トイレつまり 放置。 焦ったらダメ!『トイレつまり』で困ったら試す6つの対処法

トイレ詰まりの予防策を知ろう!

トイレつまり 放置

もくじ• トイレの詰まりが放置するだけで直るのは「溶ける」から! トイレの詰まりがなにもせずに数時間放置するだけで直るなら、自分の手もトイレの床もなにひとつ汚さずに問題が解決できてしまいます。 これほど嬉しくて安心できることもありませんよね。 ただし、どんな詰まりも解決できる魔法のような方法ではありません。 直るかどうかはトイレの詰まりの原因次第です。 直る可能性がある原因と直らない原因を紹介しましょう。 放置で直る可能性があるのは、トイレットペーパー! トイレの詰まりが放置するだけで直ってしまうのは、時間が経つことによってトイレに詰まっているものが水の力で溶けてしまうからです。 この仕組を考えると、放置していて直る可能性がある原因はすぐに分かりますよね。 そうです。 トイレットペーパーの詰まりです。 トイレットペーパーはトイレに流すことを前提に作られており、通常の紙よりも水に溶けやすい繊維構造になっています。 とはいっても、溶けやすさを過信しすぎて一度に大量のトイレットペーパーを流せば、水によって溶ける前に詰まってしまうのです。 もし、大量のトイレットペーパーを使った心当たりがあるなら、放置するだけで詰まりが解消できるかもしれません。 放置していても直らないのは、トイレットペーパー以外の「異物」 放置する方法は、水の力で詰まっているものを溶かして詰まりを解消するものです。 溶かすといっても実際には、水がプラスチックやガラスを溶かせるわけはありませんよね。 そのため、放置していても直らない原因は水に溶けない「異物」全てです。 財布、スマートフォン、タバコの箱、スポンジ、ハンカチ…。 挙げはじめるとキリがありませんね。 分かりやすくいうと、「トイレットペーパー以外が詰まっていたら、放置しても意味がない。 」ということですね。 上で挙げたようなものは明らかに水に溶けないので想像しやすいですが、中には次のような「これは水に溶ける」と勘違いしやすいものもあるので注意してくださいね。 ティッシュペーパーは厳しいかも 「トイレットペーパーがOKなら、ティッシュペーパーを流してしまったときも良いの?」と考えるかもしれません。 確かにティッシュペーパーも水につけておくことで繊維の絡みがもろくなりますが、トイレットペーパーほどではありません。 本来ティッシュペーパーは水に溶かして流すことは想定していませんから、トイレットペーパーよりしっかりとした繊維構造になっているのです。 時間を放置してまったく繊維がほぐれないというわけではないので、可能性はゼロではありません。 ティッシュは水を含んで膨らむこともないので、他に為す術がないなら一度試してみるのも良いかもしれません。 ただし、基本的に放置しても直らないと考えておいたほうが良いでしょう。 「流せる」と宣伝している商品 世の中には名前の頭に「流せる」とついた商品がたくさんありますよね。 流せるお掃除シート、流せるお掃除ブラシ、流せるペットの砂、流せるトイレクリーナーなど…。 こういった商品は、さっとトイレに流してしまいがちですよね。 しかし、流せる商品は「流せる」と書いてあるにも関わらず、水に濡れてもほぐれにくく詰まりやすい商品なのです。 流せる商品を流した後にトイレが詰まって時間を放置しても、詰まりが解決する可能性は低いです。 特に流せるペットの砂は、水分を含むと膨らむので時間を置くほど事態は悪化します。 なぜ「流せる」という名前なのに「流れない」という矛盾が起きているのか? 簡単にいうと、はっきりとした品質基準がないからです。 トイレットペーパーは日本で定められた規格にそって作られているので、普通の使い方をすれば水に溶けて流れます。 しかし、流せるという名前がついている商品には規格がないため、それぞれの事業者が独断で流れるか判断し、商品の製造、販売を行っているのです。 何度も試験を繰り返して、本当に流せる商品として販売されているものもあります。 しかし、現実は流せる商品の多くが水に溶けない、ほぐれにくい製品となっているのです。 オムツ、生理用品、ペットシート オムツ、生理用品、ペットシートも紙からできているので、時間を置けば溶けそうな気がしますよね。 しかし、オムツや生理用品、ペットシートには吸水ポリマーが使われているので、詰まった状態で放置しておくとさらに水を含んで詰まりを悪化させてしまいます。 放置する時間と水位を確かめるコツは? 放置する方法はトイレットペーパー(希望は薄いがティッシュペーパー)にのみ有効だということがわかりましたね。 実際にどれくらいの時間放置すればよいのか、水位を確かめるコツも合わせて説明しましょう。 放置時間の目安は2~3時間 トイレに大量のトイレットペーパーが詰まったと感じたときには、2~3時間詰まったままの状態を放置してみましょう。 放置時間の目安は、実際にどれくらいの量のトイレットペーパーが詰まったのかで変わってきます。 場合によっては30分から1時間程度で詰まりが解消されることもあります。 実際にトイレットペーパーを長時間水につけてみたので、その様子をごらんください。 写真はペットボトルで作った筒にトイレットペーパーとティッシュをぎゅうぎゅうに詰め込んだものです。 ペットボトルで作った筒はトイレの排水管をイメージしており、1番にトイレットペーパー、2番にティッシュペーパが詰め込まれています。 これを水に長時間つけてみます。 この写真は3時間後の写真です。 見た感じではトイレットペーパーとティッシュペーパー、どちらも大きな変化はないように思えたので、水を流してみました。 どちらにも同じタイミングで上から水を注ぎましたが、トイレットペーパーは一瞬で水が流れ落ちたのに対して、ティッシュペーパーは水の流れが非常に悪かったです。 この写真はトイレットペーパーとティッシュペーパーを取り出してみた写真です。 トイレットペーパーは棒でかき混ぜるとバラバラと分離しましたが、ティッシュペーパーは分離せず固まったままでした。 このことからもトイレットペーパーは放置するだけで詰まりが解消される可能性があり、ティッシュペーパーは難しいことが分かるかと思います。 この方法はただ放置するだけなので、可能なら30分ごとを目安にトイレの様子を確認しにいくと良いでしょう。 もし、2~3時間経ってもまったく変化がなく詰まりが解消されないという場合には、トイレットペーパー以外のものが詰まっている可能性も出てきます。 家族で住んでいると小さな子どもがなにか落とした可能性も捨てきれませんよね。 時間をおいても変化がないなら、別の解決方法や水道業者の利用を検討したほうが良いでしょう。 放置後の水位はトイレットペーパーで確認するべし! この方法はただ放置するだけですが、放置前と後で水位の変化を確認しなければただ時間をムダにすることにもなりかねません。 水位の変化なんて誰でも簡単に確認できますよね! はたして本当にそうでしょうか? 目印がない便器は水位が確認しにくい! 便器いっぱいまであった水位が普段の水位まで減っていれば変化は一目瞭然です。 しかし、便器には印になるものもないので、微妙な水位の変化だと気づきにくいと思いませんか? 事前にスマートフォンやカメラで水位の写真をとっておくとまだ良いですが、やはり便器に目印になるものがないと意外と変化がわかりづらいものです。 そこで、簡単に水位の変化をチェックするコツをお教えします。 その方法は、トイレットペーパーで便器に目印をつける方法です。 まず写真にあるようにトイレットペーパーをなるべく細長く切ります。 このトイレットペーパーの先端を軽く便器の水につけてください。 すると、トイレットペーパーが水の力で便器にピタッとはりつきます。 後は先端部分を今の水位にぴったりと合わせれば目印の完成です。 2~3時間後にトイレットペーパーの先端より水が減っていれば、水位が変わっているのが一目瞭然ですよね。 これなら、便器にペンで線をいれたり定規を便器の水で汚すことなく、簡単に水位の変化を確認できます。 ちなみに大丈夫かとは思いますが、トイレットペーパーを何枚も重ねて印を作らないでくださいね。 このトイレットペーパーも詰まりの原因になったら笑えません。 さっとちぎった程度のトイレットペーパーなら、流れても問題はないでしょう。 「少し水が流れる」と「まったく水が流れない」は大きな違い 「わざわざそんなことする必要ある?」と思うかもしれませんが、ぜひこの方法をおすすめします。 時間をおいて水位が大幅に減りいつもどおり戻っていれば、それでめでたしめでたです。 しかし、中にはたったの数センチだけ水位が変化したり、まったく水位が変化しないケースもあります。 数センチだけでも水位が変化しているということは、まだほんの少しではありますが水が流れる隙間があるという証拠ですよね。 一方、水位がまったく変化しないなら、完全になにかが詰まって水が流れる隙間もないということです。 この違いは今後の対策を決める大きな材料になりますし、水道業者にとっても修理の際の大切なひとつの情報になるのです。 面倒かもしれませんが、数時間放置するならトイレットペーパーで目印をつけてみてくださいね。 トイレの詰まりを放置した時の3つの注意点 詰まりを放置して治す方法は、これといって特別なにかするわけではありません。 それでも詰まりを放置する場合には、注意しなければいけないことがあります。 もし、つまりの原因が水に溶けない異物、中でも水を吸収するオムツやナプキン、ペットシートなら放置しているうちに事態が悪化する可能性もあります。 「これは確実にトイレットペーパー詰まらせたな…。 」と確信できたときだけ、この方法を使いましょう。 水位が減ったのは2つの理由が考えられます。 ・詰まったトイレットペーパーが完全に溶けて、水位が減った ・詰まったトイレットペーパー、もしくは異物の隙間から水が流れて水位が減った 前者なら問題ありませんが、後者ならまだ詰まりが解消できていない可能性があります。 この状態でレバーを引けば、便器にまた水がたまりあふれる危険もあります。 水位が減ったのを確認してもすぐにはレバーを動かさず、一度バケツに汲んだ水を様子を見ながら流しましょう。 完全に水位が戻らなくても、水位の減りは確認できるでしょう。 こういった場合ならもう少し放置しておくのも一つの手ですが、まったく変化がないなら別の方法を試しましょう。 見当違いで生理用品やオムツが詰まっていたら、時間を置くほど状況は悪くなってしまいます。

次の

住まい・暮らし情報のLIMIA(リミア)|100均DIY事例や節約収納術が満載

トイレつまり 放置

トイレつまりの予防対策 トイレに入って水を流そうと思ったら…「水が流れない!」 「水が溢れてきた」というトラブルはできることなら出会いたくないトラブルです。 トイレ詰まりを起こさないために事前に自分でできる予防対策をご紹介します。 例えば、ティッシュペーパーやおむつ、生理用品など水に溶けない固形物は詰まりを引き起こす原因に。 ティッシュペーパー トイレットペーパーがない緊急事態にティッシュペーパーを代用品として使ったことがあるかもしれません。 結果的に流れることが多いティッシュですが、実は1枚でも水になかなか溶けないのです。 複数枚のティッシュを同時に流した場合は、トイレつまりの原因になってしまいます。 残飯 おう吐物をトイレに流すことはあるかもしれませんが、残飯をトイレに流してしまうのはトイレの詰まりを引き起こす可能性があるためご法度です。 残飯は固形物なので水に溶けません。 また、固形物でなくても、残飯には油分が大量に含まれている場合があり配管の中で固まってしまう可能性があります。 残飯は生ごみとして捨てましょう。 タバコの吸い殻 タバコの吸い殻をトイレに流すのも、トイレ詰まりにつながります。 小さいから大丈夫と思ってトイレに流していると、配管を詰まらせる原因になってしまいます。 タバコも水には溶けないので、絶対に流さないようにしましょう。 「流せる」系グッズ 意外と盲点なのが、水に流せるタイプのお掃除シートなどの流せる系グッズです。 「流せる掃除シート」「流せる掃除ブラシ」「流せる赤ちゃんのお尻ふき」「流せる猫のトイレ砂」などドラッグストアなどには流せるグッズが多く発売されています。 確かに全く流せないわけではありませんが、こうしたグッズは完全に水に溶けるわけではありません。 そのため、積み重なれば水の流れが妨げられ、トイレの詰まりにつながるのです。 流せる系グッズだからといって過信せずに、できるだけ流さずに済ませるようにしましょう。 トイレットペーパーの流し方 時にトイレは、トイレットペーパーだけを流しているのに詰まることもありえます。 ウォシュレットトイレの普及により、トイレットペーパーだけの詰まりが少なくなったと言われています。 これは、ウォシュレットを使う方がトイレットペーパーを使う量が減ったことが大きな理由だと考えらえます。 トイレットペーパーでも使いすぎ、流しすぎはトイレの詰まりの原因になるということをまずは認識しましょう。 ここで、予防対策としてできるのが、「トイレットペーパーを流す量を減らす」方法と「水の流し方を工夫する」方法です。 トイレットペーパーはダブルよりシングルが良い 例えば、トイレットペーパーをトイレに流す量を減らすなら、ダブルタイプではなくシングルタイプにするだけでも大きく変わります。 シングルタイプのトイレットペーパーはダブルタイプよりも水に溶けやすく、流れやすいため詰まりにくくなります。 排便後に1回、トイレットペーパーを使用してから1回、水を流す トイレで用を足した後に水を流すなら、まずトイレで排便した直後に水を流し、その後トイレットペーパーを水で流す。 この2ステップに分けるようにしてみましょう。 少しずつ流すことで、詰まりにくくなります。 ご自宅のトイレがウォシュレットトイレなら、詰まりを予防するためにもぜひ積極的にウォシュレットを使いましょう。 トイレ内に小物を置かない 「来客時にいつ見られてもおかしくないように…」「子どもがトイレを怖がらないように…」「単純にトイレもおしゃれにしたいから!」そんな理由でトイレに可愛い小物をディスプレイしているご家庭も多いかもしれません。 芳香剤や生理用品、タオルなどトイレ内で使うものをトイレのタンク上に置いているトイレもよく見かけます。 実は、こうしたトイレにディスプレイ・収納してある小物類がトイレの詰まりの原因になることがあります。 ペットがトイレでいたずらをしたり、トイレ内で何かものを取り出そうとしたりした時、トイレ内にこうした小物類が落下、便器内に入ってしまえば当然トイレの詰まりを引き起こす可能性があります。 できるだけトイレのタンク上などには小物を置かずにすっきりとした空間をキープするようにしましょう。 もしもどうしても何かを飾りたかったり、置かなければならない物があるのなら、便器の排水口よりも大きいものを置くようにすると、万が一落下した際にも気づかず流してしまうリスクが減らせます。 また、トイレ内で携帯電話やゲーム機を使っていてトイレに落としてしまうトラブルも実は多いもの。 特に小さなお子様はちょっとした拍子におもちゃやゲーム機などを落としがちです。 トイレは遊ぶ場所ではないということをいつも伝えるようにしてみてはいかがでしょうか?パパがトイレで本を読むのが習慣、というご家庭なら、パパにも協力をぜひお願いしましょう。 気付かずに落としてしまうものにもご注意を 「トイレにものを流す、落とすなんて自分は絶対にしない!」と思っている方でも、注意は必要です。 意外と盲点なのが、腰に貼った使い捨てカイロやズボンの後ろポケットからの落下物。 便座に座る、立ち上がるタイミングで便器に落としてしまい、気づかずに流してトイレを詰まらせてしまうことがあります。 なぜ詰まったのか原因がわからない…という場合でも、いざ業者を呼んで詰まっているものを吸引してもらうと、トイレから軍手やカイロが出てくることがあります。 ハンカチや、農作業で使っていた軍手、使い捨てカイロなどを落とさないように気をつけるのが大原則。 とはいえ、万が一落としてしまったときのために、必ず水を流す前に便器の中を確認するクセをつけるのもトイレのつまり予防対策として有効です。 水洗レバーは上手に使い分けよう 毎日のちょっとした心がけでトイレの詰まりを予防することもできます。 例えば水洗レバーには、回す向きによって「大」と「小」が使い分けられます。 大は、大便用。 小は小便用とトイレメーカーが必要な水量をしっかりと計算しているわけですから、この表示を守ることも大切です。 ご自身でバケツの水を使って排泄物を流そうとしてみるとよくわかるのですが、トイレで便を流すためには意外とたくさんの水が必要です。 きちんと「大」と「小」を使い分けましょう。 また、もしもたくさんお尻を拭いてトイレットペーパーを使うなら、トイレットペーパーを一度に流すのではなく、途中で一度流しておくのも一つの手です。 分けて流すようにするだけでも詰まりが予防できます。 間違った節水をしない 水洗レバーの使い分けにもつながる話ではありますが、間違った節水をしないことも大切です。 トイレで使う水洗レバーは「小」だけ、なんていう節水方法はトイレのつまりにつながります。 もしもトイレが詰まって業者を呼ぶような事態になれば、節水によるお金の節約はまさに水の泡に…。 タンク内にペットボトルを入れて、流れる水量を減らす節水方法も、必要な水量が確保できず詰まりを誘発することがあります。 節水を心がけるなら、水洗レバーをきちんとケースバイケースで使い分けるのが一番です。 また、最近は節水型のトイレも多く普及しています。 トイレが何もしなくても水を節約してくれる節水トイレ自体はとても便利でエコですが、気をつけないと従来型のトイレよりも詰まりやすいので注意しましょう。 節水型のトイレは、少しの洗浄水でもトイレが詰まらないよう設計されていますが、これはあくまでも「正しく」トイレを使っている場合のみ。 もしも異物を流してしまったり、知らない間にトイレに小物を落としてしまったりすれば、簡単にトイレが詰まってしまいます。 古いトイレは一度点検するのも予防に 築年数が経った古い家やマンション、アパートのトイレの場合、排水管やタンクが劣化している可能性が大いにあります。 トイレのパイプや排水管には、尿や排泄物が長年蓄積していることが。 尿石がたまればそれだけ排水管やパイプも細くなっているため、新しいトイレよりも詰まりやすくなります。 目に見えない場所ですから、もしも「最近水の流れが悪いな…」と感じはじめているなら、一度専門業者に点検してもらうと安心です。 おかしいなと思ったら放置しないことが重要です 予防対策をしていても突然やってくるのがトイレつまりです。 もしもトイレを使っていて、「水がなかなか流れない。 」「便器内の水位が異常に高い。 」など異変を感じたら放置しないことが大切。 トイレから水が溢れてしまったり、流れなかったりと、家のトイレが使えなくなれば日常生活にも大きな支障が出てしまいます。 トイレつまりを自分で解消できない場合は、早めに専門業者に相談しましょう。

次の

トイレつまりの原因はトイレットペーパー?一晩放置で症状が直る?

トイレつまり 放置

トイレ詰まりで放置して直る場合の時間はどれくらいなのか? トイレ詰まりを放置しておいても、時間がたてば自然になる原因には、• トイレットペーパーが詰まった• 排泄物(便など)が詰まった• トイレに流せるお掃除シートなどが詰まった などがあります。 トイレットペーパーが詰まった場合は、半日から、1日くらい放置しておくと直る場合があります。 水に溶けやすいトイレットペーパーが少しずつ溶けてきて、直るようです。 排泄物や流せるお掃除シートなどは、早ければ2~3時間放置で直る場合もあります。 こちらもゆっくり水に溶けていくのを待つ感じです。 よく、トイレ詰まりは放置しておけば、自然に直るといわれることがありますが、必ずしも直る場合ばかりではありません。 放置してもトイレ詰まりが直らなかった場合の対処法! そんなに待てない。 そうですよね。 しばらく放置しても直らない場合は、ひと手間かけてみましょう。 ・ トイレットペーパー詰まり これはお湯を少しずつ流してみる方法があります。 トイレットペーパーがひらひらと水の中で浮遊してきたら、勢いをつけて水を流してみると一気に詰まりが取れます。 ・ 排泄物を詰まらせた この場合は、水またはお湯だけでは効果がありません。 洗濯洗剤とお湯を混ぜたものをいれてみます。 洗濯洗剤はできれば液体洗剤のほうが効果ありです。 お湯と100㏄の洗濯洗剤を混ぜたものを流し入れます。 洗濯洗剤にはタンパク質を分解する成分が含まれています。 排泄物(便)のタンパク質を分解し、流れやすくします。 食器用洗剤でも効果あります。 ・ トイレに流せるものを詰まらせてしまった 吸水性を持つポリマーが含まれている製品を詰まらせた場合は、お湯と塩で溶かしてみます。 鍋一杯のお湯に塩50gくらいを溶かした食塩水を作ります。 それをゆっくりと流して暫く放置(10分くらい)しておくと詰まりが直る場合があります。 吸水性ポリマーの特性に合わせた方法が濃度の高い食塩水を注ぐことなのです。 ここで紹介したお湯を使う方法の注意点。 決して沸騰したお湯は使わないでください。 陶器製の便器は熱湯に弱い素材です。 最悪の場合は便器にひび割れを起こして、便器交換が必要になる場合があります。 このような方法でも詰まり解消できない場合は、 ラバーカップを使う正攻法でやってみましょう。 スッポン・プカプカ・黒いコムのやつ等と呼ばれているが、正式名称はラバーカップといいます。 お湯を使った方法とこのラバーカップを一緒に使うとより詰まり解消の可能性が高くなります。 ラバーカップには、洋式トイレ用と和式トイレ用、サイズも大小と分かれているので、自宅のトイレに合うものを用意してくださいね。 正しいラバーカップの使い方は 引いて詰まりを解消します。 押しても詰まりは解消されませんので、ご注意ください。 しっかりとラバーカップの先端突起部分を便器の排水口の中に隙間なく固定させて強く引っ張ります。 放置したばっかりにかえって詰まりをひどくしてしまうものあります。 紙おむつや生理用品などは、水を吸ってふくらんでしまうので、詰まりをひどくしてしまいます。 これらは一刻も早く取り除かなければなりません。 目で確認できるところにある場合は取りだす。 どこにあるかが確認できない場合は無理に取り出そうとはせずに業者を頼むのが一番の対処法です。 やってはいけないこと ・ ラバーカップで無理に直そうとしない 無理に何回もやってしまうと、配管の奥へと詰まったものを押しやってしまい、症状を悪化させてしまう恐れがあります。 ・ レバーでトイレの水を流さない ラバーカップを使って詰まりが直ったかどうか確認したいときは、レバーで水を流すのではなく、バケツなどから、少しずつ流してみましょう。 もし、ラバーカップで詰まりが取れていなかった場合、レバーで一気に水を流すと便器の中の水があふれてしまい、床が水浸しになります。 そ まとめ 毎日使うトイレが詰まると本当に困ります。 一刻も早く直したいですね。 詰まったものによっては放置して、ひと手間かければ直るものもあります。 また、自分では手に負えないもの、自分ではやらないほうがいいものもあります。 その場合は即刻、業者を呼んで直してもらいましょう。 大事なトイレです詰まらないように注意しましょう。

次の