松茸 の お 吸い物 パスタ。 【もどきレシピ】シンクロ率99%!噂の筋肉料理人の「なんちゃって松茸パスタ」

松茸のお吸い物パックに意外と合う和風洋風パスタのレシピ

松茸 の お 吸い物 パスタ

こんにちは~、筋肉料理人です! 秋の旬の味覚と言えば松茸! なんですが、1本何千円もする松茸は、さすがにちょっと手を出しづらい……。 ってことで、同じきのこでもエリンギを使って、 本物そっくりの味わいと香りを再現した「なんちゃって松茸パスタ」を作っちゃいましょう。 松茸の吸い物の素を使えば、簡単に作れますよ。 そして、 私はパスタのゆで汁もムダにしません。 パスタに合う「イタリア風卵スープ」も紹介します! 筋肉料理人の「なんちゃって松茸パスタ」 【材料】1人分• パスタ 80g• エリンギ 3本(1パック)• 三つ葉 3本• 松茸吸い物の素 2パック• バター 10g 作り方 1. エリンギは縦4等分にスライスしましょう。 1本分は半分の長さに切っておきます。 三つ葉は2cm位の長さに切ります。 縦方向にスライスしたエリンギ2本分をオーブントースター(1000w)で7~8分焼きます。 小鍋に水500mlを入れて火にかけ、沸騰したら、松茸吸い物の素を1パック入れて溶かし、パスタを入れて説明書の時間ゆでます。 パスタは半分に折ると小鍋でもゆでやすいです。 フライパンにバターと小さく切ったエリンギを入れて中火にかけます。 バターが溶けたらエリンギを返して炒め、熱が通ったら火を消しておきます。 ゆで上がったパスタをフライパンに移し、三つ葉を入れて混ぜ、バターと絡ませたら皿に盛ります。 仕上げです。 松茸の吸い物の素をボウルに入れ、熱湯大さじ2を注いで溶かします。 パスタに焼いたエリンギをトッピングして、 お湯で溶いた吸い物の素を上からかけたらできあがりです。 パスタのゆで汁もムダにしません! 吸い物の素で「なんちゃって松茸パスタ」の完成です! 松茸の吸い物の素の香りが一番強いのは、お湯に溶かした瞬間。 香りが強いうちにエリンギパスタにかけると、松茸の香りがしっかり移ります。 エリンギはオーブントースターで焼き、水分を飛ばしてるので食感がよく、おいしく「なんちゃって松茸パスタ」を楽しめますよ! そして、 残ったパスタのゆで汁はスープに使います。 イタリア風卵スープを作ってみましょう! 筋肉料理人の「パスタのゆで汁でイタリア風卵スープ」 【材料】1人分• 残ったパスタのゆで汁 150mlくらい(ゆで汁が足りない時はお湯を足して下さい)• 卵 1個• パン粉 大さじ3• 塩、一味唐辛子 お好みで 作り方 1. 卵をボウルに割り入れ、パン粉を混ぜます。 残ったパスタのゆで汁を味見します。 塩気が足りない時は塩をふります。 火にかけて沸騰させ、沸騰したら、1の卵液を少しづつ入れます。 卵液が固まって浮いてきたら火を消します。 軽く混ぜて器に注いだらできあがり。 お好みで一味唐辛子をふっていただきます。 パスタのゆで汁にも松茸吸い物の素をつかっているので、捨てずにスープにしました。 具だくさん、あっさり味の雑炊のような食べる卵スープです。 ふわっとした食感がおいしいので、これもお試しください! こちらも筋肉料理人お気に入りパスタです!.

次の

冬のキャンプ飯で活躍する松茸のお吸い物アレンジレシピ7選

松茸 の お 吸い物 パスタ

「茹でたスパゲッティに松茸のお吸い物の素を振りかけるだけで、美味しい和風パスタができるので便利です」(48歳/その他) 「茹でたスパゲッティに牛乳とコーンスープの素を振りかけるだけで、簡単にコーンスープパスタが完成します」(40歳/主婦) 「クラムチャウダーの素を使って貝のクリームパスタを作ると、自分で味付けしなくても簡単に美味しいパスタをいただくことができます」(44歳/その他) 「松茸のお吸い物の素ときのこ、鷹の爪を加えたパスタは、シンプルですがすごく美味しくて病みつきになります」(44歳/学生・フリーター) パスタの味付けには、粉末スープを使うのが手軽でおすすめ。 具材を加えてもいいですが、茹でたパスタに粉末スープを振りかけるだけでも、十分美味しくいただくことができるようです。 コーンやクラムチャウダーなど、いろいろな粉末スープを活用することができますが、松茸のお吸い物の素を使った和風パスタのレシピが特に人気でした。 また、以下のように、パスタ以外の麺料理にアレンジするのも良さそうですね。 「中華麺を油で炒めてワカメスープの素を振りかければ、なんちゃって塩焼きそばが簡単に出来上がります」(35歳/その他) 「冷凍うどんをレンジでチンしてから松茸のお吸い物の素をかけ、生卵を落として釜玉うどんにすると美味しいです」(26歳/その他) 「トマトポタージュの素にお湯とごはん、チーズを入れてぐるぐるかき混ぜると、トマトチーズリゾットになってすごく美味しいです」(25歳/その他) 「お湯で溶かした粉末コーンスープにごはんとチーズを加え、レンチンしてリゾット風に。 簡単なのに驚くほど美味しいですよ」(38歳/主婦) 「中華風スープにごはんと溶き卵を入れて中華雑炊を作ります。 最後にごま油を少し入れると、一気に本格的な味わいになります」(37歳/学生・フリーター) 「卵スープの素にお湯とごはんを入れれば、煮込み不要の超簡単雑炊に」(47歳/主婦) 「粉末スープにごはんを入れて作る雑炊は、食欲がないときなどにピッタリ。 どんな味のスープでも、意外と美味しくいただけます」(59歳/その他) 小腹が空いたときや、ごはんがちょっとだけ余っているときなどは、粉末スープにごはんを入れて、リゾットや雑炊にアンレンジしてみましょう。 レンチンするなど少し加熱することにより、ごはんが柔らかくなって美味しさもアップする様子。 チーズやごま油をプラスするなど、ひと手間加えることで、より本格的な味わいが楽しめるようです。

次の

冬のキャンプ飯で活躍する松茸のお吸い物アレンジレシピ7選

松茸 の お 吸い物 パスタ

「茹でたスパゲッティに松茸のお吸い物の素を振りかけるだけで、美味しい和風パスタができるので便利です」(48歳/その他) 「茹でたスパゲッティに牛乳とコーンスープの素を振りかけるだけで、簡単にコーンスープパスタが完成します」(40歳/主婦) 「クラムチャウダーの素を使って貝のクリームパスタを作ると、自分で味付けしなくても簡単に美味しいパスタをいただくことができます」(44歳/その他) 「松茸のお吸い物の素ときのこ、鷹の爪を加えたパスタは、シンプルですがすごく美味しくて病みつきになります」(44歳/学生・フリーター) パスタの味付けには、粉末スープを使うのが手軽でおすすめ。 具材を加えてもいいですが、茹でたパスタに粉末スープを振りかけるだけでも、十分美味しくいただくことができるようです。 コーンやクラムチャウダーなど、いろいろな粉末スープを活用することができますが、松茸のお吸い物の素を使った和風パスタのレシピが特に人気でした。 また、以下のように、パスタ以外の麺料理にアレンジするのも良さそうですね。 「中華麺を油で炒めてワカメスープの素を振りかければ、なんちゃって塩焼きそばが簡単に出来上がります」(35歳/その他) 「冷凍うどんをレンジでチンしてから松茸のお吸い物の素をかけ、生卵を落として釜玉うどんにすると美味しいです」(26歳/その他) 「トマトポタージュの素にお湯とごはん、チーズを入れてぐるぐるかき混ぜると、トマトチーズリゾットになってすごく美味しいです」(25歳/その他) 「お湯で溶かした粉末コーンスープにごはんとチーズを加え、レンチンしてリゾット風に。 簡単なのに驚くほど美味しいですよ」(38歳/主婦) 「中華風スープにごはんと溶き卵を入れて中華雑炊を作ります。 最後にごま油を少し入れると、一気に本格的な味わいになります」(37歳/学生・フリーター) 「卵スープの素にお湯とごはんを入れれば、煮込み不要の超簡単雑炊に」(47歳/主婦) 「粉末スープにごはんを入れて作る雑炊は、食欲がないときなどにピッタリ。 どんな味のスープでも、意外と美味しくいただけます」(59歳/その他) 小腹が空いたときや、ごはんがちょっとだけ余っているときなどは、粉末スープにごはんを入れて、リゾットや雑炊にアンレンジしてみましょう。 レンチンするなど少し加熱することにより、ごはんが柔らかくなって美味しさもアップする様子。 チーズやごま油をプラスするなど、ひと手間加えることで、より本格的な味わいが楽しめるようです。

次の