンで火にかける ・電子レンジでチンする といった方法で強制的に行うしかありません。 コンロであればガス代が、電子レンジであれば電気代がかかります。 1~2人前のコーヒーかすをフライパンにかけたとしても、完全に水分を飛ばすのであれば経験上10分以上はかかります。 電子レンジの場合でも一番高いワット数でも数分程度では全然水分は飛びません。 毎日コーヒーを1杯飲むとして、毎日コーヒーかすをコンロや電子レンジで乾燥させるのであれば 月々の光熱費に大きく関わってきます。 正直、そこまでの手間とコストをかけてまでコーヒーかすを再利用しようとするのはナンセンスに思えます。 毎日コーヒーかすが出るにしても、乾燥させるのは天日干しができる日だけにしたり、たまにコンロや電子レンジを使う程度が望ましいと思います。 あとは、1日で取り換えるのであれば完全乾燥していなくても良いかもしれません。 現実的な再利用方法 石鹸に混ぜ込む以外は大体試してみましたが、上述した様にどうも乾燥させる手間とコストを考えると、「う~ん」って感じです。 ただし、 全部が全部ダメだったというわけではありません。 ということで、実際に試してみて良かった おススメできる 再利用方法をご紹介していきます。 電子レンジの消臭・脱臭 電子レンジでお弁当や総菜を温めたりすると、臭いが取れなくなりませんか? 私の喫茶店はゲストハウスも併設していて、宿泊のお客様が持参してきたものを温められるように電子レンジを置いているのですが、これがすぐ臭くなるんですよ。 しかも市販の電子レンジ専用脱臭剤って結構高いんですよね。。 そんな時はコーヒーかすをチンすればOKです! こんな感じで器に入れて30秒~1分程度チンするだけです。 これが驚くほどに臭いが取れるんですよ! しかも湿ったままのコーヒーかすで良いので手軽です。 乾燥させるついでに電子レンジの消臭・脱臭ができるので超おススメです。 灰皿の火消しで使う メジャーな方法ではありますが、これもおススメです。 吸殻って火がちゃんと消えていないことってよくあるんですよね。 しかも気付かなければ火災の原因にもなりますし。 灰皿に1cm程度の厚みで敷いてあげれば、 火も消えるし、ついでにタバコの煙臭さが若干軽減されます。 うちもゲストハウスの喫煙所はコーヒーかすを使っています。 毎日取り換える 捨てる のであれば完全に水分を飛ばす必要もないですし、楽です。 ただし、タバコと無縁の方には意味のない再利用方法です。 コンポストに混ぜ込む すぐには使えないのですが、コーヒーかすは有機物なので発酵・熟成させれば堆肥になります。 我が家には手作りコンポストがあり、日頃出る生ごみと一緒に使わないコーヒーかすはコンポスト行きです。 土を被せているのでそこまで臭いませんが、発酵を促す為にかき回したりするとまぁ生ごみですから多少は臭います。 コーヒーかすを一緒にしてからは多少の消臭効果もあったのではないかと思っています。 まとめ 要するに 「コーヒーかすを完全に乾かして使う方法は割に合わない!」ということを言いたいのです。 消臭・脱臭効果は確かにありますが、どこまで手間暇かけれるかが御座なりになっている情報が多い様に思えます。 コーヒーかすの再利用はできる限り短期間で取り換えのできる方法をとるのが一番現実的かなと。 すぐに捨てるのであれば、電子レンジの臭い取りくらいはやってみるのも損はないかと思いますよ!.

次の