きゅうり イボイボ。 キュウリのイボイボはなんのためにあるの? : 今日のはてな : 子供の科学のWEBサイト「コカねっと!」

キュウリのイボイボはなんのためにあるの? : 今日のはてな : 子供の科学のWEBサイト「コカねっと!」

きゅうり イボイボ

Sponsored Link きゅうりの皮は剥かないべきだと思う理由は? きゅうりの皮には栄養が多く含まれているから きゅうりの皮を剥かないで食べるという意見の方も多くいらしゃいます。 それは皮には多くの栄養が含まれている事を知っている方が多くいらっしゃるからです。 きゅうりは野菜の中でも「栄養が無い」と言われていますが、実は優れた栄養が沢山詰まっているのです。 ビタミンAには美容に欠かせない細胞の修復や再生作用があります。 シミやシワ、肌荒れといった美容面の悪化は肌細胞の劣化や老化が大きな原因となっています。 しかしビタミンA を摂取する事で常に新しい肌細胞に変えてくれるので、美容面の維持に大きな効果となります。 さらにカリウムが豊富に含まれています。 カリウムには塩分を排出する働きがあり、体内中の塩分過多となっている塩分を汗や尿にて排出させてくれるのです。 体内中の塩分濃度が高い状態だと、高血圧や脳梗塞といった病気や浮腫みの原因ともなってしまいます。 その為、カリウムを摂取する事で病気の予防や女性の悩みともなる浮腫みの解消に繋がります。 きゅうりの皮を剝いたら腑抜けた味や食感になって美味しくないから きゅうりの皮を綺麗に剝いてしまうと青臭さがまったくなくなる代わりに水っぽくて美味しくない味になってしまうという意見があります。 確かにきゅうりの良いところってあの青臭い部分だったりしてそのアクセントがきゅうりの美味しさを引き立てていると思います。 また皮を綺麗に剝いてしまうと食感が悪くなってしまうのもあります。 私はきゅうりの皮を残して食べるべきだと思います 私は皮を剥かないで食べます。 皮に栄養が含まれているとかいないとかという事よりも、根本的に皮の青臭さが全く気になりません。 寧ろ皮が付いている方が「きゅうりを食べている」という感じがして美味しく食べる事が出来ます。 皮が付いていないときゅうりの美味しさの一つともなるシャキシャキ感がなくなり、美味しくなくなってしまいます。 そんな事もあり、私は皮を剥かないで食べています。 きゅうりの皮を一部分剥いて見た目を楽しむ事もできる きゅうりをただ切って食べるのではなく少し剥くことで見た目がちょっとオシャレになったりします。 そういう部分では剥くのもありだと思います。 きゅうりの皮は剥くべきか?まとめ.

次の

イボ無しキュウリ・フリーダム:旬の野菜百科

きゅうり イボイボ

ここではそんなキュウリの主な種類を出来る限り写真と共に紹介していきます。 白イボキュウリ 一般的ないぼが白い品種。 スーパーなどの店頭に並んでいるキュウリのほとんどはこのタイプになります。 黒イボキュウリ いぼが黒っぽく、春から初夏にかけて収穫する早生品種 加賀太キュウリ 石川県の特産で、加賀野菜のひとつ 一見瓜のような形で、直径が8~10cmと寸胴のように太く肉質がしまっています。 煮物や炒め物にも適しており、太さがあるので、詰め物も出来ます。 金沢市農産物ブランド協会ホームページ 大和三尺 奈良地方に古くからある品種で、30cm以上になる品種。 歯ざわりや味はいいのですが、今ではほとんど見かけなくなっています。 奈良漬にも使われています。 四葉キュウリ 白いぼ系きゅうりですが、普通のものよりも大きく、いぼやしわが多いタイプです。 四川キュウリ 四葉キュウリの仲間で、やはりいぼとしわが多くおいしいのですが、こちらは普通のきゅうりと同じくらいの大きさです。 イボ無しミニキュウリ ラリーノ 神田育種農場で育成、販売されている、イボ無しの小さくて可愛い節成りのキュウリ。

次の

イボ無しキュウリ・フリーダム:旬の野菜百科

きゅうり イボイボ

また、今年は9月に入ってアメリカでメキシコ産のきゅうりを食べたことによる集団食中毒が発生し、感染者数558人、死者3人という大規模な集団食中毒事件となっています。 アメリカで集団食中毒を起こしたきゅうりはメキシコからの輸入品であったため、日本でも輸入きゅうりの安全性が不安視する声が上がっています。 日本のきゅうりの自給率は93% 野菜の中では自給率が高いきゅうりです。 輸入=危険• 国産=安全 と思われる方も多いと思います。 事実、輸入された野菜や果物の残留農薬や菌などが問題になることもあります。 今回のアメリカでの集団食中毒もそうです。 しかし、安心・安全の国産と言ってもきゅうりは別の注意が必要なんです。 国産のきゅうりであっても、表面には菌がたくさん付いています きゅうりはほとんど栄養がなく、最も栄養価の低い野菜とも言われています。 しかも、皮の部分にはビタミンCを分解する酵素まで入っています。 それでも、あのシャキシャキ、パキパキした歯ごたえとみずみずしさがたまらないので、皮つきで生食されることが多い野菜です。 しかし、生食されることが多い割に、• ヘタ部分に細菌が多い• 花落ち部分と言われる先端に細菌が多い• いぼの周辺に細菌が多い• 表面のクチクラ層が出すブルームが水をはじくため、菌を洗い流すことが難しい ために、食中毒を起こし易い野菜のひとつでもあります。 スーパーなどで販売されているきゅうりの多くはビニール袋に小分けされていますが、その中で出た水分がヘタ・花落ち部分・イボについて痛み始めることが多いのですが、それはそこに付着していた細菌が増殖しているからです。 きゅうりを食べる際には、• 水でよく洗う• ヘタ・花落ち部分・イボは取り除く• カット後は直ぐに食べてしまう 最低でも以上のようにしなければ、食中毒を起こす可能性が大きくなります。 極力きゅうりは殺菌処理をしてから食べましょう 厳しい衛生管理が求められる野菜の処理工場などでは、以下のような処理を施しています。 ヘタ・花落ち部分・イボをカットしたうえで、• 次亜塩素酸ナトリウム• 食品用洗浄剤(実は野菜用洗剤として売られています)• 有機酸(酢酸、乳酸、クエン酸など)• 微酸性電解水• 強酸性電解水• ブランチング(加熱&急冷) などの処理を行って、殺菌をしています。 家庭では手に入りにくかったり、薬品の使用に抵抗があったりすると思いますので、以下の二つの方法をおすすめします。 1 食品用洗浄剤で洗う 食品用洗浄剤というと難しそうですが、「キュキュット」のような食器・食品の両方ともいける洗剤もあります。 水だけでは落ちにくい菌や汚れを界面活性剤の力を借りて落としてしまう方法です。 食器用洗剤の裏の表示を見て食品にも使用可能と書かれている場合は直ぐにでも試してみてください。 順番としては、洗剤でしっかり洗ってから、ヘタ・花落ち部分・イボを切り落としてください。 2 ブランチング(加熱&急冷)処理 聞き慣れない言葉かも知れません。 でも、原理は簡単です。 ざっと熱いお湯をくぐらせて、菌を殺して、きゅうりの触感が熱で壊されないうちに冷水できゅうりを冷やして再び絞める。 そんな感じです。 菌は安全なレベルまで減らせるはずです。 常温で流通したビニール袋入りきゅうりはかならず処理をしてから食べてください 畑からとれたての新鮮なきゅうりとビニール袋に入れられて常温で流通しているきゅうりとでは菌の数がまるで違います。 どれだけ新鮮そうに見えても、ビニール袋に入って常温で流通したきゅうりを軽く水で流しただけで丸かじりしたり、ジャーサラダにしたりするのは止めましょう。

次の