ご 祝儀 の 書き方。 棟上げのご祝儀の袋やのし袋は?表書きや書き方について!金額も書く?

お祭り|用途別説明・書き方|ご祝儀袋のお作法

ご 祝儀 の 書き方

中袋・中包みとも書き方は同じで、表側に包む金額を書き、裏側には差出人の住所と氏名を書きます。 しかし、近年市販で売られているご祝儀袋の中袋にはこれらの記入欄がすでに印刷されているものもありますので、その場合にはその枠に従って書きましょう。 記入欄がない場合の書き方 まずは、表側の金額の書き方についてです。 基本的には表書きの書き方と同じで、毛筆または筆ペンを使って濃くはっきりと書きます。 また、金額は漢数字の旧字体(大字)で縦書きに書くのが正式なマナーとされています。 大字とは漢数字の旧字体のことで、漢数字「一、二、三、十」などの書き換えられやすいものを改ざんされないことを目的として使われています。 大字で使用することで重々しさを表すために、お祝い事などの改まった場面でも正式なマナーとして使われています。 現在では、略式の漢数字でも良いとされていますが、やはり大切な場面では旧字体で書くことをおすすめします。 中袋・中包みの裏面には差出人の住所と名前を書きます。 表面の金額と同じく、縦書きで楷書で書きましょう。

次の

上棟式のご祝儀・費用・表書き

ご 祝儀 の 書き方

棟上げのご祝儀の袋やのし袋は何を選べば良い? 家を新築するって、初めてのことが多いでしょうし、ご祝儀って具体的にどう用意するのか、分からないことって多いですよね。 関連記事 上棟式に招待されて、 施主へお祝いをお渡しする場合は、こちらも参考になります。 棟上げのご祝儀ののし袋は? まず、ぽち袋は避けて、きちんとした ご祝儀袋を用意します。 棟上げは、お祝い事ですので、御祝儀袋も「 慶事用」を用意します。 蝶結びは結び目がほどけることから、 何回あってもよいお祝い事に使われます。 (下の写真です) 一方、 あわび結びは、関西地方(京都など)で、 お祝い事全般に使われます。 (下の写真です。 (下の写真は「 結び切り」です。 参考に) 余談:結び切りはなぜダメ? 結び切りは、「 二度とあってはならない」という意味があります。 結婚、弔事、病気・災害見舞いのときに使われます。 家の新築は、実際そう何度もあることではないですが、何回あっても喜ばしいものということなので、 ちょう結び(花結び)が使われています。 棟上げのご祝儀の表書きはどうする? 多いのは、 御祝 御祝儀 祝上棟(しゅくじょうとう) 上棟式御祝(じょうとうしきおいわい) です。 「御祝」は、 お祝いごと全般に使える表書きです。 「御祝儀」は、お祝い事をする際に、 お世話になった方々へのお礼、謝礼、というニュアンスで使います。 これは、 大工さんや工事関係者に御祝儀やお礼をお渡しするときに使う表書きです。 「祝上棟」や 「上棟式御祝」は、正式な表書きです。 こちらの2つは、 上棟式に招かれた方(例えば、親戚や友人)が施主にお祝いを渡すときに使う表書きです。 お渡しする相手や立場によって使う表書きが異なってきますので、気をつけて下さいね。 スポンサーリンク 棟上げや上棟式のご祝儀の表書きで気を付けてほしいケース (この部分は、2018年3月に追記しています。 ) 繰り返しの説明になるのですが、 大工さんにご祝儀やお礼を渡す場合・・・・ 御祝 御祝儀 です。 一般的には、ご祝儀には 「御祝儀」という表書きの方が多いです。 (ちなみに、大工さんに お土産の品を渡すときの「 のしの表書き」については、 こちらです。 ) (あと、大工さんにお弁当を差し上げるときの「のしの表書き」の有無は書き方についても書いてますよ!) 一方で 上棟式に 招かれた人が施主に渡すお祝い金やお品の場合・・・・ 上棟式御祝 祝上棟 です。 インターネットなどを見ると、 大工さんへのお土産のお品に 「祝上棟」、「上棟式御祝」の表書きをしている画像も見るのですが、 冠婚葬祭マナーを専門にしている友人に確認したところ、 「祝上棟」「上棟式御祝」はあくまで、 招かれた人(友人や親戚など)が施主にお渡しする金品の表書きだそうです。 (もしかすると地域差があるかもしれませんが。 筆者は関西在住です) なので、 大工さんやスタッフへご祝儀やお土産をお渡しするときは気をつけてくださいね。 上棟記念は? あと、 大工さんへお渡しするお土産の表書きとして 「上棟記念」という表書きがつかわれている画像も、よくネットで見ます。 ただ、この 「上棟記念」の表書きを使う イメージとしては、 大きなビルなどの上棟式のときに、参列された方へ記念品をお渡しするときに使う・・ という感じだそうです。 また、記念品、ボールペンなどといった 「後に残るお品」をお渡しするときに使うのが、慣習だそうです。 大工さんや工事関係者へは、お酒やお弁当など 消え物のお土産をお渡しすることが多いので、やはり、 「御祝儀」「御祝」の方が無難です。 寸志なら? さらにさらに、 大工さんへの御祝儀の表書きに、 「寸志(すんし)」というのも見ることがあります。 この「寸志(すんし)」というのは、 「少額ですが・・」というへりくだった意味があるので、 「「御祝儀」と書くほど、お礼の金額が高くないので・・・」と謙遜される方が使う場合があります。 ただ、この表書き、実は、 目上の人が目下の人に渡すときに使うものです。 大工さんたちは、 プロの専門職さんたちですから、「寸志」というのも、なんだか 偉そうなニュアンスを与えてしまいます。 あまり、メジャーな表書きではないですが、とっても エレガントな表書きだなー!!と思いました。 水引の結び目の中央に、 毛筆、筆ペン、黒のサインペンなどを使用し、濃くはっきりと書きます。 水引の 下段の中央下に、 氏名(フルネーム)を書きます。 表書きの名目より少し小さめに書きます。 お祝い事全般に言えるマナーなのですが、 黒く太い字で書く方がよいとされます。 ボールペンや万年筆は避けてください。 うす墨の筆ペンも弔事用になりますので、使わないでくださいね。 棟上げのご祝儀に金額は書いた方がいい? 中袋がある御祝儀袋なら、中袋の 表に金額を書き、 裏側に住所・氏名を記名します。 (実際のところ、大工さんにお渡しする場合ですと、住所は省略し、施主の名前だけフルネームで書くことが多いようです。 ) 中袋がない御祝儀袋の場合も、裏側に金額を書いておいた方が親切です。 特に棟上げの時期が重なるときには、大工さんはあちこちからご祝儀をいただくことになります。 どこから、どのくらいいただいたのか袋に記入してあると、いただく側にとっては管理がしやすいからです。 これも、お祝い事全般のマナーですが、 金額は、 通常、縦書きで、金額の数字のところは旧字体で書きます。 一万円なら、「金壱万円」 5千円なら、「金伍千円」 というようにです。 また、うっかり忘れがちですが、お祝い事ですので、お札は 新札を用意しておきましょう。 棟上げのご祝儀の袋やのし袋は?表書きや書き方について!金額も書く?のまとめ では、まとめです。 ・慶事用の 御祝儀袋を用意しましょう。 水引は 紅白。 結び目は ちょう結びかあわび結びで。 ・表書きは、 「御祝」 「御祝儀」 「祝上棟」のいずれかで ・字は、筆ペンで 濃くはっきりと(フェルトペンもあり)。 ・ 金額も書いておいた方が、親切です ここまで用意するのはちょっと大変かもしれません。 html.

次の

【結婚祝い】ご祝儀袋の表書き・中袋の正しい書き方は? | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

ご 祝儀 の 書き方

大人なら誰でも知っておきたい結婚式にまつわるマナー。 今回は、ご祝儀袋の書き方をレクチャーします。 あなたは正しいご祝儀袋の書き方を知っていますか?マナーを守って心のこもったお祝いをしましょう。 表書きの書き方 ご祝儀袋には氏名と住所、そして包む金額を楷書で書きます。 筆ペンか毛筆で書くのがマナーですが、太めのサインペンでもマナー違反にはなりません。 結婚式のようなお祝い事のご祝儀は濃い黒の墨ではっきりと書きます。 薄い黒はお悔やみのご祝儀に使われるので注意してください。 筆ペンにはお悔やみ用の薄い墨と、お祝い事の濃い墨の二種類あるので間違えないようにしましょう。 ボールペンや万年筆を使うのはマナー違反になります。 表書きは、水引きよりも上、中央の部分に「寿」「壽」または「御結婚御祝」「御祝」などのように名目を記します。 結婚式には出席せずに披露宴だけ出席する場合は「寿」と書くと良いでしょう。 縁起が悪いとされているので、「祝御結婚」のような四文字の言葉は避けてください。 すでにご祝儀袋に印刷されてある場合は、何も書く必要はありません。 最近では「HappyWedding」と書いてあるご祝儀袋もありますが、カジュアルな印象が否めませんので、目上の人の挙式の際は避けて、親しい友人へのお祝いに留めてください。 また、格式の高い式場の際は、スタンダードなタイプのご祝儀袋を使う方が無難です。 水引きの下、中央の部分にご祝儀を贈る人の名前をフルネームで書きます。 自分1人で出席する場合は、中央に自分の名前だけをフルネームで記入します。 夫婦で贈る場合は、夫の名を中央にフルネームで記して、左側に妻の氏名を書きます。 妻の苗字は省略しても、書いてもどちらでもかまいません。 3名以上の家族で贈る場合は、右から夫、妻、子供の名前の順番で記入します。 ただし、3名を超える場合は代表者の氏名だけをフルネームで記し、左側に「他家族一同」と若干小さめに書きます。 中袋に家族全員の名前を記した別紙を入れてください。 別紙にも中央、上の部分に「寿」と書き、その下に家族の名前を書きます。 苗字は夫のみに着け、妻や子供の苗字は省略できます。 友人同士で連名で贈る場合は中央に最も年齢が高い順、あるいは地位が高い順に左に向かってフルネームで指名を記載します。 年齢も地位もあまり変わりがないようならば、五十音順で右から左へ書きます。 3名以上で贈る場合は、代表者の氏名をフルネームで書いて、左側に若干小さめに「外一同」と記し、別紙に全員の氏名と住所を書き中袋に入れるのがマナーです。 全員分の名前を無理して表書きに書く必要はありません。 最近では、バランスを整えるために、中央から書き始めるのではなく、全体を中央に寄せて記入するケースも増えています。 送り主全員の氏名と住所を別紙に書いて中袋に入れます。 別紙に名前や住所を書いて入れる場合には、奉書紙または和紙を使ってください。 表書きと同様に筆ペンなどで書きます。 ラストネーム(苗字)が「Smith」さんは「スミス」、「Jones」さんなら「ジョーンズ」のようにカタカナ表記にします。 カタカナに直せないケースでは、アルファベット表記のままでかまいませんが、横書きではなく、縦書きにします。 短冊の使い方 短冊はご祝儀袋についている細長い紙のことです。 ご祝儀袋の中には短冊が2枚入っていることがあります。 1枚には「寿」などの文字が印刷されていて、もう1枚は無地です。 これは書き損じようの予備の短冊だと思っている人が少なくありませんが、無地の短冊は予備ではなく、重ねて使うためのものです。 二枚重ねることで「喜びが重なりますように」という願いが込められています。 一名で出席する際などには、短冊に氏名をフルネームで書いて表書きとします。 中袋の書き方 中袋はご祝儀袋の中に入っている封筒です。 中袋には表に包んだ金額、裏面に氏名と郵便番号、住所を記載します。 金額は、表側の中央に漢数字を使って縦書きにしてください。 漢数字は改まった席で使用する旧字体を使用しましょう。 日常でも使用する漢数字だと、線を足したり消したりして改ざんされる恐れがあります。 一」は「壱」、「二」は「弐」、「三」は「参」になります。 「五」は「伍」に、「十」は「拾」に、「万」は「萬」になります。 また「円」は「圓」と記しますが、こちらは「円」のままでもかまいません。 「四」「六」「七」「八」「九」はそのまま使用できますが、「四」「六」「九」は縁起が悪い数字とされているので、ご祝儀を贈る際は避けた方が良いでしょう。 以上のことから、「三万円」は漢数字で記載すると「参萬圓(円)」に、「十万円」ならば「壱拾萬圓(円)」となります。 最後に「也」をつけて「参萬圓也」「壱拾萬圓也」としてもOKです。 「三」や「3」などの数字で書くとマナー違反になり、常識を知らない人と思われてしまうので注意してください。 包む金額と中袋に記載した金額が間違わないように入念にチェックしてください。 中袋の裏側には、左下に氏名と郵便番号、住所を縦書きで記載します。 郵便番号を書き、その左に住所、氏名を書きます。 住所は都道府県も含めて正しく記入するようにしてください。 筆ペンで書くと数字が記入しにくいので、郵便番号の部分はサインペンで書く方が良いでしょう。 中袋に氏名と金額を記入し忘れると、あとでご祝儀を整理するときに困りますので必ず記入してください。 「親友だし…」「近所に住んでいるし…」と住所を省くのもマナー違反にあたります。 親しき中にも礼儀ありですので、お祝い事に関することはきちんとマナーを守りましょう。 ご祝儀の包み方 ご祝儀は中袋に向きを揃えて入れます。 お札に描かれた人物の顔が上、表側に来るように入れてください。 新札を準備するのがマナーですが、仕事の都合上銀行や郵便局の窓口に行くことが難しく、新札が用意できなければ、アイロンをかけてシワを伸ばすという裏ワザもあります。 また、当日式場のフロントで両替してくれることもあります。 事前に式場に問い合わせて確認しておくとよいでしょう。 中袋は基本的にのりづけが必要ありませんが、「封」と印刷されている中袋の場合はのりで封をしてください。 中袋に金額と氏名、連絡先を記入し、お金も入れたならば、上包みに包みます。 中袋の表側と上包みの表側が同じ向きにくるように包みます。 上包みの裏側はお祝い事では上向きに折り返すのが決まりです。 「喜びは上を向く」と覚えましょう。 裏側を下向きにすると弔事の意味になってしまいますから、間違えないようにくれぐれも注意してください。 ご祝儀袋はそのままポケットやバッグに入れて持ち歩くのではなく、袱紗(ふくさ)に包んで持参します。 受付で袱紗から出して畳んだ袱紗にご祝儀袋を乗せて渡すのがマナーです。 袱紗の選び方、包み方にもマナーがありますので注意が必要です。 もちろんきれいに書ければベストですが、無理にきれいな字を書かなくてもOKです。 読みやすい楷書で丁寧に書いてあれば大丈夫です。 しっかりと濃く書いてください。 自信がなければ、毛筆や筆ペンよりも使いやすいサインペンで書くと良いでしょう。 どうしても自分で書くことができない、書きたくないという人は、家族や友人の字の上手な人に代筆を依頼することができます。 ご祝儀袋の代筆サービスを活用することもできます。 Amazonや楽天などネット通販でご祝儀袋を購入すると、代筆サービスがついていることもあります。 購入の際に氏名や金額などの必要事項を伝えると、プロの方がご祝儀袋に記入してくれます。 ただし、納期まで1週間前後かかることが多いので、余裕を持って利用しましょう。 大きな文房具店であれば、同様の代筆サービスを行っている事があります。 自宅にパソコンかタブレットとプリンターがあれば印刷してもOKです。 ご祝儀袋に直接印刷するのは難しいので短冊に印刷しましょう。 ご祝儀袋の宛名ソフトを活用しても良いでしょう。 結婚式に出席する機会が多い方には、のし袋用スタンプを使うことをおすすめします。 姓のみ、夫婦連名、社名入りなど市販されているので一つ購入しておくと便利です。 スタンプを押すだけなので簡単です。 ご祝儀袋に記載する際に間違えてしまっても、修正液や修正テープを使うのはマナー違反。 もったいないですが、新しいものを買って、書き直してください。 たった一文字の間違いであっても、間違いは間違い。 書き損じがないように、事前に紙や封筒に書いて練習してみましょう。 中袋を書き損じてしまったという場合は、中袋だけを購入すればOK。 白無地金封を使えば大丈夫です。 白い無地のシンプルな封筒を中袋代わりに使うこともできます。 ただし郵便番号を記入する部分の枠がすでに印刷されているものは避けます。 封筒の代わりに和紙にくるんでもかまいません。 紙幣の人物画が正面の真ん中にくるように丁寧に包んでください。 和紙がなければ習字の半紙にくるんでもかまいません。 コピー用紙を使うのもアリだという人もいますが、できれば避けた方が良いでしょう。 マナーや礼儀なんて面倒…と思っても、やはりお祝いの気持ちを伝えるために正しいマナーは欠かせません。 正しいマナーを知ることは、大人であること、社会の一員であることを示すことでもあります。 マナーを守って正しいスタイルでご祝儀を渡し、気持ちよくお祝いしましょう。

次の