薬剤師 婚活パーティー。 男性薬剤師と婚活パーティーで出会い攻略せよ!【婚活比較ネット】

薬剤師と出会いたい人におすすめの婚活方法!結婚相手としてどう?

薬剤師 婚活パーティー

この記事の内容はこれ!• 薬剤師の婚活、問題は価値観? 薬剤師の婚活だけでなく、基本的にどんな婚活パーティーでも、人気となっているのは、安定した職業です。 手に職があり、安定している、というイメージが強いのは公務員ですが、薬剤師は需要が高いため、食いっぱぐれることのない職業としてより人気が高いと思われると考えられます。 しかし、実は結婚したいのに結婚できない、という悩みをもつ薬剤師が男女問わず多いのが現実です。 それは、 薬剤師のもつ恋愛観、結婚観に関係すると考えられます。 まず、高い年収が結婚の壁になっている可能性があります。 女性薬剤師であれば、自分より高い年収のある男性を求める傾向があり、男性薬剤師はいわゆる草食系が多く、なかなか結婚はおろか婚活のスタート地点であるデートにすら踏み切れないという方もいます。 もちろん全員ではありませんが、6年間大学に通うようになってからそもそも就職が遅くなり、国家試験の難易度が上がったことでなかなか遊びの時間がとれず、気づいたら人との繋がりが希薄になってしまった、理想が高くなってしまったということが原因にあるようです。 薬剤師にかぎらず、人との繋がりがあまりないのに理想だけ先走ってしまっている、というのは珍しくない問題です。 何しろ、人生経験を積んでいくと、自分の将来像がより明確になり、婚活においてはその中に収まってくれる人を探すようになってしまいます。 しかし、薬剤師は、 手に職があり、安定している、であったり、収入も悪くなく、薬剤師であるというだけで頭がいいと認識されるなど、社会的評価が高く、人気がある職業なのです。 そのため、薬剤師や医療系限定の婚活パーティーなども開催されていて、それらに参加することで 自分の殻を破るきっかけ、もしくは同じ価値観を持つ同業者に出会えるかもしれません。 最近では職業限定の婚活イベントも多くなっているので、医療系限定の婚活パーティーなどに参加してみると良いかもしれません。 薬剤師の婚活は必要ない? 薬剤師が婚活をしない理由に今に満足しているから、ということが言えるかもしれません。 薬剤師は安定した職業であり、転職も他の職業よりし易いことから自分の理想の職業につける人が多いとも言えます。 そのため、 人生が充実していて、わざわざ結婚を考えないと言う人は少なくありません。 もちろん、本人がそれで良いのなら問題ないのですが、やはり女性となれば、ある一定の年齢になれば、子どもを生むのが難しくなってしまいます。 また、子どもができても体力的に厳しい状態になってしまうかもしれません。 男性であればある程度は許容できるかもしれませんが、親に孫の顔を見せたいと考えていると時間的な制約があるといえるでしょう。 結婚を考える際の壁として挙げられる理由に、仕事があります。 仕事が忙しすぎて、家庭を持つなんて考えられない、というような理由です。 ポジティブな理由にも見えますが、いざ家族を持ちたいと思ってもタイミングを逃してしまうということにもつながりかねません。 特に女性だと、今後子どもがほしいと考えると、今の職場では育休産休が取りにくい、活用事例が少ないとなかなか婚活もしにくいものです。 そこでひとつの選択肢としてあげられるのは、 早めに育休産休が取りやすく、なおかつ復帰事例があるという会社に移るというものです。 もちろん、実際に結婚が決まってから考えることも可能ですが、そうなると会社に迷惑がかかるポストに就いている可能性がありますし、転職先がなかなか見つからない、といった事態になるかもしれません。 そこでお勧めなのは、転職サイトの活用です。 薬剤師専門の転職サイトに登録することによって、より詳細な条件をつけての転職先検索が可能になりますし、非公開の募集もみることが出来ます。 また、転職サイトで連絡の取れるコンサルタントに相談することによって、どのような職場を選んだらいいのか、といった疑問などに答えてもらうこともできるでしょう。 婚活に本腰を入れるためにも、転職サイトを利用してみましょう。 あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。 年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。 アーカイブ•

次の

女性看護師・医療関係者・保育士編|【公式】婚活のエクシオ

薬剤師 婚活パーティー

Contents• 薬剤師に出会いが少ないわけとは 恋活方法・婚活方法を知る前に、まず出会いがない理由を把握することからはじめましょう。 薬剤師女子の出会いが少ないわけを解説します。 職場が女性ばかり 平成28年に行われた厚生労働省の「医師・歯科医師・薬剤師調査」によると、全国の薬剤師301,323人のうち、 女性の薬剤師は184,497人(61. 2%)に対して男性の薬剤師は116,826人(38. 8%)です。 男女比は4:6となり、薬剤師は女性が活躍している職業だということがわかります。 そのため、仕事仲間が女性ばかりの環境になりやすく、なかなか恋愛相手と出会う機会が少ないようです。 参考元:厚生労働省 薬局内では関わる人間が限られている 薬剤師は調剤薬局や病院、ドラッグストアなど幅広い職場があります。 勤め先によって違いますが、基本的に閉鎖的な空間で働いているため、普段接する人は仕事仲間か患者さんに限られがちです。 仕事仲間は女性ばかりで、患者さんは年配の方が多いとなると、恋愛相手と出会うのは難しい環境かもしれませんね。 勉強で忙しい 薬剤師は「薬の専門家」として、調剤をしたり患者さんへ薬の説明をしたりするのが仕事です。 薬の基礎知識だけでなく、 日々進歩している医療の技術や知識について勉強しなければいけません。 そのため、休みの日は遊ぶよりも勉強の時間に使いたいということが多く、出会いを作る時間がないことがあります。 薬剤師女子がモテる理由 出会いが少ない薬剤師女子ですが、実は男性からの人気は高いといわれています。 どうしてモテるのか理由を見てみましょう。 知識が豊富 薬剤師になるには、大学の薬学部で6年間勉強をして卒業したあと、国家試験に合格することが必要です。 難易度の高い薬剤師の資格を持っている女性は、 知識豊富で頭がいい印象があるので、頼りがいがあるように感じる男性がいます。 また「体調不良になったときに心強い」と安心感や好印象を持たれやすいです。 落ち着いた雰囲気がある 患者として接したとき、丁寧に薬の説明をしてくれたという経験から、薬剤師は優しく落ち着いた雰囲気があると感じる人が多いです。 明るくポジティブなイメージもあるので、恋愛や結婚相手にしたいという男性もいます。 職業が安定している 近年では、結婚したあとも女性が仕事を続けることが一般的になっていて、共働きを希望する男性も多い時代です。 そのため、 男性にとって女性の職業の安定が結婚の条件になる場合があり、年収が高く安定感のある薬剤師は人気です。 薬剤師は勤務時間が規則正しく、仕事と家庭を両立しやすいメリットがあります。 また、結婚や出産などで職場を離れても復帰しやすいので、 経済面で支え合える関係になれるのがモテる理由のひとつでしょう。 清潔感がある 医者や看護師、薬剤師などの医療系の仕事をしている人は白衣の印象が強く、真面目で清潔感があるイメージが強いです。 「 ナチュラルメイクで、髪をきれいに縛って整えているのが好き」「 清潔感のある女性は清楚に感じる」など、薬剤師女子に女性的な魅力を感じている男性が多いようです。 薬剤師女子が素敵な人と恋愛・結婚する方法 薬剤師女子が素敵な人と出会い、恋愛や結婚をするにはどうすればいいのでしょうか。 出会いにつながる方法をチェックしてみましょう。 職場恋愛 職場での出会いが少ない薬剤師ですが、可能性がないわけではありません。 従業員数が多く、いろいろな人が働いている場所なら出会いの幅は広がります。 薬剤師の主な職場となる調剤薬局・病院・ドラッグストアで、どのような出会いがあるか見てみましょう。 調剤薬局 調剤薬局は女性が働くことが多い職場になり、従業員の数が少ない傾向があります。 そのため、恋愛・結婚に発展するような人と出会いにくいといわれています。 自分の働いている店舗で出会いがないなら、少し視野を広げてみましょう。 定期的に勉強会を開催している職場であれば、他の店舗の男性薬剤師と出会える可能性がありますし、出入りする製薬メーカーの人と積極的に仲良くなればチャンスが訪れるかもしれませんよ。 病院 病院で働いている場合、他の職場よりも出会いが多い傾向があるようです。 病院には医師や看護師、理学療法士などが働いていて、薬剤師以外の職種の男性と出会えます。 男性看護師と恋愛に発展する可能性も少なくないので、話す機会がある人は恋愛対象として見てみてはいかがでしょうか。 ドラッグストア ドラッグストアは、薬以外にも日用品や化粧品などを扱っているため、美容部員や販売スタッフが働いています。 大手のドラッグストアであれば従業員数も多いですし、社内研修やイベントで他の店舗の男性スタッフと出会う機会もあるかもしれません。 自分の働いている職場環境を活かして、出会いのチャンスをつかんでいきましょう。 友人に紹介してもらう 職場での出会いが期待できないなら、学生時代の友人などに男性を紹介してもらいましょう。 結婚相手とはじめて会ったきっかけに「友人の紹介」を挙げる人は多く、 友人なら自分の性格や好みのタイプを知っているので、理想の相手を紹介してくれる可能性があります。 出会うときに友人がアシストしてくれることがあり、友人がいる方が初対面で会話が盛り上がる場合もあるでしょう。 「1:1で紹介されるのは苦手」という人は、合コンをセッティングしてもらって複数人で会うのもいいですね。 思い切って職場を変えてみる 同じ薬剤師や医療関係の人と出会いたい場合は、思い切って職場を変えてみるのも出会いを増やす方法のひとつです。 出会うチャンスを作るなら、 大きめの病院や、調剤薬局が併設した大手のドラッグストアなどに転職してみるといいかもしれません。 薬剤師の資格があればさまざまな職場で働けるので、製薬会社や研究所など他の業種に挑戦してみるのもいいでしょう。 将来を見据えてキャリアアップや、福利厚生がしっかりしているところに転職することを考えている人は、出会いの可能性も選ぶポイントに加えてみてくださいね。 婚活パーティーに参加する 出会いを作るなら、街コン・婚活パーティー・結婚相談所など、恋活サービス・婚活サービスを活用するのもおすすめです。 婚活市場では、安定した職業の薬剤師は人気が高いので、チャンスが多い場合があります。 婚活パーティーは 結婚相手を探したい人だけが参加するので、出会いやすいでしょう。 また、「医療職限定」「20代・30代限定」「高年収限定」など、参加者を限定した婚活パーティーがあるので、自分の理想の相手を探しやすいのもメリットです。 パーティー形式のイベントであれば一度に多くの男性と話せますし、なかなか職場では出会うことがない異業種の男性とも話せるので、チャンスを広げたい人は参加してみてくださいね。 マッチングアプリに登録する ネット恋活・婚活が一般的になってきた今、もっとも多くの人と出会えるのはマッチングアプリではないでしょうか。 多くのアプリが女性無料で気軽にはじめることができるため、婚活初心者にもおすすめです。 マッチングアプリでは、 相手の写真や職業・年齢・理想の相手など細かなプロフィールを見て、出会う相手を選べます。 アプリ登録者が多ければ多いほど、男性薬剤師や医療関係者と出会える確率が高まり、仕事の大変さなどを理解してくれる男性と仲良くなれるかもしれません。 もちろん、「 仕事は関係なく、自分の趣味や価値観が合う人がいい」という場合も手軽に探せます 恋愛・結婚したいなら積極的に行動しよう 薬剤師女子はなかなか出会いがなく、職場で恋愛相手を見つけるのが難しいという恋活・婚活事情があるようです。 出会いが少ないなら、自分で増やしていくしかありません。 薬剤師は結婚相手として人気がある職業ですから、出会いを増やせば男性からアプローチされる可能性もあるでしょう。 恋愛・結婚したいという願いを叶えるために、ぜひ今回解説した方法を参考にして、積極的に行動してみてくださいね!.

次の

薬剤師と婚活パーティーで出会うには?出会い方と攻略法も紹介!

薬剤師 婚活パーティー

今回は、 私の婚活体験談を書きたいと思います。 私は、結婚相談所をメインに婚活をはじめました。 その中で、初めてお会いした方です。 職業: 薬剤師の A さん 38歳、同じ歳。 結婚相談所のパーティーでお会いし、その後、結婚相談所アプリ内から連絡を取り合いはじめ、お会いすることになりました。 私の中では、パーティーのときにはそんなに強い印象はなかったので 「同じ年齢だし、まず会ってみよう!」という感覚でした。 写真からは、笑顔でほがらかな感じの印象でした。 お酒はそこそこ飲まれるようで、私も好きなワインが好きということもあって、食べ物の好みも合いました。 初めて二人でお会いするので、2時間ほどお食事をしました。 実際会ってみると、静かなイメージの方でした。 写真で見たイメージとは少し違う様にも見えました。 私は、そんなにおしゃべりというわけではありませんので、私が話をしないと会話が続かないことに気がつきました 私自身、ずっと接客業をしていたので、会話の切り出し方や続け方、会話の引き出しは持っている方だと思っています。 家族の話や小さい頃の話、好きなことなど話しました。 いろいろ話してどんな人なのか、人柄も分かりました。 周りから見たら、会話も弾み仲良く会話しているかのように見えたと思います。 でも、Aさんとと食事が終わって分かれたあと、 凄く疲れた。。。 が一番の感想でした。 接客の業務が終わったみたいな感じでした 大人しい人だったんです。 奥手なのか。 アドバイザーさんからは、 「薬剤師さんだから仕事柄物静かなのかもしれないわね。 」と言われ、確かにそうかもしれない。 とは思いました。 お会いした後、LINEでやりとりしを続けました。 LINEではかなりお話するので、今回は初めて2人でお会いしたから 「きっと、初めてで A さんも緊張していたのかな?」とか思いながら、またお会いする約束をしました。 Aさんの良いところが見えるかもしれない!と思いながら、あと2回2人でお会いしましす。 その後の話は、また別で載せていきます•

次の