腹筋 ローラー 効果。 イラストで分かる腹筋ローラーで効果的に筋肉痛を引き起こす8つの方法(膝コロ編)

腹筋ローラーがなぜ効果的なのかを理論的に解説。メニューや回数、頻度も合わせて紹介。

腹筋 ローラー 効果

腹筋ローラーの効果が凄かった! 私は十数年前に腹筋ローラーを使用していた事があり、筋トレ効果については実感していたのですが、当時に引っ越した先が二階でフローリングだった事もあり、音が響く腹筋ローラーを泣く泣く手放した経験があります。 当時使っていた腹筋ローラーは硬化プラスチックのような素材で、フローリングだとガタガタと結構な音がしてしまいました。 階下の人に文句を言われてはイヤなので処分しました。 それから長年腹筋ローラーの存在を忘れていたのですが、少し前に立ち寄った激安の殿堂「ドン・キホーテ」で腹筋ローラーが売られているのが目に入りました。 十数年前に購入した時は、うる覚えですが3千円前後だった思います。 それがドン・キホーテでは何と 700円ぐらいで売られていました。 しかもローラーの表面がゴムで覆われています。 これなら音の心配もなさそうだと思い、昔を思い出して購入してみました。 そして十数年ぶりに腹筋ローラーを使用してみたところ、効果が半端ではありませんでした。 腹筋だけでなく、肩の筋肉や背筋や太ももの前側の筋肉まで筋肉痛になってしまいました。 当時は若かった事もあり、腹筋ローラーを使用しても腹筋ぐらいしか筋肉痛になった記憶がないのですが、中年になった現在の私にとっては想像以上に腹筋ローラーだけで全身を鍛えられる効果を実感する事になりました。 適度な筋トレは健康の為だけでなく、洋服をカッコよく着こなす為にもスマートな体型を維持したいものなので、様々な筋肉に刺激がある腹筋ローラーは、かなり効果的なアイテムだと感じました。 そこで改めてネットで腹筋ローラーの効果について調べてみると、様々な意見が混在していて驚きました。 意外と否定的な意見も多く、実際に試した事があるのか?と不思議に思えてしまいました。 効果はない!?否定派の意見 様々な情報を調べていた中でも、特に印象に残ったのがこちらの動画です。 見事にシックスパックに割れたマッチョな男性が、腹筋ローラーに否定的な意見を述べたメンタリストdaigoさんに意見しています。 科学的には効果がないといっても非効率といった事のようですが、こちらのマッチョな男性のように私も含めて実際に体験している人からすると、効果がないという意見には賛同しかねます。 私自身も腹筋ローラーを使用すると腹筋の上部が熱くなるのを感じますし、強烈な筋肉痛になるので効果がないなんて全く信じられません。 科学的には腹筋ローラーよりも効率的な腹筋トレーニングがあるのかも知れませんが、腹筋ローラーの効果は腹筋以外にも期待できるので、疑いがある男性でも実際に試してみる事をお勧めします。 高価なグッズだと試すのに覚悟が要りますが、それこそドン・キホーテで700円ぐらいで売られているので、それほど難しくないはずです。 amazonでも格安で売られています。 腹筋ローラーの効果に否定的な人ほど、さっさと試してみてほしいと思います。 すさまじい筋肉痛・・・ 私はクランチと呼ばれる一般的な腹筋のトレーニングを定期的に行っていたので、それなりに腹筋には自信があったのですが、 久しぶりに腹筋ローラーを使用してみると、すさまじい筋肉痛に襲われました。 特に 腹筋の上の方の筋肉痛が凄まじく、一般的なクランチとは別の箇所の腹筋を刺激出来ているようでした。 また腹筋の筋肉痛は翌日に現れたのですが、二日後には背中周りが筋肉痛になりました。 背筋のトレーニングを自宅で行うことは難しいので、これも腹筋ローラーを使用するメリットの一つだと感じています。 流石に腹筋ローラーで背中が大きくなるほど強い負荷を与えられるとは言いませんが、背筋がほぐれて正常な状態に整うと、肩甲骨周りの筋肉もほぐれて自然と胸を張った男らしい姿勢になるので、 洋服をカッコよく着こなす事につながります。 むしろ一般的な腹筋よりも姿勢を正す効果が大きいだけに、姿勢が崩れて猫背になっている人が増えている現代人に向いているのではないでしょうか。 腹筋ローラーの効果について調べてみると、他にも上腕三頭筋や三角筋(肩周りの筋肉)にも効果的とあったので、まさに洋服の上着をカッコよく着こなす為に必要な筋肉を鍛えられます。 私自身は三角筋や上腕が筋肉痛になる事はなかったのですが、僅かでも刺激があるのであれば衰えを防ぐ効果があるはずです。 腹筋ローラーの使い方 腹筋ローラーの使い方といっても説明書に記載されているのですが、初めて行う場合は必ず膝をついた状態(膝コロ)で行ってください。 それなりに腹筋に自信がある人でも、ある程度慣れるまでは膝コロで行いましょう。 実は私も昔に経験があっただけに、いきなり上級者向けの立ちコロで行ってしまったのですが、数回で耐えられなくなってドテーっと伸び切ってしまいました。 回数にすると5回も行えなかったのですが、翌日にはとんでもない筋肉痛になってしまい、しかも筋を伸ばしてしまったのか完治するまでに1週間ほど掛かってしまいました。 腹筋ローラーの動作は日常生活ではなかなか刺激されない筋肉の使い方なので、調子に乗ってしまうとケガにつながるリスクがあります。 おそらく経験がない人だと、膝コロで行ってもそれなりに辛いはずなので、しばらくは膝をついた状態で慣らしていってください。 ただこの膝をつくと膝が痛くなってしまう事もあるので、下に座布団なり、ヨガマットなり敷いておきましょう。 絨毯一枚ぐらいでは擦れて痛くなってしまうので、それなりに厚みのある物がお勧めです。 あともう一つ気をつけてもらいたいのが、手首の角度です。 腹筋ローラーを握る手首の角度によって負荷も変わるのですが、初めはなるべく真っすぐにした状態で動作に慣れるようにしてください。 手首を反らした状態で限界を迎えて伸びてしまうとケガにつながるかも知れないので、しっかりと真っすぐ握るように意識しましょう。 正しいフォームで膝コロを行う事が何よりも大切なポイントです。 私のように調子に乗ってケガをしないように気をつけてください。 立ちコロは自己責任 YouTubeなどの動画で腹筋ローラーを使用しているマッチョを見ると、大抵は立ちコロで行っているものですが、あれはかなりの筋肉が求められます。 腹筋だけでなく背筋や太もも前側の筋肉も使うので、初心者が直ぐに到達できるものではありません。 私自身も少しずつ慣れてきたので、それなりに立ちコロが行えるようになってはきたのですが、こればっかりは筋肉量や体重によっても難易度が違うので、無理して行わなければならないわけでもありません。 あくまでも自己責任ではありますが、あえてコツを紹介すると、初めは壁に向かって行う事です。 壁がストッパーの役割になってくれるので、少しずつ限界近くの距離を伸ばしていくような事ができます。 目分量だと限界を超えて倒れてしまうような事もあるので、あくまでも自分が行える範囲内で少しずつ鍛えていってください。 膝コロでもゆっくりと行ったり、回数を重ねる事でかなりのトレーニングになるので、慌てずに少しずつ慣らしていきましょう。 まとめ コスパ抜群の筋トレ器具 腹筋ローラーのメリットというのは、価格の安さも含めて自宅で取り組みやすい事です。 一般的な自重トレーニングでは鍛えにくい背筋や腹筋の細かな部位も鍛えられるので、コスパという意味でもお勧めのグッズです。 もちろん洋服をスマートに着こなす為に必要な筋肉も鍛えられるので、オシャレに興味がある男性にもお勧めです。 本格的な大きな筋トレグッズやぶら下がり健康器のようなものは、場所を取るだけに洋服に埋もれてしまい、せっかく思い立ってもやる気が削がれてしまう事があるものですが、腹筋ローラーのようなコンパクトなグッズは、その心配もないので継続しやすいというメリットもあります。 実はこれは凄く大事なポイントで、洋服や靴でもメンテナスが大変なものだと、結果的に着るのが億劫になって無駄になってしまう事があります。 手洗いをしなければならない洋服など、気軽に着られるものではありませんし、干し方や保管方法を誤ると台無しになってしまうので、結局は無駄になってしまいます。 筋トレのグッズといったものも同様で、使い勝手の良さやスペースの問題もクリアしないと、なかなか初心者が継続するのが難しいものです。 そういう意味でも腹筋ローラーというのは悪くはない選択肢なので、機会があれば試してみてください。 初めて行う人だと膝コロを10回行うだけでも結構なトレーニングになりますし、日常生活ではなかなか刺激できない筋肉だけに体型が引き締まるような効果が得られるものですよ。 ちなみに私はドラゴンフラッグと呼ばれる強度の高い腹筋トレーニングを10回ぐらいは余裕で出来るのですが、それでも腹筋ローラーの立ちコロは10回も出来ません。 立ちコロといっても床にどれぐらい近づけるかによって難易度が全然変わってくるのですが、いわゆるマッチョの人達が行う床ギリギリのレベルだと3回が限度です。 あれは腹筋以外の筋力も求められるので、まだまだ私のレベルでは到達できないのですが、それだけ鍛えられる範囲が広いという事でもあります。 腹筋だけを効率良く鍛えないのであれば、科学的にも他の方法の方が適しているのかも知れませんが、腹筋ローラーだからこそ鍛えられる筋肉がたくさんあるので、疑っている人や興味がある人は、機会を作って試してみてほしいと思います。 追記 ダイソーで発見 なんと大手100円ショップのダイソーでも腹筋ローラーが売られていました。 価格は300円なのですが、それでもドン・キホーテよりも格安です。 試してみたい人にとっては最適な選択肢なのではないでしょうか。 ちなみに400円でプッシュアップバーも売られていました。 これも洋服をカッコ良く着こなすうえで大切な胸や肩の筋肉を効率良く鍛えられるグッズなので、合わせて手に入れてみるのも良いのではないでしょうか。 どちらも場所を取らないですし、自宅で行う筋トレの効率をアップさせてくれますし、誰かが自宅に来た時に簡単に隠せてしまうのも大きなメリットです。 女性はたくましい身体の男性の事は好きですが、女性にモテようと身体を鍛えているという事は好きではありません。 女性が苦手な男性の部屋のアンケートといったものでも、アイドルグッズと並んで筋トレグッズがランクインされているものです。 本格的なベンチやバーベルのようなものは、隠すのにも一苦労なので大変ですが、腹筋ローラーやプッシュアップバーのようなものであれば、そういった意味でも使い勝手が良いのでお勧めですよ。

次の

腹筋ローラーの効果的な使い方&おすすめ腹筋ローラー8種類

腹筋 ローラー 効果

初心者の腹筋ローラーの選び方 腹筋ローラーは色々な種類な商品がありますが、どれを選べば良いかわかりませんよね。 私が購入するときにチェックした商品の特徴と実際に使った感想を踏まえて、初めて腹筋ローラーを使う人におすすめの選び方を紹介します。 ローラーは2輪のものがおすすめ 初めて腹筋ローラーをする時はまだ筋肉が少なく、左右にふらついてしまいます。 そのため1輪のものではなく、 2輪タイプがおすすめ。 3輪・4輪のものもありますが、商品の 種類も豊富で価格も安い2輪が良いです。 ローラーの直径 「ローラーの直径は小さいものほど上級者向け」とい言われていますが、気にする必要ありません。 2輪タイプであれば、ほとんどの商品が直径15㎝前後。 違ってもせいぜい0. もう誤差の範囲です。 ローラーの素材は柔らかいものを マンションや賃貸などの集合住宅に住んでいる人は静音タイプがおすすめです。 タイヤの素材が 硬いプラスチックのものではなく、 TPR(熱可塑性エラストマー)やEVA発泡素材のものを選びましょう。 グリップの素材はスポンジ素材がイチ推し グリップはゴムのタイプも多いのですが、 個人的にはスポンジ素材のものを推したい。 その理由は「 手汗で滑りにくい」「 誰の手にもフィットしやすい」「 手が痛くならない」の3点。 特に最初のうちは腹筋ローラーの上に体重をかけがちなのでスポンジ素材おすすめです。 ブレーキやスプリングなどは不要 手首を返すとローラーをそれ以上前方に転がらなくなる ブレーキ機能や、伸びた体勢から元の位置に引き戻す力を アシストするスプリング内蔵タイプがありますが、 どちらも不要です。 ブレーキ機能は前述の「腹筋ローラーの使い方」で説明したように、壁に向かってやるほうが確実で安全です。 アシスト機能も壁との距離を調整すればいくらでも負荷の調整が可能です。

次の

【体験談】腹筋ローラーダイエット2週間でお腹痩せ!効果的なトレ方法は?

腹筋 ローラー 効果

腹筋ローラーの効果 腹筋ローラーは、腹筋を中心に、多くの筋肉を鍛えることが出来る器具です。 ローラー1つあれば、自宅で空き時間にトレーニングが出来ます。 腹筋ローラーは、倒した上体を上げるために、腹筋の力を非常に使います。 腹筋のトレーニングの中でも、最高クラスに負荷が高く、それだけ効果の高いトレーニングが出来ます。 1腹筋ローラーの目的 ところで、腹筋ローラーを使う目的は何でしょうか? 腹筋をつけたい、シックスパックを作りたい、お腹を引き締めたいなど、いろいろな目的があると思います。 目的は人によって様々ですが、「お腹を引き締める」「お腹の体脂肪を落とす」ためであれば、腹筋ローラーは必要ありません。 腹筋ローラーに、お腹の体脂肪を落とす効果はないからです。 2腹筋ローラーのダイエット効果 腹筋ローラーを使っても、お腹の脂肪は減りません。 腹筋を使っても、特にお腹の脂肪を優先して使うわけではないのです。 筋肉が体脂肪を使う時、血液によって運ばれてきた全身の体脂肪を使っています。 体脂肪が付くときは全身まんべんなく付き、減る時はまんべんなく減っていきます。 そのため、腹筋をしたからといって、お腹の脂肪が減るわけではないのです。 そして、 腹筋ローラーは、そもそもダイエット効果が高い運動ではありません。 筋肉への負荷は大きいですが、ランニングなどより運動量が少なく、時間も短いので、消費カロリーが少ないからです。 そのため、全身の体脂肪を落とす効果も低いのです。 参考記事: 1. 3腹筋ローラーのボディメイク効果 腹筋ローラーには、お腹の脂肪を落とす効果はありません。 一方、腹筋を付けるには抜群の効果があります。 腹筋ローラーは、ダイエットではなく、腹筋によるボディメイクのために実践するものです。 腹筋ローラーは、お腹の脂肪を落とすためではなく、筋肉のラインを出したり、シックスパックを作るなど、筋肉をつけるために行います。 体脂肪を減らして筋肉を増やしたい場合は、ダイエットと併せて腹筋ローラーを使いましょう。 普通にダイエットをすると、体脂肪と筋肉は、だいたい3:1の割合で減っていきます。 腹筋ローラーで、腹筋を減らさずにダイエットをすれば、筋肉のラインが浮いてきて、まるで脂肪減+筋肉増になったように体が変わります。 目的ごとに何をすればいいかは、このチャートで簡単に分かります。 参考記事: 2. 背筋にも効果的な腹筋ローラー 腹筋ローラーは、その名の通り、腹筋を鍛えるのに効果的な器具です。 そして、 腹筋だけでなく、背筋や胸・腕・脚の一部も鍛えることが出来ます。 腹筋ローラーをする時にメインで使うのは、上体を丸める力です。 これは、腹筋が発揮する力です。 腹筋ローラーでは、他にも、腕を下げる力(体に寄せる力)を使います。 この力を発揮するのは、広背筋という背筋がメインで、胸筋の一部も使います。 普段筋トレをしない人にとって、広背筋はあまり馴じみがないかもしれません。 広背筋は、腕を引く時や、腕を下に下ろす時に使う筋肉です。 ここの筋肉が大きいと、上半身が逆三角形になります。 男性が筋肉質な体を作れるだけでなく、女性も適度に広背筋をつけることで、くびれを強調させる効果があります。 また、腕が曲がらないようにするために上腕三頭筋を使います。 上腕三頭筋は、二の腕の筋肉です。 ここの筋肉が大きいと、二の腕にハリが出て、たるみにくくなります。 二の腕の脂肪が減るわけではありませんが、筋肉が張り出すことで、脂肪が薄く見えます。 さらに、股関節を曲げるために、脚の筋肉も一部使います。 大腿直筋という太ももの筋肉は、ヒザを伸ばす時にも使いますが、股関節を曲げる働きもあります。 ここの筋肉は、股関節を曲げ上体を上げるために使います。 腹筋ローラーの効果的なやり方・使い方 腹筋ローラーは、かなり負荷が大きいトレーニングです。 初心者や女性にとっては、腹筋ローラーをフルで使うのはなかなか難しいものです。 そこで、レベル別に使い方を変えることで、筋力に合った負荷でトレーニングができます。 ケガや強烈な筋肉痛を避けるためにも、まずは軽めの負荷から始めるのがオススメです。 負荷を調節する方法は3つあります。 足を開く幅によって、負荷を微調整出来ます。 レベル 腕の位置 足 1 顔の下 ヒザ 開く 2 顔の下 ヒザ 閉じる 3 顔の下 つま先 開く 4 顔の下 つま先 閉じる 5 伸ばす ヒザ 開く 6 伸ばす ヒザ 閉じる 7 伸ばす つま先 開く 8 伸ばす つま先 閉じる 筋力に合わせて、負荷を調整したトレーニングを行いましょう。 筋力を上げてトレーニングのレベルが上がっていくことも、モチベーションになります。 トレーニング中は、血圧の上昇を防ぐため、呼吸をしながら行いましょう。 体を落としていく時に息を吸います。 そして、上げる時に息を吐くか、息を止めて上げていき、上げきってから息を吐きます。 こうすることで、力を発揮しやすくなります。 2腹筋ローラーで腰を痛めないポイント 腹筋ローラーは、腰に近い部分の背骨に少し負担がかかります。 ケガを防止するためには、 背骨ではなく、筋肉で体を支えるようにしましょう。 そのために、 腰が反らないフォームで行います。 少し猫背にしたまま、トレーニングを行うイメージです。 骨盤を前傾させて腰を反ると、背骨で体を支えるので負担がかかってしまいます。 少し腰を丸めて行うと、腹筋などの筋肉で体を支えられます。 背中を丸めると、背骨の負担を減らしながら、より筋肉を使うことが出来ます。 どうしても腰が反ってしまう場合は、負荷を減らしたフォームに変えて、背中を丸めるようにしましょう。 腹筋ローラーの効果的な回数・ペース 腹筋ローラーの効果を高めるためには、フォームだけでなく、回数・負荷・トレーニングのペースも大事です。 効果を最大に出来るトレーニング方法を紹介します。 1腹筋ローラーの回数と負荷 筋トレの効果を高めるには、トレーニングで筋肉を使い切ることが大切です。 筋肉を使い切ることで、タンパク質が筋肉に合成される量が高まり、筋肉が成長します。 筋肉を使い切るためには、高めの負荷で腹筋ローラーを行いましょう。 具体的には、 10回ぐらいで限界が来る負荷がオススメです。 軽い負荷で高回数を行っても、しっかり筋肉を使い切れば、筋肉は成長します。 根拠論文: しかし、軽い負荷だと、最後の数回がツラすぎて、なかなか筋肉を使い切れません。 高めの負荷で行う方が、実際はラクに筋肉を使い切れます。 また、高負荷の方が筋力を上げやすくなります。 筋肉量の増加はそれほど変わりませんが、高負荷の方が神経が発達しやすいので、筋力が上がります。 根拠論文: 慣れないうちは、20回ぐらいできる軽めの負荷でやり方をマスターして、徐々に負荷を高めていきましょう。 男女とも、高負荷のトレーニングがオススメです。 女性の場合、筋肉を引き締め、太くならないようにと、低負荷をすすめるトレーナーもいます。 しかし、それだと筋肉を使い切っていない場合が多く、効果が下がってしまいます。 筋トレに筋肉を引き締めるという効果はなく、筋肉を大きく太くする目的で行うものです。 筋肉を太くせず、体脂肪を減らして細くなりたい場合は、ダイエットだけで大丈夫です。 女性はもともと男性よりも筋肉が付きづらいので、わざわざ効果を下げると、ほとんど効果がなくなってしまいます。 トレーニング効果を得るためには、男性女性問わず、しっかり負荷を上げて行いましょう。 2腹筋ローラーのセット数 筋トレの効果を高めるには、 4セット行いましょう。 1セットだと筋肉を使い切れず、セット数が多すぎると、効果が上がらないのに疲労ばかり溜まってしまいます。 その兼ね合いで、4セット行うのがオススメです。 3腹筋ローラーは毎日やらない 筋肉をしっかり使うために、トレーニングを毎日は行わず、休みを挟んで行うことが効果的です。 腹筋ローラーを毎日行うと、疲労回復が間に合わず、筋肉をしっかり使うことが出来ません。 しっかり休息を入れる方が、効果的なトレーニングを行えます。 具体的には、 週に2回のトレーニングが効果的です。 「腹筋は回復が早いので毎日できる!」という情報もありますが、しっかり筋肉を使っていると、毎日では回復が間に合いません。 ペースを落とす方が、逆に、効果の高いトレーニングが出来ます。 参考記事: また、初めからハードにトレーニングをすると、立ち上がるのもイヤなぐらいの筋肉痛になります。 そのため、軽めのトレーニングから始めましょう。 そして、トレーニングを続けていると、だんだん筋肉痛が起きなくなっていきます。 筋肉痛が起きないからといって、効果がなくなったり、疲労しなくなった訳ではありません。 筋肉痛と、筋トレの効果・疲労は別物です。 しっかり筋肉をつかえていればトレーニング効果は得られますし、筋肉は疲労します。 そのため、変にペースを崩さず、一定のペースでトレーニングを行うことがオススメです。 参考記事: 5. 腹筋ローラーの効果を高める食事 腹筋ローラーは、効果の高いトレーニングが出来る器具です。 しかし、食事がおろそかになっていると、トレーニング効果がなくなるどころかマイナスになることもあります。 食事は、トレーニング以上に大事な要素です。 食事のポイントを押さえることで、筋トレの効果を最大にすることが出来ます。 1タンパク質をしっかり摂る 腹筋ローラーは、筋肉を付ける効果があります。 そして、実際に筋肉になる材料が、タンパク質です。 食事で摂るタンパク質が少ないと、筋トレをしても筋肉は付ません。 タンパク質をたくさん摂ると、筋肉が付く量を増やすことが出来ます。 こちらが、体重1kgにつき、1日に摂るタンパク質の目安です。 タンパク質の必要量は脂肪を除いた体重で変わるので、 Plez(プレズ)の食事方法では、体重と脂肪量をもとに目安を決めます。 体脂肪 タンパク質 少ない 2. 0g 普通 1. 75g 多い 1. 特に、筋トレ後の食事でしっかりタンパク質を摂るようにすると、トレーニング効果を高めることが出来ます。 参考記事: 5. 2カロリーをしっかり摂る 筋肉をつけるために、最も大事なのがカロリーです。 摂取カロリー<消費カロリーの状態だと、脂肪と一緒に筋肉も減っていきます。 トレーニングをしてタンパク質を摂ると筋肉をキープできますが、それでもキープ程度です。 一方、摂取カロリー>消費カロリーの状態だと、脂肪と一緒に筋肉も付いていきます。 この状態にすれば、筋トレをしなくても、筋肉は増えていきます。 このように、筋肉を増やすために一番大事な要素が、カロリーなのです。 Plez(プレズ)のダイエット・筋トレ方法では、カロリーコントロールを最も重視しています。 まず体脂肪を減らしたい場合は、筋トレとタンパク質摂取で筋肉をキープしながら、摂取カロリー<消費カロリーの状態を作りましょう。 まず筋肉をつけたい場合は、筋トレとタンパク質摂取をしながら、しっかりカロリーを摂りましょう。 そうすれば、効率的に筋肉が増えていきます。 摂取カロリー>消費カロリーが+200~300kcalになるのが目安です。 増量と減量を組み合わせることで、効率的に肉体改造が出来ます。 参考記事: 6. おすすめの腹筋ローラー 腹筋ローラーはネットで購入できるほか、ジムやスポーツショップ、ドン・キホーテや東急ハンズなどにも売っています。 種類による差も少しはありますが、フォームや回数の方がはるかに大事です。 いろいろな種類があり、どれがいいか迷ってしまわないように、オススメ3選を紹介します。 Plez(プレズ)では、公正な立場から正しい情報を発信し、純粋にオススメのものを紹介できるよう、アフィリエイトを行っておりません。 購入いただいても、 Plez(プレズ)に一切の利益が入らないようにしています。 とりあえずトレーニングが出来ればいいという場合は、こちらがオススメです。 前後だけでなく、腕を横に開く形でのトレーニングもできます。 腕を開くようにすると、胸の筋肉をより使うようになります。 腹筋ローラーまとめ いかがでしたでしょうか? 腹筋ローラーは、腹筋と一緒に背筋なども鍛えられ、効率的なトレーニングができます。 筋力に合わせてトレーニングフォームを変えることで、誰でも効果的に腹筋を鍛えることが出来ます。 さらに、食事でしっかり栄養を摂れば、腹筋ローラーの効果を最大化できます。

次の