ご 不便 を おかけ し ます。 「ご不便をおかけしますが」は日本語として正しい?使い方と英語表現

ローソン社長「色々なご不便をおかけしてしまっている」 PB新パッケージを一部変更へ: ついバズあんてな

ご 不便 を おかけ し ます

何かとよく見かける「ご不便をおかけしますが」というフレーズ。 一度は見たことがある人が大半なのではないでしょうか? しかしそれを自分でいざ使ってみようとすると、案外その使い方に自信が持てなかったりするものです。 ここでは、「ご不便をおかけしますが」という表現について解説していきます。 意味 相手に迷惑や手間、時間を掛けさせる際に使う言葉です。 意味はそのままのとおり、「ご不便をおかけしますが」。 もし「ご不便をおかけしますが」の「かける」を漢字にするなら、「掛ける」です。 場面 相手に迷惑や時間、手間をかけさせてしまう時に使う言葉なので、謝るべきタイミングでこの言葉を切り出すのが最も無難でしょう。 例えば、ビルのエレベーターの点検の時、何時から何時までエレベーターが使えず階段を使っていただく場面に、あなたも遭遇したことはありませんか?その際に張り紙によく使われているのがこの言葉「ご不便をおかけしますが」です。 確かに、点検することで相手に迷惑や手間、時間をかけさせています。 決してこちらが悪いことをしているわけではなくても、相手に何らかの不便を強いてしまう時にはこの「ご不便をおかけしますが」を使いましょう。 使い方 相手に不便や不都合なことを強いてしまう時に使います。 それが例えエレベーターの点検や道路工事などの必要不可欠なものであったとしても、それによって不便を被る人がいれば使うべきです。 そのほうがより丁寧で、へりくだった印象を与えます。 例文 では実際にどのように使えば良いのか、例文をいくつか見て見ましょう。 「10月1日の午後からシステムメンテナンスを行うため、一部に通信障害が出る可能性があります。 ご不便をおかけしますが、ご了承くださいますよう、お願い申し上げます」 「翌水曜日の午前はエレベーターの点検を行いますので、住民の皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解ご協力の程をよろしくお願い致します」 「10月1日から11月1日まで、改装工事のため店舗を臨時休業とさせていただきます。 ご利用のお客様にはご迷惑、ご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます」 「ご不便をおかけしますが」は敬語として正しい? 基本的には間違いではありません。 ただ、「ご不便をおかけしますが」を使う場合において、後に続くのは大抵の場合お願いになるので、その表現には注意が必要になってきます。 特に目上の人へのメールや手紙で「ご不便をおかけしますが」を使う場合、失礼に当たらないように、以下の点について注意が必要です。 ・「ご不便をおかけしますが」のあとに「理解」ということばが続いていること ・「ご不便をおかけしますが」の前に、どういった経緯で不便をかけるのかをしっかりと明記してあること ・不便をかける正当な理由があること 「ご不便をおかけしますが」の後に「了承」「協力」と続くと、相手への強制力が強くなり、場合によっては相手に不快感を与えてしまうことがあります。 無難にするには「理解」という言葉を後ろにつけておくべきでしょう。 「ご不便をおかけしますが」の後にくる言葉 了承、理解 「ご不便をおかけしますが、ご理解頂きますようお願い申し上げます」や、「ご不便をおかけしますがご了承くださいますようよろしくお願い致します」などと続くパターンです。 そのことば自体にはあまり意味はなく、語感と文体を整え、相手に柔らかい印象を与えるためのクッション言葉であると理解して差支えないでしょう。 ただし、「了承」と「理解」にはニュアンスの違いがあるのでここは注意しておくべき点です。 「ご理解」は、理解してほしい時に、「理解してください」と相手の理解を求める言葉ですが、「ご了承」は予めわかっておいてほしい時に「わかってくれますよね」と相手の理解をより強く求める言葉です。 了承、という言葉には強制する力も入るので、理解、という言葉の方がより柔らかく「お願い」しているニュアンスが強くなります。 協力 「ご不便をおかけしますが、ご協力お願いいたします」などと続くパターンです。 こちらも言葉自体にはあまり意味はなく、不便をかけてしまうが自分たちのやることに協力してほしい時に使います。 例えばエレベーター点検の時などは、「ご不便をおかけしますが、皆様のご理解ご協力の程をお願い申し上げます」とするのが良いでしょう。 なぜなら、エレベーターが使えなくなることを理解してもらい、なおかつエレベーターではなく階段を使ってもらうという協力をお願いするからです。 場面によって、後ろにつける言葉の選び方にも一工夫を凝らしましょう。 申し訳ございません これは上記の「理解」や「協力」とは明らかにニュアンスの異なった言葉です。 これを使う時は、明らかに自分側に非があるとき、自分のミスで相手に迷惑をかけてしまった時の謝罪文です。 そして、「ご不便をおかけしますが」のように後ろに「が」の否定を入れません。 もしここで否定の「が」を入れてしまうと、自分のしたことを正当化していると誤解を招く恐れがありますので、極力避けるのが良いでしょう。 「ご不便」の類義語は? 何度も「ご迷惑をおかけしますが」という表現をつかっているとくどくなってしまう可能性があります。 そこで、これの類義語も頭の片隅に置いておくと便利でしょう。 「ご迷惑をおかけしますが」、「お手数をおかけしますが」、「ご負担をおかけしますが」などでしょうか。 「ご迷惑をおかけしますが」と「ご負担をおかけしますが」の意味はそのまま、迷惑をかけてしまうけれど、負担をかけてしまうけれど、という意味です。 「お手数をおかけしますが」の意味は、手を煩わせてしまうけれど、や、手間をかけさせてしまうけれど、といった意味で使います。 「ご不便をおかけしますが」を英語ではなんていう? 「ご不便をおかけしますが…」を伝えたい相手が外国人であったとき、あるいは外国人がよく集まる場所に「ご不便をおかけしますが」といった内容の張り紙をしたいとき、あなたならどう英訳しますか? 一般的には、 We apologize for the inconvenience が「ご不便をおかけしますが」の英訳にあたります。 日本語に直訳するとご不便を謝罪します、になるのですが、これが英語の特有の表現です。 apologize:謝罪する、inconvenience:(in+convenience)不便 そのあとに続く「ご理解」の表現は、 thank you for your understanding で問題ないでしょう。 日本語に直訳すると、理解してくれてありがとう、となりますが、英語の表現としてはこれが自然です。 understanding:理解(名詞) 正しい使い方をマスターしよう 「ご不便をおかけしますが」はビジネスの場では勿論、お客様が相手だったり上司が相手だったり、様々な場面で使える言葉です。 しかし、後に続く言葉によってニュアンスが変わったり、意味が変わったりします。 その後に続く言葉のニュアンスや類義語、英語での表現の仕方もしっかり理解した上で、その場に応じた適切な言葉の使い方を身につけていきましょう。

次の

ご不便おかけしますの意味は?不便をかける時の敬語の使い方・例文!

ご 不便 を おかけ し ます

ご不便おかけしますの意味とは? ご不便おかけしますの「不便」の意味 「ご不便おかけします」の「不便」とは、相手にとって便利ではないことです。 不便をかけるということは、便利でないことをおかけしますという意味です。 悪い状況を与えている際や今後悪い状況を与える際に使用されます。 不便の頭に「ご」を使用して、「ご不便」とすると「不便」よりも丁寧な表現になります。 ご不便おかけしますの「掛ける」の意味 「ご不便おかけします」に使われている「おかけします」の「かける」という意味は与えるという意味です。 この場合には、「掛ける」という文字が適しています。 ご不便おかけしますはお詫びの言葉 相手に不便の状況を与えている時に「申し訳ありません」という謝罪の言葉と共に使用されることが多く、主にお詫びの言葉として使用します。 「ご不便おかけします」には、「あなたに不便な状況を与えてしまい悪いと思っています、ごめんなさい」というお詫びの気持ちが込められています。 ご不便おかけしますの使い方・例文は? ご不便おかけしますのタイミングに合わせた使い方 「ご不便おかけします」を使用する際、状況やタイミングによって使用の仕方を変えて活用する事でより相手に気持ちが伝わりやすくなります。 さらに、不便をかける理由や謝罪の言葉を添えるとより相手に受け入れてもらいやすくなります。 ご不便をおかけしますが、時間をおいてご利用ください」というように、本日やただいまの時間に不便を掛けていることを伝えます。 不便な状況を伝えた後に、理解をお願いすることで相手が受け入れやすいです。 また、的確な指示があると従いやすくなります。 例えば、「ただいまは休憩中です。 ご不便おかけしますが5時から再開致しますので、10分前には北側入り口前にお並びください」というように具体的な指示があると分かりやすく、行動しやすいです。 また、「今後は、ご不便をおかけすることもなくなります」というように過去の不便がなくなることや少なくなる事を伝える際にも使用ができます。 ご不便おかけしますがよろしくお願いします。 この時間帯は関係者以外出入り禁止となります。 ご不便おかけしますが、何卒ご了承ください。 」というように使います。 事前に日時を指定する事で、その日時に不便を掛けることをお知らせし、相手に伝えて置くことができます。 「ご不便おかけします」という言葉を入れることで、相手側に「不便を掛けることを理解しています」というのが伝わります。 「それでも、どうかよろしくお願いします」と付けることで相手側は承知しやすくなります。 理解していることを相手に報告することで、不便であることへの不満を多少なりとも減らすことができます。 不便を掛ける際、相手が不満に思うと事前に予測出来る場合には「ご不便おかけします」と入れた方が揉めごとを回避できます。 不便を掛けて相手が多大に不満に思うことが予測出来る場合には、例文としては「大変なご不便をおかけします」とより強調して使用すると良いでしょう。 「申し訳ございません」には、謝罪やお詫びの意味が含まれていて、謝罪の言葉のなかでも最も丁寧な表現になります。 不便をかけてしまった相手に、丁寧な言葉で謝罪の気持ちを伝えたい時に、「ご不便おかけし、申し訳ございません」と使用します。 ご不便をおかけして大変申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。 」というように使用します。 ご不便おかけしますが、今しばらくお待ちください。 」と「大変申し訳ございません」という言葉を入れない文と比らべてみると謝罪の伝わり方が違うことが分かります。 「申し訳ございません」という言葉を入れた文の方がより謝罪の気持ちを強く感じます。 ご不便おかけしますの言い換えは? ご迷惑おかけします 「ご不便おかけします」と似ている表現で、「ご迷惑おかけします」という表現があります。 相手が不快に感じることを「迷惑」と言います。 迷惑を掛ける際や掛けることを事前に伝える際に「ご迷惑おかけします」と使用します。 「ご迷惑おかけしました」と過去形にすることも可能です。 また、迷惑に「ご」を使用して「ご迷惑」とすることで、丁寧な表現になります。 「迷惑をおかけします」よりも「ご迷惑をおかけします」と頭に「ご」を付けた方が迷惑をかける際により丁寧な印象を相手に与えることができます。 お手数をおかけします 「お手数をおかけします」は不便をかけるだけでなく、相手に動作や作業などの数がかかる時に使用します。 1つの作業や動作だけではなく、何度かの作業や動作をお願いする場合に使います。 使い方は「お手数ですが、一度窓口に声をかけて鍵を受け取ってから、ご使用ください。 」というように使用します。 お手数おかけしましたの意味や英語、使い方までを分かりやすく説明した記事があります。 お手数おかけしましたの意味をより詳しく知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてください。 お手間をとらせます 「お手間をとらせます」は、相手に手間がかかる時に使用します。 不便をかけるだけではなく、時間や労力などの負担がかかる際に「手間」という表現が適しています。 「お手間をとらせます」ではなく「お手間をおかけします」と使用することもあります。 ご不便おかけしますの英語・敬語の使い方 ご不便おかけしますの英語 ご不便をおかけしてすみませんと英語で伝える時には、「I am sorry for the inconvenience. 」となります。 ご不便をおかけして申し訳ございませんとより丁寧に謝罪を伝える時には「I apologize for inconvenience caused. 」となります。 「inconvenience(インコンヴィー二エンス)」は不便、「apologize(アポロジャイズ)」は謝罪するです。 敬語「ご不便おかけいたします・何卒ご了承ください」 「ご不便おかけします」を敬語で伝える時には、「ご不便おかけいたします。 何卒ご了承ください。 」と使用します。 ビジネスシーンや目上の方に使用する際には、「何卒ご了承ください」という言葉は、命令形になるため控えた方が無難です。 ご承知は、「理解して」という意味です。 「ご承知ください」は、理解してくださいと一方的に命じていると捉えられてしまう事もあるので、使い方には注意が必要です。 便利なご不便おかけしますを使いこなそう ご不便をおかけしますという言葉は、謝罪やお詫び、約束ごとをする際などさまざまな場面で使用することが可能です。 上手に使いこなすことによって、相手の不満に思う気持ちや怒りを和らげてくれるとても便利な言葉です。 ぜひ意味を理解した上で、活用してみてください。 下記では、感謝の言葉について詳しく説明されています。 ありがとうの気持ちを伝える言葉や言い方なども紹介しています。 人間関係を円滑にするために是非参考にしてみてください。

次の

アップル

ご 不便 を おかけ し ます

「ご不便をおかけしますが」は正しい日本語? 「不便をかける」は正しい表現 「ご不便をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします」「ご不便をおかけするかと存じますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします」など、「ご不便をおかけしますが」という表現はあちらこちらで使われています。 しかし、一般的に使われている表現ながら、違和感を覚えるという人もいるようです。 その違和感の理由は、「かける」は「迷惑」や「苦労」には使えるけれど、「不便」には使えないのではないかというものです。 確かに、迷惑をかける、苦労をかけるに比べると、不便をかけるという言い方はあまり使われないかもしれません。 この表現は正しいのでしょうか。 先に結論をいうと、「不便をかける」というのも、日本語として正しい表現です。 では、この「かける」にはどういう意味があるのでしょうか。 「迷惑をかける」「苦労をかける」の「かける」の意味 迷惑をかける、苦労をかける、不便をかけるといったときの「かける」は、漢字では「掛ける」と書きます。 多くの意味を持つ語で、その中に「好ましくないこと、迷惑、苦労、損害などを与える」というものがあります。 「不便」も相手にとっては嫌なことですから、「不便をかける」という言い方も、日本語として正しいというわけです。 この意味での使い方は、他にも、「面倒をかける」「世話をかける」などがあります。 「ご不便をおかけします」の使い方 「ご不便をおかけします」を使う場面 「ご不便をおかけします」が多く使われるのは、工事や点検、メンテナンスなど、一時的にサービスが停止したり、一部機能が使えなくなったりする場面です。 また、これとは反対に、サービスなどがより便利になったときにも、「これまではご不便をおかけいたしました」のように使われることがあります。 フォーマルな言葉なので、改まった場や、看板やお知らせの文章、ビジネスメールでも使うことができます。 セットで使われる「ご理解」や「ご了承」の使い方 「ご不便をおかけします」とセットで使われることが多いのが、「ご理解ください」「ご了承ください」といった言葉です。 これらの違いも、合わせて押さえておきましょう。 「ご理解」は、文字通り、理解を求めるときに使います。 「不便をかけてしまうけれど、どうかわかってください」「不便だとは思うけれど、必要なことなので理解してください」といったニュアンスになります。 一方の「ご了承」は、「事情を納得してください」「受け入れてください」というニュアンスになります。 単に「理解」するのではなく、「納得」するという意味が含まれるのです。 二つの違いをまとめると、「ご理解」を使った表現の方がやわらかい印象で、「ご了承」の方が強制力のある言い方になるということになります。 目上の人に対して使う場合は特に、「ご理解いただけますでしょうか」のように、「ご理解」を使った方が、角が立たないでしょう。 「ご不便をおかけします」を使った例文集 「不便について説明する」場合の例文• お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。 ただいまの時間、アクセスが集中しております。 ご不便をおかけしますが、時間をおいて再度ログインしてください。 工事中につき、ご不便をおかけしております。 システム以降にともない、何かとご不便をおかけするかと思いますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。 ご不便をおかけし、恐縮ではございますが、何卒ご理解くださいますよう、お願い申し上げます。 「不便について謝罪する」 場合の例文• この度は弊社の不手際でご不便をおかけし、申し訳ございません。 復旧の目処は立っておりません。 ご不便をおかけしており、誠に申し訳ございません。 「不便が解消されたこと、便利になったことを説明する」 場合の例文• 工事のため長らくご不便をおかけしておりましたが、今後とも格別のお引き立てを賜りますよう、よろしくお願いいたします。 座席の数を増やしましたので、ご不便をおかけすることも少なくなるかと思います。 「ご不便をおかけします」の類語・言い換え 「ご迷惑をおかけします」の意味と例文 相手にとって迷惑なこと、負担や不快感を与えることについて使います。 この度はみなさまに多大なるご迷惑をおかけしました。 誠に申し訳ございません。 工事に伴い、大きな音が発生いたします。 近隣のみなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますよう、お願いいたします。 「お手数」「お手間」を使った言い換えの例文 「お手数をおかけします」「お手を煩わせる」「お手間を取らせる」などの表現は、単に不便をかけるだけでなく、相手に何かをしてもらうときに使う言葉です。 つきましては、メールをいただけますでしょうか。 お手数をおかけし、恐縮ではございますが、よろしくお願いいたします。 しばらくはお手を煩わせることになるかもしれませんが、何卒よろしくお願いいたします。 こちらの不手際でかえってお手間を取らせることになってしまい、申し訳ありません。 「面倒」 を使った言い換えの例文 「面倒をかける」「ご面倒とは思いますが」などの表現は、相手にとって手間のかかること、面倒なことをしてもらうときに使います。 ご面倒をおかけいたしますが、迂回路をご利用ください。 ご面倒とは存じますが、ご協力ください。 「inconvenience」が、「不便」、「apologize」が「お詫びする」ですから、この英文は、「今回のご不便、ご面倒をお詫びいたします」と訳せます。 不便をかけたのが自分なら「I」を使いますが、企業などの団体の立場でいうときは「We」となります。 「ご理解ください」「ご了承ください」の英語表現 「ご不便をおかけします」とよくセットで出てくる「ご理解ください」「ご了承ください」の英語表現も、ここで押さえておきましょう。 「ご理解ください」「ご了承ください」は、「Thank you for your understanding. 」と表現します。 直訳すると、「あなたの理解に感謝します」という意味になります。 これをさらに丁寧にした、「We would appreciate your understanding. 」という言い方もあります。 まとめ 「ご不便をおかけしますが」という表現は、工事やメンテナンスなどによって相手に不便を強いることになったときに使います。 ビジネスでは、どうしても相手に迷惑をかけてしまったり、不便をかけてしまったりといったことはあるものです。 そんなときに、「ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします」といったようにスマートに伝えられれば、相手との関係を良好に保てるでしょう。

次の