イワタニ カセット ガス ストーブ。 ガスストーブのおすすめ人気ランキング14選

【楽天市場】イワタニ カセットガスストーブ ハイパワータイプ CB

イワタニ カセット ガス ストーブ

カセット式ガスストーブのメリット・デメリット カセット式ガスストーブのメリット By: カセット式ガスストーブは燃料の補給が簡単で持ち運びに便利な点がメリット。 灯油の給油には「寒い・重い・臭い」という問題が生じますが、カセットガスは付け替えるだけなので労力を必要としません。 電気コンセントやガス栓につなぐ必要もないため、自由に移動して使える快適さを備えています。 小型軽量の屋外用モデルもあり、キャンプやレジャーに携帯して暖を取れるのでおすすめです。 カセット式ガスストーブは温風を出すのではなく、燃焼筒から放射する輻射熱で周囲を暖める暖房器具。 温風を出さずに空間をじんわり暖めてくれるので、暖房器具の温風が苦手な方にもおすすめです。 温風を出さないので空気が乾燥しにくいのもメリット。 燃焼中の音も静かなので、寒い夜をゆったり過ごせます。 カセット式ガスストーブのデメリット By: カセット式ガスストーブは部屋全体を暖めるほどの暖房能力がない点がデメリット。 ほとんどのモデルがコンパクトなので、スポット暖房として使うのがおすすめです。 モデルによって多少の差はありますが、カセットガス1本での燃焼時間は2~3時間程度。 気づくとガスが切れている場合があるので、予備のカセットガスを数本用意しておく必要があります。 暖房にかかるコストもやや高め。 1本150円するカセットガスで3時間暖房した場合、1時間あたり50円のコストがかかります。 石油ファンヒーターやセラミックヒーターは1時間あたり20~30円ほどが平均。 メインの暖房として使おうとするとコストが高くなるので、スポット暖房として足元を暖めたりキャンプやレジャーで暖を取ったりする目的で使うのがおすすめです。 屋外用と屋内用の違い By: 屋内用のカセット式ガスストーブには、転倒消化防止装置・立ち消え安全装置・不完全燃焼防止装置の3つを搭載しなければならないという法的規制があります。 屋外用には規制がないため、一部の装置が搭載されていないモノもあるのが大きな違いです。 室内でカセット式ガスストーブを使用した場合、知らず知らずのうちに一酸化炭素中毒を引き起こしたり転倒して火事になったりすることもあるため、安全装置の有無は重要なチェックポイント。 屋内用と屋外用の違いを認識し、使う場所に合ったモノを選んで正しく使うようにしましょう。 カセット式ガスストーブの選び方 使用シーンに合ったモデルを選ぶ By: カセット式ガスストーブを選ぶ際には、使用シーンをよく考えることが大切。 釣りやスポーツ観戦で使用するなら、携帯しやすいだけでなく燃焼面がフラットで強風に強いモデルを選ぶのがおすすめ。 キャンプ場で足元暖房として使うなら、ガスコンロとしても使えて調理ができるモノを選ぶと重宝します。 災害用として1台用意するなら、電池不要で着火できて移動しやすいモノが便利です。 屋内用として使う場合は、一人で使うのか複数人で使うのかをよく考えるのがポイント。 一人用なら小型軽量で移動しやすいモノを選ぶと使い勝手がよくなります。 複数人で使う場合は、ヒーター部分が大きめのモノを選ぶと全員が心地よく暖を取れるのでおすすめです。 最大発熱量と燃焼時間をチェック By: カセット式ガスストーブの暖房能力は仕様書の最大発熱量をみれば一目瞭然。 最大発熱量が多いモノほど燃焼時間が短くなる点も要チェック。 燃焼時間が短すぎるとコストがかかるだけでなくカセットガスの交換が面倒になるので、1本で3時間前後燃焼できるモノを選ぶのがおすすめです。 安全機能の有無 By: カセット式ガスストーブに安全機能があるかどうかは重要なポイント。 本体が倒れたり強い衝撃が加わったりした際に自動的にガスを遮断して消火する転倒消化防止装置、風などで火が消えたときに自動的にガスを遮断する立消え安全装置、不完全燃焼する前に消化する不完全燃焼防止装置、カセットガスの加熱により圧力が上昇した場合にガスの流れを止める圧力感知安全装置、などの安全装置が搭載されているか確認しましょう。 屋内用には3つの安全装置が搭載されていますが、購入の際には念のため安全装置の有無を確認することが大切。 屋外用についても安全機能があったほうが安心です。 特に転倒消化防止装置はふとしたトラブルを防ぐのに有効。 カセット式ガスストーブを安全に使用するためにも仕様書をよく確認した上で選ぶようにしましょう。 カセット式ガスストーブのおすすめメーカー イワタニ Iwatani By: イワタニと言えばカセットガス式コンロが有名。 カセットガス式コンロを開発してきた技術をストーブにも応用し、屋内用も屋外用も発売しています。 どのモデルも使い勝手のよさを重視しており、初めての方でも簡単に操作できるのが魅力です。 屋内用モデルは安全機能をしっかり搭載しているため、万が一の事故を防ぎたい方におすすめのメーカー。 暖房器具としての能力も高く、燃費がよいのが特徴です。 アラジン Aladdin By: 1930年代にイギリスで生まれたアラジン。 長きに渡って開発し続けてきた「ブルーフレームヒーター」は多くの人に愛用されています。 そのアラジンが新ブランドとして発表したのが、カセットガスを燃料とするセンゴクアラジンシリーズ。 おしゃれなデザインのホットプレートやガスストーブがラインナップされています。 独特な趣のあるレトロなデザインはアラジンならではの魅力。 カセット式ガスストーブはポップなカラーとレトロなデザインをうまく融合させており、そこにあるだけでセンスのよさを感じさせます。 個性的なモノを好む方に人気のメーカーです。 カセット式ガスストーブのおすすめモデル イワタニ IWATANI カセットガスストーブ デカ暖 CB-CGS-HPR パワフルなカセット式ガスストーブを探している方におすすめのモデル。 発熱筒内部がセラミック筒・パンチングメタル筒・ステンレスメッシュ筒の3層構造になっており、筒と筒の間に強い熱溜りを作り放熱させて空間を暖めます。 リビングやダイニングなどの家族が集まる部屋で使うのにおすすめです。 ワンタッチ圧電点火方式で電池も不要なので、災害用の暖房器具にも最適。 「転倒時消火装置」「立消え安全装置」「不完全燃焼防止装置」「圧力感知安全装置」の4つの安全機能も搭載されているので安心です。 点火時と消火時にニオイがほとんど出ないのもポイント。 暖房能力の高いカセット式ガスストーブを探している方におすすめです。 イワタニ IWATANI カセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖 CB-CGS-PTB 室内の好きな場所に移動して便利に使えるカセット式ガスストーブ。 本体は約2. 6kgと軽量で持ち運びに便利な取っ手が付いているので、洗面所やトイレなどの寒い場所に移動して使いたい方におすすめ。 木造なら3畳、コンクリートなら4畳まで暖房できるため、書斎や子供部屋にも最適です。 カセットガス1本で約3時間20分連続使用が可能。 点火時はレバーを回すだけで操作も簡単です。 火力は標準と弱に切り替えできるので、ガスを節約したい方におすすめ。 電池不要で着火できるため、1台用意しておくと災害用としても使えて便利です。 「転倒時消化装置」「立消え安全装置」「不完全燃焼防止装置」「圧力感知安全装置」も搭載しています。 移動が簡単で安全機能をしっかり搭載したモデルを探している方におすすめです。 アラジン Aladdin カセットガスストーブ センゴクアラジン SAGBF01 レトロポップなデザインとカラーが人目を引くおしゃれなカセット式ガスストーブ。 長年ストーブを作り続けてきたアラジンの技術が集約された1台です。 取っ手を持って本体上部を持ち上げるとカセットガスを簡単にセット可能。 アウトドアにも最適なサイズでキャンパー達から注目を浴びています。 カセットガス1本で1時間40分~4時間20分の連続使用が可能。 「転倒時消化装置」「立消え安全装置」「不完全燃焼防止装置」「圧力感知安全装置」の4つを搭載しており室内での使用も安心です。 色違いのビビットなレッドもおしゃれ。 つまみを回せば簡単に火力調整ができます。 屋内外で使用できるおしゃれなデザインのカセット式ガスストーブを探している方におすすめです。 ニチネン NITINEN カセットボンベ式ガスヒーター ミセスヒートイヴ KH-013 足元暖房や狭い空間にぴったりのコンパクトモデル。 脱衣所で体を暖めたり寒いトイレを暖めたりするのに最適です。 カセットガス1本で約3時間20分連続燃焼できる燃費のよさが魅力。 スイッチひとつで簡単に点火でき、立ち上がりが早いので冷えた体をすぐに暖めたい方におすすめです。 軽量コンパクト設計で持ち運びも簡単。 点火に電気も電池も使わないので、災害用としても活躍します。 火力調節はできませんがつまみをエコゾーンにセットして暖房するとガスの消費量を抑えられ、燃焼時間を約4時間に延長可能。 できるだけ長時間連続燃焼できるモノを探している方におすすめです。 Lacyie カセットガスヒーター 屋内用のカセット式ガスストーブでできるだけコンパクトなモノを探している方におすすめのモデル。 重量が2. 3kgと軽く移動に便利な取っ手も付いているので、寒いと感じた場所に自由に動かして使えます。 カセットガス1本で約3時間20分の連続燃焼が可能。 燃費がよいのでキャンプや災害時に重宝します。 電池不要で着火できる手軽さも魅力です。 「不完全燃焼防止装置」「立消え安全装置」「転倒時消火装置」「圧力感知安全装置」が搭載されていて安心。 屋内用で災害時にも役立つコンパクトなモノを探している方におすすめです。 グリーンウッド GREEN WOOD カセットボンベ式ポータブルヒーター GCP-161 屋外専用のカセットガス式ストーブ。 7kgとコンパクトサイズで、キャンプやアウトドアでテーブル下に置いて足元を暖めるのに最適です。 圧電点火方式を採用により電池不要で着火できる手軽さも魅力。 シンプルなデザインがおしゃれで長く愛用できます。 カセットガス1本で約2時間10分使用可能。 本体をしっかり支える脚が付いていて安心。 移動に便利な取っ手も付いています。 屋外で暖を取れるコンパクトなカセットガス式ストーブを探している方におすすめです。 番外編|カセット式ガスファンヒーターも人気 イワタニ Iwatani カセットガスファンヒーター 風暖 CB-GFH-1 カセットガスを燃料とするファンヒーター。 重量も約4. 7kgと軽量なので、使いたい場所に動かして暖房したい方におすすめ。 電池も電源も不要なので、災害用としても役に立ちます。 運転モードは標準と弱の2段階。 室温に合わせて調節できます。 熱電発電モジュールを使ってカセットガスの燃焼熱を電気に変える技術を採用。 カセットガス式とは思えない十分な温風がファンから放出されます。 不完全燃焼防止装置などの5つの安全機能を搭載。 カセットガス式の暖房器具を初めて使う方でも安心です。 1本のカセットガスで標準モードなら約103分、弱モードなら約138分連続運転できます。 カセットガス式のファンヒーターで部屋を暖めたい方におすすめのモデルです。

次の

イワタニのガスストーブのここがおすすめ【キャンプの必須アイテム!ストーブデビュー】

イワタニ カセット ガス ストーブ

見出し• 最後に各製品の性能を比較しています。 おしゃれな カリフォルニアパティオ カセットガスヒーター オシャレなキャンパーさん達の間で人気なのがカリフォルニアパティオです。 デザインが可愛らしく、素敵な色合いの製品がラインナップされています。 前面のロゴもオシャレ。 この商品には、2つの低温時対策が組み込まれています。 ジェネレーター機能 バーナーの熱でガスのパイプを温めて低温時に気化しやすくする機能 カセットガスヒーターでは業界初• ヒートパネル機能 ヒーター利用時にボンベ本体が冷たくなる傾向があるが、バーナーの熱で内臓の鉄板経由でガスボンベを温める機能 1年保証付きというのも安心のポイントです。 10時間の連続燃焼が可能 ユニフレーム ハンディガスヒーターワーム2 キャンプ用品のブランドとしておなじみのユニフレームから販売されているカセットガスストーブ。 カセットガスが2本セットできて、長時間燃焼に対応しています。 他のカセットガスストーブが連続燃焼時間が3時間なのに対し、この商品は最大10時間使えるので驚きです。 その分、熱量は抑えてあるので暖かさは他の商品と比べて多少劣るはずです。 また、氷点下でも利用できるサーマルコントロールシステムが付いています。 サーマルコントロールシステムは、ストーブの燃焼熱をカセットガスに伝えるのと、燃焼に必要な空気を内部で取り入れる機能。 気温-5度以上から20度以下の屋外で使うえる優れもの。 また、カセットガスは1本でも使えます。 5時間までの利用なら1本で使うと良いと思います。 カセットガス2本だと10時間まで使えます。 安全機能が充実している イワタニ カセットガス アウトドアヒーター イワタニの製品は安全機能が充実しているのが特徴。 そして、カセットガス アウトドアヒーターは、屋外用に作られている製品です。 屋外用ということで、ガス圧の強い球状バーナーが搭載されています。 立ち上がりが早く、少ないガスの消費量でも効率良く燃焼する工夫がされています。 また、パラポラ型リフレクターが裝備されているので、正面方向へ熱が伝わりやすいです。 形状から見ても分かるように、風に強い構造になっているのが特徴です。 そして、イワタニの特徴は安全性です。 転倒防止装置• 立ち消え安全装置• 圧力感知安全装置 これらが組み込まれているので、万が一トラブルがあっても安心です。 うっかり転倒させてしまい、周囲のものを燃やしてしまうというリスクが減ります。 テント内で利用してテントが全焼してしまったら大惨事です。 化繊は溶けるように燃え広がり方が速いので大やけどを負う可能性もあります。 そもそもテント内での使用は厳禁です また、カセットガスストーブで暖を取っていたが、風で火が消えてしまった際に、ガスだけが出続けて焚き火に引火。 最悪の場合は爆発事故! なんて事態も防げます。 チョット大げさ過ぎる妄想だったかもしませんが、子供とキャンプするなら、安全装置があると安心です。 室内でも使える イワタニ カセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖 イワタニの、「カセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖」は室内でも利用できるカセットガスストーブです。 写真にはありませんが、浴室・脱衣所が寒い時にこのストーブを付けて温めることができるので便利です。 室内用のカセットガスストーブなので、屋外用のストーブより安全対策が充実しています。 転倒時消火装置 本体の転倒、強い衝撃で消火• 立消え安全装置 風などによって火が消えたときにガスを遮断• 不完全燃焼防止装置 不完全燃焼する前にガスを遮断• 圧力感知安全装置 カセットボンベが過熱されボンベ内圧力が異常上昇したときに、カセットボンベを外して消火 屋外用と比べた時のデメリットは、風への耐性と、正面方向へ熱が伝わりやすさに劣る点です。 屋外用には、ガス圧の強い球状バーナー、パラポラ型リフレクターが裝備されていましたが、それがありません。 キャンプだけでなく、室内でもストーブを使う用途がある場合はこちらが便利です。 小型石油ストーブに匹敵する熱量 イワタニ カセットガスストーブ ハイパワータイプ デカ暖 「イワタニ カセットガスストーブ ハイパワータイプ デカ暖」は、小型石油ストーブに匹敵する暖かさがあります。 熱溜め燃焼筒 特許出願中 を搭載しているので、大きな暖房効力を発揮します。 3層にわたるストーブ筒で蓄熱と放熱、大きい反射板で前面に熱気を放射する工夫がされています。 その分、燃焼時間が短くなっているので注意が必要です。 室内用なので、安全装置も充実しています。 不完全燃焼防止装置• 立ち消え安全装置• 転倒時消火装置• 圧力感知安全装置 この商品は、の中でNo. 1を獲得している人気商品です。 安心のファンヒータータイプ 発熱量も他のカセットガスストーブの2倍 お子さんがいるご家庭にオススメ 1台2役のカセットガスストーブならコンロとして使えて便利 コンロとしても使える1台2役のカセットガスストーブがあります。 角度調整が可能で、五徳も付いているため調理ができます。 ケトルでお湯を沸かしたりするのには便利だと思います。 焼き鳥や、肉を焼いたりすると、汚れたり臭いがつくため、避けたほうが良いかもしれません。 1台2役で、温度調整機能があり、価格も安いことからなかなか良さそうな商品です。 このカセットガスストーブは、の中でNo. 3を獲得。 そして、同じ形状のカセットガスストーブが、10位以内に4つランクインしていて独占状態です。 事実上、一番売れている形状の大人気商品なのかもしれません。 4 1. 7 2. 0 ~ 0. 0 0. 5 1. 6 1. 1 1. 7 2. 2 1. どの商品も、 燃費 発熱量と燃焼時間のトータル はどの製品もほぼ一緒です。 【まとめ】カセットガスストーブの選び方とおすすめ品 カセットガスストーブのオススメをまとめてみます。 ・文句無しでオススメなのが「アラジン」オシャレで発熱量が2倍 ・発熱量が次に大きい「デカ暖」も捨てがたい ・「風暖」も発熱量が2倍。 子供でも安心なファンヒータータイプ[メモ]寒さは我慢できないが、燃焼時間の短さはガス缶のストックで補える カセットガスストーブの特長 キャンプでの利用シーンを踏まえて、カセットガスストーブの特徴をまとめてみました。 長所と短所を知ると有効に活用できると思います。 カセットガスストーブを手にするか迷っている方や、石油ストーブと迷っている方に役立つ内容です。 手に入りやすい「カセットガス」が燃料 カセットガスストーブは、名前の通り、カセットガスが燃料です。 カセットガスコンロと同じ燃料で良いので利便性が良い• 燃料が手に入りやすいので、防災グッズとしても役立つ• カセットガスは100円程度で手に入るので安価• カセットガスはコンビニで手に入る• 1時間使って30円程度なので、コストパフォーマンスが良い• 1つのガス缶で3時間程度使える 製品による 全国のコンビニでも手に入るカセットガスが燃料 ガス缶を数本持っていれば、キャンプで十分暖を取ることができます。 小さくて軽いので使いやすい キャンプで本格的に暖をとるとなると、薪ストーブ、石油ストーブを使うことになります。 圧倒的に暖かいのは間違いないのですが、大掛かりで準備が面倒なのが難点。 小さくて軽い• 燃料の扱いが楽• 組み立ても不要• 移動も楽々 カセットガスストーブは、小型で軽いので取り回しが良いです。 片手でサッと移動させることができます。 薪ストーブの場合、ストーブを設置するためにテントに細工をしたり、現地で煙突を組み立てたり、大掛かりな作業になります。 石油ストーブは、灯油を持ち歩いたり、給油時に燃料をこぼさないように気を使ったり…。 うっかり車内に灯油を垂らしたら、帰りの車内は地獄のような臭いが充満します。 そしていつまで経っても消えません。 やはり、カセットガスストーブのお手軽さはダントツです。 すぐに暖がとれる カセットガスストーブは、ガスをセットしてスイッチを入れるとすぐに暖まります。 「寒いな」と思ったら• 「サッ」と取り出して 10秒• 「スッ」とガスをセットして 5秒• 「カチッ」とスイッチを入れると 1秒• 「ブオッ」とすぐに温まる 10秒 その間、30秒もかかりません。 すぐに温かくなるのは助かります。 電源不要で場所を選ばない もちろんAC電源や電池などの電源が不要です。 ストーブ本体と、カセットガスがあればOKです。 防災グッズとして役立つ 近年、阪神淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震と地震が活発に起きています。 南海トラフ地震も懸念されているため、一人ひとりが防災への備えをすることが重要です。 家が倒壊した場合は、避難所での生活になりますが、倒壊の恐れがない場合には自宅で避難生活を送ることになります。 寒い時期に震災に見舞われた際に、暖が取れる道具があると、体力面だけでなく、精神的にも余裕がでてくるかと思います。 防災グッズとして備えておくのも良いと思います。 薪ストープや石油ストーブと比べるとバワーが劣ります。 屋外で使うと、周囲50cmから1mほどが温かくなる印象。 足元が温まる程度で、主に1人用だと思っておいたほうが良いです。 風があると、熱が流れてしまうため、さらに暖房効果は弱くなります。 温まるまでの時間は15分ほど。 使用したテントはスノーピークのアメニティードームです。 使用できる気温に注意 カセットガスストーブが使用できる気温に制限があります。 氷点下になると使えないと思っておいたほうが良いです。 カセットガスの暖房機は寒いところではどのくらいの気温で使えますか。 着火時にカセットガスをお腹で温めれば使えたりする気もするので 未検証 、ある程度は融通が効くと思いますが、カセットガスの特性上、寒さが厳しい環境だと使えない物だと認識しておく必要があります。 テント内での使用は厳禁 ~ 酸欠・一酸化炭素中毒を引き起こす カセットガスストーブは、テント内での利用は厳禁とされています。 室内用でもテント内はNG。 自己責任になります。 テントのような狭い密閉された空間で、燃焼器具を使用されますと、酸欠や一酸化炭素中毒で死亡など重大事故となるおそれがありますので、絶対におやめください。 (屋内用・屋外用を問わずご使用できません) 引用 : 原因が一酸化炭素中毒かは不明ですが、冬キャンプで死亡事故も起きたようです。 2017-03-11 07:19 また、テント内での炭の使用は一酸化中毒を引き起こしやすいので絶対にNGです。 炭と聞くとあまりピンとこないかもしれませんが、「練炭」と聞くとその怖さが想像できると思います。 テント内で使えるヒーターなのでキャンプに便利 本格的な冬のキャンプには向いていませんが、春・秋の少し寒い時期に使うなら大変便利です。 外で足元を暖める• テントの前室で暖を取る といった用途で使うと良いと思います。 屋内用と屋外用の違い イワタニのカセットガスストーブには、屋内用と屋外用の製品があります。 その違いについて調べてみたところ以下の違いがあることが分かりました。 安全装置• 風対策• 正面への放射性• 利用できるカセットガスの種類 室内用と屋外用の違いについては、イワタニのQAに掲載されています。 屋内用、屋外用は何が違うのですか。 屋内用には次の3つの装置をつけるという法的規制があります。 引用 : また、上記以外の違いについて、イワタニ社に問い合わせをしてみたところ、迅速に回答をいただけました。 さらに「パラボラ型リフレクター」との組み合わせで、正面方向に集中的な暖房効果を発揮します。 一方、屋内用は、風対策について施されておりません。 屋外用は、上記に加え低温時使用のガス「」と「」がお使いになれます。 カセットボンベ製品の使用目安は10年 今回、岩谷産業株式会社に問い合わせをした際に、有益な情報もご提供いただきました。 20年ほど前のCB-JRSを使っていることをお伝えしたところ、以下のようにご案内いただきました。 なお、カセットこんろをはじめとしたカセットボンベ関連器具は、一般的に製造から10年がご使用の目安といわれております。 10年を超えると徐々に、ボンベ挿入口のOリング(ガス漏れ防止のゴムパッキン)が経年で変化し、ひび割れる・切れるなどからガス漏れを起こす場合があるためです。 CB-JRSは1999~2002年に製造した製品で、少なくとも製造終了から15年が経過しているおりますので、大事にお使いいただき大変ありがたいのですが、ご使用についてはお薦めできません。 また、イワタニのHP「」でも、定期的(3年に一度程度)の点検整備を推奨されています。 メリット• 手に入りやすい「カセットガス」が使える• 小さくて軽いので使いやすい• すぐに暖がとれる• 電源不要で場所を選ばない• 防災グッズとして使える• 暖房効果は弱い 注意点• 使用できる気温に注意• テント内での使用は厳禁 ~ 酸欠、一酸化炭素中毒を引き起こす• カセットボンベ製品の使用目安は10年 テント内でカセットガスストーブを使ったときの暖房効果 イワタニのカセットガスストーブのレビューをしたいと思います。 イワタニのカセットガス Jr. シリーズ CB-JRS 我が家は、イワタニのカセットガスストーブを使っています。 約20年前のカセットガスストーブですが、発熱量と燃焼時間は、最新機種の と同じです。 熱源としての性能はほぼ同じことが分かりました。 参考 ちなみに、カセットボンベ関連製品の使用目安は10年とのことです 後述 使い勝手は上々 約20年前の製品とは言え、使い勝手は上々です。 強弱の調整ができる• マグネット式の着脱• 安全装置もある 最新の機種と比べても、使い勝手はさほど変わりません。 ストーブの上部は「この部分は熱くなりますのでお手を触れないで下さい」と記載があります。 取っ手を使って移動させる時に火傷をしないように気をつける必要があります。 春や秋なら大活躍してくれると思います。 屋内用の暖房器具と比較しても優秀だった! 我が家には、小型の暖房器具が3種類あります。 ふと、カセットガスストーブと既存のストーブのランニングコストが気になったので調べてみました。 我が家の暖房器具3種類 我が家には暖房器具が3種類あります。 もちろん現役です。 暖房効果はイマイチで電気代も高いのは認識していますが、火傷の危険がないので、子供部屋で使ったりしています。 電気ストーブは、余ったということで譲り受けたもの。 机の下に置いて足元を暖めるのに役立ちます。 昔からよく見る電化製品です。 今では、様々な暖房機器が販売されていますが、サッと足元を暖めるには便利です。 古臭いですが現在でも現役な理由がわかります。 カセットガスヒーターは、最近お仲間入りした暖房器具。 自己責任で。 電気代・ガス代を比較 我が家の小型の暖房機器の燃料費 電気代・ガス代 を比べてみました。 ただし遠赤外線効果が見込めないのと、部屋が乾燥するのが難点。 個人的には、暖房効果はイマイチだと感じます。 部屋全体がすぐに暖まるわけではないですし、足元に置くなら電気ストーブのほうが遠赤外線効果でお肌を焼いてくれるので 笑 暖かいです。 利点としては、火傷の心配が少ないので子供部屋には最適です。 電気ストーブは、電気代がやすいのが利点。 足元を暖めるなら遠赤外線効果があって暖かさを感じます。 ただし、部屋全体を暖めるのには向いていません。 そして、火傷の心配があるので子供部屋で使うとなると不安があります。 カセットガスストーブは電気ストーブと同じ使い勝手です。 小型なのが嬉しいポイント。 暖房効果は、ガス火の燃焼効果があるので、足元に置いて使うとポカポカします。 火傷のリスクはありますが、電源コードがないため、コードに足を引っ掛けて転倒させてしまう危険はありません。 ガス缶だけで使えるので防災グッズやキャンプでも使えるのも利点です。 さいごに カセットガスストーブは、買ってまで欲しいものではなかったのですが、実際に使ってみると普段使いもできて思いのほか便利です。 電気・ガスが不要で非常時に役立つ• ランニングコストもそんなに高くない• ガス火の燃焼効果で暖かい• 防災の備えにもなって安心。

次の

【楽天市場】イワタニ カセットガスストーブ ハイパワータイプ CB

イワタニ カセット ガス ストーブ

私が選んだのは 冬の非常時。 災害で停電になって困る事といえば、暖房設備が使えないことですね! ホッカイロで暖はとれるといっても、身体全体を温めるには不十分。 普段のちょっとした追加暖房にも使えて、災害時にも使える追加の1台を検討するなら? ライフインフラが切断されてしまった状態でも使えること、が必要条件になりますよね! つまり、、、 電気、ガスが止まった状態で使える。 できれば電池も使わずに使いたい。 この条件を満たす暖房器具、となると カセットガスストーブ! なのですが、ちょっと検索してみると屋外用と屋内用あるけど何が違うの?室内で使う場合の安全基準があるの?わかりにくい。。。 ということで、購入検討に必要な情報を調べまくったところ、イワタニ製品が3種類あることがわかったので、冬の防災用品に追加したい「 カセットガスストーブ」(屋内用)の選び方を解説します! タップできる目次• 非常用にカセットガスストーブがおすすめな理由 災害用に比較 カセットガスストーブ 灯油ストーブ 燃料 カセットガス 購入も保管も交換も楽 ごみが出るのが難。 灯油 重くかさばるため、購入運搬に難。 保管場所の確保が必要、ニオイも気になる。 補充も手間。 移動 コンパクトで、1Fから2Fへの移動でも楽々。 移動に伴う点火、消火も手軽。 重い・大きいため移動が大変。 移動に伴う点火、消火も面倒。 電源 不要 不要(着火時電池必要) 災害に備える1台に電気、ガスを使用しない暖房器具、といえば、もう一つすぐ思い浮かぶのが灯油ストーブ。

次の