慈しみの意味。 「慈しむ」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】

慈しみの意味とは?慈しみの心・慈しみ深いなどの使い方も紹介

慈しみの意味

「慈しみ」という言葉を聞いたことはありますか? この言葉を意味を知っていたりするという人はあまりいないのではないでしょうか? この慈しみという言葉は似たような表現では愛などその様な言葉を使うことが多いです。 慈しみというのは相手を慈しむということですが、その意味自体は相手を労わる、愛するという心のことを指すのです。 この心を持って至るすることが1度はあると思います。 例えば彼女や恋人、愛する人、子供など様々なところでこの「慈しみ」という言葉を抱くようになるのです。 この言葉はもともと平安時代の「うつくしむ」という言葉からきており、今でもこの表現を使うことがあると思います。 自分が子供の時はとても感じることが多かったでしょう。 「慈しみ」というのは連用形であり「慈しむ」というのが元になっています。 よく使い方を間違えるという人もいるかもしれません。 今回はそんな「慈しみ」という言葉の意味について教えたいと思います。 どういうことを言うのか、どういう使い方をするのか、元々はどこからこの言葉がきていたのか、意味は何か、正しい表現で使っていますか? 「慈しみ」という意味を間違えてはいませんか? 慈しみとはどの様な表現なのか見てみたいと思います。 ️慈しみってどういうこと? そもそも「慈しみ」とはどういうことなのかと考えることから始まります。 慈しみというのは連用形になっており、元は「慈しむ」という言葉からきている言葉です。 この慈しむの意味を知らないと「慈しみ」という言葉を理解するのは難しいでしょう。 「慈しむ」というのは簡単に言うと愛情があるということになります。 愛するということなのです。 基本的には可愛がる、大切にするというような意味もあるのが「慈しむ」です。 では「慈しみ」になるとどうなるでしょうか?例えば子供を愛するというときにも「慈しみ」という言葉を使うと思います。 この2つの根本的な違いというのは、どこにあると思いますか?それは自分に当てはめて考えると解りやすくなると思います。 この様に「慈しみ」というのは似たような表現でありながら意味が少し違ってくるものでもあるのです。 少し混乱をしがちですが、間違った使い方をしないようにしましょうね。 慈しみの意味 では「慈しみ」の意味についてです。 この言葉は先ほども言ったように子供を愛すると言ったときに使う言葉ですが、他にも恵みという意味や慈愛という意味があります。 では慈しみというのはどの様なことを言うのかというと、自分の都合で動くのかどうかということが一番当てはまるものになるのではないかと思います。 どういうことかというと、例えば「どんな事があっても、子供を愛する」というのはこの「慈しみ」というのに当てはまると思います。 慈しみの最大の特徴というのは、どんな事があっても、自分の都合や相手の都合などを考えずに意識して行動をするということなのです。 なので相手のことを考えたりする時があると思いますが、その時に都合を考えて意識をするのであれば、それは「慈しみ」というのは少し違うのです。 「何があっても慈しみの心を持つ」というような使い方はあっていると思います。 慈愛という意味や恵みという意味があると思いますが、この慈しみという意味は何があっても愛するという心のことも示すのです。 慈しむこと 「慈しむ」という言葉を知っているのであれば、だいたい意味が解ってくるのではないでしょうか?「慈しむ」という意味自体は可愛がる、愛でるといった意味があると思います。 基本的には赤ちゃんや子供、下の人達に対して使う言葉であるとされており、根上の人などには基本的に使用はしません。 仮にその様な状態になった時は慈しむのではなく、愛するという言葉に近くなるのではないかと思うからです。 基本的には「慈しむ」というのは自分から見て下の人達に使うような言葉であり、上の人にこの様な言葉を使うということをあまり見ないです。 仮に使ってしまっているという人がいれば注意をするようにしましょう。 慈しむというのは愛するという意味もありますが、基本的には「我が子を慈しむ」というような意味で使うのです。 慈しむの連用形 慈しむの連用形であるのが「慈しみ」です。 まず連用形とはどのようなものなのかご存知ですか?連用形というのは、用言が連なるということなのです。 具体的に言うと動詞と形容詞のことを言います。 例えば「遅く歩く」という言葉があるとします。 この時の「歩く」という言葉は動詞になります。 そしてこの後ろの「遅く」というのが連なっているので「歩く」という言葉が連用形になるということです。 これを「慈しみ」に例えて説明をすると「深い慈しみ」となった時に「慈しみ」という言葉が連用形になるということです。 「深い」という用言が連なっているので「慈しみ」が連用形になるのです。 少し難しいとは思いますが、慈しみというのは基本的に連用形だということを覚えておきましょう。 恵み 恵みという意味でもあります。 よく名前などでも「恵」という言葉がありますよね。 恵みという言葉は愛おしい、可愛いという意味からきたものです。 例えば「天からの恵みだ!」という表現がよくあると思います。 この様な表現は何かの送り物という形で捉えることが多いですよね?「自然の恵み」という表現でも使われることが多いと思います。 自然のパワー、自然そのもの、ということで使うことが多いです。 「恵み」という言葉は慈しみということも入っているのを忘れないようにしましょう。 慈愛 慈愛の心を持つという言葉もよく聞くのではないでしょうか?慈愛というのは、可愛がるということ、深い愛情を持つというような表現をする時に使う言葉なのです。 普段生活している中でこの様な慈愛の心を感じるということはありませんか? 慈しむの意味 慈しむという意味を知らなければ「慈しみ」という言葉を使わなくなるのではないかと思います。 「慈しむ」という意味は可愛がる、大切にするという意味です。 今までの表現でも似たような表現が多いと思いますが、簡単に言うのであれば、愛する、好きだという気持ちのことですね。 この慈しむというのは様々な意味があり、また似たような意味もあります。 似たようなものになると可愛がるというのが1つあがるでしょう。 「我が子を慈しむ」という表現と「我が子を可愛がる」という表現はどちらも正しいと言えます。 ですが慈しむという表現を使った方がより強調されていると思いませんか?この言葉は目下の人達に対して愛情を注ぐという意味で使われており、平安時代の「うつくしむ」の変化でこの「慈しむ」という言葉が出てきたのです。 慈しむという意味も様々ありますが、具体的に見ていきたいと思います。 目下の者や弱い者に愛情を注ぐ 目下の者や弱い者に愛情を注ぐというのは慈しむという意味です。 子供や赤ちゃんなどによく使う言葉だと思います。 基本的には根上の人に対しては使わない言葉なので、注意をすることが必要です。 仮にこの言葉を根上の人に対して言うのであれば、間違われた解釈で取られてしまうということにでもなります。 弱い者という認識で捉えられている可能性が高いからです。 包むような愛情というのを想像すればよりわかり易くなるのではないでしょうか?母親の愛情などは基本的に、この様な愛情表現をすることが多いと思います。 それは普通に愛しているというのではなく、包み込むような愛情というのが精一杯こめられているからだと思います。 目下の者や弱い者に愛情を注ぐというのは、決して皮肉や差別を使ったという意味では無いのです。 慈しむという言葉はとても良い言葉ということを覚えておくようにしましょう。 可愛がって大事にする 可愛がって大事にするという意味もあります。 これは動物などに対しては使いますが、物などに対して使われる表現が少ないと思います。 意味は通じど、物などに対して「深い慈しみを感じる」というような表現はしませんよね?どちらかと言えば「深い愛情を感じる」という言い方の方がしっくりきませんか?動物や自然の慈しみというのはありますが、物などにはその様な表現を使わないことが多いのではないかと思います。 また、可愛がるというところもポイントです。 何を可愛がるのか、というのが重要であり、その物や事などで慈しむという言葉があったり、素直に愛情という言葉があったりするのではないかと思います。 表現は人それぞれですが、時には間違った使い方をする人もいるので、可愛がって大事にするという意味を大きく捉えるようにしましょう。 よく枕草子などで書かれていることが多いですよね?学校の授業でやったという人も多いのではないでしょうか?「うつくしむ」というのは元々その可愛らしいという古語だったのですが、現代になるにつれて「慈しむ」という形に変化をしていった言葉になるのです。 慈しみの読み方 「慈しみ」と読みますが、この読み方が解らないという人は多いのではないでしょうか?学校では中高年当たりで習うのではないかと思います。 基本的に漢字というものは由来があり、その由来から読み方が決まってくるのです。 「慈しみ」という言葉をパッと見て少し悲しそうなイメージがあると感じる人もいるのではないでしょうか。 「慈」と「悲」という漢字はとてもよく似ています。 似ているからこの様な意味に捉えてしまうという人も多いのではないでしょうか?ですがこの意味では逆のことになるのです。 「悲」という字は、何かが起きたときに悲しいという気持ちに使うと思いますが、「慈」という字はその逆です。 嬉しい時というよりは、愛情という意味がこめられているのです。 よく「かなしみ」と読んでしまう人もいますが「かなしみ」の場合は「悲しみ」というように少し字が違うことが解ります。 ですが心という字が入っているので気持ちがあるという意味は間違いないですが、どの様な意味なのだろうと迷う人もいるでしょう。 この慈しみは先ほどから言っている「可愛がる」という意味があります。 言葉というのはどの時代にもありますが、現代になるにつれて使い方などが変わっていくのも事実です。 昔はこの様に言っていたにも関わらず、今ではこの様に言うというような単語があると思います。 例えば「いとおかし」という言葉もそうですよね。 現代になると今で使う言葉は「とても興味深い」というような意味になると思います。 様々なことが現代になるにつれて変わるのと同時に、言葉も変わっていくということを覚えておきましょう。 ️慈しみの使い方 では慈しみについて意味などを理解しましたが、この使い方をご存知でしょうか?様々な表現で使われることが多いです。 基本的には人に関することが多く、その時の気持ちを表したり、その気持ちを受けたりとする時にこの「慈しみ」という言葉を使います。 小説などではよく使われていたりすることがあるのではないでしょうか?またこの言葉には類語もたくさんあるのです。 例えば「可愛がる」という言葉は代表的な言葉といっても過言ではないかと思います。 同じ意味でも類語がたくさんあるので、使い方によっては雰囲気を感じさせるものもありますし、または強く表現をする時に使うという言葉もあるのです。 ではどの様な使い方をするのか具体的に見ていきましょう。 子どもへの慈しみ 子供への慈しみという意味で使われることが多いです。 これはどういう状況かと言うと、親が子供に対して使うことが多いです。 子供への愛情を注ぐという意味です。 これは親が子供のことをとても愛おしく思うという時に使う表現です。 気持ちというのは相手のことを考えますが、自分のことも考えてしまいます。 ですがこの様な状況の時は相手のことを第一に考えるという状態になるのです。 子供への慈しみというのはどの家庭の親にもあるものです。 今子供がいるという人も子供への慈しみを大きく出して、愛情表現をしてみてはいかがでしょうか? 親の深い慈しみ 親の深い慈しみを感じるという時にもこの表現を使います。 この場合は親の立場ではなく、慈しみを受け取る「自分」ということになりますね。 この親の深い慈しみというのは、親からの深い愛情を感じるということでもあります。 成長をしたとしても親と子という関係は変わることがありません。 それはどんな事があってもです。 子供の頃から大切に育ててきた人というのは、成長をしても変わらずに大切に思うのです。 親の深い慈しみを感じることが多いと思いますが、ちゃんと恩返しなどをするようにしましょうね。 慈しみを覚える 慈しみを覚えるというのは愛情を感じ取ってそれが今でも残っているという意味でもあります。 基本的には愛情というのはとても暖かいものであり、それを受け取るというのはそれほど大事に育ててこられたということになると思うのです。 この慈しみを覚えるというのは、親からの気持ちというのもありますが、他の表現でも使われることがあります。 例えば「自然の慈しみを覚える」という表現をすることもあります。 ですがこれだと解り辛いと思いませんか?「自然を大切にする、愛する」という表現の方がより伝わると思うのです。 表現を変えると意味は通じても少し違和感を感じることが多いと思います。 慈しみを覚えるという表現はより他の事にも使えますが、違和感を感じる表現だと思う時は、何か別の意味に例えると良いでしょう。 お互いに慈しみ合う お互いを慈しみ合うという表現もあると思います。 このお互いに慈しみ合うというのはお互いに愛するということでもあります。 カップルや夫婦などで使われることが多い表現です。 「お互いのことを愛し合っている」というより「お互いに慈しみ合っている」という表現の方がより強い愛情で愛し合っているという風に捉えることもできるのではないでしょうか?表現というのは1つ変えるだけで、その印象を変えることもできるのです。 お互いに慈しみ合うというのはお互いを愛し合う、大切にするというようなこともあるので、この場合は根上や下などは関係なく、2人の関係性を重視することになると思います。 慈しみの目で見る 慈しみの目で見るというのはその愛情を遠くから見守るという意味で使うことが多いと思います。 慈しみの目というのは別の言い方をすると「愛する目」とも捉えられることができるでしょう。 例えば子供が遊んでいる時に親は遠くから見守ったりすると思います。 何かがあると真っ先にかけつけるというようなことになりますよね?その時は常に子供のことを見ていると思うので、慈しみの目で見るというのは、愛する子供を見るということでも使われることがあるのです。 遠くから見守るという表現でも良いでしょう。 愛おしい、可愛がるという似たような類語がありますが「愛おしい目」という表現は良いでしょう。 「可愛がる目」になると少しおかしいですよね?基本的に類義語からこの「慈しみ」という表現に変えるときは少し文章がおかしく感じることが多いです。 基本的にこの「慈しみ」というのは連用形なので逆から見るとおかしな表現になってしまうことが多いということに注意をするようにしましょう。 慈しみに満ちた 慈しみに満ちたという表現もあると思います。 これは愛情に満ちているという表現もすることができます。 愛情というのは様々なものがあり、時には辛いこともあるでしょう。 ですが慈しみに満ちるということは、深い愛情を受け取っているということになるのです。 それがいっぱいいっぱいになり、とても愛されると感じるのです。 慈しみに満ちたという表現は。 別の使い方をすると「愛情でいっぱいになる」という使い方もできるのではないかと思います。 慈しみ深い気持ち 慈しみ深い気持ちという表現もあります。 これは慈しみたいという深い気持ちであり、親が子供などに対して使う言葉だと思います。 例えば「深く愛したい気持ち」という表現をすれば通じるのではないでしょうか?子供を愛したくてたまらないという人は多いはずです。 その様な人達に向けての言葉だと思います。 慈しみ深い気持ちという表現はあまり聞かないと思いますが、この様な使い方もするということを覚えておくようにしましょう。 ️慈しみの類語 「慈しみ」というのは、可愛がるといったような意味がありますが、たくさんの類語があります。 よく皆が使う言葉で言うのであれば、先ほど言った「可愛がる」という言葉もそうですし「愛情」というのも慈しみの類語になります。 またLOVEという英語もこの慈しみの意味になるのです。 これはLOVEの意味が愛するということでもあるため、類語になるということなのです。 この「慈しみ」という言葉は、いろいろな似たような表現をする別の単語とが多くあり、類語も多く存在するのです。 ではどの様な類語があるのか見てみたいと思います。 可愛がる 可愛がるというのも類語の1つです。 よく「動物を可愛がる」という表現で使うことが多いですよね?この言葉は皆にとっても馴染みのある言葉だと思います。 ですが普段使用しているこの「可愛がる」という言葉を「慈しみ」に変えてしまうと少し難しいと思うのではないですか?基本的には「何かを」というのがつくのがこの「可愛がる」です。 「慈しみ」の場合も「何か」というものがつきますが、この何かというのがだいたい決まっています。 親や根上からのということで「慈しみ」は使われるからです。 ですが普通に「可愛がる」の場合はこの様なことを気にせずに使うことができますよね?例え相手が根上の人だろうとこの言葉を使うことができると思います。 「親を可愛がる」という表現も通ってしまうのです。 あまり聞かないとは思いますが、この様な表現もできたりします。 「慈しみ」の代表的でもある類語になるのがこの「可愛がる」と言っても良いでしょう。 覚えておいて損はないと思います! 愛情 愛情というのも「慈しみ」の意味と似ています。 愛情というのは「愛する感情」ということですよね?「慈しみ」も「愛する心」という意味が込められています。 この言葉はとてもよく似ていると思いませんか?これも類語の代表的な1つです。 愛情というのは、深く愛するということもあるので、「慈しみ」とほとんど同じ意味を持っています。 この愛情と慈しみはイコールの関係でもあるのではないかと思いますよね。 基本的にはどちらも似たような意味が書かれていることが多いです。 その差というのは相手が何なのかということくらいでしょうか。 必ず1度は目にする言葉ですが、この愛情があるからこそ人というのは結婚などをして、夫婦として頑張って生活をするのです。 そして「慈しみ」の心が生まれます。 これは赤ちゃんができた時がそれに当たりますよね?愛情と慈しみは少し意味が違うkれど、いずれなる果てのものだと思っていても良いでしょう。 愛情の先には慈しみがあるという考えを持てるので、その様な考えでも良いのではないかと思います。 人により愛情という捉え方が違いますが、いずれは「慈しみ」という感情に誰もがなるものだと思うのです。 LOVE 「LOVE」という表現も愛情という意味が込められています。 これは英語ですが、英語にも「慈しみ」と同じような表現があるということになりますね。 日本語で「うつくしむ」ということから始まりましたが、それが英語になると「LOVE」に最終的に辿りつくことになるのです。 こちらでは「いつくしみ」という読み方になりましたが、英語では「LOVE」と読むようになるということです。 英語と日本語の違いというのは、その文化によるので、当時の海外などがどの様になっているのかということは解らない状態ですね。 歴史を調べてみるともしかしたら語源が解るようになるのかもしれません。 LOVEはもともと英語の言葉ではない? この「LOVE」という言葉は語源を調べると元々は英語ではないのです。 実は英語圏に入ってきた際に別の意味の言葉だったとも言われています。 様々な本では「LOVE」という語源についていろいろな表現の仕方をしています。 ヨーロッパ地域の「lof」という言葉が元になっているというようなことも書かれているので、語源が気になるという方は一度調べてみてはどうでしょうか? 敬愛 敬愛という言葉も類語にあたります。 この言葉の意味はもともと「親しむ心を持つ」という意味で使われることが多いです。 ではこれと「慈しみ」というのはどの接点があるのかというと「大切にする」というところが類語になるわけです。 よく敬愛という言葉は聞くと思います。 様々な場所で使われることがあり、学校にもこの敬愛という言葉がついていたりもしますよね?敬愛というのは「親しむ心を持つ」という意味でお互いのことを尊敬しあうということでもあります。 基本的にはこの敬愛という言葉で「慈しみ」という言葉に置き換えるのは少し難しいと思いますが、類語としてはこの敬愛という言葉も当てはまるようになるのです。 愛心 これは「あいしん」と読みます。 「慈しんで愛する心」という意味でもあり、まさに「慈しみ」という類語になるのです。 愛心という言葉を使うというときは文章に入れるのが難しいので「慈しみ」というように別の表現で使うということが多い類語です。 愛心というのは相手のことを愛する心を持つということで、漢字をそのままの意味にしたような意味も持っています。 その様な環境になったりしたことはありますか?人を愛するという事を誇りに思うようにしましょう。 仁愛 「仁愛」という言葉も「慈しみ」の類語になるのです。 「じんあい」と読みますが、この単語は深く思いやるという意味が強く、愛情を注ぐという意味も込められています。 基本的には「仁愛の心」という言葉で使われることが多いですよね。 同じ仲間同士「仁愛の心」で接するようにするというような表現をしたりすると思います。 この言葉も相手のことを思う気持ちというものが入っているので、人に関するようなことなのです。 愛着 愛着というのは少し「慈しみ」から意味が離れてしまいますが、類語でもあります。 愛着というのは人などもそうですが、物に対しても言うことができるからです。 例えば「愛着の心で大事にする」という表現があるとして、これは人にも言えることですが、物に対しても言うことができます。 慈しみは基本的に「下の人達に対しての愛情」という意味がありますがこちらの愛着というのは「どんな物に対しても離れたくないという気持ちがある」ということになるのです。 愛着がわいてしまったという表現を聞いたことはありませんか?これも「慈しみ」の類語の1つになるのです。 この言葉はよく使われると思いますが、皆さんも愛着が湧くという物はありますか? 愛しみ 「愛しみ」という言葉も類語の1つになるのです。 「愛おしい」という意味がありますが、別の漢字でも「いとしみ」と読むものがありますよね?そちらの意味の場合になると「悲しい」という意味になってしまうので注意が必要です。 そしてこの「愛しみ」というのは「愛しむ」という言葉の連用形なので「慈しみ」と同じような表現になっています。 ️慈しみの意味を正しく使おう 「慈しみ」の意味について理解することができましたか?まだ難しいと思う人もいるかもしれません。 ですがこの意味を正しく使うことで、文章なども理解することができるようになり、強調したいところや、どの様な意味なのかを理解することができるようになると思います。 「慈しみ」というのは多くの類語があるので、解らないという場合はそちらの類語からまず覚えて、「慈しみ」という言葉に置き換えてみてはいかがでしょうか?その様に考えることでこの言葉の意味もより深く理解できるようになり、正しく使うことができるのではないかと思います。

次の

いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。

慈しみの意味

慈しみは平安時代に使われていた言葉「うつくしむ」が由来だと言われています。 「うつくしむ」とは、形容詞「うつくし」に接尾語「む」がついた言葉です。 「うつくし」の意味は、時代と共に変化しています。 上代では愛しい、恋しい、などの親愛なる人に対しての愛の表現として使用されていました。 平安時代に清少納言の「枕草子」という作品に「うつくし」という言葉が使われています。 枕草子『うつくしきもの』現代語訳 うつくしきもの。 瓜にかきたる児ちごの顔。 すずめの子の、ねず鳴きするに踊り来る。 (かわいらしいもの。 瓜に描いた幼い子供の顔。 すずめの子が、ねずみの鳴きまねをすると飛び跳ねて寄って来る様子。 ) 八つ、九つ、十ばかりなどの男児の、声は幼げにて書読みたる、いとうつくし。 (8、9、10歳ぐらい男の子が、幼い声で(漢文の)書物を読んでいる様子も、たいへんかわいらしい。 ) 慈しみは、深い愛を表現する時に使われます。 神聖なイメージがあるので、おもに神の言葉や祈りの言葉として使用されます。 イエスキリストや聖母マリア、ヨハネパウロ二世、ダライ・ラマ、ブッタなどの経典や書籍で「慈しみ」という言葉を目にすることができるはず。 身近なところでは、教会の結婚式での誓いの言葉で聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。 「健やかなる時も、病める時も、貧しい時も、富める時も、ともに愛し、慈しみ、死がふたりを分かつまで、貞操を守ることをここに誓います。 」この誓いの言葉は有名です。 慈しみは、その時のシチュエーションによって使い方が変わります。 慈しみをどのように使用するのか例文を用いて説明していきます。 慈しみを覚えるというと日本語的におかしな表現のような感じがしますが、覚えるの意味は、日常的によく使う「記憶する」という意味だけではありません。 「覚える」は体や心で感じるという意味もあります。 そちらの意味で「慈しみを覚える」を訳すと、深い愛を感じる、心に愛が溢れてくる感覚といった感じです。 核家族が多い現代では、猫などのペットに家族のような愛情を注ぐ人は多いでしょう。 動物に注ぐ愛は見返りがなく、ある意味無償の愛に近い印象ですから、慈しみという言葉がしっくりきますよね。 別名唐梅(カラウメ)南京梅(ナンキンウメ)と呼ばれています。 冬の寒い時期に、そっと奥ゆかしく咲く姿から「慈しみ」「ゆかしさ」「先導」という花言葉が付けられました。 「梅」という名ですが、バラ科・サクラ科に属する一般的な梅とは別の種類で、中国から日本へ渡ってきた品種とされています。 黄色の花びらはツヤがあり、まるでワックスが塗られているかのように見えます。 「蠟」という名は光沢のある花びらを表しているのでしょう。 蠟梅は甘い香りで、愛を連想させます。 見るものに癒しを与えてくれる黄色の小さな花は、「慈しみ」という言葉にぴったりですね。 慈しみの心をもつには?.

次の

慈しみとは?慈しみ深い人の特徴と慈しみ深い名言集

慈しみの意味

「慈しみ」の読み方や意味とは? 聞き慣れない語句で、意味や読み方が分からないという方もいるでしょう。 「慈しみ」について説明します。 読み方 「慈しみ」は「 いつくしみ」と読みます。 元々は「慈しむ」という動詞で、語句の末尾が変化して 連用形になっています。 意味 「慈しみ」とは、 心の内から自然と相手に対する深い愛情がこみ上げて、 大切に思ったり、 愛しいと感じたりすることです。 子供や弱い立場の人に使うことがあります。 目上の人から立場が下の人に感じる、守りたいという保護者のような親愛の情を指すこともあります。 王などの権力者が国民に対して使うこともありますし、神様や仏様の言葉として、信者や人間一般に対して用いられていることもあります。 「思いやり」との違い 「慈しみ」と「思いやり」は似ていると思う方もいるかもしれません。 「思いやり」の方は、 他者に対して様子を見て気遣って行動することです。 最初に相手を 意識して気遣う所から始まる「思いやり」は、愛情や見守る気持ちが自然とわき起こってくる「慈しみ」とは、意味合いが違います。 「慈しみ」を使う場面 どのような所で「慈しみ」を用いるか、予想される場面を挙げてみます。 子供や孫を大切に思って可愛がる感情を、「慈しみ」としています。 人によっては、姪や甥などの兄弟の子供に対しても慈愛の心を感じられることでしょう。 誰に強制されるでもなく、愛情を感じて大事に思う気持ちを指しています。 神や仏自らが自分の立場を上に上げているのではありません。 宗教家や信者にとっては、教えを説いた神様や仏様は上の立場に立ち、尊敬の対象になります。 宗教家が偉大な存在と考える神様や仏様の教えとして、 信者や人間全般を見守って教え導く意味で、説話の中で「 慈しみ」と使うこともあります。 夫婦は、一緒に家庭を作り上げて生活を共にしていきます。 夫婦は他人同士なので、恋愛よりも深い信頼やいたわり、愛情の気持ちを持ち続けないと上手くいきません。 お互いを思い合う優しい穏やかな深い感情を「慈しみ」という言葉で表しています。 王様などの為政者が、 自分を支えてくれる国民や民衆に愛情を持って見守ることを表すのに「慈しみ」を使うこともあるでしょう。 国家などの広い意味でなくても、 集団のリーダーが自分のグループに属している慕って付いてきてくれる人に対して、優しく接して守るという意味で使われることもあります。 年を重ねた女性や 目上の穏やかな女性に使われることが多く、上品で尊敬の対象として見られていることもあるでしょう。 「慈しみ深い態度」・「慈しみに満ちた笑顔」などのように用いられます。 慈しみ深い心を持つ人の特徴 慈しみ深い心の持ち主はどのような特質があるか、例を挙げます。 寛大な心の持ち主• 分け隔てなく他人の良さを認める• 弱い立場の人に優しい• 人のために動く• 穏やかで怒らない• 欲張らずに独り占めしない• 自分よりも周囲の人を優先する その人となりを、項目ごとに詳しく紹介します。 細かいことにこだわらず、人が失敗をしてもいったんは許して見守るような性格をしています。 ミスすると厳しく責めて、人前で怒りをぶつける人もいます。 慈しみの心を持つ人は、 相手の成長を願っています。 注意をしなくてはいけない場合も、声高にストレスのはけ口のように怒ることはなく、一対一でプライドを傷つけないように配慮し、 教え諭すでしょう。 多くの人は、あまり好きではない人の行動を批判的に見る傾向があります。 さもないことでも好意を持っていない相手の短所が目に付き、余計に嫌悪感を抱くこともあるでしょう。 慈しみ深い人は、 行き過ぎている短所を逆に見て、自然と長所の方を見ています。 「自己主張の強い人」であれば、「自分をアピールできる人」と感じ、「決断力がない人」なら、「慎重な人」と言うように良い方に見方を変えられます。 良い所を認められるため、慈愛の心が強くなり、優しい印象を与えるでしょう。 率先してボランティアをし、 社会貢献をすることもあります。 普段でも道に迷っている人や、障害があって先に進めない人などの困った状態に陥っている人に声をかけ、上手くできるように手伝うこともあるでしょう。 弱者に対してとっさに行動できる強さも持ち合わせています。 例えば、職場の掃除やゴミ捨て、来客のお茶の用意や片付けなど、面倒に思われる作業があります。 お給料の中に含まれない仕事を自主的にやるのは嫌とか、仕事を中断してまでやるのは気が進まないということで、やらないでおく人もいます。 嫌がる作業も率先して他の人のために動きます。 やらない人について愚痴をこぼすこともありません。 周囲の人は良く見ているので、文句も言わずに嫌がる仕事を率先してやる人のことを感心して見ていることがあります。 嫌な人に気分を害することをされたとしても、やり返して感情をぶつけ合うことはしないでしょう。 感情をあらわにするのをはしたないと考えることもあるでしょう。 嫌がらせや嫌みなどを言う人をかわいそうと、 哀れみの目で見ていることもあります。 大人の対応ができる素敵な人と評価されることも多いです。 大勢の人に教えたり、他の人の利益になるように動いたりします。 普通の人は自分だけ得をしたいあまり、情報を独り占めして他の人に分け与えないこともあります。 自分一人だけのことしか考えない所があるでしょう。 皆に行き渡るように心がけ、幸せなことを分け与えられるので、多くの人に感謝されるでしょう。 大変なトラブルに見舞われた時に、自分が助かるだけでなく、 周囲の人も助かる方法を考えて優先させようとします。 周囲の人が難しい状態になっている時も、関係ないと放っておくこともせず、一緒になって解決法を見いだすようにサポートする場合もあります。 慈しみの気持ちが強い人は、 リーダーシップを兼ね添えている人とも言えます。 慈しみの心を持つ人になる方法 人に対して慈しみの心を持てるようになるにはどうすべきなのか考えてみます。 相手の良い所を見つける• 悪意を持って接してくる相手にも穏やかに対応• 苦手な相手でもないがしろにしない• 自分の良い所を把握する 方法について、項目ごとに具体的に説明します。 人の良い面を見て嫌な気持ちになる人はいません。 相手への態度も 友好的になります。 相手も優しく慈愛に満ちた態度を取られれば、こちらに好意を持つと考えられ、嫌な態度は取らないでしょう。 周囲の人のことを優しく思えるようになれば、慈愛の気持ちを持てるようになっていきます。 相手にとっても自分にとってもやりやすい環境になります。 慈しみ深くあろうとも、どんなに礼儀をもって尽くしても、こちらを嫌う相手もいます。 嫌な対応をされても、感情的に応対せずに 他の人に対するのと同じ穏やかな態度でいるのがおすすめです。 相手に「慈しみ深い人になれるために 修行の機会を与えてくれてありがとう」と思いながら接すると良いでしょう。 好意的に見てくれる人から、慈しみ深い立派な人という印象を持たれて、さらに評価が上がるでしょう。 早々に切り上げたり、意見の対立を避けるために黙ってしまったりすることもあるでしょう。 例え苦手な相手であっても、ないがしろにしないことです。 慈しみの心で相手に対応しましょう。 にこやかに挨拶をした後、相手の言い分を全部聞きます。 相手が話をしやすいように、適度に相づちをうって言い返さずにじっと耳を傾けます。 途中で自分の意見を差し挟まずに、相手の気持ちを察して親切に優しく振る舞えるようになれば、自然と慈愛の気持ちが湧くようになってくるでしょう。 苦手であった人も認めてくれて、 良き理解者になることも考えられます。 自分のことを好きで自信があるのなら、 自然と相手のことをプラス評価できるようになるため、慈しみの心を持てるようになります。 しかし、自分を罰するように悪い所しか見られないのであれば、人の良い面を見るのは難しいでしょう。 自分の短所だと思う所を挙げて、プラスの評価に変え長所だと思えるようにしましょう。 まず 自分の気持ちや考え方を変えていくのがおすすめです。 慈しみ深い名言集 深い慈しみの心を感じる著名人の言葉をいくつか紹介します。 あなたの愛が表情や眼差し、微笑み、言葉にあらわれるようにするのです。 法王に聖人と認められたマザー・テレサの名言です。 常に人に対して親切な気持ちと慈しみの心を持って接するようにという言葉です。 表情や発する言葉などに表して慈愛の心を示すことにより、相手が気分を良く過ごせることになります。 当事者ではない周囲の人も、愛情深く対応する様子を見ていて、非常に良い気分になるでしょう。 巡り巡って、 皆が自分に対してより良く対応してくれるようになる場合があります。 大企業の経営者である松下幸之助の言葉です。 相対した人の良い点が目に付く人は、幸せな人生を送っていることを言い表しています。 短所は長所の行き過ぎた所だと良く言われています。 悪い所ではなく良い所が目に付くということは、誰に対しても慈しみ深く優しいまなざしで見ていると考えられます。 プラス思考で前向きな生き方をしていることにもなるでしょう。 優しく人を見ていれば、嫌なことを目にせず幸せな気持ちでいられますし、相手も嬉しく好意を持ってくれることでしょう。 三重苦の障害を負ったヘレン・ケラーの言葉です。 どのような人であっても、誰かの苦しみを和らげられる存在であれば生きている意味があると言うことです。 自分自身の存在を念頭に置いて発した言葉と思われます。 しかし、誰の役にも立っていない、生きる価値がないと落ち込んでいる人がいれば、自分自身が救われる言葉でしょう。 孤独な人であっても、仕事や趣味、日頃の活動を通じて誰かの役に立っていると思われます。 全ての人に対して、慈しみ深い気持ちを込めた優しい名言です。 だから、人々は彼のことを好きだった。 アメリカの作家マーク・トウェインの言葉です。 人に慈しみの気持ちを接していれば、好意で返してくれるということです。 まず、 自分から慈しみの気持ちを表に出して人に接することが大事ということでしょう。 人間関係で悩んでいるのであれば、自分から慈愛の気持ちを示してみるといいでしょう。 すぐには無理かもしれませんが、取りあえず挨拶から明るくはきはきとしてみるとよいかもしれません。 相手の身になって考えれば、結びつきが生まれる。 相手の身になって与えれば、愛が芽生える。 中国の思想家の老子の言葉です。 優しい言葉をかけたり、相手の身になって対応したりして信頼や強い結びつきが生じることを言っています。 更に、 相手に慈しみ深い気持ちを持って接すると 愛情が芽生えると説いています。 相手を包み込むように深く慈愛の気持ちを持つことが、愛情に繋がるのでしょう。 悲しみの感情や、独占して欲しいと願う気持ち、怒りの心は非常に強いマイナスの感情です。 マイナスの感情を持ち続けると、悪い影響を受けることがあります。 悪い気持ちを、その人の持つ能力や慈しみの心、知恵という前向きな力に変えていけるように持って行けば、幸せになれるということを示しています。 初めのうちは切り替えが難しいかもしれません。 前向きで幸せな生き方ができるように、少しずつでも努力しましょう。

次の