グラン メゾン 東京 ネタバレ。 グランメゾン東京「最終回」ネタバレあらすじ・感想【次は世界中の星をかっさらう】|Lyfe8

グランメゾン東京「最終回」ネタバレあらすじ・感想【次は世界中の星をかっさらう】|Lyfe8

グラン メゾン 東京 ネタバレ

「グランメゾン東京」全話を無料で見る方法は! ドラマ「グランメゾン東京」最終回結末ネタバレ!ラスト最後は三ツ星取れる? 料理人見習いの芹田が「伝説のレストラン、グランメゾン東京で修行します」と言ったシーンの平子さん。 玉森くんの表情が絶妙で素晴らしいに尽きる。 自分がしたいこと、なすべきことは何なのかが頭を駆け巡っている瞬間である。 尾花はカリスマシェフともてはやされ、自信が慢心に変わっていく一方、どうしても三つ星に手が届かず、プレッシャーに苦しみ、壁にぶつかります。 そんな時、店でアレルギーのあるお客さんに、ナッツを誤って混入してしまうという重大事件が起こってしまい、その監督責任を負う形で、店も仲間も全て失ってしまいます。 どん底まで落ちた尾花でしたが、女性シェフである早見倫子 鈴木京香) と出会い、忘れかけていた初心を取り戻し、もう一度シェフとして生き直そうと決意します。 尾花と倫子は、世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げることを目標とします。 そのために最高のスタッフを集めようとしますが、かつての仲間に拒絶されたり、新しい才能の持ち主を見つけても、うまくいかなかったり様々な壁にぶつかります。 尾花は空回りし、たくさんの人と衝突しながらも、再起することを諦めません。 他人に無理難題を突きつけ振り回しつつ、自分もそれ以上を目指す尾花の姿を見て、周囲の人々の態度も少しずつ変わっていきます。 果たして尾花は、夢の三つ星レストランの称号を得ることが出来るのか? 挫折した男がもう一度夢に向かう「大人の青春」をかけたヒューマンストーリーです。 グランメゾン東京が三ツ星を獲得!尾花はフランスへ? 脚本を担当した黒岩勉さんは恋愛ものはあんまり描いてないように思うので、一番王道な展開をまずは予想してみました。 一番王道な展開は、尾花たちがグランメゾン東京で、最初の目標である 三ツ星を獲得するというものです。 そして、お店が成功し軌道に乗ると、 尾花は再び本場フランスへ舞い戻り、 昔は獲得できなかったミシュラン三ツ星に挑むのではないでしょうか。 フランス料理はやはりフランス本場で三ツ星を取りたいですよね! もし万が一、三ツ星が取れなかったという最後の展開になるとしたら、目の前の お客さんが笑顔になってもらうことが一番の星だと気付くというストーリーも何となく納まりがいいように思います。 京野と倫子が結婚? ここからは、少し恋愛の要素の展開も予想してみたいと思います。 グランメゾン東京が「トップレストラン50」の10位に見事ランクインした7話のラストでは、京野(沢村一樹)がまさかの衝撃発言をします。 その衝撃発言とは、「 私は、倫子さんのことが好きです。 」 まさかのここにきて告白をしていました(笑) 以前から尾花と早見倫子(鈴木京香)が話している姿を意味深な目で見つめていた京野ですが、倫子のことが好きだったからなんですね(笑) 尾花がいつまでも倫子の家に居候しているのがあまりにも気にくわなかったらしく、ブチ切れてました(笑) 最終回では、京野と倫子が結ばれて、尾花を含めた3人はずっと同じお店でフレンチをやっていくのではないかなと思います。 そして、第1話では倫子が尾花の手長エビのエチュベを美味しそうに食べてくれて、その時に尾花は料理人の原点に返ります。 それまで腐っていた尾花にもう一度、料理人という道を目指すことを再起させてくれ、 どんなときも諦めずに尾花と手を取り合ってくれたのが倫子という存在です。 尾花にとっても倫子は大切な存在であるはず。 お互いに無い部分を埋め合いながら、グランメゾン東京の設立でも力を合わせ奮闘したことで、2人の間に愛と絆が芽生えるのではないでしょうか。 京野の倫子への想いを知った尾花は身を引くことも予想されますが、倫子の想いを受け止めてハッピーエンドという可能性もかなりありそうな気がします。 LIER GAME SEASON2• 絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜• 謎解きはディナーのあとで• ストロベリーナイト• 僕のヤバイ妻• 基本は3つ星を取ることなんだけど、そうすると3つ星を取ったら相沢はフランスへ行くし、ナッツの真犯人がもし居ても関係ないというか本筋から逸れてる感じもする — かや kayakayaful 毎週1日遅れのグランメゾン東京 こっからテンポよく最終回まで〜かな。 どんな結末になるか分からないけど丹後と尾花は切磋琢磨する良いライバルであり続けてほしい。

次の

グランメゾン東京第10話ネタバレ!丹後がクビ?リンダが祥平を探す!

グラン メゾン 東京 ネタバレ

レストラン「グランメゾン東京」スーシェフ 自分の腕と舌とセンスに絶対的な自信を持つ。 料理のためならどんな犠牲もいとわない型破りな男。 性格は難ありだが最高のシェフ。 言葉ではなく料理で人を説得する力を持っている。 パリ時代は「エスコフィユ」というレストランで、シェフとして絶大な人気を博し、日本人初の三つ星を獲れると期待されていたが、とある事件で尾花の名は地に落ち、堕落した人生を送っていた。 倫子と出会ったことで、 ただ「美味しい」と客に喜んでもらいたい、笑顔が見たいという純粋な料理人としての欲求を思い出し、三つ星を獲るべく「グランメゾン東京」をオープンすることを決意。 そして、大きく人生が変わることとなる。 人気WEB料理研究家。 コミュニケーション能力が高く、誰とでも気軽に仲良くなれる。 パリのビストロでアルバイトを始め料理の道へ。 世界中の料理を食べ、 常識に捉われない発想で、ユニークな料理を作り出し、パリで評判に。 そんな中「ランブロワジー」で修行していた尾花夏樹と出会い、お互いの才能を認めあい、尾花からの「エスコフィユ」立ち上げの誘いに乗る。 事件後、妻は娘・アメリーを残して失踪。 父子家庭でレストランシェフは難しいと、母のいる日本に戻り、アメリーの面倒を見るため、家にいながらできるレシピサイトへの動画投稿が話題となっている。 再び尾花が現れ、「グランメゾン東京」に誘われるが、アメリーが気がかりで一歩を踏み出せないでいた。 しかし、再び「グランメゾン東京」に誘われ、仲間に加わることを決意する。

次の

ドラマ『グランメゾン東京』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 木村拓哉)

グラン メゾン 東京 ネタバレ

キムタクが主演するTBSのドラマ「グランメゾン東京」の第2話のあらすじとネタバレです。 第1話のあらすじとネタバレは「」をご覧ください。 尾花夏樹(木村拓哉)は高級食材に拘った本格フランス料理を目指していたが、台所の設備では物足りず、料理の開発に行き詰まっていた。 さて、京野陸太郎(沢村一樹)は5000万円の融資を得るために奔走するが、銀行から「有名なシェフがいなければ貸せない」と断られてしまう。 そこで、京野陸太郎(沢村一樹)は、ネットのレシピ動画で有名な相沢瓶人(及川光博)に名前を貸して欲しいと頼みに行くが、拒否されてしまった。 相沢瓶人(及川光博)は2つ星レストラン「エスフォフィユ」のメンバーだったが、3年前の事件で「エスフォフィユ」が倒産した後、妻が家を出て行ったため、帰国して料理教室を開いていた。 さて、尾花夏樹(木村拓哉)は働かなければならないと言い、相沢瓶人(及川光博)の助手にして欲しいと頼んで、相沢瓶人(及川光博)の料理教室の助手を務めた。 さて、料理教室で助手をしていた花夏樹(木村拓哉)は、料理教室の生徒を審査員にして、相沢瓶人(及川光博)と料理勝負をするが、負けてしまう。 花夏樹(木村拓哉)が生徒に理由を尋ねると、生徒は「トリュフなんて使われても、ありきたりよね」「相沢先生の料理は日本人の舌に合う」と言われてしまった。 一方、京野陸太郎(沢村一樹)は、頼りたくなかったが、城西信用金庫の汐瀬(春風亭昇太)に融資の相談をすることにした。 汐瀬(春風亭昇太)は、数字で正当な評価をしてくれる銀行マンだが、以前に務めていたレストラン「gaku」時代に取引していたので、頼りたくはなかったが、もう他に頼れる人が居なくなったのだ。 さて、京野陸太郎(沢村一樹)は汐瀬(春風亭昇太)に事業計画書を提出して5000万円の融資を依頼すると、汐瀬(春風亭昇太)は「事業計画に無理があります。 その後、レストラン「gaku」のオーナー江藤不三男(手塚とおる)は、尾花夏樹(木村拓哉)の動きを知り、城西信用金庫の汐瀬(春風亭昇太)に、京野陸太郎(沢村一樹)らが始めるレストランに尾花夏樹(木村拓哉)が関与している事を教えた。 翌日、城西信用金庫の汐瀬(春風亭昇太)は、京野陸太郎(沢村一樹)の元を訪れると、レストランに「日本の恥」と呼ばれる京野陸太郎(沢村一樹)が関わっている事を指摘し、融資できないと告げた。 尾花夏樹(木村拓哉)は、1週間後に店で出す料理が完成するので、1度食べて欲しいと頼むが、汐瀬(春風亭昇太)は「料理には興味はない。 私が信用するのは数字だけ。 どんなに美味しい料理が出来たとしても、味に融資は出来ない」と答えて立ち去った。 さて、京野陸太郎(沢村一樹)が融資が得られずに困っていると、尾花夏樹(木村拓哉)は早見倫子(鈴木京香)の家を抵当にいれる事を提案したが、早見倫子(鈴木京香)は「この家だけはダメ」と即答した。 そこへ、城西信用金庫の汐瀬(春風亭昇太)から電話がかかってきた。 1週間後に料理を味見してくれるというのだ。 料理の味が良ければ、5000万円の融資を受けられる可能性が出てきたが、早見倫子(鈴木京香)の家の台所は設備が整っていないため、料理の開発が出来ない。 そこで、相沢瓶人(及川光博)に頼んで、相沢瓶人(及川光博)の家のキッチンを使わせてもらうことにした。 さて、尾花夏樹(木村拓哉)は、日本人の舌に合うフランス料理を作るため、料理に使う食材をナスにすることを教えると、相沢瓶人(及川光博)が動揺した。 相沢瓶人(及川光博)は3年前の昼食会で、尾花夏樹(木村拓哉)からナス料理の開発を命じられ、ナス料理を作ったが、尾花夏樹(木村拓哉)の期待に応える料理は出来ず、罵倒されたのだ。 さて、尾花夏樹(木村拓哉)は、ナス料理の開発に難航し、相沢瓶人(及川光博)に意見を求めると、相沢瓶人(及川光博)はチョコレートを差し出した。 試食の日、京野陸太郎(沢村一樹)は相沢瓶人(及川光博)に電話し、「どんな料理が出来たのか、試食を観に来て欲しい」と頼むと、相沢瓶人(及川光博)が試食を観に来た。 さて、城西信用金庫の汐瀬(春風亭昇太)が、なす料理を試食すると、「こんな美味しい物は食べた事が無い」と絶賛したが、「私が信用するのは数字なんです。 味は担保にならない」と言い、5000万円の融資は出来ないと告げた。 すると、早見倫子(鈴木京香)は、フランスから高級食材を取り寄せるのを止め、日本の食材で日本のフランス料理を作るので、原価率は大幅に改善したと言い、新たな事業計画書を提出した。 それでも、城西信用金庫の汐瀬(春風亭昇太)は、料理の開発には時間と人件費がかかるので、従業員の負担が増え、店が立ちゆかなくなると言い、融資は出来ないと告げた。 すると、早見倫子(鈴木京香)は自宅の権利書を差し出し、自宅を担保にするので融資をして欲しいと頼んだ。 汐瀬(春風亭昇太)が「店が失敗すれば、家と土地を失うということですよ」と確認すると、早見倫子(鈴木京香)は「この料理には、それだけの価値がある」と答えた。 すると、汐瀬(春風亭昇太)は、早見倫子(鈴木京香)の家と土地の評価額は4500万円で、5000万円の融資には500万円足りないが、私が上司を説得すると約束した。 尾花夏樹(木村拓哉)が「担保が無ければ、お金は貸せないんじゃ無いんですか?」と尋ねると、汐瀬(春風亭昇太)は「私だって人間です。 美味しい料理を食べれば、心を動かされる事もあるんですよ」と答えた。 その後、相沢瓶人(及川光博)が「僕は、3年前の昼食会でリクエストに答えられなかった。 だから、ナスを選んだんだろ?」と尋ねると、尾花夏樹(木村拓哉)は「ナスを選んだのは、旬だったから。 それだけ。 チョコレートのアイデアは俺には無かった。 ありがとうな」と言い、手を差し出した。 しかし、相沢瓶人(及川光博)は握手を躊躇し、握手せずに立ち去った。 こうして、5000万円の融資を得た早見倫子(鈴木京香)らは、「グランメゾン東京」の開店の準備を始めるのだった。 「」へ続く。

次の