坂口良子 死因。 坂口良子の最期 横行結腸がんに侵され57歳の若さで永眠|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

坂口良子の死因は?若い頃は美人?元夫や息子・娘についても!

坂口良子 死因

坂口杏里さんは、ご存知のとおり、女優の坂口良子さんの娘として生まれました。 なので2世タレントということになりますね。 継父はプロゴルファーの尾崎健夫さん で、2歳年上のお兄さんもいらっしゃいます。 母子家庭で育った坂口杏里さんは、あの、「モーニング娘。 」にあこがれて芸能界に入ったそうです。 親に内緒でオーディションに応募したこともあったそうですが、落とされてしまったんですって。 そんな坂口さんは、大の勉強嫌い! 番組で、明石家さんまさんに「得意科目は?なんかひとつくらいあるやろ」ときかれましたが、 「…カンニング!!!」と答えたほどですから(笑)。 小学校の時には先生から成績のことでお母さんが呼ばれることもしょっちゅうだったようです。 中学校では全科目オール1をとって、お母さんも唖然としたという逸話も・・・! 最近まで、1リットルのなかに100リットルが入っているものだと思っていたんですって。 そんな坂口さんですから、クイズ番組でも珍回答続出!!おばかキャラで番組を明るく盛り上げていますね。 母・坂口良子の急死 2013年の三月、杏里さんは母親である坂口良子さんを横行結腸がんで亡くしました。 なくなる直前まで詳しいことを聞かされていなかった杏里さん。 お母さんが突然亡くなって、毎日がとてもつらかったそうです。 詳しいことを知っていたのは、義理の父である尾崎さんだけで、 「何で言ってくれなかったの?」とたくさん責めてしまったと言います。 私が同じ立場でもそうしちゃっただろうなと思います。 : 「ママがいなくなり、本当に家族がバラバラになる寸前でした。 泣いても泣いても、ママは戻ってこない。 私は、まだまだママっこだったから、そんなママがいなくなって、 私も連れて行ってよ。 って何百回も思いました。 」 とてもつらい心境だったと思いますが、そんな杏里さんが尾崎さんが抱えていた思いを知ったのは、TBSの 「中居正広の金曜日のスマたちへ」の収録のとき。 尾崎さんの思いをはじめて知った杏里さんは、尾崎さんの気持ちや苦労、何も言わず、 全てをたった一人で背負った辛さなどを今まで全然知らなかったけれど、 それを知ったことで、「私がいつまでもこんなんじゃだめだ」と思えるようになったんだそうです。 大切なものを娘たちに残してくれた坂口良子さん。 「お金なんかで絶対買えない大切な家族。 おじさん(尾崎さん)と、お兄ちゃん!」 「血のつながりはないけど、今は三人でいろんなことを 乗り越えた分、本当の家族以上の絆があります!」 そんな風に、お母さんの死を乗り越えて強くなった杏里さんはとっても素敵ですね。 激やせの理由は!? お母さんの死がショックで激やせしてしまったのではとうわさされたりもしていましたが、実際は違っていたようです。 杏里さんは主演映画「ハニーフラッパーズ」の役作りのために、体重を17kgも落とし、43kgになりました。 なので、やせる前は60kgあったということになりますね! 身長は168cmですからかなりガリガリですよね。 いくら役作りとはいえ、ちょっと心配です。 どうやってダイエットしたのかというと、 高周波治療や、加圧トレーニング、岩盤浴などです。 かなり本気でやせようと思ったんでしょうね。 ほかにも、 プロに食事指導をうけたり、脂肪溶解点滴など、月に10万円以上はお金をかけてかなり絞ったようです。 痛くて体にあざができることもあるという、このダイエット。 その結果が、 マイナス17kgものダイエット成功につながったんですね! やせた今もかわいいですが、もう少し太ったらもっと健康的でかわいいのにと思ってしまいます。 健康も意識して、これからもがんばっていってほしいですね。

次の

坂口杏里の『家族』~母親の死因は?父親は誰?兄は慶応卒の医師!

坂口良子 死因

坂口良子さんは自身のブログで体調を少し崩しているため、静養中であるという記事を投稿され、療養中かと思われていました。 しかしブログ記事が投稿された同じ月の3月27日午前3時40分、 横行結腸ガンと併発した肺炎のために亡くなりました。 人生100年時代に、57歳というとても若い歳で命を落とした坂口良子さん。 円熟味のある演技が見れないことが残念でなりません。 初婚は、不動産業者の「 田山恒彦」さんでした。 1986年に 結婚。 その後、 1994年に 離婚しています。 結婚生活は8年で終焉を迎えたことになります。 女優とはいえ、当時はアイドル的な立場であった坂口良子さんと、 バツ2で2人の子持ちで40代後半の男性が結婚するという格差婚にも注目が集まったようです。 初婚当時の田山恒彦さんは、ゴルフ場の経営や都市開発を行う本州興発の常務であり、結婚を機に不動産業を行う「ヤシマ産業」を興します。 バブル絶頂期には、「 地上げの神様」 と呼ばれるほどの不動産王だったそうです。 しかし、時代は驚天動地のバブル崩壊を迎え、会社が多大な借金を抱えて倒産。 その父さんが原因になり離婚されたようですが、なんと田山恒彦さんは 嫁だった坂口良子さんに40億の借金を押し付け逃亡。 坂口良子さんに合意なく、勝手に実印を持ち出し連帯保証人にサインしていたために、経営責任を全て坂口良子さんが負うことになってしまう形になりました。 坂口良子さんのスゴイ所は、その 40億の借金を10年で完済されたことです。 有名芸能人とはいえ、並大抵の努力で出来る事ではありません。 坂口良子の再婚した旦那はプロゴルファー・尾崎健夫!• 坂口杏里&尾崎健夫(ジェット尾崎) 坂口杏里さん、尾崎健夫さん元気そうで本当に良かったです。 前夫の40億の借金を返済している1998年に、知人の紹介で尾崎健夫さんと出会ったそうです。 1999年頃からはすでに事実婚状態であったのだそうです。 そしてそのまま月日は流れ、 2012年8月12日に入籍されます。 披露宴は尾崎健夫さんの故郷である、徳島県海部郡海陽町宍喰のホテルで行われました。 当時、すでに坂口良子さんはガンの闘病中でした。 長年の事実婚から入籍を決意した理由は、「最後は一緒のお墓に入りたい」からだったそうです。 13年に及んだ「交際期間」でしたが、「結婚生活」はわずか7か月で終わりを迎えました。 坂口良子さんの人生は、 結婚相手は運命共同体ですから致し方ないとはいえ、初婚相手・田山恒彦さんに奪われてしまったともいえますね。 坂口良子さんの人生からは、よくよく吟味して結婚相手を選ぶ必要があることを教えてくれます。 坂口良子の娘・坂口杏里が逮捕!?息子は今どうしている? 引用元: 坂口良子さんには初婚相手の田山恒彦さんとの間に、 子供が2人います。 坂口良子さんは、 1989年に長男の坂口直彦さん、1991年に長女の坂口杏里さんを出産。 坂口良子さんと田山恒彦さんが離婚した時には、長男は5歳、長女は3歳という幼い時期。 親権は当然ながら坂口良子さんが持つことになりました。 坂口杏里の現在に驚きの声 公開された近影が「かわいすぎる…」 緊急事態宣言が解除され、徐々にキャバクラ店での仕事を再開している坂口杏里。 やねん。 bullnak 長女の杏里さんは、自身のブログで父親の田山恒彦さんから直接連絡があり、 20年ぶりに父親と再会したことを告白しています。 どうやら現在、田山恒彦さんはガンで闘病中なのだそうです。 弱ってくると、いくら身勝手と言われようとも、自分が捨てた家族でも会いたくなるものなのでしょうか。 坂口良子さんの娘・坂口杏里さんは、2008年に二世タレントとして芸能界デビューしますが、現在は引退しています。 — 坂口杏里 anchun333 Youtuberとして活動したり、紆余曲折を経て、なんと現在はキャバ嬢になっているようです。 坂口杏里さんは、 元交際相手のホストの男性の自宅マンションに侵入したことで警視庁に「 逮捕」されたり、2017年4月に同じ 男性に対して恐喝未遂で「 逮捕」されています。 坂口良子さんの娘は、男性に惚れ込んでしまい、自身が非常識な事をしていることに気づかなくなるような人物のようです。 引用元: 坂口良子さんの娘は、元芸能人ということで情報が出ていますが、 息子の坂口直彦さんについては一般人のため、ほぼ情報はありません。 ただ、バラエティ番組で坂口良子さんの再婚披露宴で息子さんが写されていました。 一部情報では、 慶応大学医学部を卒業して医者として仕事をされているというウワサがあります。 とても優秀な息子さんであるようですね。

次の

【画像】坂口良子ヘアーヌドって何??昔のかわいい写真や死因を大調査!!

坂口良子 死因

人物・略歴 [ ] 学生時代まで [ ] 北海道余市郡出身。 余市町立東中学校を卒業し、小樽双葉女子学園高校(現)に入学、卒業。 女優として [ ] 1971年、で優勝し芸能界入りする。 1972年、フジテレビのドラマ「」で主演デビューした。 『』などの作品が当たり、1970年代はアイドル的扱いをされていた。 70年代後半には市川崑作品を中心に映画出演も多く、映画評論家の田山力也は『日本映画俳優全史. 女優編』(社会思想社)で「テレビの小さな画面よりも大きな銀幕の方が遥かに魅力的というのは何と素晴らしいことだろうか」と激賞している。 晩年は娘の杏里との共演が多く、共に出演した2012年11月20日収録の「」が生前最後のテレビ出演となった(12月22日放送)。 死去 [ ] 2013年3月12日発売の「」が坂口の重病説を報道。 これに対して坂口は自身のブログで、体調を少し崩しており静養中であると説明した。 しかし同月27日午前3時40分、およびのため死去。 57歳没。 「」の恋人役で共演したは、「玄太を愛したアッコをあんなにステキに演じてくれてありがとうございました」とコメントを発表した。 家族・親族 [ ] 1986年に不動産会社社長の田山恒彦と結婚。 1男1女をもうけたが1994年に離婚。 前夫の借金40億円を背負うも10年で完済。 年4億円は、日本のトップ女優の年収よりも多い。 娘は元タレントの坂口杏里。 1998年、知人の紹介でプロゴルファーのと知り合い、長年のののち2012年8月12日に入籍。 披露宴は尾崎の故郷、のホテルで行われた。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (1971年、)• (1972年、・) - 会田愛子(アイちゃん)• グランド劇場(日本テレビ)• 浮気の請求書(1973年)• (1974年 - 1975年)• 九丁目、泣いて笑った交差点(1976年)• (1973年、フジテレビ・大映テレビ)• 「通りゃんせ」(1973年、フジテレビ)• (日本テレビ・東宝)• 第50話「俺の故郷は東京だ」(1973年6月29日) - 関口明子• 第189話「人形の部屋」(1976年2月27日) - 二階堂ゆか• 第14話「幻の天使」(1973年、・)• 第23話「女に化けた虫人」(1973年、・TBS) - 堀口純子• (1973年、・東宝) - 江川ゆか• 「」(第4シリーズ)(1977年、日本テレビ)• (1974年4月 - 9月、フジテレビ) - 寺沢新子 主演• (1974年、フジテレビ)• 「」(1974年、TBS) - 中野絵美• 「」(1974年 - 1975年、関西テレビ)• (1974年 - 1975年、)• 第24話「渡辺綱に小指の思い出を」(1975年、日本テレビ・東宝)• (1975年、日本テレビ・東宝) - 雪子• 「もうひとつの春」(1975年、TBS) - 大原縮• (1975年、TBS・大映テレビ)• (TBS)• 旅ゆけば(1975年、)• 終りの一日(1975年、北海道放送)• 夏ひらく(1979年)• 新・四谷怪談(前・後編)(1987年8月23日、30日) - お岩• 「」(1975年、)• 第43話「愛の終わりに殺された女」(1975年、TBS・大映テレビ)• (日本テレビ) - 渡辺かすみ• 第1シリーズ(1975年 - 1976年)• 第2シリーズ(1976年 - 1977年)• (1975年 - 1976年、NET・) - 志乃• 「」(1976年、TBS)• 第24話「急行十和田2号」(1976年、日本テレビ・)• (1976年、TBS) - 香川あざみ• 第2シリーズ(1978年、TBS) - 泉田純子• (1977年、・)• (1977年、・東映) - 北林房子• 「」(1977年、NHK)• (1977年 - 1978年、テレビ朝日・東映) - 丸山梢公安官• (テレビ朝日)• (1977年)• (1979年 - 1984年) - 吉塚雪子• (1981年) - 森田敦子• 美談の団地心中 二人の男に愛された女(1982年) - 保母・章子• 松本清張の葦の浮船(1984年) - 近村達子• うわさの派遣女秘書(1987年6月6日)• 43・北帰行殺人事件(2004年11月6日) - 君島圭子• 6〜旬を喰らう真夏の伊勢志摩(2008年8月16日)• ・祇園祭殺人事件! (2012年9月8日) - 菊田芳江• (1977年 - 1978年、TBS) - 山沖朋子• (1977年、フジテレビ) - 橘佳代子• (1978年、NHK)• (1978年、TBS・大映テレビ) - 大谷さくら• 「」(1978年、テレビ朝日)• (NHK)• (1979年) -• (2003年) -• (1979年、読売テレビ)• 「日陰の女」(1979年、フジテレビ)• (1979年、TBS)• (1980年、日本テレビ) - 鳴山(のち池中)暁子• (1980年、フジテレビ) - 寺西房子• (1980年、TBS)• (1981年、TBS) - 松尾佐知• (1981年、関西テレビ) - 渚• (1982年、日本テレビ)• (1982年、フジテレビ) - 西脇麻子• (1983年、日本テレビ) - 広岡操• (1983年、関西テレビ) - (家光正室)• (1983年、日本テレビ)• (1983年 - 1984年、フジテレビ「」) - 偶山タラ子(ママ)• (1984年 - 1985年、日本テレビ)• (1984年 - 1986年、テレビ朝日・) - 本多杏子刑事• (1985年 - 1986年、NHK) - お徳• (1985年、フジテレビ) - 吉村彩子• (1986年、日本テレビ)• (TBS)• 1 乳房を見せた女(1986年)• 付添婦物語 2 乳房が恋しい女(1987年)• 付添婦物語 3 乳房をさわらせた女(1988年)• (1986年、日本テレビ) - 井上ちか子• (日本テレビ)• (1983年2月、松竹) - 杉田りえ子• (1986年4月、松竹) - 枝村幸子• (前編・後編)(1987年7月、「霧」企画・NTV映像センター) - 真野信子• 京都周山殺人街道(1988年1月、松竹)• 京都鞍馬殺人街道(1989年8月、松竹・映像京都)• 京都物集女殺人街道(1990年3月、松竹)• 京都大原殺人街道(1991年5月、松竹)• 京都大石殺人街道(1992年1月、松竹)• 京都吉野殺人街道(1992年5月、松竹)• 京都北国殺人街道(1993年2月、松竹)• 京都丹後殺人街道(1993年7月、松竹)• 京都氷室殺人街道(1993年11月、松竹)• 女精神科医が暴く15年前の白骨死体…晩秋の郡上八幡に甦る幼い兄妹の記憶掲示板(1994年12月13日、)• シリーズ(1995年 - 1999年) - 梶原藤子• (1996年1月、松竹)• 臨床心理士シリーズ(1996年 - 2002年) - 松波百合• 母…(2000年) - 立岡正子• 屋形船の女シリーズ(2003年 - 2004年) - 小松志保子• (1987年、) - お吉• 「課長夫人売春事件」(1987年、関西テレビ)• (1987年 - 1988年、フジテレビ) - 木田竜子• (1988年、テレビ朝日) - お仙• (1988年、日本テレビ)• (1989年、)• 第1シリーズ 第17話「女掏摸お富」(1989年、フジテレビ) - お富• (1992年、TBS)• (1993年、TBS)• (1993年、テレビ東京) -• 第3シリーズ(1994年、テレビ東京) - お弦• 「湯の町行進曲」(1994年、NHK)• - (1996年 - 1997年、テレビ朝日) - おさい(め組の頭辰五郎()の妻)3代目• (1996年、) - 堀口智子• (TBS)• 5(1997年) - 結城世津子• 札幌・増毛冬物語 暴かれたカルテ(1998年) - 折原景子• 監察医 薮野善次郎5 死体は知っている(1998年) - 高畑亜紗子• (、東海テレビ) - 大庭美保• (1991年) - 高見沢律子• (2000年) - 畠山文江• (フジテレビ)• (2000年・2002年) - 湯原今日子• (7月 - 9月、TBS) - 中田咲子• (TBS)• ・水神村伝説殺人事件• (2002年8月)• (2003年)• (2004年) - 塚本可奈子• 2(2010年) - 柿沢咲江• (2004年、日本テレビ) - 産婦人科医師• 「白馬乗鞍岳の殺意」(2004年11月) - 川野奈美• 4「同窓会殺人事件」(2007年8月、テレビ東京) - 吉村美佐• (2007年11月24 - 25日、テレビ朝日) - 長谷川医師• 第3話「昼行灯とあっぱれ女房・石見」(2008年1月21日、TBS・)• (10月 - 12月、フジテレビ) - 西本幸子• (フジテレビ)• 8(2011年) - 岩村貴子• (2011年9月28日、TBS) - 長谷部里子• 渡る世間は鬼ばかり ただいま!! 映画 [ ]• (1976年、) - 白川秋子• (1976年、東宝)- 谷村鮎子• (1976年、東宝)- 西原静子• (1976年、東宝・角川春樹事務所) - 那須ホテルの女中・おはる• (1977年、東宝) - 理髪店の娘・お七• (1977年、東映・角川春樹事務所) - 澄子• (1978年、東宝) - 旅館の娘・おあき• (1981年、東宝) - 皆川純子• (1983年、東宝) - 福島美弥子• (1990年) - 産婦人科医師• (1993年、東宝) - お真知• (2007年) - お米 舞台 [ ]• (1986年)主演• 特別公演「放浪者」• 恋や恋 浮かれ死神• 流れる雲よ〜未来から愛を込めて〜(2010年9月) バラエティ番組ほか [ ]• (2005年、日本テレビ)• (2006年、日本テレビ)• (フジテレビ)• (テレビ東京)• テレビの主役(テレビ東京)• (2011年10月29日、日本テレビ) - 娘・とゲスト• (2011年6月3日、2012年8月17日、TBS) - 娘・坂口杏里とゲスト。 なお、尾崎との結婚式の模様はこの番組内で放送され、逝去が報じられた2013年3月29日にも予定されていた放送内容を変更し、2012年8月17日放送分が緊急放送された。 (2012年12月22日、関西テレビ) - 娘・坂口杏里とゲスト 他多数 CM [ ]• () ディスコグラフィー [ ] シングル [ ] 発売日 規格 規格品番 面 タイトル 備考 1972年4月 EP P-165 A あこがれ B 笹舟は流れて 1973年 EP P-321 A サインはV TBS系テレビドラマ「」主題歌。 B 美しき仲間たち TBS系テレビドラマ「サインはV」挿入歌。 1974年 EP P-380 A 幸せさがし TBSテレビ系ドラマ「」主題歌 B ふたりだけの子守唄 TBSテレビ系ドラマ「家なき子」挿入歌 1974年8月 EP AA-48 A 青い山脈 フジテレビ系連続ドラマ「」主題歌。 とのデュエット。 B 若い日は二度とない 1975年7月1日 EP P-407 A 幸福ゆき TBS系テレビドラマ「」主題歌。 B こんにちわさようなら 1978年2月25日 EP FLS-1017 A サヨナラの下書 B One room 1982年2月21日 EP 7K-54 A まるで少年のように 日本テレビ系ドラマ「」主題歌。 B 野良猫 日本テレビ系ドラマ「田中丸家御一同様」挿入歌。 坂口良子写真集 (1986年、ワニブックス) 脚注 [ ]• 2013年3月29日. 2017年1月2日閲覧。 北海道新聞 2013年3月29日. 2013年4月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年3月30日閲覧。 - 現代ビジネス 2017年6月8日• - デイリースポーツ 2013年3月29日• 「衝撃スクープ 坂口良子 消化器系重病、都内入院中! 重病でやせ細っても…「あの人と一緒になりたかった」女の願い」『』2013年3月26日号、、2013年3月。 坂口良子オフィシャルブログ「Ryoko blog」 2013年3月12日. 2013年3月31日閲覧。 日刊スポーツ 2013年3月29日. 2013年3月29日閲覧。 外部リンク [ ]• シネマズ. 2016年5月29日. 2016年10月19日閲覧。

次の