胸 描き方。 【簡単!服のシワの描き方】服をかわいく描くコツ

Piggy back rides!

胸 描き方

初心者だとオリジナル絵はなかなか描けません。 絵を描くための知識がないから当然です。 でもそれ以前に、自分の描きたい女の子がよくわかっていない という理由もあると思います。 あなたが描きたい女の子は何頭身ですか? 脚の長さはどのくらいですか? 胸の大きさはどのくらいですか? あなたが最も描きたいと思っている理想の姿をした女の子を想像してみてください。 ある程度は思い浮かぶと思います。 思い浮かばなければ、理想のアニメキャラでもかまいません。 描きたい女の子を早めに決めて、オリジナル絵を描くための足がかりにしましょう。 一般的に萌えキャラは6頭身が多いです。 私は1/3くらいにしています。 萌えキャラは頭が大きいので相対的に肩幅は狭くなります。 逆に比率を小さくすると寸胴な体型になります。 でも萌えキャラにおいてはふくらはぎ側を長くしてもかまいません。 腕をまっすぐ下ろしたとき、手首が股間の位置に来るように描きます。 ここを守らないと腕が長すぎたり短すぎたりして不自然に見えます。 腕の長さだけは変えられません。 やなどの素体練習サイトやソフトを利用します。 その中で登録されているポーズを、あなたが描きたい女の子の体型に変換して描きます。 8頭身を6頭身に変えたり、体のパーツを細くしたり太くしたりしなければならないと思います。 頭の大きさや腕の長さなどに気をつけながら描きましょう。 この方法は描くときに一度頭の中でイメージしなければならないので、 イメージの訓練にもなります。 また、自分の描きたい女の子を描いているので 普通の素体の模写よりも楽しいと思います。 ぜひいろいろなポーズに挑戦してみてください。 スポンサーリンク 部分模写といえば「手の練習」を思い浮かべる人は多いと思います。 しかし部分模写は何も手だけに限る必要 上手い人「立体を意識して描け!」 初心者「わかりました!次からは立体を意識して描いてみます!」 っ 模写をすると上手くなると言う人がいる一方で、模写しても上手くならないと言う人がいます。 私とし キャラクターを描くとき、いつも顔(頭部)から描いていませんか? 女の子の顔を描くのは楽しいです。 このブログでは何度か周辺視の重要性について触れています。 ですが実際に周辺視しながら描くとはいったい あなたはイラストの参考書、もしくはイラスト教本を持っていますか? おそらく最低でも一冊は持っているか 可愛いコスチュームが描きたいからと、たくさん可愛いコスチュームを模写しても一向に上達していないという 絵の練習にアニメキャラクターを描いている人は多いと思います。 自分の好きなアニメキャラを描くと楽しさ 動画にコメントをつける機能でユーザーを増やし、今や日本を代表するサイトの一つとなったニコニコ動画。 突然ですが、絵が上手くなるために必要な能力ってひとつではないですよね。 線を引くときは立体を意識して•

次の

初心者の「なぜか上手く描けない」を解決!胸の描き方テクニック編

胸 描き方

「」は、「セクシーな女性キャラクターの表現」に特化して人物イラストの描き方を指南する主旨の書籍です。 著者はグラマラスな女性のイラストで人気の高いイラストレーター、方天戟氏。 女性の体の構造から各パーツの描き方に加え、様々なポーズや女性らしい仕草の作例を多数収録したほか、見た目から内面を感じさせるようなキャラクターづくりのコツや、陰影によるシチュエーション表現などにも言及しており、イラストレーターが女性の身体を作画する際に留意しているポイントがわかる内容となっています。 本記事では、Chapter2「女性の体のパーツを学ぼう」から、「女性らしい体のパーツの特徴」についての解説と、「首元と鎖骨を描く」際の考え方および描き方のプロセスについてご紹介します。 さらにより女性らしく描くためのサブパーツ「肩と脇」「鎖骨」「ウエスト」「指先」を上手に描くことで、より魅力的なキャラクターに仕上げます。 女性らしさを表す3大パーツ 「乳房」「お尻と局部」「足」の特徴を知ろう。 乳房 微乳(知性・繊細・幼なさ)や巨乳(セクシー・陽気・包容力)など、描く乳房の大きさや形でキャラクターの性格、垂れ具合などで年齢を印象付けることができます。 お尻と局部 ズボンやスカートを身に付けていても、ヒップラインやパンチラで女性らしさ、セクシーさを強調できるパーツです。 足 男性にはないスラリとした足や引き締まった足首、逆にぽっちゃり肉付きのよい足など、違ったセクシーさを描き分けることができます。 鎖骨 やわらかな乳房を引き立たせる鎖骨もセクシーポイントの一つです。 肩、脇周辺 メインである乳房の魅力をさらに高める部位で、乳房とのバランスを考えながら描くことが大切です。 指 細くきれいな線を持つ女性の指先は、女性らしい仕草によってさらにセクシーさを増します。 ウエストまわり ゴツゴツした男性の腰まわりと違い、細身であってもへそ周辺などにこんもりと脂肪が付きやすく、その肉感的なラインが魅力的です。 体のパーツのバランスを考える たとえば、女性らしさの象徴である乳房を描く時、乳房自体は大きくても肩幅が広かったりすると相対的に目立たなくなります。 周辺部位のバランスを考えて描くことが大切になります。 首から鎖骨のラインを魅力的に描く 筋肉質で無骨な男性の首まわりと違い、華奢な首から鎖骨のラインに女性らしさを感じる人は多いはず。 ここでは、首から鎖骨にかけた女性らしいラインをきれいに描写することがポイントとなります。 鎖骨の位置と形状 鎖骨とは、胸骨と肩甲骨をつなぐように水平に位置する13~14センチほどの棒状の骨で、ややS字上にカーブしています。 角度を変えて見た女性の首元と鎖骨 正面からは表現しづらい女性の首まわりですが、横や斜めから見るとよりはっきりした描写が可能になります。 首元と鎖骨の描き方のプロセス 女性らしさを表現する上で重要な部位ですが、大切なのは、首元と鎖骨のラインを強調しすぎず、体型に見合ったラインを描くことです。 描く角度に合わせて、体の中心線と横幅、首の太さ(楕円状)と鎖骨ラインのアタリを取ります。 ・背骨のアタリを取ることで、首、肩、乳房の向きなどが描きやすくなります。 ・楕円の縦の中心線が体の向きを示します。 アタリに合わせて首元周辺、肩、胸のラインを立体化していきます。 ・楕円に沿って、円柱状に首を描き加えます。 ・肩や腕を描き加えます。 ・体の向きと奥行きを考えながら描きます。 それぞれのパーツを描き込み、女性らしい肉付きのラインを出します。 ・鎖骨など、女性らしいラインに仕上げます。 ・女性らしさの象徴、乳房のラインは慎重にセクシーに描きます。 よりリアリティを増すように影を付け、仕上げていきます。 ・華奢な鎖骨のラインでセクシー感をアップ。 ・脇のシワなどディテールもしっかり表現。 ・光と影の方向を意識し、立体的に仕上げます。

次の

2種類の骨でデッサンが決まる、胸の描き方!

胸 描き方

シワの形 シワの形にはパターンがいくつかあります。 パターン単体だけでなく、複数のシワの形が合わさってできているシワの形もあります。 ここではよく見るシワの形を紹介します。 シワの具体例 具体的なシワを見てみましょう。 玉の上部は布と密着し形がわかりますが、下部は布がそのまま重力にしたがって垂れ下がり玉と密着することはありません。 つまり玉のシルエットが隠されてしまいます。 これは先ほどの女性の胸部分も同じ考え方ができます。 接点である胸の上部は形がわかりますが、胸の下側は垂れ下がった布でボディラインが隠れてしまいます。 下のBのように体に密着するピッタリとした布の場合は、全体が密着するため玉の下部のシルエットもわかります。 描きたい服がどのような素材なのかを意識することでシワの形も変化します。 引っ張られる方向によってシワの伸び方が変化します。 「たまる」よりも重なり合う感じを出すとそれらしく描けます。 フィットしている服にできやすいシワです。 裾のラインをS字にすると自然な動きが出ます。 接点から下方向に向かってできるシワの形です。 布が重なってできるシワが「人」という字のような形をしています。 布がたるんで重なることで、小文字の「y」のような形をしています。 接点同士が引っ張られてできるシワの形です。 フリルにも波型のシワができます。

次の