ハニーレモンソーダ ネタバレ 13巻。 ハニーレモンソーダ ネタバレ 28話(8巻)無料で全部読む方法

ハニーレモンソーダ最新話56話ネタバレ!羽花のために界がほぼ徹夜して…

ハニーレモンソーダ ネタバレ 13巻

リンク 現在発表されているコミックス「ハニーレモンソーダ」14巻の発売日は、2020年8月25日の予定となっています。 もし、ハニーレモンソーダを スマホやパソコンで読むのであれば がおすすめです。 U-NEXTなら電子書籍もお得で、 無料トライアルでもらえる600円分のポイントを利用して読むことができます。 もちろんU-NEXTは動画配信サービスなので、アニメや映画、ドラマなどの見放題作品や最新レンタル作品も充実しています。 ハニーレモンソーダ 14巻の配信予想日は2020年8月25日付近ですが、コミックスの発売日より少し遅れて配信される場合があるので、詳しくはU-NEXTの公式サイトをご確認ください。 公式サイト コミック「ハニーレモンソーダ」 15巻の発売予想日は? ハニーレモンソーダ 15巻の発売日の予想をするために、ここ最近の最新刊が発売されるまでの周期を調べてみました。 ・12巻の発売日は2019年12月25日 ・13巻の発売日は2020年4月24日 ・14巻の発売日は2020年8月25日 ハニーレモンソーダの発売間隔は12巻から13巻までが121日間、13巻から14巻までが123日間となっています。 これを基に予想をするとハニーレモンソーダ 15巻の発売日は2020年12月頃になるかもしれません。 ハニーレモンソーダ 15巻の発売日が正式に発表されたら随時お知らせします。 おすすめ記事 おすすめ記事 ハニレモのTVアニメ化の予定は? ハニーレモンソーダがいつアニメ化されるのか注目してみました。 出版社や作品のサイトを確認しましたが、今のところハニーレモンソーダのテレビアニメ化についての公式発表はありません。 新アニメ「ハニーレモンソーダ」第1期の放送が決定しましたらお知らせします。 最近の投稿• カテゴリー•

次の

ハニーレモンソーダ 56話(15巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

ハニーレモンソーダ ネタバレ 13巻

s-manga. html? な10巻です! ハニーレモンソーダ 10巻、ネタバレ感想です! 9巻で羽化の真似をしていた奈乃のその後 中学のグループラインを眺める奈乃。 誰も奈乃のことを覚えている同級生はいない、そのことにショックを受けた奈乃は携帯を自分の手も一緒にコンクリートにぶつけます。 そこに駆けつけた羽花、手の怪我を心配する羽花に、奈乃は打ち明けます。 「私、別に三浦くんのこと好きじゃないから」 「ただ、羽花ちゃんが選んだ人だから、取り入ったら何かいいことがあるのかと思っただけ」 中学の頃は羽花と同様に、友達もいないし、存在が薄かった奈乃は、羽花のように振る舞えば、自分も変われるんじゃないか、羽花みたいにみんなに囲まれるのではないか、と考えて羽花の真似をしていたのでした。 「本来の奈乃ちゃんはどこに行くの?」 と問いかける羽花にも、 「いらない」 と答える奈乃。 そんな奈乃に羽花は 「そのままの奈乃ちゃんを教えて。 私が奈乃ちゃんを大好きになるから。 」 という羽花。 この漫画のいいところって、恋愛だけでは無く、こういった小学生〜高校生くらいにありがちな、クラスでの浮いた子の気持ちとか、友達の支えとか、そういったところなんだろうな、といつも思います。 (管理人には随分前の話なのでイマイチ共感はできませんが。 涙) その後、奈乃と一人で向き合った羽花に対して界は、 「そりゃ言われるわ。 俺がいなくても平気って。 」 「それ以上強くなるな、俺に守らせろ。 」 羽花ちゃん、どんどんたくましくなってますもんね。 コミック後半は林間学校へ! ウォークラリーのチェックポイントでは、お互いのことをどれだけ分かっているかというクイズに界と羽花で挑戦することに。 お互いの好きなところは?(相手が自分のどんなところを好きか?)という問いに対して 界は「金髪」、羽花は「いじめられっ子」と回答します。 羽花の回答を見て驚く界に、「他に何か…」と言ってしまう羽花。 その言葉で怒りモードの界に対して、慌てた羽花は「今日中に自分で探しておきます!」と逃げるのでした。 というか、界の回答も大概ですけどね。 一人だけ怒るのはお門違いな気もちょっとしてしまった。 その後、川に落とされた奈乃を助けるために何も考えずに川に飛び込む羽花。 結局足がつく浅さで何事もなかったのですが、水に濡れる羽花を見て愛しそうに見つめる界。 友達のために全力を出せる羽花も好きだし、水に濡れた羽花に色っぽさを感じるのでした。 確かに、この羽花ちゃんは可愛いです、綺麗な顔立ちしてますな〜。 宿に戻ったみんなは部屋着に着替えますが、羽花は寝るだけだと思っていたので、お父さんからお土産にもらった黒鯛のダサいTシャツで。。 体調不良だから、部屋で休んでいる、とみんなに嘘をつきます。 それを聞いて心配して訪ねてきた界に、 「(自分のいいところが)探したか?」と聞かれます。 「見つかりません。 」 と答える羽花に界はブチギレ! みんなの前で 「オレ、お前の顔も体も普通に好みだからな!」 と大声でキレるのでした。 あーーーーーーーーー!恥ずかしい。 w 普段感情を表に出さない界が、羽花のことになると、感情を前面に出してくるの、いいですよね。 話はその後、あゆみちゃんの話に移ります。 羽花の友達のあゆみちゃんとその幼馴染が、11年の思いを実らして両思いになるところを見た羽花は、改めて、大好きな人と両思いになることの凄さに気づきます。 界に、付き合ってくれてありがとうという言葉とともに、羽花からキスをします。 (初めて?) そんなことされて界の胸がどこつかないはずがなく、界の胸に手を当てられてその鼓動を感じます。 自分も同じである(ドキドキしている)ことを伝えたかった羽花は界の手を自分の胸に当てようとして、それは違うことに気づきます。 「ち 違いますねこれは、ごめんなさい」 と慌てる羽花ですが、界はもうメーター振り切ってしまいますよね。

次の

ハニーレモンソーダ/46話 あらすじ&感想【ネタバレ】

ハニーレモンソーダ ネタバレ 13巻

s-manga. html? な10巻です! ハニーレモンソーダ 10巻、ネタバレ感想です! 9巻で羽化の真似をしていた奈乃のその後 中学のグループラインを眺める奈乃。 誰も奈乃のことを覚えている同級生はいない、そのことにショックを受けた奈乃は携帯を自分の手も一緒にコンクリートにぶつけます。 そこに駆けつけた羽花、手の怪我を心配する羽花に、奈乃は打ち明けます。 「私、別に三浦くんのこと好きじゃないから」 「ただ、羽花ちゃんが選んだ人だから、取り入ったら何かいいことがあるのかと思っただけ」 中学の頃は羽花と同様に、友達もいないし、存在が薄かった奈乃は、羽花のように振る舞えば、自分も変われるんじゃないか、羽花みたいにみんなに囲まれるのではないか、と考えて羽花の真似をしていたのでした。 「本来の奈乃ちゃんはどこに行くの?」 と問いかける羽花にも、 「いらない」 と答える奈乃。 そんな奈乃に羽花は 「そのままの奈乃ちゃんを教えて。 私が奈乃ちゃんを大好きになるから。 」 という羽花。 この漫画のいいところって、恋愛だけでは無く、こういった小学生〜高校生くらいにありがちな、クラスでの浮いた子の気持ちとか、友達の支えとか、そういったところなんだろうな、といつも思います。 (管理人には随分前の話なのでイマイチ共感はできませんが。 涙) その後、奈乃と一人で向き合った羽花に対して界は、 「そりゃ言われるわ。 俺がいなくても平気って。 」 「それ以上強くなるな、俺に守らせろ。 」 羽花ちゃん、どんどんたくましくなってますもんね。 コミック後半は林間学校へ! ウォークラリーのチェックポイントでは、お互いのことをどれだけ分かっているかというクイズに界と羽花で挑戦することに。 お互いの好きなところは?(相手が自分のどんなところを好きか?)という問いに対して 界は「金髪」、羽花は「いじめられっ子」と回答します。 羽花の回答を見て驚く界に、「他に何か…」と言ってしまう羽花。 その言葉で怒りモードの界に対して、慌てた羽花は「今日中に自分で探しておきます!」と逃げるのでした。 というか、界の回答も大概ですけどね。 一人だけ怒るのはお門違いな気もちょっとしてしまった。 その後、川に落とされた奈乃を助けるために何も考えずに川に飛び込む羽花。 結局足がつく浅さで何事もなかったのですが、水に濡れる羽花を見て愛しそうに見つめる界。 友達のために全力を出せる羽花も好きだし、水に濡れた羽花に色っぽさを感じるのでした。 確かに、この羽花ちゃんは可愛いです、綺麗な顔立ちしてますな〜。 宿に戻ったみんなは部屋着に着替えますが、羽花は寝るだけだと思っていたので、お父さんからお土産にもらった黒鯛のダサいTシャツで。。 体調不良だから、部屋で休んでいる、とみんなに嘘をつきます。 それを聞いて心配して訪ねてきた界に、 「(自分のいいところが)探したか?」と聞かれます。 「見つかりません。 」 と答える羽花に界はブチギレ! みんなの前で 「オレ、お前の顔も体も普通に好みだからな!」 と大声でキレるのでした。 あーーーーーーーーー!恥ずかしい。 w 普段感情を表に出さない界が、羽花のことになると、感情を前面に出してくるの、いいですよね。 話はその後、あゆみちゃんの話に移ります。 羽花の友達のあゆみちゃんとその幼馴染が、11年の思いを実らして両思いになるところを見た羽花は、改めて、大好きな人と両思いになることの凄さに気づきます。 界に、付き合ってくれてありがとうという言葉とともに、羽花からキスをします。 (初めて?) そんなことされて界の胸がどこつかないはずがなく、界の胸に手を当てられてその鼓動を感じます。 自分も同じである(ドキドキしている)ことを伝えたかった羽花は界の手を自分の胸に当てようとして、それは違うことに気づきます。 「ち 違いますねこれは、ごめんなさい」 と慌てる羽花ですが、界はもうメーター振り切ってしまいますよね。

次の