メールアドレスをご教示。 「ご教示ください」の意味と使い方・「ご教授」との違い

「ご教示いただきありがとうございます」意味と使い方・例文

メールアドレスをご教示

「ご教示」や「ご教授」以外にも、「教えてください」という意味をもつ表現は他にもあります。 全て「教える」というニュアンスがあり、その使い分けも何となくという感覚に頼りがちです。 ここで、それ以外の表現と簡単な例文を紹介します。 ・「指導」:わからないことや方法を教える 例)このファイルの保存方法をご指導ください。 ・「指南」:武術や芸能を教える 例)舞踊を指南する。 少し意味は違いますが、音が似ている表現も併せてみてみましょう。 ・「享受」:用意され与えられたものを、受け入れて味わい楽しむこと 例)自由を享受する。 他の表現と違い、「享受する」は相手からではなく第三者である誰かが用意したものを自分が受け取る際に使うので、「教授する」とは全く違う意味です。 ビジネスシーンでよくある間違いのひとつ、誤変換に注意しましょう。 このように、同じような意味でありながら、細かく使い分けが必要な表現がたくさんあります。 「ご教示」の意味と使い方を通して、書き言葉・話し言葉の違いや、よく似た表現をご紹介しました。 この違いがわかると、英語での「教える」の使い分けもしやすくなります。 「ご教示」は「tell」、「ご教示」は「teach」です。 社内でも英語を目にしたり耳にする頻度が上がってきている今だからこそ、こういうタイミングにまとめて覚えてしまうのもビジネスマンとしての業務効率化に繋がるのではないでしょうか。 敬語やビジネスマナーで一番気をつけなければならないのは、「誰かがやっていたからといって意味を知らずに真似をする」ことです。 言語は変化するものだと言われていますが、ビジネスメールで使うような書き言葉は話し言葉と違って、その使い方が崩れるケースはほとんどありません。 正しい日本語を理解しているであろう目上の人に対して使う敬語表現だからこそ、誤った表現が相手に不快な思いをさせたり、失礼になったりする可能性があるのです。 まず、よく使う表現から、その意味と使い方を見直してみましょう。

次の

目上に「ご教示ください」は失礼?より丁寧な敬語、意味、メール例文

メールアドレスをご教示

ここをクリックしてもURLは開かない。 このURLを再度クリックして、IEに貼り付け操作すれば開きますが、手間を省きたい。 インターネットで調べてみましたが、確たる記事を見つけることが出来ず、賢者の皆様のお知恵をお借りするものです。 受信される方の使用しているメールソフトが、URLを自動的にリンク 青文字 にする機能を持ち合わせていれば、リンクになります。 送信者側で操作する事は出来ません。 メールは全て、単なる「テキスト」として相手に送られます。 相手のメールソフトが、受信したメールを表示する時「URLをリンクとして表示」するようにしています。 例えば、携帯電話宛てに電話番号を書いたメールを送信すると自動的に青文字になるのは、携帯電話の機能なのです。 「URLは張り付きますが、青色にならず、黒色で表示される」となるのは、質問者さんの使用されているメールソフトが「メール送信用の編集画面ではURLをリンク表示しない」ためです。 メール送信時に「HTML形式」でメールを作成して送信すれば、受信者側でもリンク表示される可能性が期待できますが、受信者側で「HTML形式」のメールを読めない場合がありますので、お勧めできません。 これは、メールを受信する側の問題になります。 Q Excel2003で、エクセルの表を作りました。 同形式の表が複数のシートとして画面の下部にタブが表示されて、成り立っています。 そして各シートにはそれぞれ一箇所に違うウェブサイトのURLをコピー&ペーストしました。 主に、Firefoxの画面の左上のアドレスバーのURLからコピーしてきています。 問題なのは、シートによっては、青く反転されていてクリックするとウェブサイトが表示されるものもありますが、黒文字のもある、という事です。 特定のシートに無意識に何かの設定をしてしまった事による違いなのか、コピー元の場所が無意識に違っていたのが問題なのか、何が原因なのかはわかりません。 エクセルでURLが青文字で表示される方法を教えてください。 A ベストアンサー 1 URLを入力したとき、自動的に青文字となってリンクされるのは、「オートコレクト」機能です。 メニューから、ツール T -オートコレクトのオプション A 、「入力オートフォーマット」にて、「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」にチェックが入っていることを確認してください。 ここをオフにしておくと、URL等を入力しても、ただの文字のままになります。 2 ただの文字列URLにハイパーリンクを付けるには、セルにカーソルをあわせて、メニューから 挿入 I -ハイパーリンク I を選択します。 「表示文字列」から、「アドレス」に文字列をコピペし、[OK]とすると、青文字になってクリックで飛べるようになります。 また、このダイアログから、実際の飛び先URLとセルに表示する文字は別の物に出来ることもわかります。 ---- 黒文字のまま入ってしまったということは、ハイパーリンク変換されなかったということであるため、クリックしても飛べません。 後からリンクを追加するには、 2 の作業を一つ一つやっていかないといけないんですが、 1 のオートフォーマットがオンならば、もう少し簡単にできます。 1 のオプションを設定しておいて、黒文字URLのセルで、[F2]キーで編集、[Enter]で確定。 [Enter]の代わりに[Tab]の右移動確定でも構いません こうして、2キーを交互に打っていけば、どんどんリンク化していくことが出来ます。 ただし、URLの前後に、スペース等、余計な文字が入っていないか確認してください。 1 URLを入力したとき、自動的に青文字となってリンクされるのは、「オートコレクト」機能です。 メニューから、ツール T -オートコレクトのオプション A 、「入力オートフォーマット」にて、「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」にチェックが入っていることを確認してください。 ここをオフにしておくと、URL等を入力しても、ただの文字のままになります。 2 ただの文字列URLにハイパーリンクを付けるには、セルにカーソルをあわせて、メニューから 挿入 I -ハイパーリンク... A ベストアンサー このような場合HTMLメールを使います。 ただし、HTMLメールは携帯など相手の環境によっては、うまく表示 されなかったり、HTMLメール自体が嫌いな人もいますので、注意して ください。 メールソフトがわからないと答えようがないのですが、Outlook Express の場合で説明します。 1.メッセージの作成画面を開きます。 2.書式 O -リッチテキスト HTML R を選びます。 3.「ここ」「こちら」なども含め、メールの本文を書きます。 4.「ここ」「こちら」をドラッグ操作などで反転させます。 5.挿入 I -ハイパーリンク H を選ぶと、リンク先のアドレスを 聞いてきますので、URLを指定します。 A ベストアンサー >パソコンによっては どうしても青く出来ない場合 ワードの設定を変えてもダメなのでしょうか。 [インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する] チェック ボックスがオフになっているのではないでしょうか。 <設定方法> 「ハイパーリンクのオートフォーマット機能をオンまたはオフにする」 Web アドレスや電子メール アドレスを、入力時に自動的にハイパーリンクとして書式設定することができます。 また、この機能をオフにすることもできます。 [ツール] メニューの [オートコレクトのオプション] をクリックし、[入力オートフォーマット] タブをクリックします。 [入力中に自動で変更する項目] の [インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

次の

メールのアドレス帳に登録した表示名は、相手が開いた時にも表示されるの?知っておきたいメールのマナー

メールアドレスをご教示

ここをクリックしてもURLは開かない。 このURLを再度クリックして、IEに貼り付け操作すれば開きますが、手間を省きたい。 インターネットで調べてみましたが、確たる記事を見つけることが出来ず、賢者の皆様のお知恵をお借りするものです。 受信される方の使用しているメールソフトが、URLを自動的にリンク 青文字 にする機能を持ち合わせていれば、リンクになります。 送信者側で操作する事は出来ません。 メールは全て、単なる「テキスト」として相手に送られます。 相手のメールソフトが、受信したメールを表示する時「URLをリンクとして表示」するようにしています。 例えば、携帯電話宛てに電話番号を書いたメールを送信すると自動的に青文字になるのは、携帯電話の機能なのです。 「URLは張り付きますが、青色にならず、黒色で表示される」となるのは、質問者さんの使用されているメールソフトが「メール送信用の編集画面ではURLをリンク表示しない」ためです。 メール送信時に「HTML形式」でメールを作成して送信すれば、受信者側でもリンク表示される可能性が期待できますが、受信者側で「HTML形式」のメールを読めない場合がありますので、お勧めできません。 これは、メールを受信する側の問題になります。 Q Excel2003で、エクセルの表を作りました。 同形式の表が複数のシートとして画面の下部にタブが表示されて、成り立っています。 そして各シートにはそれぞれ一箇所に違うウェブサイトのURLをコピー&ペーストしました。 主に、Firefoxの画面の左上のアドレスバーのURLからコピーしてきています。 問題なのは、シートによっては、青く反転されていてクリックするとウェブサイトが表示されるものもありますが、黒文字のもある、という事です。 特定のシートに無意識に何かの設定をしてしまった事による違いなのか、コピー元の場所が無意識に違っていたのが問題なのか、何が原因なのかはわかりません。 エクセルでURLが青文字で表示される方法を教えてください。 A ベストアンサー 1 URLを入力したとき、自動的に青文字となってリンクされるのは、「オートコレクト」機能です。 メニューから、ツール T -オートコレクトのオプション A 、「入力オートフォーマット」にて、「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」にチェックが入っていることを確認してください。 ここをオフにしておくと、URL等を入力しても、ただの文字のままになります。 2 ただの文字列URLにハイパーリンクを付けるには、セルにカーソルをあわせて、メニューから 挿入 I -ハイパーリンク I を選択します。 「表示文字列」から、「アドレス」に文字列をコピペし、[OK]とすると、青文字になってクリックで飛べるようになります。 また、このダイアログから、実際の飛び先URLとセルに表示する文字は別の物に出来ることもわかります。 ---- 黒文字のまま入ってしまったということは、ハイパーリンク変換されなかったということであるため、クリックしても飛べません。 後からリンクを追加するには、 2 の作業を一つ一つやっていかないといけないんですが、 1 のオートフォーマットがオンならば、もう少し簡単にできます。 1 のオプションを設定しておいて、黒文字URLのセルで、[F2]キーで編集、[Enter]で確定。 [Enter]の代わりに[Tab]の右移動確定でも構いません こうして、2キーを交互に打っていけば、どんどんリンク化していくことが出来ます。 ただし、URLの前後に、スペース等、余計な文字が入っていないか確認してください。 1 URLを入力したとき、自動的に青文字となってリンクされるのは、「オートコレクト」機能です。 メニューから、ツール T -オートコレクトのオプション A 、「入力オートフォーマット」にて、「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」にチェックが入っていることを確認してください。 ここをオフにしておくと、URL等を入力しても、ただの文字のままになります。 2 ただの文字列URLにハイパーリンクを付けるには、セルにカーソルをあわせて、メニューから 挿入 I -ハイパーリンク... A ベストアンサー このような場合HTMLメールを使います。 ただし、HTMLメールは携帯など相手の環境によっては、うまく表示 されなかったり、HTMLメール自体が嫌いな人もいますので、注意して ください。 メールソフトがわからないと答えようがないのですが、Outlook Express の場合で説明します。 1.メッセージの作成画面を開きます。 2.書式 O -リッチテキスト HTML R を選びます。 3.「ここ」「こちら」なども含め、メールの本文を書きます。 4.「ここ」「こちら」をドラッグ操作などで反転させます。 5.挿入 I -ハイパーリンク H を選ぶと、リンク先のアドレスを 聞いてきますので、URLを指定します。 A ベストアンサー >パソコンによっては どうしても青く出来ない場合 ワードの設定を変えてもダメなのでしょうか。 [インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する] チェック ボックスがオフになっているのではないでしょうか。 <設定方法> 「ハイパーリンクのオートフォーマット機能をオンまたはオフにする」 Web アドレスや電子メール アドレスを、入力時に自動的にハイパーリンクとして書式設定することができます。 また、この機能をオフにすることもできます。 [ツール] メニューの [オートコレクトのオプション] をクリックし、[入力オートフォーマット] タブをクリックします。 [入力中に自動で変更する項目] の [インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

次の