発酵フードメーカー。 【楽天市場】イデアインターナショナル IDEA Label 発酵フードメーカー ヨーグルトメーカー

2020おすすめのヨーグルトメーカー人気ランキング!【R1や甘酒も】 モノナビ

発酵フードメーカー

ページコンテンツ• ヨーグルトメーカーとは? ヨーグルトメーカーとは、ヨーグルトを作る専用機械。 牛乳と種菌を含んだヨーグルトをセットすると、保温効果によって発酵を促し牛乳をヨーグルトにすることができます。 ヨーグルトメーカーで発酵食品が作れる この保温機能を利用すれば、ヨーグルトだけではなくさまざまな発酵食品を作ることができます。 ただしヨーグルトメーカーの中でもヨーグルト以外の発酵食品が作りやすいものと作りにくいものがあります。 細かな温度設定ができるものや高温まで対応している製品ほど、発酵食品が作りやすくなります。 ヨーグルトメーカーについてさらに知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。 オススメはアイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー IYM-012-W オススメなのは、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー「IYM-012-W」です。 細かな温度設定が可能で高温にも対応。 さらにお値打ち価格で購入できると三拍子そろったヨーグルトメーカーです。 他社製品にも、高性能や高機能な製品はありますが、このヨーグルトメーカーなら幅広い発酵食品を作ることができて低価格で購入できるため気軽に発酵食品に挑戦できます。 - 2017 6月 2 6:28午後 PDT どのヨーグルトの作り方も基本的には、牛乳とヨーグルトを混ぜてヨーグルトメーカーにセットするだけです。 ただし牛乳の温度とヨーグルトの量によって発酵にかかる時間や温度が変わります。 成分無調整牛乳が基本となります。 また種菌となるヨーグルトは牛乳に対して20%程度にしておきましょう。 牛乳は事前に温めておくことで発酵を促すことができ、ヨーグルトを投入してからしっかりとかき混ぜましょう。 かき混ぜる際に使うスプーンなどは煮沸消毒するなどして、殺菌しておくことで牛乳の腐敗を防ぐことができます。 牛乳に砂糖を3%程度加えることで発酵を早めることができますが、腐敗のリスクも高まるため注意が必要です。 ヨーグルトメーカーにセットすれば、ヨーグルトメーカーに記されている規定の時間通りに保温すればヨーグルトが完成します。 ただしヨーグルトの発酵は気温などによっても変化するため、何度も作って自分だけの最適な時間を見つけましょう。 ヨーグルトがうまく発酵しない場合は、発酵時間が足りていない場合があります。 諦めて捨てずに、もう少しヨーグルトをヨーグルトメーカーで温めて様子を見てみましょう。 作り方は、鶏肉を袋に入れて塩、砂糖をもみ込んで一晩冷蔵庫で寝かせます。 寝かせた鶏肉の袋に、残りの材料を全て入れて空気を抜いて袋を閉じます。 食べる直前にフライパンで表面を焼けば、コンフィの完成です。 まとめ ヨーグルトを作るはずのヨーグルトメーカーですが、思った以上にさまざまな料理を作ることができますね。 ただし全てのヨーグルトメーカーで作れるわけではなく、温度の上限やタイマー機能の有無によって作れないものもあります。 もし作ってみたい料理があれば、それらを踏まえてヨーグルトメーカーを選びましょう。 ヨーグルトメーカーのオススメ人気ランキングです。 カテゴリー記事一覧• 398• 117• 870• 463• 141• 139• 146• 147• 242• 213•

次の

《2020年》R1や甘酒も! 人気のヨーグルトメーカーおすすめ8選と選び方

発酵フードメーカー

家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリー先生に聞きました! ヨーグルト&甘酒メーカー各社製品特徴まとめ 自宅で手軽に作れる発酵食品の代表例と言えば、ヨーグルトや甘酒。 市販されているヨーグルト菌や、市販のヨーグルトをそのまま種に使ってヨーグルトを作ったり、麹と米で甘酒を作ることができます。 ヨーグルトメーカーには牛乳パックをそのまま使う製品もあり、とても手軽です。 ヨーグルトや甘酒のほかにも、いろいろな発酵食品を作れる製品もあります。 各社の製品の特徴をまとめてみました。 ヨーグルト&甘酒メーカーは、大きく3種類 ヨーグルトメーカーや甘酒メーカーには、大きく分けて3つの種類があります。 ヨーグルト&甘酒メーカー:タイプ1「特化型」 1つ目は、ヨーグルトを作る際に、 牛乳パックをそのまま使って「手軽に作ること」に特化したもの。 ヨーグルトのみを作ることができるタイプです。 ここでは、 タイプ1「特化型」と名付けてみましょう。 ヨーグルト&甘酒メーカー:タイプ2「多用途型」 2つ目は、専用容器やカップを使うことで、ヨーグルトや甘酒、納豆など、 いろいろな発酵食品を作ることができる製品。 いろいろな発酵食品を楽しみたい人には、ピッタリの製品です。 タイプ2「多用途型」と名付けます。 ヨーグルト&甘酒メーカー:タイプ3「中間型」 3つ目は、その中間的な製品。 牛乳パックに加えて、専用容器も使える製品です。 専用容器を使う製品に比べると、形が牛乳パックが入る形状になるため、作ることができる発酵食品は限られますが、入門用には良いと思います。 タイプ3「中間型」と名付けます。 とはいえ、各社の製品は、発酵温度や発酵時間など、基本的な性能に大きな違いはありませんので、 どれも安心してお使いいただけます。 違いは、カラーバリエーションやレシピ集の有無、付属品の内容、自動モードの有無、温度設定の細かさなど。 まずは、なにかお気に入りの要素が見つかった製品を選ぶのが第一歩です。 ヨーグルト&甘酒メーカー:タイプ1「特化型」 アイリスオーヤマ:ヨーグルトメーカー IYM-011 アイリスオーヤマ:ヨーグルトメーカー IYM-011 牛乳パックをそのままセットするので、容器の殺菌など手間のかかる作業は不要です。 牛乳パックは、1000ml、500ml、どちらでもOK。 ヨーグルト菌はもちろん、市販のヨーグルトを種にして自家製ヨーグルトを作ることができます。 今回紹介する製品の中で、最も高い温度を実現しています。 温度が高いのみならず、早く温度を上げることができるので、さまざまな発酵食品づくりが可能です。 内容器が2個付いていることも、大きなポイント。 使い勝手が広がります。 また水切りバスケットや温玉スタンド、ガラスポットなどオプションも充実しています。 カラーバリエーションが4種類あることもうれしいですね。 違いは、デザインと付属品の内容。 容器2個に加えて、水切りバスケット、収納用フタが付属しています。 作ることができる発酵食品はヨーグルティアSと同じ。 カラーバリエーションも3種類あります。 ご飯やおかゆと、乾燥米こうじを使って、簡単に自家製の甘酒を作ることができます。 乾燥米こうじも、マルコメさんのオンラインショップで購入できます。 容器最大容量2000ml(適正容量約1400ml)の容器なので、家族みんなで楽しめる、たっぷりの量のヨーグルトや発酵食品を作ることができます。 容器を手動で回転させる脱水機能が付いているので、ヨーグルトから乳清(ホエイ)を分離するのも簡単。 さらに チーズフィルターや納豆容器セットも付属しています。 カップはそのまま食卓に並べることもできます。 牛乳パックをそのまま使ってヨーグルトを作る 特化型の手軽さと、容器を使ってさまざまな発酵食品を作ることができる 多用途型の特徴を併せて持っています。 レシピ本も付いているほか、水切りカップも付属しています。 幅約11. 5cmのコンパクトなサイズなので、 キッチンに置いても場所を取らないのがうれしいところ。 温度設定と時間設定を「調整つまみ」で簡単にできたり、付属の長いスプーンは、 牛乳パックからヨーグルトをかき出しやすいように四角くなっているところもポイントです。 牛乳パックと容器の両方が使えます。 特徴は、何と言ってもおしゃれなそのデザイン。 お気に入りのキッチンにはこだわりのグッズを置きたいですよね。 温度設定やタイマー設定など基本的な機能も、もちろん十分です。 ホームベーカリーでも評判のエムケー精工の製品なので、シンプル、でも必要な機能はしっかり押さえてあります。 プレーンヨーグルト、カスピ海ヨーグルト、甘酒など、基本的なレシピは取扱説明書に記載されています。 付属の500mlの容器はヨーグルトなど発酵食品作りはもちろん、保存や作り置きにも便利です。 ワッフルメーカーで有名なビタントニオ製品。 温度と時間を細かく制御し最適な環境で発酵をコントロールすることにより、 飲むヨーグルトの調理を実現しました。 牛乳パックの容量に合わせて500mlと1000mlのモードが設定可能。 温度と時間を自分で設定できるため、とろみの強弱を調整できます。 また、プレーンヨーグルト、カスピ海ヨーグルト、甘酒、塩麹の自動メニューを搭載。 今回の新商品では、 自分で温度と時間を設定する必要が無くなったため、より手軽に調理できます。 ヨーグルトと、プリン、カスタードエッグなどのデザートを作ることができます。 作れる発酵食品はヨーグルトのみ。 6つのガラス容器は、そのままテーブルに並べることができるので、ヨーグルトとプリンが大好き!という人には、うってつけの製品です。 各社製品特徴まとめを、ぜひ購入や買い替えの参考にしてみてくださいね。 家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリー先生に聞きました! 神原サリー(かみはら さりー) 家電+ライフスタイルプロデューサー 神原サリー(かみはら さりー) 新聞社勤務、フリーランスライターを経て、家電+ライフスタイルプロデューサーとして独立。 「企業の思いを生活者に伝え、生活者の願いを企業に伝える」べく、家電分野を中心に執筆や商品企画、コンサルティング等の仕事を行う。 2015年2月、表参道に事務所兼「家電アトリエ」をオープン。 2016年3月に渋谷区・広尾にアトリエを移転、現在に至る。 家電Watch「神原サリーの家電HOT TOPICS」連載コラム執筆、CCCメディアハウス発行「Pen」にて『白モノ家電コンシェルジュ』連載執筆、「日刊ゲンダイ」にて『愛しの家電日誌』連載執筆、世界文化社「LaLaBegin」にて『ココロときめく!うふふ家電』連載執筆、日経新聞「新製品バトル」評価委員、日経PLUS1「何でもランキング」評価委員。 All About家電ガイド。 一般社団法人日本睡眠改善協議会認定・睡眠改善インストラクター。 米飯管理技能士。 2017年6月よりオスカープロモーション所属。 haccola(ハッコラ)の最新情報をお届けします。 新聞社勤務、フリーランスライターを経て、家電+ライフスタイルプロデューサーとして独立。 「企業の思いを生活者に伝え、生活者の願いを企業に伝える」べく、家電分野を中心に執筆や商品企画、コンサルティング等の仕事を行う。 2015年2月、表参道に事務所兼「家電アトリエ」をオープン。 2016年3月に渋谷区・広尾にアトリエを移転、現在に至る。 家電Watch「神原サリーの家電HOT TOPICS」連載コラム執筆、CCCメディアハウス発行「Pen」にて『白モノ家電コンシェルジュ』連載執筆、「日刊ゲンダイ」にて『愛しの家電日誌』連載執筆、世界文化社「LaLaBegin」にて『ココロときめく!うふふ家電』連載執筆、日経新聞「新製品バトル」評価委員、日経PLUS1「何でもランキング」評価委員。 All About家電ガイド。 一般社団法人日本睡眠改善協議会認定・睡眠改善インストラクター。 米飯管理技能士。 2017年6月よりオスカープロモーション所属。 関連タグ• この協力者の他の記事を見る• 最新記事•

次の

イデアインターナショナル:プロダクト詳細:発酵フードメーカー(ヨーグルトメーカー)

発酵フードメーカー

前からほしいなぁと思っていた、ヨーグルトや甘酒を手作りできる「発酵フードメーカー」をBONNE(ボンヌ)で注文していたのが届きました! 我が家は朝ごはんに必ずヨーグルトを食べているので、消費量がすごくて・・。 だから、ヨーグルトを簡単に手作りしたいなぁと思っていて、前からヨーグルトメーカーを買いたいなぁと思っていました。 温度と発酵時間を選択するだけの簡単操作で、手軽にヨーグルトなどが作れちゃうんです! ヨーグルトはもちろん、味噌、塩麹、甘酒、チーズ、ワインビネガーなど、バリエーションもとても豊富! 自分で手軽に作れるので保存料などの心配もないし、塩分などを自分好みに調節すれば、ヘルシーにも仕上げられますので、お子さんなどにも安心して食べさせられます。 25~65度まで1度単位で設定できる温度調節機能と、1~48時間まで1時間単位で設定できるタイマー機能を搭載しています。 専用計量カップ• 撹拌用スプーン• 取扱説明書• レシピブック になります。 本体内部は、上の写真のようになっていて専用容器や牛乳パック1リットルがすっぽりと入るようになっています。 上の容器ですが、この中に材料を入れてフタをして本体にセットするもの。 ヨーグルトにも使えますが、ヨーグルトは牛乳パックのまま作ることができるので、ヨーグルト以外に使うといいと思います。 上の写真が、撹拌用のスプーンです。 牛乳パックより少し短いくらいのスプーンになっています。 ちょっと写真がボケてますが(汗)、上の写真が専用の計量カップです。 これを使えば簡単に色々な材料を計ることができます^^ そして、上の写真が発酵フードメーカーのレシピブック。 ヨーグルトはもちろんですが、味噌、塩麹、甘酒、チーズ、ワインビネガーなどの作り方やそれらを使ったレシピなどが掲載されています。 発酵フードメーカーで簡単!ヨーグルトの作り方 では、発酵フードメーカーで簡単に作れるヨーグルトの作り方をご紹介しますね! 用意するものは、発酵フードメーカー、ヨーグルト(今回はR-1ヨーグルト)、牛乳1リットルです。 まず、牛乳パックの口部分をガバッと開きます。 ヨーグルトも封を開けて、スプーンなどを使って計量カップに入れていきます。 レシピブックには、牛乳1リットルに対してヨーグルトは50gと書かれていました。 秤で量るのがめんどくさくて^^;、私は計量カップ2杯分のヨーグルトを使いました。 上の写真くらいの量を1杯にして、これを2杯分牛乳の中に入れます。 上の写真のような感じで、スプーンを使いながら計量カップに入っているヨーグルトを入れていきました。 ヨーグルトを牛乳の中にすべて入れたら、撹拌用スプーンで牛乳とヨーグルトをよく混ぜ合わせます。 しっかり混ぜ合わせたら、クリップなどを使って牛乳パックの口を閉じます。 クリップで口を閉じたら、発酵フードメーカー本体のフタを外し、牛乳パックをそのまま入れてフタをします。 (この時、電源プラグは差し込んでおいてくださいね^^) 最初は、40度になっていると思うので、「up」ボタンを押して温度を42度に設定します。 次は、モードボタンを押して、時間を設定していきます。 最初は8時間になっているので、「down」ボタンを押して6時間にします。 最初、音がなるのかと思っていたんですがならずに、あやうくそのままずっと放置しそうになりました(汗) ですので、このときに一緒にタイマーなどをセットしておくといいと思います。 そして、時間になったら本体のフタを外して牛乳パックを取り出します。

次の