簡単 すごい 自由 研究。 おうち時間を活かした自由研究〜中学生編〜「書き方のコツ」を伝授!

中学生の自由研究 簡単1日でできるおすすめなネタをご紹介!

簡単 すごい 自由 研究

【中学生の自由研究】簡単で面白いテーマ15選 筆者が面白そうだと思うものを紹介しますので、「自分にもできそう」「面白そう」と思ったら挑戦してみてはいかがでしょうか! 1.洗剤が汚れを落とすメカニズムを調べよう! 用意するもの:白い綿の布、毛糸、洗剤、透明なコップ、割りばし、コショウ、ごま油、水 あらかじめ布と毛糸は、油脂がついていることがあるので洗っておきます。 水だけ入れたコップと、水と洗剤を入れたコップを用意します。 布や毛糸を浸してしみこみ方を見ましょう。 また、コショウやごま油を少量たらし、どう広がっていくのか確かめます。 最後に、コショウとごま油をたらしたものに布と毛糸をひたして引き上げます。 汚れの付き具合を確認して終了です。 水と洗剤を混ぜた水とで、しみこみ方、広がり方、まざり方をまとめましょう。 2.洗濯のりでスライムをつくる 用意するもの:PVA洗濯のり50ml、ホウ砂10g、食紅、プラスチックのコップ2こ、割りばし、計量カップ、計量スプーン、水100ml、熱湯50ml コップに水を100ml入れて、ホウ砂を10g加えて割りばしでかき混ぜます。 ホウ砂が溶け残るので上澄みを使います。 そこに食紅を少量加えて混ぜます。 違うコップに、洗濯のり50mlと熱湯50mlをいれてかき混ぜ、上澄み液をスプーンで少しづつ混ぜながら入れていきます。 粘りがでて、手で触れるようになれば完成です。 これは分子の結びつきを調べる実験です。 繋いだ亜鉛版と銅板をレモンに差し込み、電子オルゴールの導線に繋ぎます。 なるかどうか、音の大きさを確かめます。 もう半分のレモンにも亜鉛版と銅板をさしてクリップ付きリード線でレモンとレモンを繋いで音の大きさの変化を調べます。 亜鉛版が-極、銅板が+極になります。 4.使い捨てカイロをつくる 用意するもの:鉄粉大さじ2、活性炭大さじ2、オキシドール大さじ1、塩少量、封筒、計量スプーン 封筒に鉄粉と活性炭を入れ、食塩を少量いれてよく混ぜます。 さらにオキシドールをいれてよくもみます。 もんでいくと熱くなっていくので、それで完成です。 市販の使い捨てカイロより熱くなるのでやけどに注意しましょう。 5.ペットボトルに雲をつくる 用意するもの:ペットボトル、線香、水 ペットボトルに少量水を入れて、よく振ります。 線香に火をつけて少しだけ煙を入れます。 蓋をしたらペットボトルを手でへこませ、手をはなすことで中の空気が膨張させ雲が出来上がります。 6.芳香剤をつくる 用意するもの:吸水ポリマー小さじ1、アロマオイル、ガラスの容器、ビーズ、割りばし、水50ml ガラスの容器に水を入れ、吸水ポリマーを加えて混ぜます。 アロマオイルを数滴入れて混ぜ、ビーズで飾り付けて完成です。 7.牛乳でカッテージチーズをつくる 用意するもの:牛乳500ml、レモン汁大さじ2、食塩少量、鍋、ボウル、ざる、キッチンペーパー、温度計 牛乳を鍋に入れて60度くらいまで温めて火を止めます。 そこにレモン汁を加えて混ぜます。 しばらく置くと黄色い液体と白い個体に分離します。 ボウルの上にざるをのせキッチンペーパーを敷き、先ほど温めたものを漉します。 キッチンペーパーで包んだまま軽く絞り、食塩を少量加えて混ぜ合わせて完成です。 8.ジュースからDNAを取り出す 用意するもの:100%オレンジジュース30ml、無水エタノール30ml、プラスチックのコップ、計量カップ、割りばし ジュースと無水エタノールは冷やしておいて下さい。 コップにオレンジジュースをいれ、無水エタノールを割りばしを使いふちを伝わせるようにゆっくり注ぎます。 しばらくすると白い綿のようなDNAが浮き上がってきます。 DNAは水に溶けやすいので肉眼では見えませんが、エタノールには溶けないので肉眼で見ることができます。 9.容器を移動する色水 用意するもの:透明なコップ5こ、水、水性インク3色、トイレットペーパー コップ3つに水と水性インクを入れて色水をつくります。 空のコップを色水の入ったコップの間に置きます。 トイレットペーパーを20cmほどの長さで切りねじります。 これを4本つくり、色水と空のコップを繋ぐように入れます。 一日ほど放置すると色水がトイレットペーパーを伝いからのコップに移動します。 10.パウダーを使い指紋採取 用意するもの:透明なガラスのコップか瓶、ファンデーション、化粧筆、セロハンテープ、黒い画用紙 用意したガラスのコップか瓶に指を押し付け指紋を付けます。 指を押し付けた場所に筆を使ってパウダーをまぶします。 指紋が崩れないように多めにかけ、息を吹きかけて余分な粉を落とします。 セロハンテープを貼り、粉がついたら黒い画用紙に貼って終了です。 友達や家族の指紋をとって見比べてみても面白いですね。 11.酸素系漂白剤と野菜を使って酸素を発生 用意するもの:野菜(今回は大根)、酸素系漂白剤、瓶かコップ、線香、ライター、ビニール袋、輪ゴム、割りばし、おろし金、水 瓶かコップにおろし金ですりおろした野菜をいれ、酸素系漂白剤も入れます。 割りばしなどを使って混ぜると、泡が発生するのでビニール袋をかぶせて輪ゴムで留めます。 瓶の場合、蓋をすると割れることがあるので蓋はしないようにしましょう。 泡が消えたら火のついた線香を瓶の中に入れ、火がどのようになるのか確かめます。 酸素が発生していれば火が大きくなります。 12.サラダオイルを使って立体的に見える磁力線 用意するもの:空のペットボトル500ml、スチールウール、様々な磁石、ビニール袋、口径9mmのステンレスナット、セロハンテープ、はさみ スチールウールをはさみで細かくきり、ビニール袋に入れてもみます。 できる限り細かくなるようにもみ、空のペットボトルにサラダオイルをいれます。 サラダオイルを入れたら、ナットと細かくしたスチールウールを入れてよく振ります。 磁石をテープでとめてスチールウールがどうなるのか観察してみてください。 13.一瞬で瓶の水を凍らせる 用意するもの:口の広い瓶、ボウル、食塩、タオル、温度計、氷、精製水、計量スプーン ボウルの真ん中に瓶を置き、氷をまんべんなく入れ食塩を大さじ2まぶします。 ボウルの温度を-4度のするのが理想で、-4度より高すぎても低すぎてもダメです。 温度計で確認しながら氷を足したり、食塩をたしたりしましょう。 -4度くらいになったら瓶の中に精製水をいれ、20分ほど待ちます。 20分経ったら揺らさないように瓶を取り出し氷のかけらを入れてみましょう。 一瞬で氷になります。 14.地震による液状化を再現しよう 用意するもの:大きめの容器、園芸用の砂、丸い鉛筆数本、ペットボトルか缶ジュース、水、屋内でする場合は新聞紙も用意しておきましょう。 容器に園芸用の砂を入れ、砂を超えない程度まで水を加えます。 水を入れたら表面を手でならします。 容器の下に等間隔で鉛筆をおき、容器の中に水の入ったペットボトルか缶ジュースを入れます。 この状態で容器を左右に揺らして、砂がどうなるのか観察してみましょう。 揺らす強さを変え、どのくらいで変化がでるのか確かめてみるのもいいかもしれません。 15.小麦粉からガムをつくる 用意するもの:強力粉50g、ボウル、計量カップ、計量器、水20cc ボウルに水と強力粉をいれ10分ほどこねます。 水で流しながらもみ洗いして完成です。 実際にガムをつくるわけではありませんが、噛んでみるとガムのような触感になります。 砂糖などを加えて味をつけてみるのも面白いかもしれません。 自由研究の書き方やまとめ方 自由研究は研究しただけでは終わりませんね。 レポートを書かなければならないですね~。 書き方とまとめ方も重要な要素になってきますので簡単に紹介しておこうと思います。 題名、研究テーマ 題名はわかりやすく、どのような実験をしたのかわかるようにかくのがポイントです。 また、興味がわくような題名にするのもポイントです。 見出しとなるので大きめに書きましょう。 選んだ理由 なぜその研究をしたのかといった理由を書くことも大事です。 自分が不思議に思ったことなどをそのまま書けば大丈夫です。 研究の方法と内容 準備するもの、研究方法や手順を書きます。 ここで大事なのが、誰が見てもわかるように書くことです。 文字だけにならないようにイラストや表を入れてバランスよく書くのもポイントです。 研究結果 この研究の結果や分かったこを書きます。 結果はみんなが楽しみにしているものなので、わかりやすく何がどうなったのか明確に書きましょう。 感想 ちょっとした感想や今後に活かせる内容も書きましょう。 「ここは難しかった」、「思ったよりもゴミが多かった」などでもいいでしょう。 参考にした本や行った場所 参考にした本やWEBサイトを紹介するのもいいでしょう。 手伝ってくれた人や、研究を行った場所も書くようにします。

次の

自由研究のネタに困った中学生のあなたへ!簡単面白い自由研究ネタをご紹介

簡単 すごい 自由 研究

自由研究のテーマは「子どもが興味を持っていること」を探します。 例えば、「花が好きな子」であれば、好きな花を一つに絞りその花の産地やどのように咲き、種になるのかなどを詳しく書いてまとめてもいいでしょう。 好きな事を研究課題にすることで楽しく進められるはずです。 また、 自由研究に関する書籍を読んでみたり、インターネットで「 自由研究」と調べ、 子ども一緒に研究テーマについて考えてみるのもいいでしょう。 なかなか決まらない時は、身近な暮らしの中で不思議に思ったり、面白そうだなと感じた事をテーマするのもおすすめです。 ・水道から水がなぜでるの?・トイレの排泄物はどこにいくの?など身近なハテナをママが誘導してもいいですよ。 自由研究おおまかに7タイプあります。 調査タイプの自由研究 例)リンゴの産地・値段・時期調べ• 実験タイプの自由研究 例)塩の結晶を作る• 観察タイプの自由研究 例)植物の観察や天気• 工作タイプの自由研究 例)貯金箱など• 作文タイプの自由研究 例)毎日の日記や自分で作る物語の作成• 料理タイプの自由研究 例)自分が作った料理やオリジナル作品など• 壊れてしまう可能性があります。 ポイント まず、くっつきそうなもの4個くっつきそうでない物3個など、予想を立ててから行いましょう。 沢山ありすぎると、まとめなどをレポートや画用紙に起こすのが大変になりますので注意しましょう。 そして自分の予想・結果・わかったことを順に書けばOK その2、工作タイプの自由研究【ちぎり絵・卵のから絵】 絵の具やクレヨンと違い破く貼るそして絵が出来る!達成感はいつもの倍生まれるはずです。 4感想 こんな感じになると研究感あり! ポイント 1年生はまず、宿題をやることに意義があります。 あまり難しい物や長引くものは避け簡潔に短くそして、達成感ある物にしていくと次の自由研究が自ら進んでやりたくなるでしょう。 3「浮いたもの」「浮かなかったもの」に分けて書きます。 そして自分の予想・結果・わかったことを順に書けばOK 4 最後に感想 ポイント 「浮いたもの」「浮かなかったもの」にはどんな共通点があるかまとめてあるといいですね。 3年生におすすめ 自分で簡単に出来る実験です。 2どこまで水を吸うのか、予想をノートに書きます。 3やり方や順番を、分かりやすく書く。 4結果を写真と一緒に書く。 5結果から分かったことをまとめて書く。 6感想 ポイント 簡単な実験ですが、少し調べるだけで深い内容になります。 6年生におすすめ ある物から違う物を生み出すという、不思議な実験。 これにはまず、自分の理論を立てそして、結果と調べた事がどのように違い当たっていたかを、自らの力と大人の力を少し借りて研究者になったような結果とまとめが出来る実験がおすすめです。 できれば丸みのあるもの。 達成感を学ばせてあげましょう。 手伝いタイプの方はつい、口うるさくあれこれ言ってしまいがちですが、完成度にこだわる必要はありません。 予想とは違う事になる事もありますが、子どもの達成感と自信が大切なのです。 親御さんは一緒に出来たことを何より喜んでください。 子どもの自由研究では親の見守る・任せる・共有するという成長も出来るはずです。 見守る派 自分で何でも決めて、やれるようになってほしいと願う親は多いいはず。 親は子どもとほどよい距離感を保ちながら、客観的な立場でサポートしてあげるのが理想とされています。 見守る事で自立心を育てられるチャンスにもなります。 我が家では、毎年まずチャレンジカレンダーを配ります。 長い休みに入ったらすぐに書き込むようにしています。 (自由研究では1日で終わる物にしたとしても、決める時は4日間は自由研究の日をあけます。 )しかし、「めんどくさい」「今年もやるの」というマイナスな意見を子どもたちは言ってきます。 そこで、おやつ作戦!!これをやらないと「おやつは抜き!!」我が家の子どもたちはイヤイヤながらもやります。 スタートはそれでもOK! 次にテーマを決めます。 我が家には小学生が2人いるのでスケールの大きい物は、みんな一緒に!!小さい物は個々にやったりします。 プリントアウトまでやってもらい、私に提出!家にある物を教えてもらいます。 買い出し。 家にない物は買い物リストを子どもたちに書いてもらい、事前にチャレンジカレンダーに書いてある自由研究の日に当てはまる日数なのかを私と相談しながら変更していきます。 その中で買い出しの日を作り買い出しに行きます。 研究日は自分で申告する。 共働きの為、三姉妹の予定までは把握できない事を事前に伝えときます。 朝のご飯の時にママも子どもも今日の予定を報告し合います。 その時にチャレンジカレンダーに書いてあることを必ず目を通します。 そこで、私は「何時ごろからやるか」確認しカレンダーに書き込んでもらいます。 その日にならないと私も動けない事があるのでその当日に時間は決めます。 最後のまとめ方は子どもに任せる。 学校での発表や展示などの為、どのようにみんなに発表したいか話し合う私は、聞き役になり「それいいね!」「そのやり方もあるんだね!」など否定や何か違っていても「いいね!」を伝える。 間違っていても、本人のやる気と達成感を高める為。 どこかで違いに気づく時もある 学校で指摘されるときも そんな時は、気づけたことや失敗は成功の元だと伝えるチャンスとして、包んであげる。 家族に発表してもらう。 説明をしてもらったり、作ったものを見せてもらったりし博士ごっこをみんなでして楽しくそして、自信をもって学校で出来るようにしています。 家族みんなでやることでスムーズにかつ楽しく終わらせることが出来ます。 また、学年が上がるにつれて(H30年現在 小4・小6)自由研究の足り組み方など、わかってきていたので今年の自由研究はほんとに楽でした。 初めは手こずったりやりすぎてしまったりしましたが、今のサポートや子ども達の自主性の伸びに驚いた自由研究でした。

次の

中学生の自由研究 簡単1日でできるおすすめなネタをご紹介!

簡単 すごい 自由 研究

ここでやりがちなのが• 研究題材を大げさにしすぎて材料が用意できない• 結果が出るまでに時間がかかる題材にしてしまって間に合わない(観察記録など)• 題材が定まっていなくて、ぼんやりとした研究結果になった といったこと。 こうなってしまうと、またイチから題材を決め直さないと いけないですし、それまでにかかった 時間が無駄だったように 感じられてしまいます。 こうならないためには、 簡単・手軽・明確の3つに絞って 題材を決めることがポイントとなります。 まず、簡単な題材とは何かについて考えていきましょう。 学校で習う言葉だと、色々と難しく書かれているものが 多いですよね。 例えば、浮力という場合も 「流体の物体が流体から受ける上向きに働く力」とか 「アルキメデスの原理」というワードが出てきて、 実際ここからどういう実験をすればいいの?と思ってしまうはず。 ですが、 「生卵を水に浮かせるにはどうすればいい?」 というテーマにしてみると、一気に身近な感じになりますよね。 それに、生卵って普通は水に沈むはずだけど 浮かせることができるの?どうやって? という興味もわいてくると思います。 つまり、学校で習ったことを実生活の中に どれだけ 簡単なテーマとして見つけられるかということが 大切になるのです。 ここは親も一緒に協力して、 実生活の中にある科学について 考えていくと題材が見つかりやすくなりますよ。 次に 手軽ということです。 先ほどご紹介した「生卵を水に浮かせるにはどうすればいい?」 という題材の場合は、用意するものは• 計量カップ• 水 だけでOK。 これだったら、わざわざ外に出て買いに行かなくても、 ご家庭の中で揃えることができますよね。 このように、 今 家の中にあるもので実験できる題材にする というのも大きなポイントです。 実験のために買わないといけないものが出てくると、 それだけで「今日は揃えられないしまた今度でいいか~。 」 となってしまいます。 もし全て揃えられそうにないという場合は、 応用できるものがないかをまず考えてみてください。 そして最後に 明確です。 これは題材を決めるときにかなり重要になります。 題材は基本的に一つに絞りましょう。 「浮力」なら浮力のみとして、その他のことは プラスして取り入れないようにしてください。 もちろん、好奇心旺盛でそこから応用してできる実験も考えた! というお子さんの場合はそのまま探求していった方が いいのですが、一刻も早く自由研究を終わらせたい、 効率よく課題を終えたいという場合は、 題材は一つにする方が無難です。 調べているうちに、 「あれ、結局この実験は何を検証していったんだっけ?」 ということにならないよう、 シンプルな実験を取り入れることをオススメします。 中1から中3まで対応!今年の自由研究は理科で間違いなし! それでは、具体的な自由研究の題材について見ていきましょう。 理科の実験系であれば、中1から中3まで全ての学年で 対応することができます。 中3だけど、中1で習ったことをやってもいいの? と思う方もいるかもしれませんが、 復習するという観点でいけばそれもOK! また、中1だけど習っていない範囲のことを取り上げたい という場合だってもちろんOKですよ。 科学の世界に学年の区切りはありません。 自分が興味を持てる題材を選んでやってみてください。 牛乳から作るチーズ【タンパク質の性質について】• プラスチック容器の中で地震を検証【液状化現象について】• 野菜の細胞観察【DNAの検証】• 卵の黄身はいつ固まるのか【タンパク質の温度変化】• 水を太陽光でお湯にするには【太陽光エネルギーについて】• 家庭用洗剤の汚れ落とし強度【界面活性剤の仕組みについて】• 10円玉をきれいにする調味料とは【酸化還元について】 どうでしょうか? 生活に密接していそうなテーマを取り上げてみたので、 どれもすぐに取り掛かれそうに思えたはず。 ちょっとやってみようかな~と思ったときこそチャンスです。 その勢いで仕上げてしまえば、理科の題材の場合は 思いのほか短時間で自由研究を終えることができますよ! まとめ 中学生の自由研究のコツについてご説明していきました。 簡単・手軽・明確の3つを意識して、 すぐに取り掛かれそうな題材でぜひやってみてください。 自由研究 は取り掛かるまでが大変ですが、 実験を始めたらもう終わりが見えているようなもの。 おうち時間を利用して、家族で楽しみながら 自由研究をやってみてくださいね。

次の