選手村 日本人。 東京五輪レガシーのはずが…選手村の住居転用に暗雲

リオ五輪の選手村がひどい!現状や日本と各国の対応とその他の問題点|アトランダム

選手村 日本人

チャンピオンの名は 村栄龍司と 浅原晃! 本作のファンであれば、必ず耳にしたことのある有名選手です。 今回は、世界で大活躍をしたふたりの日本人選手ついて大特集します。 その前に、まずは『』についておさらい。 『MTGアリーナ』とは 筆者がなぜこんなに興奮しているのか。 それは『MTGアリーナ』は対戦型カードゲームの原点(に類するもの)だからです。 野球の本場・アメリカのメジャーリーグで日本人選手が頂点に立ったみたいな感覚でしょうか。 『MTGアリーナ』は、1993年に誕生した世界初のトレーディングカードゲーム『』(以下、MTG)のオンラインゲーム版です。 『マジック:ザ・ギャザリング』では 1万種を越えるカードが発売されており、10ヵ国語以上に翻訳。 遊びやコレクションの要素だけでなく、競技としての側面も兼ね備えており、現在では全世界70ヵ国ほどで愛され、 4000万人を超えるファンを持つゲームとなっています。 『MTGアリーナ』は基本プレイ無料のPC用ゲームであり、ルールは『』とまったく同じ。 日本語音声のチュートリアルをはじめ、初めてカードゲームに触れるかたにとってうれしい要素が詰まっています。 もともと競技性の高いアナログゲームだった『MTG』は、『MTGアリーナ』をきっかけに、eスポーツとしての側面を持つことになりました。 彼らの生きかたはカードゲームを遊ぶプレイヤーにとって憧れであり、目標のひとつでもありました。 プレイヤーズツアーは、各地の予選を勝ち抜いたプレイヤーやグランプリ上位入賞者といった強豪のみが集うハイレベルなイベントです。 上位入賞者は賞金とともにプレイヤーズツアーファイナルへの参加権を獲得することとなります。 賞金総額は60万ドル。 全世界から1000名を超えるプレイヤーが招待され、各予選を突破した世界中のプレイヤーに加え、マジックプロリーグ(MPL)選手24名とライバル・リーグ選手32名が本選で激突しました。 国内グランプリでは選手として出場するのではなく、BIGMAGICのスタッフとして活躍されています。 プレイヤーと運営スタッフというふたつの顔を持ち、表と裏の両方から本作の盛り上がりに寄与されています。 また、上記のような輝かしい大会実績だけではなく、 配信や記事執筆など活動の幅がとても広いのも特徴です。 関西出身である筆者も村栄氏とは関西圏のプレミアイベントで何度か対戦したことがありますが、とんでもなく強く、ほかのプレイヤーとは異なる雰囲気を醸し出していたのを覚えています。 また、とにかくプレイスピードが速い印象がありました。 練習と経験が織りなす高速の思考とムダのない所作からくり出されるテンポに、対戦相手はペースを狂わされていたかのように思えます。 「競技『MTG』にオールインしているわけではない」とインタビューで発言されており、仕事とプライベート、そして『MTG』の練習、これらのバランスをうまくとっているとのことです。 競技シーンの構造が目まぐるしく変化する昨今の『MTG』を、どのような距離感で楽しんでいくのか、村栄氏の今後の取り組みかたにも注目でしょう。 浅原晃選手 <過去戦績> グランプリ・京都2003 優勝 グランプリ・松山2005 優勝 グランプリ・浜松2006 チーム戦準優勝 The Finals03 優勝 The Finals04 優勝 浅原氏は数々の伝説を残しているプレイヤーです。 また、突き抜けた思考から 独創的なデッキを作り上げる名デッキビルダーでもあります。 最近の『MTG』ファンにとっては、プレイヤーではなく解説者の印象が強いかもしれません。 浅原氏は、現役を退いた鍛冶友浩氏とともにプロツアー日本語版放送の実況・解説を担当。 その解説がめちゃくちゃおもしろく、筆者にとっても年に4回の楽しみになっていたように思えます。 その落ち着いた雰囲気は、深夜という時間帯(プロツアーはおもに海外で行われるため、深夜帯での放送が多かった)ともマッチしていたのかもしれません。 とても耳に入りやすく好きな解説でした。 かつて筆者が夜中~朝方まで、眠い目をこすりながら海外プロツアーの生放送を観ていたのは、浅原氏の実況・解説が目当てだった気がします。 浅原氏は生放送や自身のSNSにおいてもほとんど自分語りをせず、自己主張が控えめです。 しかし、一方では神出鬼没的に大会に現れては結果を残していくプレイヤーでもありました。 大会では毎度のこと、まるで 未来から持ってきたかのような、先鋭的なオリジナルデッキを使用します。 記憶に新しいのは、BigMagicOpen Vol. 7で入賞を果たした《老いたる深海鬼》デッキや、BIG MAGIC Open Vol. 多くのプレイヤーがデッキビルダー浅原氏の真似をしてオリジナルデッキ制作に挑戦し、撃沈したことでしょう。 浅原さんおめでとうございます。 サクッと勝つ人だな。 — Yuta Takahashi Vendilion この高橋優太氏もプロプレイヤーのひとり。 氏の言葉通り、プレイヤーズツアー優勝という偉業すらも浅原スタイルで成し遂げてしまいました。 とんでもないことを、サクっとやってのける浅原氏。 そして最高峰の舞台、プレイヤーズツアーファイナルへ プレイヤーズツアーファイナルは『MTG』最高峰の競技イベントであり、賞金総額は25万ドル! 今回のプレイヤーズツアーオンライン優勝者である村栄龍司選手と浅原晃選手のほか、下記のプレイヤーに参加権が与えられます。 マジック・プロリーグ選手• 6月13~14日と6月19~21日に合計4回開催されるプレイヤーズツアーにおいて、獲得マッチ・ポイント33点以上のプレイヤー• 『MTGアリーナ』にて開催されます。 中止となった2回のプレイヤーズツアーファイナルの参加権利もここにスライドされているため、3回分の優勝者を決める大会といえるでしょう。 村栄選手と浅原選手の活躍だけでなく、全世界から集結したトッププレイヤーの戦いを見逃すわけにはいきません。 決勝戦簡易レポート 最後に、2020プレイヤーズツアー・オンラインの決勝戦のリポートをお届けします。 どちらもGame3までもつれ込む激戦! 結末がわかっていてもハラハラする試合展開です。 『MTGアリーナ』は、ターン交代制の対戦ゲーム。 相手のライフポイント(20点)に攻撃を与えて0点にすることを目指します。 カードには多くの種類があり、攻撃用のクリーチャーを場に出すカード、ライフポイントに直接攻撃するカード、相手のカードを無効化するカードなど、さまざまです。 プレイヤーはこれらのカードの使用タイミングや組み合わせを考えて戦います。 さて、ここまでは難しい表現を使わないように気を付けてきましたが、試合リポートでは専門用語も混ぜていきます。 初心者の方には理解しにくいこともあると思いますが、最高峰の頭脳戦の雰囲気を感じてください。 村栄選手「ティムール再生」VS Deprraz選手「ティムール再生」 Game3 ラストは長期戦になりました。 村栄選手はGame2と同様にアグレッシブなプレイを継続します。 盤面にインパクトを与える《夜群れの伏兵》を土地が起きているDeprraz選手に向けて躊躇なくプレイ。 クリーチャー向けの打ち消し呪文を引いていないDeprraz選手はこれを通すしかありません。 ここで村栄選手は《夜群れの伏兵》をトップに置かない選択をします。 盤面のクリーチャーを守り切って勝つプランへ。 しかし、Deprraz選手からライフゲイン能力を持つ《自然の怒りのタイタン、ウーロ》を場に出し、村栄選手のプランは崩壊寸前にまで追い込まれます。 しかも、Deprraz選手の手札には《霊気の疾風》があるので、村栄選手の手札にある最後の1枚《発破》では《自然の怒りのタイタン、ウーロ》を処理することもリソースを増やすこともできません。 《否認》などの《発破》を通すためのカウンター呪文がほしい村栄選手ですが、ドローは《自然の怒りのタイタン、ウーロ》。 これではだめかと思われましたが、そこに《霊気の疾風》を使わせて、《発破》を通せる状態に。 残りのマナを全力で使い、Deprraz選手に打ち込みます。 Deprraz選手の《自然の怒りのタイタン、ウーロ》を処理できないものの、ライフ3まで落とし、手札の回復に成功しました。 しかし、その4枚の手札に有効牌は来ません。 一方、Deprraz選手の《自然の怒りのタイタン、ウーロ》が攻撃を始め、ライフは6まで回復。 さらに《発破》を打ち込み、村栄選手のライフを5まで減らし、《自然の怒りのタイタン、ウーロ》の攻撃をマストブロックの状態まで持ち込みます。 しかし、この《発破》によるドローで、Deprraz選手も勝利を盤石にするための打ち消し呪文を引くことができません。 村栄選手は最後のターンで的確にライフを詰め、大量ドローをしたうえで最後のドロー。 バーン系のカード(相手のライフに直接攻撃するカード)は彼の下に集まるのかもしれません。 村栄 2-1 Deprraz Game2 Thomas選手の手札は非常によく、《神秘の論争》と《時を解す者、テフェリー》のセットを確保。 ゲームを決定づける要素でもある《時を解す者、テフェリー》を通しやすくするだけでなく、後手ながらも浅原選手の3ターン目の《荒野の再生》を打ち消すことができます。 一方、サイドボード後にThomas選手のデッキ内の打ち消し系カードの枚数が増えることを知っている浅原選手は、3ターン目に手札にある《荒野の再生》を使用しません。 逆に、Thomas選手の3ターン目《時を解す者、テフェリー》に備えて打ち消しの構えをとります。 Thomas選手は3ターン目に強力カード《時を解す者、テフェリー》を出すか、引き続き相手の《荒野の再生》を牽制するかの2択を迫られます。 Game3 先手のThomas選手ですが、4枚目の土地を置くことができません。 一方、浅原選手は《夜群れの伏兵》を出せるタイミングでも《サメ台風》を使用、土地カードを引くことができず、動きの悪いThomas選手に対しても、油断することなく丁寧にクリーチャーを展開させます。 手札に豊富な対処札を抱えつつも、土地を引けないThomas選手はたまらずメインでドローカードを使用します。 浅原選手はこのタイミングを逃さず、本トーナメントでメイン採用をしていた《夜群れの伏兵》をプレイヤーズツアー決勝の舞台に送り出しました。 彼は「グッドゲーム!」のエモートに手を伸ばしました。 浅原 2-1 Thomas デッキリスト 村栄龍司選手 「ティムール再生」• 土地(29)- 2 《森》 2 《島》 1 《山》 4 《繁殖池》 1 《神秘の神殿》 3 《踏み鳴らされる地》 4 《蒸気孔》 4 《ケトリアのトライオーム》 2 《ヴァントレス城》 2 《爆発域》 4 《寓話の小道》• クリーチャー(4)- 3 《自然の怒りのタイタン、ウーロ》 1 《厚かましい借り手》• サイドボード(15)- 2 《砕骨の巨人》 1 《厚かましい借り手》 3 《夜群れの伏兵》 2 《否認》 1 《霊気の疾風》 1 《萎れ》 1 《炎の一掃》 1 《神秘の論争》 2 《終局の始まり》 1 《サメ台風》 浅原晃選手 「ティムール再生」• 土地(29)- 2 《森》 2 《島》 1 《山》 4 《繁殖池》 1 《神秘の神殿》 3 《踏み鳴らされる地》 4 《蒸気孔》 4 《ケトリアのトライオーム》 3 《ヴァントレス城》 2 《爆発域》 3 《寓話の小道》• クリーチャー(7)- 3 《自然の怒りのタイタン、ウーロ》 1 《厚かましい借り手》 3 《夜群れの伏兵》• サイドボード(15)- 2 《砕骨の巨人》 1 《厚かましい借り手》 3 《焦熱の竜火》 2 《ナーセットの逆転》 1 《否認》 3 《炎の一掃》 1 《薬術師の眼識》 1 《終局の始まり》 1 《サメ台風》.

次の

五輪選手村イメージ公開 食堂は24時間、メニュー公募

選手村 日本人

近年、野球やサッカーで海外で活躍する日本人選手は珍しくないが、バスケットボール界でも、修業の地を求める選手が続々と海を渡っている。 米大卒の渡辺雄太(ゆうた、23)が米プロバスケットボール協会(NBA)と「ツーウェー契約」を結んだり、同じく米大所属の八村(はちむら)塁(20)が日本代表で活躍したりと存在感を示しており、新たな海外組の今後にも期待が募る。 「日本を強くする存在に」 昨年10月に史上最年少の15歳5カ月で日本代表候補に選出された田中力(ちから、16、神奈川・坂本中卒)は今秋から、テニスの錦織圭も在籍した米フロリダ州のIMGアカデミーにバスケ留学する。 NBAのドラフトにかかる選手も輩出している強豪チームで、8月中旬には入寮する予定だ。 IMG側からのオファーで決まった進学に、田中は「まさか声がかかるとは思っていなくて、びっくり。 バスケも勉強も頑張りたい」。 187センチの身長で、ポジションは得点力が求められるスモールフォワード。 NBAだけでなく東京五輪も目標にしており、「精いっぱい吸収して、実力でもメンタル面でも日本を強くする存在になりたい」と意気込む。 「米国だけじゃないぞ」 米国ではない地で修業を積む選手もいる。 バスケの世界ランキング2位のスペインでは、関西学院大学出身の木下勲(いさお)(24)が7月9日、同国2部リーグのTAUカステリョと契約を結んだ。 木下は「2部と言ってもレベルは高い。 そのなかで開幕スタメンをめざしていきたい」と話す。 木下は身長175センチのポイントガード。 2014年に米独立リーグ(ABA)のバーミンガム・ブリッツに入団した経験も持つ。 ただ、個人主義のプレースタイルや練習環境が合わず、15年には単身スペインへ。 5部チームと契約後、同国リーグ唯一の日本人として、3年ではい上がった。 カステリョのルイス・ガルシア社長は「スペインのバスケは5対5を重視する組織的なスタイル。 勲のスピードや判断力はうちで生きる」と評価する。 木下は「このチームで1部をめざし、バスケは米国だけじゃないぞ、と日本に示したい」。 NBAや日本代表入りの目標も、その先にあると見据えている。 (松本麻美).

次の

選手村でセックス?

選手村 日本人

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会の選手村として東京・中央区晴海に建設中で大会後に大規模な分譲マンション群となる「晴海フラッグ」が、大会の1年延期を受けて『激震』に見舞われている。 大会後にリニューアルし、23年3月下旬から入居開始の予定で940戸が販売済みだが、約3200戸は未販売のままだ。 入居が1年あまりもずれ込めば、購入者や購入予定者への影響が避けられない事態に陥っている。 計画は、都心臨海部の埋め立て地に全24棟5632戸(分譲4145戸)のマンション群と商業施設などが誕生し、約1万2000人の居住が見込まれる前代未聞の巨大プロジェクト。 昨年から分譲販売がスタートし、すでに計940戸が販売済み。 大会後に内装などをリニューアルし、23年3月下旬から入居開始の予定だった。 だが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による大会の1年延期で、予定された入居開始の時期も遅れることになった。 3月下旬に予定された次期販売分は4900万円台(2LDK)~2億2900万円台(4LDK)の物件で、最多価格帯は6400万円台で設定されていたが、6月以降に延期。 残りの約3200戸の分譲販売も含め、事業主の大手デベロッパー10社は戦略の見直しを迫られることになりそうだ。 入居時期がずれ、契約者と入居遅延や手付金などの問題が浮上する。 「購入されるメイン層は年収1200万円~1500万円の世帯と思われます。 子どもの進学時期に合わせて契約される場合が多い。 1年ずれても大変なことになる」と、不動産コンサルタントの長嶋修氏(52)は指摘。 「契約時の手付金は通常、価格の5~10%。 引き渡しの遅延が売り主の責任にあたらないとなれば、キャンセルには手付金を放棄することになる」(長嶋氏)。 選手村は21棟3800戸の宿泊棟(1人部屋~8人部屋)や、4500席の食堂などを整備。 小池百合子都知事は、新型コロナウイルスの軽症、無症状患者の一時滞在先として選手村の活用案に言及したが、長嶋氏は「オリンピックの選手村のイメージが購入動機の方が多いと思う。 ひとつのブランドでレガシー」と分析。 新型コロナ対策の施設として使用された場合も、購入者や販売に影響する可能性が出るかもしれない。 総面積は13ヘクタール。 大会後にリニューアルされて全24棟5632戸(分譲4145戸)のマンション群となる。 「パークビレッジ」「シービレッジ」「サンビレッジ」の街区に商業施設や保育施設、公園などが整備され、約1万2000人の居住が見込まれている。 昨年夏に第1期第1次販売が終了し、「パークビレッジ」は610戸、「シービレッジ」は330戸が販売済み。 バス高速輸送システム(BRT)で新橋、虎ノ門方面へ直通運転で結ばれる予定。 不動産コンサルタント(国土交通大臣認定)、日本ホームインスペクターズ協会理事長。 国土交通省の不動産流通市場活性化フォーラムの委員などを務めた。 photo• 東京五輪2020 プロの道捨てても五輪野球には人生懸ける価値がある []• 東京オリンピック2020 [7月16日 11:02]• 東京オリンピック2020 [7月16日 9:19]• 東京オリンピック2020 [7月16日 9:14]• 東京オリンピック2020 [7月16日 9:12]• 東京オリンピック2020 [7月16日 9:09]• 東京オリンピック2020 [7月15日 19:00]• 東京オリンピック2020 [7月15日 18:32]• パラリンピック 東京パラリンピックの柔道は予選期間1年延長 []• パラスポーツ [7月14日 10:56]• パラスポーツ [7月11日 12:49]• パラスポーツ [7月10日 14:26]• パラスポーツ [7月7日 13:56]• パラスポーツ [7月6日 13:23]• パラスポーツ [7月6日 12:40]• パラスポーツ [7月3日 0:35]• パラスポーツ [7月2日 11:00]• パラスポーツ [6月30日 16:15]• パラスポーツ [6月28日 20:11]• リオ五輪•

次の