スターウォーズの鉄人。 スター・ウォーズにおける戦いの一覧

クローン・ウォーズ(TVシリーズ)

スターウォーズの鉄人

コールマン・トレバーはクローン大戦勃発時にジェダイ最高評議会のメンバーを務めていたジェダイ・マスターである。 コルサントにあるジェダイ聖堂の尖塔に置かれたジェダイ評議会は、ジェダイ・ナイトたちの行動を統治しているのだ。 ヤレアル・プーフの死後、最高評議会に加わったトレバーの理性と見識は、仲間のジェダイたちからも大きな尊敬を集めている。 彼は重大な惑星間紛争を幾度となく平和的に解決し、戦士としてよりもむしろ交渉者としての評価が高かった。 だが、戦いが要求されれば、トレバーは共和国を守るためにライトセイバーを振るうこともある。 爬虫類型ヒューマノイドのトレバーは、長い顔と黒い目をしており、頭骨からは曲線を描いたとさかが生えている。 彼は水の惑星センブラ出身のヴァークの男性であり、この惑星は、ゆっくりと大陸を形成しつつある火山性の尾根によって分断された温暖な海洋に覆われている。 ヴァークたちは遊牧性の水陸両棲種族であり、銀河系では一般に原始的な種族として認識されている。 ジェダイの特別部隊が戦争の準備を行っている不穏な分離主義勢力と対決し、捕虜を救出する必要があったとき、マスター・トレバーは200人のジェダイたちと共にジオノーシスへ向かった。 だが、分離主義者のリーダーを務めるかつてのジェダイ、ドゥークー伯爵との対決を試みたコールマンは、ドゥークーの雇った賞金稼ぎジャンゴ・フェットに射殺されてしまう。 シャク・ティ Shaak Ti 種族: トグルータ 出身: シリ 職業: ジェダイ・マスター、ジェダイ評議員 性別: 女 身長: 1. 78メートル 愛機: 不明 ジェダイ評議会は賢明で強力な12人のジェダイ・マスターによって構成されている。 彼らはコルサントにそびえるジェダイ聖堂に召集され、フォースに関するあらゆる問題を熟考し、銀河全域に散在する危機に対処すべくナイトたちを派遣しているのだ。 評議会のメンバーは共和国の要求に応じて交代することがある。 シャク・ティが評議会の席に座ったのは、クローン大戦を誘発する様々な出来事が起こっている最中のことだった。 彼女は柔軟なレックにカラフルな装飾を施したエキゾチックなエイリアン女性である。 そして、彼女は増大する分離主義勢力から囚人たちを救助するためジオノーシスに派遣された200人のジェダイのうちの1人でもあった。 シャク・ティは莫大な人口を抱える過密惑星シリ出身のトグルータである。 シリには獰猛な肉食獣が多数徘徊しているため、トグルータたちは身を守る術として部族単位での密集した生活を営んでいる。 彼らはそこで派手な自然の着色パターンを結集させ、愚鈍な猛獣たちを視覚的に混乱させることで生き延びてきたのだ。 だが、シャク・ティは単独行動を好むという点で、集団意識の強いトグルータの中でも例外的な存在だった。 彼女は天性のフォースの強さで肉体機能だけでなく精神力も高めており、トグルータ独自の孤独感を抑制しているのだ。 それでも彼女のトグルータとしての資質は、騒々しい群衆の中を走り抜け、戦うときの正確さと素早さを見れば明らかである。 また、シャクはモントラルと呼ばれる中空の角のような器官で素早く情報を収集し、周囲への認識力を高めることができる。 彼女はこの能力を戦闘の際にも大いに役立てており、誰かが自分に接近したことを素早く感じ取ることができるのだ。 シャク・ティがジェダイ・マスターとして育てたパダワンは、その生涯でわずか2人しかいない。 そして2人とも、ジェダイの試練を乗り越えて一人前のジェダイ・ナイトに昇格した直後に、凶悪な殺人鬼によって殺害されている。 彼女は何年もの間、愛する弟子の1人フェ・サンを殺された悲しみと、その仇であるゼルトロンの殺人鬼ライシャに対する怒りを胸に秘めていた。 弟子たちの最期を見守ることしかできなかったことは、彼女の人生にとって大きな汚点となっている。 だが、シャクはジェダイの技でこの感情を切り離すことに成功し、それ以後、心の奥に隠し続けるのだった。 やがてクローン大戦が勃発すると、シャク・ティは共和国正規軍の将軍に任命される。 分離主義勢力がカミーノのクローン製造施設に対して大規模な攻撃を行ったとき、彼女はティポカ・シティの内部に派遣されていた。 彼女はラマ・スー首相と共にカミーノの表層における防衛を指揮し、この襲撃に対してエリート部隊であるARCトルーパーたちを投入する決断を行ったのである。 また、シャク・ティはハイポリの戦いで、共和国軍として初めてグリーヴァス将軍と対決したジェダイの1人だった。 彼女は尊敬すべき忍耐によってグリーヴァスの攻撃を防ぐが、最終的にはこのサイボーグの殺し屋の圧倒的な力に屈服させられてしまう。 しかし、彼女は何とか生き延び、この遭遇から逃れることができたのだった。 その後、シャク・ティ将軍はブレンタルIVでクローン・トルーパーの分遣隊を指揮することになり、そこでかつて彼女のパダワンを殺したライシャと遭遇する。 彼女はクローン大戦の混乱のなか、投獄を免れていたのだ。 シャクはライシャが持つゼルトロン特有の交渉術を利用して独立星系連合軍の司令官ショガー・トックの説得を試みるが、ライシャはシャクを裏切り、彼女にブラスターを放つのだった。 シャクはジェダイの技で致命傷を免れたが、計画は失敗に終わり、トックの殺害を強いられる。 それでも彼女はジェダイとしての不断の決意を示し、裏切ったライシャの命を助けようとするのだった。 だが、ライシャは彼女の誠実さを信用せず、自動レーザー・トラップの方へと逃走して自滅する。 後にパルパティーン最高議長は、ダーグ、ジオノーシス、そしてセンタレスでの彼女の活躍を公式に絶賛している。 彼はシャク・ティとその能力への信頼を増し、クローン大戦の危険が増大するなか、彼女を政府中枢にいる側近グループの護衛役の1人として任命したのだった。 やがて、分離主義勢力が共和国の中心部に対して大胆な奇襲を開始し、ジェダイ聖堂を攻撃してきたとき、シャク・ティはパルパティーン議長を護衛するため、ジェダイ・マスター、ロロン・コロブとファル・ムダーマを連れて元老院へと向かった。 だが、ロロンとファルはグリーヴァス将軍の前に屈し、シャクもワイヤーで縛られてしまう。 グリーヴァスはパルパティーンを人質として誘拐し、シャクを他のジェダイへのメッセージとして生きたまま残していったのである。 そしてこの戦争の最後の夜、ダース・ヴェイダーと化したアナキン・スカイウォーカーがクローン軍を率いてジェダイ聖堂を襲撃したとき、シャク・ティは聖堂の中にいた。 皇帝を僭称したばかりのパルパティーンの命令によって、ヴェイダー卿が「反逆者」であるジェダイに正義の裁きを与えると、聖堂はレーザー砲火に包まれる。 シャク・ティもこの奇襲のなかで、ヴェイダーによって殺されたとされている。 キット・フィストー Kit Fisto 種族: ノートラン 出身: グリー・アンセルム 職業: ジェダイ・マスター、ジェダイ評議員 性別: 男 身長: 1. 96メートル 愛機: 不明 最盛期のジェダイ・オーダーは、フォースとの強い絆を持った数百もの異なる種族によって構成されていた。 なかでもキット・フィストーはエイリアン・ジェダイの典型である。 彼は大きな瞬きのない瞳を持ち、頭部からはもつれ合った柔軟な触手が無数に生えているのだ。 ノートランのジェダイ・マスター、キット・フィストーはミッド・リムに属する温暖な水の惑星グリー・アンセルムのサビロン地方の出身である。 彼の人生観は楽観的であり、それは皆に受け入れられていた。 彼は自分の天賦の才能を銀河系の人々のために役立てることがジェダイとしての務めだと信じている。 また、彼は鋭敏な嗅覚によって他者の感情を読むことができる。 ナブーの戦いの前、フィストーはモン・カラマリのバント・エーリンと呼ばれる女性パダワンの訓練を引き継いだ。 彼女の前の師であるマスター・タールはフォースと一体となったのだ。 また、彼はアトリヴィス・セクターを荒らすイリディアム海賊団の一掃に当たったジェダイの機動部隊の副隊長を任されていたこともある。 屈強の戦士として知られるフィストーは、共和国の高官に助言を与えるだけでなく、ジオノーシスにある分離主義者の本拠地から囚人たちを救出すべく、メイス・ウィンドゥによって召集された奇襲部隊にも加わった。 彼はジオノーシアンやバトル・ドロイド軍と激しく戦い、曲線を描く壁に囲まれた処刑闘技場での混戦を生き抜いた数少ないジェダイの1人となる。 壮大なクローン大戦の最初の戦いに共和国の増援軍が到着したとき、フィストーはクローン・トルーパーの特別部隊を率いて戦いの最前線に赴いたのだった。 そしてクローン大戦が本格的に開始されると、フィストー将軍はモン・カラマリの戦いで彼の水中部隊を指揮するようになる。 彼は共和国のクローンSCUBAトルーパーに協力する地元のモン・カル軍を従え、分離主義勢力に寝返ったクオレン分離連盟と戦った。 その後、彼はデヴァロンやオード・セスタスでの戦いにも赴いている。 フィストーは戦闘に関しては非正統的な手法を好む先進的な戦士だが、一方で銀河政治のことになると保守的思想の持ち主となる。 仲間のジェダイ・ナイト、アイラ・セキュラとの親密な友情と強い絆は、ときとして彼の忠誠に対する規則をも圧迫することがあった。 2人は互いを深く尊敬し合っており、もしオーダーに在籍していなければ、おそらくは他の形で関係を深めていったことだろう。 アイラ・セキュラ Aayla Secura 種族: ルーシアン・トゥイレック 出身: ライロス 職業: ジェダイ・ナイト 性別: 女 身長: 1. 72メートル 愛機: 不明 多くのトゥイレック女性と同様に、アイラ・セキュラは美しく、官能的で、優雅でもある。 筋骨逞しい体つきに濃い空色の肌をした彼女は、極めて感情豊かであり、知的で衝動的だが、表面上は一切の怒りを感じさせず、その一方で、ときには小悪魔的な悪戯のセンスも持ち合わせていたのだ。 アイラは暴力より狡猾さを好んでおり、ライトセイバーの腕前も一流だが、それを主に防御に使うことを好んでいたのだった。 また、彼女は多くのジェダイ・ナイトたちの中でも突出した存在である。 アイラはオーダーの末期に在籍していたジェダイ・ナイトであり、主にコルサントのジェダイ聖堂から離れた場所で活躍していた。 ライロスの有力な氏族に生まれたルーシアン・トゥイレックのアイラ・セキュラは、幼い頃にクインラン・ヴォスの弟子となり、ジェダイとして成長した。 グリッタースティムとライル・スパイスの混合ドラッグであるグリッタライルの密売について調査していたとき、アイラとクインランは腕利きのドラッグ屋、すなわちアイラの叔父ポル・セキュラによって記憶を奪われてしまう。 ポルはあまりにも無節操な男であり、当惑したアイラを自分の所有物として手放さなかった。 彼は何も知らない姪を、将来予想されるジェダイからの報復への予防線としていたのである。 クインラン・ヴォスも記憶喪失に苦しんだが、彼はなんとかアイラを発見した。 アイラの潜在的なフォース能力は忘れられたジェダイ規範の支配によって取り除かれ、困惑した怒りの発作として解放された。 彼女の抑制できない怒りの爆発は、ポル・セキュラを死に至らしめる。 怯えたアイラはライロスへ逃れ、ジェダイの追及から身を隠したのだった。 傷ついたパダワンは記憶喪失についてクインランを非難し、キフェックスの囚人衛星に投獄されていたアンザーティの邪悪なダーク・ジェダイ、ヴォルフ・カーコに歩み寄った。 ダークサイドの力に魅了されたアイラは、拘束フィールドを静止させてカーコを解放し、彼女はかつてのマスターを攻撃する。 だが、その後の対立でアイラは記憶を取り戻し、自分がどれだけジェダイの道から踏み外したかを思い知ったのだった。 ジェダイ評議会は彼らの英知において、ダークサイドとの接触から回復するまでの間、アイラとクインランを引き離すべきだと命じた。 まだパダワンだったアイラは、かつてヴォスを訓練したこともあるマスター・ソルムの指導下に置かれる。 彼の助言を得て、アイラはついに関門を突破し、一人前のジェダイ・ナイトとなったのである。 共和国分裂を招き得る分離主義危機のとき、セキュラはジオノーシスに捕らえられた囚人の救助のため、200人からなるジェダイの奇襲部隊の一員として派遣された。 そして続く大規模な軍事衝突において、彼女は数少ない生存者の1人となる。 セキュラは無愛想なジオノーシアンに追い立てられ、円陣を組んで処刑を待つジェダイたちに加えられたが、彼らは突如として現れたクローン・トルーパーによる増援部隊によって救われた。 その後、彼女は自分の特殊部隊をジオノーシスの戦いの最前線に導き、ライトセイバーを埃できらびかせながら、後続する訓練された共和国兵たちのために発光ビーコンの役割を担ったのである。 クローン大戦の間、セキュラはその才能を活かし、情報収集や諜報任務に当たっていた。 ジオノーシスの戦いの1週間後、アイラとイレニック・イットクラはコレリアでのある重要な任務のため、密輸業者に変装する。 彼女はホイール宇宙ステーションでかつての師、クインラン・ヴォスを探すため、ジェイザという名の機械工に扮して再び地下に潜ったのである。 やがて、アイラはコート・ヴォスと名乗って雇われの殺し屋をしていたクインランを発見する。 彼女は長いならず者人生がクインランを大きく変えてしまったことに不安を抱いた。 事実、みすぼらしい武器商人の役割があまりにも自然に見えたため、アイラは自分のよく知るかつての高名なジェダイ・ナイトが、その無節操な殻の下に潜んでいることを理解し難かったのだ。 クインランは情報収集者としての役割から、自分がジオノーシスの罠を察知しているべきだったと信じており、結果的に100名以上のジェダイを死に至らしめてしまったことに自戒の念を抱いていた。 さらに、クローン大戦による緊張から、彼は共和国が本当に守るに値する存在なのか、疑問に思うようになっていたのである。 クインランとアイラによって収集された情報をもとに、ジェダイ評議会はカミーノのクローン製造施設に対する分離主義勢力の大規模な攻撃を察知することができた。 アイラはジェダイ・スターファイターを操縦し、この嵐に覆われた惑星を防衛することになる。 そして、クローン大戦の勃発から4ヵ月後、アイラ・セキュラはジェダイの将軍、ダクマン・バレックがハイポリで大規模なドロイド工場を発見したとき、その破壊を援護するため、ジェダイのエリート機動部隊の1人として派遣された。 だが、ジェダイたちは分離主義勢力の邪悪な指揮官、グリーヴァス将軍率いる何千ものバトル・ドロイド軍に包囲され、この作戦は大きな禍へと転じることになる。 しかし、アイラは辛うじて生きてハイポリから脱出することに成功したのだった。 クローン大戦は表面的には独立星系連合と銀河共和国との戦いだったが、ジェダイはシスの暗黒卿が復活し、この抗争の背後に彼らが存在していることを知っていた。 だが不幸にして、ジェダイたちにはシスがどの程度までこの激震に関与しているのかが見えていなかったのだ。 クインラン・ヴォスは悪党たちの地下活動に潜り込み、ドゥークー伯爵に組する第2のシスを見つけようと努力しながら、この陰謀を覆う謎の解明を続けていた。 しかし、シスの狡猾な欺瞞はヴォスを誤った方向へと導き、彼を腐敗させ、ダークサイドへと誘惑したのである。 そのため、彼は一時的に連合側へと加わり、二重スパイとして暗躍していたが、その大部分は彼に究極的な忠誠を尋ねたジェダイへと傾いていたのだった。 アイラはクインランがジェダイと共和国を捨て、連合に加わったことを知り、大きな不安に駆られた。 しかし、他のジェダイとの友情、特にジェダイ・マスター、キット・フィストーとの密接な関係が、彼女の精神的不安の支えとなる。 だが、この愛情に似た強い絆は、ジェダイ規範によって禁じられた行為だった。 もしも彼らがジェダイ・オーダーに属していなければ、2人の強い尊敬と愛情の念は、おそらく他の何かへと発展していただろう。 その直後、アイラはコレリアン交易スパインに沿った共和国の補給線に対する連合軍の襲撃を調査するため、ジェダイの機動部隊の1人として選ばれた。 襲撃者たちがデヴァロンで存在を確認されると、アイラはトゥイレックの豪商の娘、トゥーラ・ドニータという名士に扮し、地下に潜り込む。 この計略によって、彼女はより高い身分にあるデヴァロニアン市民の1人、ヴィーンセイマロック元老院議員に取り入ることができたのだ。 しかし、セキュラは手遅れになるまで、セイマロック議員がデヴァロンの危険分子であることに気づかなかった。 議員はこの戦争の両方の側に加担することを望んでおり、襲撃者たちに山中の秘密基地を使うことを許可していたのである。 また、彼女は賞金稼ぎのオーラ・シングを雇い、ジェダイを含めた自分の計画を詮索する者たちすべての排除を依頼したのだった。 アイラはオーラの待ち伏せを受けるが、彼女は辛うじてこれを退ける。 アイラはクインランから教えを受けたジェダイのステルス技術を使い、彼女を狙う飢えたクォラの一群を避けると、オーラを攻撃した。 2人は激しく戦い、その中でアイラはオーラの傷ついた過去の中心を見つめることに成功する。 彼女はオーラに根強く残る疎外感と自暴自棄の念を見極めることで、彼女を揺さぶり、不安定な状態へと導いたのだった。 これに激怒したオーラは戦いにおける優勢を失い、アイラはライトセイバーで彼女の胸を傷つけた。 そして、彼女はオーラのアンテナ状の移植片を切断し、シングが獲物の恐怖を摂取することができないようにしたのである。 戦いは終わり、オーラはその場に崩れ落ちたが、アイラは彼女を殺さず、地元当局に身柄を引き渡したのだった。 デヴァロンで収集した情報をもとに、アイラは襲撃者たちの所在を突き止め、残りの機動部隊に提供した。 襲撃者たちはジェダイとクローン軍による突然の攻撃によって、一瞬にして壊滅することになる。 また、辺境の惑星ホノガーに分離主義勢力の戦艦が墜落すると、アイラと彼女に忠実なクローン軍司令官、コマンダー・ブライが惑星に派遣された。 この墜落によって有害な枯葉剤が生態系にばら撒かれ、惑星固有の植物相が破壊されたのだ。 アイラの任務はこの化学薬品の詳細について調べるためのSIP(科学機器パッケージ)を探すことだった。 しかし、ホノガーの恐るべき原住種族ノーグリは、宇宙船の残骸からSIPを回収し、惑星の古代寺院に隠したのである。 このとき、アイラはホノガーで同じようにSIPを探していたクインランと遭遇した。 2人は共同で働き、寺院の防衛網を回避すると、SIPを盗み出して周囲の沼へと破棄する。 だが、ヴォスがアイラを裏切った。 彼は二重スパイとしてドゥークー伯爵の信頼を得るという重要な任務を行っていると告げ、当初、アイラにパッケージを持ち去らせることを拒否したのだ。 同様にアイラはそれに同意した。 そして、2人は袋小路で決闘を開始したのである。 アイラはクインランが容易に怒りに身を任せたことにショックを受けた。 彼女の元マスターは理解しがたいほど深くダークサイドに囚われていたのだ。 彼はアイラを殺すことさえ躊躇しなかった。 そこで彼女は武器を捨て、クインランに驚くべき最後通牒を突きつける。 彼が目的を果たす唯一の方法は、無防備の彼女を殺害することだというのだ。 ヴォスは硬直し、錯乱する。 この一瞬の隙は、コマンダー・ブライが背信のジェダイを狙撃するのに十分な時間だった。 ヴォスは負傷し、逃走する。 アイラの任務は無事に終わった。 彼女はSIPを手に入れ、さらにクインラン・ヴォスの真の忠誠に関する悩ましい疑惑を携えて、共和国に戻ったのだ。 やがて第2のシスの追跡が激化すると、アイラも探求に巻き込まれた。 クインラン・ヴォスによって提示された情報をもとに、マスター・ソルムが連合と同盟を組んだダーク・ジェダイ、ソーラ・バルクを追って、アンザットへと向かったのである。 アイラはソルムへの後方支援のために自分の軍隊を送り、放浪の機械工ジェイザを名乗って諜報活動を行った。 その後、調査はサルーカマイへと波及するが、そこでは分離主義勢力が独自のクローン軍を製造しており、それらは恐るべきアンザーティの格闘技を訓練されたモアグカイの戦士たちによって構成されていたのだった。 サルーカマイ包囲作戦が開始されると、オポー・ランシセス将軍と、長い諜報活動を終えてジェダイに復帰したばかりのクインラン・ヴォス将軍は、モアグカイの影の軍団が他の戦いに使われることを防ぐため、この惑星の唯一の都市を攻撃した。 一方、5ヶ月におよぶ長い包囲作戦の間、アイラ・セキュラはブルー・リーダーとして飛びながら、地上部隊を上空から支援していた。 そして、共和国軍が分離主義勢力の砦を突破し、カルデラに築かれた敵要塞に侵入すると、アイラはクローン製造施設に破壊工作を行ったのである。 やがて、サルーカマイの戦況が共和国優勢となると、セキュラとブライはフェルーシアへの救出任務へと派遣されることになる。 2人は度重なる配置換えにうんざりし、中断された様々な任務に終わりのなさを感じていた。 今回の任務では、彼らはパダワンのエクリアと合流し、フェルーシアへと向かうのだった。 フェルーシアにおけるセキュラと彼女の第327スター・コープスの任務は、分離主義勢力の収容所からジェダイのスパイ・チームを救出することだった。 彼らは捕虜だったジェダイ・ゾンダーとバリス・オフィーを解放し、次の任務、すなわちコマース・ギルドによる狡猾な最終計画を阻止しようとする。 コマース・ギルドは失うことが確実になったフェルーシアを毒で汚染させるつもりだったのだ。 だが、惑星のポンプ・ステーションを抑えることで、フェルーシアの地下水脈に毒素が広がるのを防ごうとする努力は、アイラのジェダイとしての最後の任務となる。 彼女が抵抗を続ける分離主義軍へと接近していたとき、コルサントでパルパティーン最高議長によってオーダー66が発令され、その指令はホログラムを通じてコマンダー・ブライへも伝えられる。 アイラは共和国に対する反逆者として認められ、ブライはジェダイの将軍に対してブラスター・ライフルを向ける命令を下した。 フェルーシア原産の鳥たちが羽ばたき、アイラの注意が空へと向けられたその瞬間、ブライとその部下たちは彼女に向けて一斉に発砲し、アイラを殺害したのである。 ルミナーラ・アンドゥリィ Luminara Unduli 種族: ミリアラン 出身: ミリアル 職業: ジェダイ・マスター 性別: 女 身長: 1. 7メートル 愛機: 不明 ルミナーラ・アンドゥリィは銀河共和国の末期にジェダイ・オーダーに貢献したジェダイ・マスターである。 風変わりな女性ヒューマノイドのルミナーラは、ジェダイ評議会だけでなく共和国政府からも信頼された有能な助言者だった。 危機が訪れると、彼女とその忠実なパダワンであるバリス・オフィーは戦いの最前線に突入し、凄まじいライトセイバーの剣術で抗争の解決に貢献するのだった。 ルミナーラは惑星ミリアル出身のミリアランである。 吊り上った両目は広く離れており、青い大きな虹彩はあたかも上瞼であるかのように見える。 鼻は広く平らで、皮膚は果樹木のような色をしており、顔の形は3角形をしている。 さらに顔の下半分には唇から丸い顎に至るまで垂直のストライプを形成する小さなダイアモンド型の刺青が施され、手の甲にも各関節の継ぎ目に刺青が彫られている。 そして、彼女は何年にもおよぶ厳しい修行によって、自身の肉体を武器そのものに変えたのだった。 彼女は関節の柔軟性を増すことで、戦闘時には非人間的な機敏さを発揮することができるのだ。 ルミナーラは数年にわたってジェダイ評議会と最高議長府に仕えており、評議会が彼女と同じ惑星出身の悪名高い海賊アーウィン・コールの犯罪活動を取り上げる必要があったときに重要な情報源として役立った。 また、その10年後には無名の惑星アンシオンの国境紛争解決を手助けするために、その外交手腕と素早い機転、そしてフォースの強さを使用したのだった。 また、ジオノーシスの戦いでは、初期段階にルミナーラとメイス・ウィンドゥが惑星の防衛網を弱体化させるべく先陣を切って突入し、後続するジェダイの機動部隊の着陸を可能にしている。 そしてクローン大戦がジオノーシスから銀河系各地へと飛び火すると、クローン軍の将軍に任命された彼女は、バリスと共に、トゥーレ、イラム、その他の惑星の前線で活躍を見せるようになる。 その後、戦争がますます激しくなると、ルミナーラはキャッシークへ、オフィーはフェルーシアへというように、2人が別々の任務に派遣されることも多くなってきた。 ルミナーラはジェダイ・マスター、ヨーダの下で、キャッシークの防衛網を構築する準備を務めていたのである。 そこで、彼女はクローン軍を指揮し、ドロイドの侵略軍を撃退することに成功したが、その直後にオーダー66の犠牲者となる。 これは、最高議長が発令した、すべてのジェダイを共和国に対する敵だと見なす処刑命令だったのだ。 ルミナーラのクローン・トルーパーたちは直ちに彼女を裏切り、ブラスター・ライフルの一斉射撃によって彼女を殺害したのである。 バリス・オフィー Barriss Offee 種族: ミリアラン 出身: 不明 職業: ジェダイ・パダワン、ジェダイ・ナイト 性別: 女 身長: 1. 68メートル 愛機: 不明 ジェダイ・マスター、ルミナーラ・アンドゥリィに師事する忠実なパダワン、バリス・オフィーは、パルパティーン最高議長との重要な面会の際には敬愛する師に寄り添い、クローン大戦の勃発時にも仲間たちと共に激しい戦いに参加した。 戦闘時のバリスはマスター・ルミナーラとの二身一体の戦闘スタイルを得意としている。 彼女はフォースとの繋がりによって、自分の行動をマスターのそれと完璧に同調させることができるのだ。 一方で、彼女のマスターは間違いなくルミナーラだが、バリスはジェダイの治療者サークルにも加わっており、そこではスタス・アリーから教えを受けている。 彼女は怪我の治療よりも、疾患の治療を得意としていた。 深宇宙を航行する貨物船の中で生まれたバリスは、ジェダイ・オーダーに在籍する他の訓練生と同様に幼い頃から両親と切り離され、コルサントのジェダイ聖堂とジェダイ規範の教義のなかで育てられていた。 彼女にはジェダイの原理に基づく厳格な教育が与えられたが、若いオフィーは彼女より保守的なマスターさえも難色を示すほどの衝動性を持ち合わせている。 彼女は生まれつき控えめな性格だが、脅しに屈することを極端に嫌い、外交的手続きに従うよりもライトセイバーでの戦いを選ぶことが多い。 事実、これは彼女と同世代のパダワンたちに多く見られる共通の特徴だった。 バリスやアナキン・スカイウォーカーといった若いジェダイたちは、自分の若さを過剰にアピールする傾向が強く、ときとして冷たい行動に出ることも多いのだ。 クローン大戦の勃発前に、バリスは師のルミナーラ、そして仲間のジェダイ、オビ=ワン・ケノービ、アナキン・スカイウォーカーと共に、無名の惑星アンシオンの外交任務に赴いた。 分離主義勢力の共謀者たちが幾重ものベールに隠された黒幕を通じて、アンシオンを共和国から離脱させようと画策していたのである。 この陰謀の一環として、地元の犯罪王ソアーグ・ザ・ハットに雇われた2人の無能なアンシオニアン、ブルガンとキアクタがバリスの誘拐を試みた。 しかし、彼女は2人が利用されていただけであることを見抜き、犯行の意図に悪意がないことを知る。 バリスはフォースの癒しの術を使って誘拐者たちの心の病を治療し、感謝と忠誠を得ることに成功したのだった。 この友情はやがてアンシオンに平和をもたらし、共和国分裂の脅威を水際でせき止めることに役立つことになる。 そしてアンシオンからの帰還後、バリスとルミナーラはドゥークー伯爵によって捕らえられたオビ=ワンを救出するため、メイス・ウィンドゥ率いる200人のジェダイと共にジオノーシスへと向かった。 彼らはジオノーシスの闘技場で果敢な戦い振りを披露するが、数で圧倒的に勝る分離派のドロイド軍を前に、多くのジェダイが犠牲となってしまう。 だが、マスター・ヨーダと共和国のクローン軍の到着によって形成は逆転し、多大な被害を被りながらも、ジオノーシスの戦いは共和国側の勝利に終わるのだった。 しかし、この戦いは凄惨なクローン大戦への幕開けに過ぎなかったのである。 クローン大戦の最中にも、バリスは師に付き従い、ジェダイの訓練を続けていた。 彼女はジェダイの神聖な寺院のある厳寒の惑星イラムへと赴き、ここでしか採集されない貴重なクリスタルを使って、ライトセイバーの製造法を学んでいたのである。 だが、ジェダイがその力を維持するにあたって重要な惑星となるイラムは、既に独立星系連合軍の攻撃目標となっていた。 無数の地雷埋設ドロイドが寺院のある洞窟へと侵入し、爆破工作を行っていたのである。 それを察知したバリスとルミナーラは二身一体の攻撃で次々とドロイドを破壊するが、爆弾の除去には間に合わず、崩れ落ちてきた瓦礫の下に閉じ込められてしまう。 彼女らの救助に駆けつけたのは、フォースの乱れで2人の危機を直感したマスター・ヨーダだった。 そしてクローン大戦の勃発から2年後、師弟は別々の任務を与えられ、バリスは医師たちの支援とボタの生産を厳重に監視するためにドロンガーへと派遣される。 彼女はこれが自身に課せられたジェダイの試練であると確信しており、この戦争における自らの価値を示す絶好の機会であると捉えていた。 だが、彼女は共和国機動医療部隊の目に見える恐怖に対しても、毎日死との直面を強いられる精神的苦痛に対しても、心の準備ができていなかった。 さらに、バリスは気づくと、執拗に彼女を挑発し続けるリムゾー7の戦闘インストラクター、フォウ・ジと対立していたのだった。 彼女はフォウ・ジを出し抜きたいとする願望がフォースのダークサイドに起因するものだということに気づき、その感情を抑制しようとする。 そして、フォウが分離派のスパイによって放たれた毒矢に撃たれると、バリスは欲求を飲み込み、フォースの助けを得て彼の体から毒を抽出することを強いられたのだった。 しかし、回復したフォウ・ジが再び戦場へと戻り、自分を付け狙う分離派の軍を殲滅させるためにサーマル・デトネーターを使うと、バリスも彼を救った満足感をすぐに払拭させられてしまう。 バリスは、フォウが自分の優位性を誇示するために彼女の好意を無にしたのだと確信し、再び怒りの炎を燃やすのだった。 彼女がジェダイの試練の奥深さに気づき、目の前の任務に集中するようになったのもこのときである。 そして、分離主義勢力がすべての協定を破って医療施設への攻撃を行うと、彼女はリムゾー7への攻撃を通じてこの戦争の醜さと凄惨さを見せつけられたのだった。 やがて脱出のとき、バリスは榴散弾の破片によって医師のザン・ヤントが即死する光景を救いようのない恐怖として見つめていた。 そして、友人の死を悲しむことさえ冷静に拒絶するジョス・ヴォンダーの態度にも、バリスはただ辛抱するしかなかったのである。 パブロ=ジル Pablo-Jill 種族: オングリー 出身: スカステル 職業: ジェダイ・マスター 性別: 男 身長: 1. 6メートル 愛機: 不明 フォースは銀河系全体に存在するあらゆる生命体を包み込んでおり、そのため、ジェダイ・オーダーも実に様々なエイリアン種族によって構成されている。 パブロ=ジルもクローン大戦当時に活躍したエイリアンのジェダイ・ナイトである。 ジェダイ聖堂に配置されていた彼は、増大した分離主義勢力の軍隊からオビ=ワン・ケノービを救出するため、ジオノーシスへ派遣された英雄の1人だった。 スカステル星団出身のオングリーであるパブロ=ジルは、無法状態だったオード・マンテルに一時的な平和をもたらした功績によって名声を得ている。 ジェダイ評議会は彼にパダワンを取るようにと薦めたが、彼はクローン大戦が勃発するまで一度も候補生の訓練を開始していない。 そしてクローン大戦の末期、グリーヴァス将軍率いるドロイド軍がコルサントへの奇襲を開始すると、パブロ=ジルはジェダイ・インターセプターに搭乗し、分離主義勢力の艦隊と戦った。 彼の任務は、グリーヴァスによって捕らえられたパルパティーン議長の乗るシャトルを奪回することだったのだ。 パブロの戦闘機はシャトルを追って<インヴィジブル・ハンド>のハンガーに着陸し、そこでグリーヴァス将軍の手荒い歓迎を受けることになる。 彼は短い戦闘の末、この邪悪なサイボーグによって殺害され、その死体は共和国軍への見せしめとして宇宙空間へと放り出されたのだった。 サーリッサ・ジェン Sarrissa Jeng 種族: 人間 出身: 不明 職業: ジェダイ・ナイト 性別: 女 身長: 不明 愛機: 不明 サーリッサ・ジェンはアンター4の戦い直後に、アッゼリへ派遣された6人のジェダイからなる調停チームで、リーダーを務めていたジェダイ・ナイトである。 この任務の目的は、捕らえられたゴウタルの特使ナザンジョー・ニレールズの釈放について交渉することだった。 ニレールズはアンター4の共和国脱退を要求するゴウタルのゲリラ組織、ロシュ・スーンの工作員によって誘拐されていたのだ。 ジェンと仲間のジェダイたちはニレールズの釈放を求めて交渉を試みるが、テロリストたちは彼らに対して攻撃を開始する。 最終的にジェダイはロシュ・スーンの戦士たちを制圧するが、この戦いで2人のジェダイ、カルーア・コフィとアンティヤード=ウォ・シサーンが犠牲となったのだった。 その後、カーシュネックとジェンを含む4人の生存者は、ゲリラが人質を取って立てこもっている定期ホッパーを強襲した。 すると、ゲリラはテルミット・ゲル爆弾をホッパーへ投げ込み、爆破させる。 ジェダイたちは最善の努力で中にいた人々の傷を治療し、彼らをスクリーカとタロスの街にある医療棟へと連れて行ったのである。 ゴウタル外務省のリーダー、シャグラッド・ロセットは、この行為を内政干渉とみなしてジェダイを批判したが、彼らの英雄的行為はジェダイ評議会のメンバーであるシャク・ティによって賞賛された。 そして、カーシュネック、ジェン、その他の生存者たちは、仲間の遺体を最も近くにあったアリーンのジェダイ支部へと送り届けることになる。 その後、ジェンはオビ=ワン・ケノービを救出するため、メイス・ウィンドゥによって召集され、ジオノーシスへと派遣された。 彼女はクローン大戦の緒戦となるこの戦いでバトル・ドロイド軍の激しい攻撃を受け、善戦むなしく戦死したのである。 バルター・スワン Bultar Swan 種族: 人間 出身: 不明 職業: ジェダイ・ナイト 性別: 女 身長: 不明 愛機: 不明 バルター・スワンは銀河共和国の晩年に活躍した熟練のジェダイ・ナイトである。 彼女は分離主義勢力に捕らわれたジェダイの捕虜を救出するためジオノーシスに派遣された約200人の奇襲部隊のうちの1人だった。 ジオノーシアンの戦士や事実上無数のバトル・ドロイドと対峙したとき、彼女のライトセイバーの技量が試されたのだった。 マイカー・ギエットに師事したスワンは多くの戦闘訓練のなかで尊い誓いを交わし、クローン大戦が勃発するまで一度としてそのアクロバティックな技巧で生命を奪ったことが無かった。 やがてインチョリの過激派の手によってギエットが非業の死を遂げると、彼女はジェダイ・マスター、プロ・クーンの下で修行を続けたのである。 実際、スワンは自身の物理的な動きを最小限に抑えて敵対者を引き寄せ、その後、目もくらむほどの迅速な一撃を与える。 クローン大戦が勃発する直前には、彼女は過熱するセパンの内乱を平和的に調停する外交団の一員にも選ばれていた。 エージェン・コーラー Agen Kolar 種族: ザブラク 出身: イリドニア 職業: ジェダイ・マスター、ジェダイ評議員 性別: 男 身長: 不明 愛機: 不明 エージェン・コーラーはオビ=ワン・ケノービらの救出のため、ジオノーシスの戦いに参加したザブラクのジェダイ・ナイトである。 彼はこの戦いを生き延びた数少ない戦士の1人となるが、同時にこの戦いで彼は最愛のパダワン、タン・ユースターを失っている。 コーラーはこの悲痛な運命を即座に受け入れ、共和国軍の将軍としてクローン大戦を戦うことを誓うのだった。 彼の共和国に対する忠誠と献身は、ジェダイの義務を支える重要な柱だったのだ。 しかし、コーラーには戦争勃発に続いて沸き起こったオーダー内部の不和に関する雑音を無視する忍耐力は備わっていなかった。 コーラーの以前の任務はミッド・リムや共和国の外れで行われることが多かったが、クローン大戦ではコア周辺で活動することを強いられていた。 彼のクローン・トルーパー部隊はブレンタルIVに派遣され、そこでショガー・トックの指揮する分離主義側の要塞を攻撃し、陽動作戦を展開することによってシャク・ティ将軍を援護したのだった。 しかし、コーラーの部隊は敵の反撃の前に降伏を余儀なくされ、シャク・ティの部隊がなんとか惑星の支配権を掌握するまで、短期間ながら囚人となっていたのである。 コーラーは屈強の戦士として知られているが、その反面、外交任務を不得意としているのも事実だった。 あるとき、彼はコルサントとの接触を失ったジェダイのスパイ、クインラン・ヴォスを連れ戻す任務を与えられる。 彼はヴォスが共和国を裏切ったという不穏な知らせを受け取っていたが、最終的に彼を捕らえることはできなかったのである。 タン・ユースター Tan Yuster 種族: 人間 出身: 不明 職業: ジェダイ・パダワン 性別: 男 身長: 不明 愛機: 不明 ロース=デル・マソナはオビ=ワン・ケノービらの救出のため、ジオノーシスの戦いに参加した浅黒い肌の人間のジェダイ・ナイトである。 彼はドゥークー伯爵と分離主義勢力の指揮するドロイド軍と戦い、劣勢を強いられるが、ヨーダ率いるクローン軍の到着まで生き延びることができた。 そして、クローン大戦が始まってからも、マソナはカミーノ、ルータン、ギャロスIVなどで、多くの戦いに参加していた。 しかし、戦争末期にコルサントが奇襲を受け、パルパティーン議長が分離主義勢力によって誘拐されたとき、彼は首都惑星の地上での戦いでグリーヴァス将軍に殺害されたのだった。 ソーラ・バルク Sora Bulq 種族: ウィークェイ 出身: スリルア 職業: ジェダイ・マスター、ダーク・ジェダイ 性別: 男 身長: 不明 愛機: 不明 ソーラ・バルクはジェダイ・オーダーで随一のライトセイバー指導者であり、古典的戦闘法から実験的な戦闘法まで、様々なフォームを完全に習得している。 事実、彼はメイス・ウィンドゥがヴァーパッドと呼ばれる非常に激しい第7のフォームを習得する手助けを行ったこともあるのだ。 この訓練は極めて大きな危険を伴い、フォースのダークサイドに近づくことが要求されるのである。 バルクは数多くのジェダイの戦士を訓練してきたが、その大半がジオノーシスの戦いで戦死してしまい、その中には当時のパダワンだったガルドス・ストーフも含まれている。 そして一時は、彼自身もこの戦いの戦死者リストに名を連ねていたのだった。 バルクは生き延びていたが、クローン大戦の勃発が彼の精神に取り返しのつかない大きな傷を残したのは紛れもない事実である。 バルクは多くの弟子を失い意気消沈していた。 そして、共和国からジェダイに対してクローン軍の将軍になるよう要請があったとき、彼はついに姿を消したのだった。 彼はかねてから共和国に不満を抱いており、数人の同志と共に任務に背くことを決意したのである。 バルクはジェイセル、ククラーク、ラド・ターン、そしてかつてのパダワンであるミラと合流し、故郷スリルアの衛星ルールにある家族の家へと向かった。 そこで彼はジェダイ評議会に交渉する用意があると伝え、かつてのスパーリング・パートナーだったメイス・ウィンドゥがすぐにルールに到着したのだった。 ちょうどそのとき、ドゥークー伯爵に鍛えられた分離主義勢力の司令官、ダーク・ジェダイのアサージ・ヴェントレスによる襲撃が行われる。 彼女はメイスに忠誠を誓い、ジェダイたちの間に不信感を植え付けた。 バルクたちは評議会にさらなる疑念を持つようになったが、メイスは真実を継ぎ合わせる。 ヴェントレスはルールに到着したときからこの会合の主催者であるバルクについての完全な知識を持っていた。 事実、彼は彼女の仲間だったのである。 バルクはメイスに自分の背信を認める。 ヴァーパッドによる実験は、彼をダークサイドへと招いていたのだ。 彼は恐ろしいライトセイバー・フォームを習得したわけではなく、逆にフォームによって支配されていたに過ぎない。 ジオノーシスにおける虐殺も、バルクの堕落を悪化させただけだったのだ。 彼を戦場から救出したのは分離主義者たちであり、ドゥークー伯爵はジェダイ・オーダーの内部で分裂を助長させるため、彼に個人的な接触を試みたのだった。 共和国に失望していたバルクはこれに同意し、ドゥークーの理想と行動を絶賛する。 彼は自分がドゥークーの理想によって育てられた新世代のジェダイの1人となることを信じていたのだった。 メイスはバルクと対決するが、この戦いは決着を見ることができなかった。 メイスにとっては謎の女性戦士ヴェントレスの正体こそがより重要な問題であり、彼は彼女を追跡するためバルクを気絶させたのだった。 メイスはヴェントレスを追ってルールを発ち、バルクは生き延びた。 やがてこの戦争が終結を迎えるころ、バルクは再びジェダイ・オーダーに禍をもたらすことになる。 タラドス・ゴン Tarados Gon 種族: クラトゥイニアン 出身: クラトゥイーン 職業: ジェダイ・ナイト 性別: 男 身長: 不明 愛機: 不明 ジェダイ・ナイト、ジョクラド・ダンヴァはテーアズ・カジを学ぶ著名な武人である。 彼はバンデュキで行われる武道トーナメントにも定期的に参加していたが、クローン大戦の直前に行われた大会でフォウ・ジに破れ、以後出場を辞退している。 その後、ダンヴァはオビ=ワン・ケノービを救出するため、メイス・ウィンドゥらと共にジオノーシスへ向かった。 この戦いでは分離主義勢力のドロイド軍によって多くのジェダイが殺害されるが、彼は共和国のクローン軍が到着するまで持ちこたえ、ごく僅かな生存者の1人となるのだった。 フィ=エック・サーチ Fi-Ek Sirch 種族: ニクト 出身: キンタン 職業: ジェダイ・ナイト 性別: 男 身長: 不明 愛機: 不明 ジェダイの崇める神秘的なエネルギーの場は家系によっても引き継がれ、高名なナイトやマスターのなかにはフォースと同様に血の繋がりを持つ者が数人いることが知られている。 そうしたジェダイ・ナイトの1人であるスタス・アリーは、共和国の晩年にジェダイ評議会のメンバーを務めていたアディ・ガリアの従姉妹である。 彼女はその冷たい青い瞳を見れば分かるように、マスター・ガリアと基礎的な肉体的類似点を持って生まれた。 さらにトーロスと呼ばれる頭飾りに代表される同じ服装は、2人が同一の文化の出身であることを物語っている。 しかし、ガリアがジェダイ・マスターの地位を得た一方で、スタスはクローン大戦が始まるまで、騎士のレベルに到達することしかできなかったのだ。 共和国を脅かす分離主義運動の最中、スタスはパルパティーンの政府の最上層部に助言を与え、凄惨なクローン大戦の幕開けとなる最初の戦いでも勇敢に戦っていた。 また、コーナでロジュラッグ・シュラッグの食塩カルテルを壊滅させるなど、数々の実績を持つ彼女は経験豊富な戦士であり、腕利きの密使でもあるが、ジェダイ治療師のサークルでも訓練を積んでおり、癒しの術の習得にも重きを置いていた。 クローン大戦の間、スタスはコルサントで尊敬の対象とされているジェダイ評議会の一員として活躍していた。 そして、大戦末期に行われた分離主義勢力による首都への大胆な奇襲の最中も、彼女はコルサントに留まっていたのである。 だが、スタスはシャク・ティと共にパルパティーン議長の護衛の任務に就くものの、グリーヴァス将軍の妨害に遭い、議長を誘拐されてしまったのだった。 その後、アウター・リム包囲作戦によってサルーカマイが陥落すると、スタスは掃討任務のためクローン・トルーパーの分遣隊を率いて、再びサルーカマイへと派遣された。 しかし、彼女がスピーダー・バイクでパトロールを行っていたとき、オーダー66が発令される。 彼女の配下のクローン・トルーパーはスタスを共和国に対する反逆者であると認識し、コマンダー・ネイオが彼女のバイクをブラスターで攻撃した。 スタスのバイクは爆発し、彼女自身も即死してしまう。 瓦礫と化したバイクはそのままサルーカマイの景観へと突っ込み、火の玉となったのだった。 サー・ラブーダ Sar Labooda 種族: キャラクタン 出身: キャラクタ 職業: ジェダイ・ナイト 性別: 女 身長: 不明 愛機: 不明 イチ=タン・ミコダはジェダイ聖堂における彼のクラスを最下位に近い成績で卒業したが、彼は永続的な努力とジェダイ公文書館での長時間におよぶ研究によって銀河法を完全に理解し、初期のトレーニング試験を合格したのだった。 イチ=タンは話術と交渉に熟練しており、外交部隊と公文書館の法律部門に従事していたのである。 そのため、彼は普段からコルサントに留まっていることが多く、メイス・ウィンドゥがオビ=ワン・ケノービ、アナキン・スカイウォーカー、パドメ・アミダラを救出するためにジェダイの奇襲部隊を募ったときも、彼は聖堂に配置されていた。 したがって、イチ=タンはメンバーの1人として選ばれることになり、ジオノーシスの戦いでは、自身の青いライトセイバーを振るったのだった。 イチ=タンは非正統派の戦闘スタイルを好み、訓練中もスパーリング相手の不足に困ることが多かった。 しかし、ときとしてクラスで最も強力な生徒や、素晴らしい腕を持つ剣豪を打ち破ることがあったのも事実である。 こうした試合では、イチ=タンは迅速な攻撃と突き刺すようなスタイルによって、素早く勝利を宣言したのだった。 だが、不幸にしてイチ=タンの戦闘スタイルは多数の敵を同時に相手にする際に適したものではなかった。 ジオノーシスのペトラナキ・アリーナでジェダイがバトル・ドロイドの大群と戦ったとき、イチ=タンは勇敢に戦ったが、複数の敵の前に倒されてしまったのである。 ルーマス・エティマ Lumas Etima 種族: 人間 出身: 不明 職業: ジェダイ・パダワン 性別: 男 身長: 不明 愛機: 不明.

次の

スター・ウォーズ・ホリデー・スペシャル

スターウォーズの鉄人

街には早くもクリスマスの気配がただよい始めた。 「いい大人の男がクリスマスではしゃぐなんて、ね?」と気取ってみたっ て、パートナーや子供がいればスルーもできないワケで。 ならばむしろ、自分自身もがっつり楽しめるイベントを探してみてはどうか。 今年はどうも、東京丸の内エリアがアツいらしいですよ。 なぜなら…… 丸の内クリスマスイベント テーマは「スター・ウォーズ」! そう、今年の丸の内エリアのクリスマスイベントのテーマはなんと、世代を超えて愛され続けるSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」。 三菱地所がディズニーの協力を得て開催中の「STAR WARS Marunouchi Bright Christmas 2019 -Precious for you-」は、丸の内のあちこちをスター・ウォーズ一色に染める特別企画だ。 各所に設置されたクリスマスオブジェはスター・ウォーズの世界観を体現。 さまざまな関連グッズが展開されるほか、カフェでは期間限定のスペシャルメニューが味わえるなど、あらゆる層が楽しめる仕掛けに満ちている。 例えばこんなカンジにね。 昼夜でさまざまな表情が見られるだけでなく、光の演出で「LIGHT SIDE」(ライトサイド)と「DARK SIDE」(ダークサイド)の葛藤まで描写。 訪れた際にはシスに落ちないよう、くれぐれも注意してほしい。 ツリーの幻想的な光を浴び、内なるフォースを感じてみよう。 ほかにも丸の内ブリックスクエアや国際ビル、二重橋スクエアでスター・ウォーズのキャラクターにちなんだオブジェやスタンプラリーなどの体験型コンテンツを堪能できる。 あるぞあるぞ、スター・ウォーズな食事やグッズが! 丸ビルの1階「Marunouchi Cafe」では期間中、カイロ・レンをイメージしたパスタなど、スター・ウォーズなオリジナルメニューが味わえる。 こりゃ子供が大喜びすることマチガイナシ。 その味に奥様が上機嫌になることも確定だ。 グッズ類もぬかりはない。 丸ビル、新丸ビル、丸の内オアゾの 3カ所にスター・ウォーズグッズを集めた期間限定のポップアップショップが登場。 さらに丸の内エリアにある19のショップにて限定アイテムも販売される。 例えばエストネーション有楽町店では、フォトパーカーやロゴキャップなどを展開。 言うまでもなく質もデザインも折り紙つきだ。 とまぁ、ここで紹介したのはほんの一例に過ぎない。 それだけ、並べればキリがないほどの仕掛けや限定アイテムが盛りだくさんなのだ。 さぁ、今年はクリスマスを口実に、童心に返って思う存分はしゃごうか。

次の

【ネタバレ注意】新三部作世代のファンから見た「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

スターウォーズの鉄人

のの の故郷のがを迎えていたとき、は家族と再会し、この休日を祝うため、友人と共に故郷への帰路についていた。 だが、を経ってからほどなくして、彼らは2隻のに追跡されていることに気づく。 ハンは総合的に判断し、これらを「帝国廃品回収船」と称した。 との揉め事があることから、この旅を中止するかどうかを短く議論した後、彼らは前進を続けることを決めた。 ハンが制御装置を引くと、の前方で星が流れ、2人は再びの追跡から逃れたのだった。 キャッシークにあるでは、愛妻の、いたずら息子の、無愛想な父のがチューバッカを迎える準備を整え、心配そうに待っていた。 3人はほとんど一日中、うろうろしながら暮らしている。 イッチーはランピーのためにの模型を作り、マーラはキッチンで仕事をし、ランピーは祖父が作ってくれた、ほぼ完成したXウィングの模型で遊んでいる。 食卓では、マーラがの入ったボールを用意していた。 ランピーは夕食前にそれを摘み食いしようとするが、マーラに止められ、ゴミを捨てにいくよう言いつけられる。 彼はゴミを持ってツリー・ハウスを出た。 家の外柵を出たランピーは、外周を構成する外側のデッキの上に立ち、キャッシークの森林の深淵を覗き込む。 そしてゴミを捨てた後、彼は外柵を上る危険な遊びを思いつき、しばらくその周囲を歩き回っていた。 マーラとイッチーはそれに気づいていなかった。 ツリー・ハウスの中では、マーラとイッチーが心配を募らせていた。 チューバッカがまだ到着しないのだ。 マーラは夫のフレーム写真を取り出し、それを悲しそうに見つめる。 イッチーも義娘の心配に気づいていた。 彼はチューバッカは無事だと言って彼女を安心させ、写真をしまう。 その後、ランピーが家に戻ってきたが、2人は彼が外でしていたことには無関心だった。 イッチーはキャビネットに手を伸ばし、ランピーのアクティビティ・カプセルを取り出す。 これを見たマーラは反対するが、イッチーは彼女をたしなめ、テーブル=マシンにカプセルを差し込んだ。 イッチーはスイッチを入れ、ランピーに座るよう命じる。 ランピーはそれに従い、3Dコンピューターによって作り出された奇妙な演技を多数行うサーカス団の映像を見始めた。 やがて演技が終わると、ランピーは拍手喝采し、スイッチを切る。 すると、マーラが息子に皿洗いを手伝うよう告げ、彼は嫌だと不満を漏らすが、渋々皿洗いを行ったのだった。 と マーラとイッチーは再び不安になりはじめた。 マーラは=コンピューターのスイッチを入れ、付近を航行中のを捜索する。 彼女は<ファルコン>が見つかることを期待していたのだ。 しかしコンピューターの応答は、近辺に宇宙船の形跡はないというものだった。 彼女は落胆し、ビュースクリーンを切る。 その後、彼らはを通じてと、彼のXウィングに搭載された忠実な、からの連絡を受けた。 マーラはキャビネットに隠された通信装置を起動する。 この装置を使えばチューバッカやと連絡を取ることができるが、こうした行為は帝国によって禁止されているため、秘密にしておく必要があったのだ。 彼女がこの装置を隠していたのもそのためである。 何が起こっているのかを知らないルークは、ハンとチューバッカはおそらくどこかに立ち寄っており、まもなく到着するだろうと告げる。 このとき、彼は2、3の問題を抱えており、機械が吐き出す大量の煙に見舞われていた。 彼が多忙であることを知ったマーラは通信ビュースクリーンを切る。 結局、ハンとチューバッカの居場所は分からないままだった。 次いで、マーラはこの惑星に住むの商人、と連絡を取った。 しかし、髪が灰色がかった中年男性のソーンは、商談の真っ最中にマーラからの連絡を受け、まずはそれを先に済ませる必要があった。 ソーンの店の外観はの住居によく似た様式をしている。 そこに帝国軍の衛兵が見回りに来ていたのだ。 彼が仕事をしている間、マーラはありのまますべてを見ていた。 衛兵はまだ品物を見ていたが、ソーンはビュースクリーンに映るマーラに気づくと、彼女との会話を開始する。 マーラは慎重に言葉を選びながら、ハンとチューバッカがこの星に向かっており、もうすぐ到着するところだと告げる。 ソーンには彼女の話は理解できたが、彼らの現在位置は分からなかった。 ビュースクリーンを切った後、ソーンは衛兵に彼の関心を引いた品物を勧める。 ソーンが彼に多機能グルーマーを見せると、衛兵はそれを受け取り、何も言わずに去っていった。 無言は問題なしという意味であり、彼はこれをある種の賄賂だと考えているのだ。 の軌道上に、のの姿があった。 ヴェイダーには二度と同じ失敗を繰り返す気はなく、の手から逃れようとするを警戒していたのだ。 ヴェイダーはを破壊した反乱軍を捜索しており、彼らの発見に強い執念を燃やしていた。 そもそも、帝国は反乱軍の壊滅を目指していたのである。 スター・デストロイヤーの艦上では参謀長がヴェイダーに、の包囲が完了し、惑星の捜索を開始したと報告していた。 ヴェイダーはそれに満足し、彼に内のすべての世帯について捜索を続けるよう命じたのだった。 では、が家族のための晩餐会の料理を準備していた。 彼女はキッチンの・に映るロボット・シェフ、のを見ながら、・ランプの調理に取り掛かる。 ゴーマンダは4本の腕を持つ女性シェフであり、彼女の料理番組はマーラのお気に入りだった。 だがゴーマンダが制御を失い、4本の腕の動きが加速すると、マーラはついていけなくなってしまう。 彼女はビュースクリーンを切り、自力でを仕上げたのだった。 一方、<ファルコン>のとは、目的地であるキャッシークからそれほど遠くない位置でを離脱した。 彼らは封鎖に気づいていなかったため、進路を阻むように4機のが現れたことに驚く。 ハンはコクピットからの遠隔操作を遮断し、を手動で操作するため砲座へと向かう。 その間、チューバッカが<ファルコン>の操縦を行うことになった。 キャッシークでは、が椅子に座って休み、マーラは周囲をうろうろしていた。 すると突然、ビュースクリーンを通じて帝国軍士官が惑星の封鎖を発表し、戒厳令を宣言する。 そして発表の直後、ドアがノックされた。 イッチーは恐る恐るドアを開けるが、不安に反してドアの外にいたのはではなく、だった。 彼はマーラたちにの贈り物を持ってきたのだ。 彼はマーラにミュージック・ボックスを、には正体不明の贈り物が入った箱を手渡した。 そしてマーラとランピーが贈り物を喜んだ後、ソーンは最後にイッチーに贈り物をわたした。 老への贈り物はメモリー・チップであり、彼はそれをイッチーのへと挿入する。 するとのが姿を現し、イッチーはそれに興味を示した様子だった。 イッチーは興奮気味に彼女の歌を聴き、思わせぶりなボディ・ランゲージを示したのだった。 と そのころ基地では、とが何かにせわしなく取り組んでいた。 マーラはビュースクリーンを通じて彼らと接触し、ハンとチューイーの遅れについて警告する。 レイアには助けを申し出る余裕はなかったが、そこに友人たちを助けてくれる人物、ソーン・ダンがいたことに安心する。 レイアからの助けを得られなかったマーラは、通信装置を切った。 その後、ソーンはウーキー=ウーキーの匂いを嗅ぎ付け、マーラと共にいくつかを摘む。 一方、ハンとチューイーを乗せた<ファルコン>は、ようやくキャッシークに近づいていた。 彼らはついに到着したことを喜ぶが、ハンは付近一帯に帝国軍の大軍がいることに気づき、惑星の北側の安全区画に着陸することを決める。 しかし、ここからウーキーの家まではかなりの距離があり、長い徒歩が必要だった。 チューイーは不満を漏らすが、最終的には着陸することになる。 彼らがキャッシークの大気圏に入ると、ランピーが船の唸り音を聞きつけた。 ウーキーの家にいたみんなが興奮し、ドアへと走っていく。 彼らはハンとチューイーが到着したと思ったのだ。 しかし、彼らは驚かされることになる。 マーラがドアを開けると、彼女に向けてを構えた2人のが立っており、その後ろには制服を着た士官も2名控えていたのである。 マーラは恐怖の叫びを上げるが、帝国軍は動じなかった。 指揮官は家と住人をチェックし、男性のがいないことに気づく。 彼は2人のトルーパーに捜索を命じ、兵士たちが乱暴に家の中を見回したため、危うく秘密の通信装置が発見されそうになった。 装置には彼らと反乱軍との同盟関係を示す証拠が残されており、発見されれば家族を破滅に導く危険性があったのだ。 ソーン・ダンは帝国兵の注意をそらそうと、マーラに彼らのための食べ物を用意するよう提案した。 そして、ウーキーたちが準備を始めると、ソーンはマーラのミュージック・ボックスを起動する。 兵士たちの1人は任務よりも音楽に関心を示したのだった。 ボックスにロック・バンドが現れ、「」という歌を歌っている。 歌が続く間も、帝国軍は家の中を捜索していた。 そしてビデオが終わっても、指揮官は捜索を続けるよう命じ、ミュージック・バンドを見ていた士官も仕事に戻る。 はこれ以上の手助けは無理だと判断し、去っていった。 指揮官はマーラに、捜索中はランピーに時間つぶしをさせておくよう命じる。 そのため、ランピーはビュースクリーンの前に座り、アニメで父が経験してきた数多くの冒険の1つを見ていた。 帝国軍はランピーの部屋の捜索を開始する。 アニメに出演するの英雄たち アニメの内容は、、、が初めてと出会ったときのものだった。 失われた護符(タリズマン)を捜索中だったが、と呼ばれる水のに墜落する。 そして、反乱軍基地からで発ったルークと仲間のたちが彼らの後を追っていた。 着陸した彼らは、自分たちを助けたいというフェットと遭遇する。 彼らは<ファルコン>に乗り込むが、そこではハンがタリズマンの呪いによって引き起こされた未知の休眠ウイルスに感染していた。 そして中に入ったルークも、即座にウイルスに感染してしまう。 ボバとチューバッカはハンたちを回復させるための治療薬を手に入れるため、へと向かった。 2人は街に入るが、そこは帝国軍によって占領されており、ボバはチューイーに、自分が治療薬を手に入れるまで下がっていろと指示するのだった。 だが、チューイーと離れたボバはと連絡を取り、自分の状況を説明する。 ヴェイダーは反乱軍の秘密基地を探しており、そのためにルークらを捕らえようと計画していたのだ。 この場面で、ランピーは恐怖と驚きの咆哮をあげる。 それに気づいた帝国軍士官が様子を見に来るが、ランピーは何もないという素振りを見せ、自分がアニメを見ているという事実を隠すのだった。 そして、彼は再びアニメを見始めた。 <ファルコン>では、がハンとルークの手当てを行っており、彼とは上にヴェイダーとボバの間で交わされたメッセージを傍受する。 その後、の追跡をかわしたボバとチューイーが治療薬を持って<ファルコン>に戻った。 だが2人が回復すると、反乱軍の英雄たちはボバの正体を知ることになる。 素性を見破られたボバはを点火し、彼らに再び会おうと約束すると、飛び去っていった。 その後、ルークたちも<ファルコン>でパナを飛び立ち、反乱軍基地へと帰還する。 ランピーはモニターを切り、拍手したのだった。 とたちの家を家宅捜索する帝国軍兵士 上階のランピーの部屋では、帝国兵たちがあらゆる物を破壊していた。 1人は荒くれのぬいぐるみの首を引きちぎった。 そして彼らが下の居間に戻ると、ランピーが上がってくる。 彼は帝国兵が自分の宝物にした仕打ちを見て深く悲しんだ。 彼は嘆きながらそれをベッドに横たえるが、同時に復讐計画を考えはじめる。 彼は先ほどソーン・ダンが生命の日の贈り物としてくれたのことを思い出した。 ウーキーは生まれながらにしてテクノロジーに優れていることが知られているが、ランピーはこの装置の使い方を完璧にマスターするため、取り扱い説明ビデオを挿入する。 彼の計画は、通信装置を作って帝国兵を騙し、帝国の上官の声を偽装することで、彼らを基地へ追い返すというものだった。 説明ビデオが始まり、その中でが「出身の・ビーイング」と自己紹介する。 アモーフィアンのはランピーにこの装置の詳細な技術情報をすべて説明した。 しかし、アモーフィアンには特有の問題があり、彼らは一時的だが頻繁に肉体の機能を停止させてしまうのだ。 この説明ビデオに出演するドロンボイドも例外ではなかった。 ランピーに基礎的なことを教えた後、アモーフィアンはほぼ完全に姿を消し、画面の外へと消えていく。 ランピーは装置の正しい使い方を知って大喜びし、ビデオを停止させたのだった。 の階下では帝国兵がまだ捜索を行っていたが、そのとき居間のビュースクリーンに「すべての帝国軍兵士に告ぐ」とするビデオが流れはじめた。 そのため、全兵士は即座にビュースクリーンに注意を向ける。 その内容は「」というタイトルが付けられた実写型テレビ番組だった。 アナウンサーの説明が終わると、ビュースクリーンにはの街路を歩く人々の姿が映し出され、その後、の内部へと舞台が移る。 酒場ではが演奏する中、様々なたちが会話を交わし、活発な取引がなされていた。 そして、バーテンダーのが飲み物を振舞っていると、という名のヒューマノイドが入ってくる。 彼はアクメナに興味を引かれた様子だった。 常連客たちが談笑していると、帝国軍の衛兵がビュースクリーンを起動し、での外出禁止令を告げるアナウンスが放映される。 その理由は「不穏分子の存在が確認されたため」というものだった。 そのため、彼らは即座に帰宅を余儀なくされる。 アクメナは落胆しつつも、の圧制を理由に客たちに店から出るよう頼むのだった。 だが客たちは帰ることを拒否し、彼女は仕方なくみんなにもう1杯ずつおごると提案する。 その後、彼女は歌と踊りで彼らに帰宅を促し、反対されつつも、ようやく全員が店を出ていった。 その後、アクメナはクレルマンとの個人的な会話を続け、そして、ビデオが切れたのだった。 のとバーテンダーの、そして常連客たち ビデオが終わると、ランピーの計画がすぐに効果を発揮した。 帝国兵たちは無線で「基地へ帰還せよ」という指示を受け取る。 このメッセージは何度も繰り返されていた。 彼らは基地へ戻ることにしたが、指揮官はの1人に残るよう命じる。 他の兵士たちが立ち去っても、トルーパーは「基地へ帰還せよ」という信号を聞き続けていた。 だが、このとき他の無線が何もなかったことから、彼はすぐに何かがおかしいことに気づく。 彼はじっくりと聞き、この音声が上階、すなわちランピーの部屋から発信されていることを突き止めた。 彼は階段を駆け上がり、ランピーが自分で組み立てたボックスに向かってしゃべっているところを目撃する。 彼の声はに翻訳され、より的な低い声に変調されていたのだ。 ストームトルーパーはランピーの部屋に侵入し、彼を驚かせ、その場で飛び上がらせた。 トルーパーはボックスを取り上げると、即座に床にたたきつけ、破壊する。 ランピーは脅迫され、階下へと逃げた。 彼はデッキへ出るが、ストームトルーパーもそのすぐ後を追ってきたのだった。 ちょうど同じとき、ハンとチューバッカがデッキに到着し、ドアのところに現れた。 チューイーは雄叫びを上げ、ハンは戦闘準備を行っている。 チューイーはを守るため、ストームトルーパーへ向かって走った。 トルーパーは2人のウーキーに向けて銃を構えるが、その一方でハンは密かに壁に貼り付き、攻撃態勢を整えていた。 トルーパーにはハンの姿が見えていなかったため、彼はトルーパーに背後からこっそり近づき、襲い掛かった。 2人は既に戦う準備ができており、ハンはいきなりトルーパーを躓かせる。 すると、彼は柵を壊してデッキから落下し、底なしの森林の死の淵へと消えていった。 安堵したハンはランピーを拾い上げ、彼を父親に渡したのだった。 3人が家の中に入ると、とが待ちわびていた。 ハンは彼らに脅威が去ったことを告げ、たちは安全を喜んだ。 チューイーとハンはウーキーの家族を抱きしめ、愛情と家族全員が無事であることを確かめ合う。 ウーキーたちはハンに残っていてほしいと頼むが、彼は隠したが何者かに発見される前に戻らなければならないと告げる。 彼は心のこもった別れを告げると、楽しいを祈って戻っていった。 ハンが去った後、ウーキーたちは再びドアのノック音を聞く。 すると、明らかに配達中のが、バッグを両手に抱えて現れた。 そして彼が腰掛けると、突如ビュースクリーンに帝国軍士官の姿が現れ、が1名行方不明であると告げられた。 彼は続いてそのトルーパーの正確な認識番号を告げ、ウーキーたちはそれがハンによって森林へ突き落とされたトルーパーであることを知るのだった。 トラブルになる可能性を悟ったソーン・ダンは、すぐに士官を騙すための嘘を考える。 彼は、そのトルーパーが1人で残され、他の兵たちが帰還した後、ソーンの家から大量の食料を盗み出し、跡形もなく去ったと訴えた。 弁解はうまくいき、士官は何も疑念を抱かなかった。 彼は行方不明のトルーパーを捜索する部隊を派遣すると告げる。 そしてソーンがビュースクリーンを切ると、皆が安堵した。 ソーンは出て行く前に、ハンと同じように、ウーキーの家族が楽しい生命の日を祝えることを願う。 彼が去った後、家族は生命の木で行われる祝典へ向かう準備を行った。 その後、彼らは自分たちのクリスタルを集め、それらを頭の上に取り付けたのだった。 を祝う英雄たち 次の瞬間、魔法のように、家族全員と他の多くのたちが一緒になり、輝く星のようなものに向かって旅立っていった。 彼らは星に向かって歩いていき、やがて巨大な生命の木にたどり着く。 そこには赤いローブを着た多くのウーキーが集まっていた。 チューイーが壇上に立ち、突如としてC-3POとR2-D2、その後、ルーク、レイア、ハンも姿を現す。 ハンが皆を驚かせようと、祝典のために仲間たちを呼び寄せていたのだ。 皆は一堂に会したことを大いに喜んだのだった。 はじめに、レイアが生命の日の意義について短いスピーチを行い、祝いの歌を披露した。 そして祝典が終わりに近づくと、が、やとの出会い、からの脱出、とのの試合、の破壊を祝う式典についてなど、仲間たちとのかつての思い出を振り返ったのだった。 その夜、、、、は、家族でテーブルを囲んでいた。 テーブルの上には、家族が共にこの日を迎えられたことを祝うご馳走が並んでいた。 キャスト 未稿 登場 人物• クリーチャー• ドロイド(機種)• イベント• 組織/称号• 乗り物• 武器/テクノロジー• 外部リンク•

次の