ミッドサマーグロ。 映画『ミッドサマー』公式サイト 絶賛公開中

【ミッドサマー】血の鷲(血のワシ)という処刑方法がグロすぎてやばい件!実在した拷問方法だった?

ミッドサマーグロ

映画概要の詳細 タイトル ミッドサマー 監督 アリ・アスター 公開日 2020年2月21日 キャスト フローレンス・ピュー ダニー ジャック・レイナー クリスチャン ウィリアム・ジャクソン・ハーパー ジョシュ ウィル・ポールター マーク ウィルヘルム・ブロングレン ペレ アーチー・マデクウィ サイモン エローラ・トルキア コニー ビョルン・アンドレセン ダン ミッドサマーのあらすじ 物語の大筋は、こんな感じ。 とある一組のカップルがいて、彼女の方がちょっと精神的に病んでるんです。 んで!いきなりですけど、彼女の妹が両親を道連れに一家心中するっつー展開を繰り広げます。 それで病んでる彼女の心のダメージに拍車がかかっちゃうわけよね。 それを見かねた彼氏とその友達は、もともと計画していたスウェーデン旅行に、彼女も誘うことにしたんです。 ただ、 その旅行ってのがただの旅行じゃなくて…。 訪れた先の村で、あんなこととか、こーんなこととか、もう「マジ!?」って感じの展開が待ってるんすよねー。 もちろん、個人的な見解っすよ?だっていわゆるホラーの王道である、『幽霊』とか『猟奇的殺人鬼』とか、そーゆうのはでてこんから 笑。 それと、このスウェーデン旅行の目的ってのが、ただの娯楽じゃなくて、とある村について調べるための旅行なんだけどさ。 僕としては、グロいシーンがこの映画の見所だったように感じましたね。 どんなとこがグロいかってのは、あんまやりたくないけどできるだけ詳しく書いていきます。 年老いた男女の死 映画中盤あたりでのワンシーン。 とりあえず訪れた村ってのが、なんか新手の宗教集団チックな雰囲気なのね。 そんでみんなで食事を食べるシーンがあるんだけど、年老いた男女が一組いてさ。 多分夫婦的なくくりなのかなぁ、みんな白い衣装を着てんだけど、その二人だけは灰色っぽい服を着てんです。 移動するにもなんかイスごと担がれてさ、王様かなんかなのかなって思ったわ。 ってそんなことはよくて。 問題のシーンは食事が終わった後に訪れる。 みんなで移動して、すげぇ開けた空き地みたいなところに向かいます。 そこにはそーだなぁ、だいたい40〜50mくらいの崖があって。 その上にさっきの老人二人がいて、他のみんなは下から見上げてんのよね。 この時点でだいたい察したよ 笑。 まずは女性。 手のひらにナイフを突き立てて、思いっきり切ります。 んでなんか紋章?が書かれた石にその血をブワァっとこすりつけて、崖の先へと向かう。 くるぞ、そろそろくるぞ。 空を見上げて恍惚な表情を見せると、崖の上からいきなりダーイブ!!! キター! 飛び降りた先には、ちょーどいい岩があってそこにバーーーンですわ。 普通ならよ、まぁ音は聞こえるわな。 でもこの映画さ、そのグチャグチャになった死体が丸見えなのよ。 なんならアップしてんの 笑。 マジでキモすぎる! はい次は男の方いくよ。 崖から飛び降りるまでは女と一緒。 問題はその後。 この男ってのが腰抜けでさ。 女は頭からいったのに対して、こいつ足からいっちゃったのよ。 そしたら何が起こるって、死ねてない問題発生。 まだ意識残ってんだよ!でも足はグチャグチャなんだーーーー!!! ヴォェッ!思い出しただけで気持ち悪い。 でもこんなのまだ可愛いもんだったわ。 次の瞬間ね、下で見てた連中が餅つきの杵みたいなハンマーを持って登場したよ。 「嘘でしょ…。 ちょっと待ってって…。 」と思うよね?はい、その ハンマーで男の頭をカチ割り始めます、何回もね!その画も当然丸見えだしさ、何が嫌だって、音!グチャでもなく、ヴァグォォみたいなさ。 聞いたことないけど、多分こんな音すんだろうなぁって音が響き続けます。 このシーンはマジで吐くかと思った 笑。 一緒に行った友達の死 5〜6人で行ったんだけど、だんだん友達減ってきます。 まぁ村のイカれた連中にやられてくんだけど。 中盤ではいなくなるだけで、どうなったかは詳しく触れられません。 終盤で怒涛の回収がレッツスタート!まずは一人目、生き埋め。 足だけひょっこり地面から顔を出してます 笑。 こんなのレベルゼロだわ。 続いて二人目、ちょっとグロい。 小屋みたいなところで吊るされてます。 とりあえずぱっと見はそれだけ。 まぁ、目玉にタンポポみたいな花が埋め込まれてんだけど。 問題はそこじゃなくて後ろ側。 なんかね、羽みたいなのが生えてんすよ。 ピンク色のね。 最初はそれがアップで映るからよくわかんない。 だんだん引きの画になって組んだけど、よーく見てたらぁ…、これ…内臓でできてね!? そう、 羽だと思ってたやつ、内臓でできてたーーーーー!!!エグイ!気持ち悪い! なんだろう、吊るされてたのは空を飛んでるイメージだったんかな?背中パックり割られて、キレイに内臓取り出されてたわ〜。 本当に吐き気が襲ってくる…。 特徴的だったのはこの二人くらい。 あとは熊の内臓取り出して、着ぐるみみたいに着せられてたりとか、そんくらいだったかな〜 ってこれも普通じゃないか。 結末:結局何が伝えたかった? 僕が思うに、本当に怖いのは人間だよってことを言いたかったんかなぁと思いました。 ってい言うのも、最後のシーンで生贄を選ぶ場面がやってくるんです。 はしょったから全然説明してないけど、その選ぶ権利が、いろいろあってあの精神不安定だった彼女にあるのね。 選ぶ対象はこの二人。 『村の見ず知らずの男』か『自分の彼氏』の2択。 選ばれたのはぁ………、彼氏——————ッ!!! 実は旅の途中でさ、彼氏が村の研究に熱が入りすぎるがあまり、彼女との関係が悪化してたの。 あげくの果てには、研究のために村の若い女とチョメチョメしてたりなんかして。 しかもそれを彼女に目撃されたりなんかして 笑。 だからかなぁ、彼女は自分の彼氏を選んだんだろうね。 もちろん復讐のために。 最終的に彼氏は生きたまま焼き殺されるんだけど、それを彼女がスッゲェ嬉しそうな笑顔で見ながらこの映画は終わっていきましたとさ。 グロが苦手な人は要検討! んーーーーー、なんか消化不良!!!ホラーだと思って行ってるからね、こっちはさ。 カレー食べにカレー屋さん行ったのに、オムライスしか置いてなかった的なね 笑。 知らんけど。 とにかく、ホラー映画ならではの、背筋も凍る的なのを期待して見に行くと、拍子抜けすると思うんでやめといた方がいいはず。 結末自体も、いわゆる『胸クソ』ってほどでもないんだけど、なんだかなぁって感じでした。 とにかくグロ耐性の無い人は絶対に映画を見ないほうがいいですよ! 以上!最後まで読んでくれてありがとうござました!.

次の

ミッドサマー (映画)

ミッドサマーグロ

「ミッドサマー」の登場人物・キャスト ダニ: フローレンス・ピュー 心理学専攻の学生。 妹が両親を道連れに自殺して以来、 心に大きな傷を抱えている。 クリスチャン: ジャック・レイナー 人類学専攻の学生。 ダニとは4年付き合っているが、 その関係は冷めかけている。 ペレ: ヴィルヘルム・ブロムグレン クリスチャンの学友のスウェーデン人。 人里離れた村の出身であり、 故郷の祝祭に友人たちを招待する。 ジョシュ: ウィリアム・ジャクソン・ハーパー クリスチャンの学友。 北欧の伝統文化を研究しており、 論文執筆の調査のため ペレの故郷を訪れる。 マーク: ウィル・ポールター クリスチャンの学友。 学業には熱心でないようで、 祝祭の最中でも態度が悪い。 「ミッドサマー」のネタバレあり感想 注意!ここから先、グロテスクな表現が含まれます 「ミッドサマー」の内容を ひとことで表すならば、 真っ昼間から繰り広げられる悪夢 これに尽きるでしょう。 舞台は夏のスウェーデン。 夜9時を過ぎても太陽は沈まず、 闇のやってこない世界です。 緑は生い茂り、 花は咲きほこり、 空はどこまでも青い。 そんな美しい自然を背景に 人がばったばったと惨死していく とんでもない映画でした。 飛び降り死体の ぐちゃぐちゃになった頭部を 大写しにする映画とか、 もうどうなってんですか。 監督はあたまおかC しかしどうにも、 前作「へレディタリー」に比べて 間延びしている感じは否めません。 とにかく淡々と儀式が進み 淡々と人が死んでいくので、 物語上の起伏があまりないんですよね。 この手の映画、普通なら 主人公たちが逃げようとして 村人が追いかける、みたいな 筋書きになるところですが 「ミッドサマー」ではみんな 人類学研究の調査に来てるので、 逃げようという気にならない。 ただただ異文化を受け入れ、 儀式を理解しようとしている。 それが新しくもあるのですが、 エンタメとしては成立してない ようにも感じました。 映画初心者はお断り、 完全にマニア向けのカルト映画として 楽しむのが正解のように思えますね。 ……では感想はこのくらいにして、 次は考察編にうつります! ポイント1: ダニの部屋の内装が示す意味とは? 物語の伏線は、 スウェーデンに飛ぶ前から すでに張られていました。 まずダニの部屋に飾られている絵。 バイキングの少女と巨大な熊が 印象的に描かれています。 これはダニとクリスチャンの 関係性を象徴していると言えるでしょう。 熊はその後も画面に登場します。 オリの中に閉じ込められている熊。 火に包まれる熊の絵。 そして、熊の毛皮を着て焼かれるクリスチャン…… クリスチャンとの関係を 克服する過程が、 すでに画面の中で語られ始めていたわけです。 アリ・アスターはほんとに芸が細かいよ また、 ダニの部屋にやたらと 植物があるのにも気づいたでしょうか。 ペレの従兄弟から ドラッグをもらって以降、 ダニは植物の力を強く 感じるようになっていきます。 しかし彼女は最初から、 植物に惹かれていたんですね。 部屋の中にあるのは葉っぱばかりでしたが、 スウェーデンに来ると芝生や樹木、 そして花々からエネルギーを受け取っていく。 最終的には 全身を花で包まれた 「5月の女王」として覚醒するのです! ポイント2:「アテストゥーパ」の儀式は実在した? 「ミッドサマー」のヤバさを 一瞬で示してくれる "アテストゥーパ"の場面。 72歳を迎えた老人が、 崖の上から身を投げて死ぬ という恐ろしい儀式です。 ぐちゃぐちゃの頭部の大写し、エグいことやるわ これは決して 映画のなかだけの作り物ではなく、 古代北欧の伝説をもとにしています。 北欧に詳しい人にとっては 有名な儀式のようで、 ジョシュは儀式の中身を 知っているような素振りを 見せていますね。 ペレはおそらく 「うちの故郷では いまだにアテストゥーパを やっているぞ。 見に来ないか?」 とでも言って、 ジョシュを誘ったのでしょう。 ポイント3: 何度も登場するルーン文字、その意味は? 村の中では 「R」に似たルーン文字が 何度も登場します。 これは北欧に実在する文字で、 イチイの木を象徴しているそうです。 これは架空の文字のようです。 僕の解釈ですが、 「R」は死、鏡文字の「R」は生を表している のではないでしょうか。 長老たちが飛び降りる崖、 その上の碑文には「R」が掘られています。 一方で、 ペレがダニにプレゼントした似顔絵の 右下には鏡文字の「R」」が書かれていました。 生と死は表裏一体、 同じものだという考えが この文字に象徴されていると 考えられます。 同じような意味では、 乾杯の儀式も 生と死が対称になっていました。 生と死の対称性、ほかにも探せば見つかりそう! ポイント4: サイモンはなぜあんな殺され方をしたのか? ペレの従兄弟が連れてきたサイモン。 物語中盤で行方不明になりましたが、 鶏小屋の中で 背中を大きく切り裂かれた 惨殺死体となって発見されました。 実はあれ、 ブラッドイーグル(血のワシ)と呼ばれる 古代北欧の処刑方法なのです。 実在の処刑方法なのか、 伝説上のものなのかは 専門家でも意見がわかれるそうですが。 ただの空想ではなく、 冒頭の「アティストゥーパ」と同様、 北欧の伝承をもとにしているんです。 ちなみにですが、 よく見るとサイモンの肺が 動いてるんですよね…… もしかしたら、 クリスチャンがサイモンを 発見した時点では、 彼はまだ生きていたのかもしれません。 こっっっっわ! ポイント5: "命を捧げる"ことに意味はあるのか? 「ミッドサマー」では、 命に関する異質の価値観が提示されます。 老いさらばえて死ぬのは悪いこと。 若い世代のために命を捧げることが 喜びである、と語られるのです。 一般社会に住む我々には とても理解しがたい考えですが、 ダニにはある意味救いになっています。 突然死んでしまった妹、 その巻き添えを食って 殺された両親の死にも 意味があったと考えられるからです。 しかし! ここから先が アリ・アスターの意地悪なところ。 最後の最後で、 自ら死ぬことを志願した若者が 悲鳴をあげながら炎に包まれる 場面を入れてくるんですね。 ほらー! やっぱり死ぬのって怖いじゃーん!! ヨボヨボになっても寿命が尽きるまで生きるべきか、 信仰の中で自ら時期を定めて死ぬべきなのか。 「ミッドサマー」は 全然答えを示してはくれません。 観客自らが死について 考え続けざるを得ないように 作られた結末なんですよ。 ポイント6: なぜダニは最後に笑ったのか? 主人公のダニが、最後の最後で 実に意味ありげな笑顔を浮かべて、 「ミッドサマー」は終わります。 あの笑顔の意味は なんだったのでしょうか? 僕の意見では、 形だけの家族から離れて 本当の家族を手に入れられたから ではないかと思います。 ダニを支えてくれるはずの クリスチャンとは、 ずっと関係がギクシャクしていました。 恋人であるとはいいつつ、 付き合った記念日も 誕生日すらも覚えてません。 一方で、ダニを親身になって 支えてくれたのはペレです。 ダニと妹や両親との関係性は はっきりとは描かれません。 しかし、 最後に幻覚として現れた両親ですら、 ダニに声をかけない点を見ると、 彼女は家族の中でも孤立していたのでは ないかと思われます。 ずっと寂しい思いをしていたんだね ダニは儀式の中で 「5月の女王(May Queen)」に選ばれ、 村人たちから大きな祝福を受けます。 また全身を花飾りで覆われ、 物語序盤から感じていた 植物のパワーを受け取るのです。 極めつけには、 形だけの恋人だった クリスチャンを葬り去り、 過去から完全に決別します。 一見バッドエンドですが、 ダニにとっては完璧な ハッピーエンドになっている。 これが「ミッドサマー」という 映画の正体なのです。 まとめ 〜カルト映画の新たな古典が誕生した〜 「ミッドサマー」、実に恐ろしい映画でした。 ホラー映画としてのカタルシスはなく、 真夏の太陽のもとで ひたすらおぞましいものを映すという、 とんでもない芸当をやってのけてくれました。 正直なところ 物語の面白さとしては 「へレディタリー」が上かと思うのですが、 「ミッドサマー」もまた カルト映画の古典として語り継がれることに 間違いはないでしょう。 お行儀のいい映画ばかりが もてはやされがちな昨今のこと、 こういう劇薬のような映画も たまには観ておきたいものですね。

次の

【ネタバレ】ミッドサマーのグロシーンの詳細まとめ!モザイクなしでリアルな描写!

ミッドサマーグロ

こんにちは。 かみずです。 映画「ミッドサマー」 アリ・アスター監督による2作目の作品となります。 前作 「ヘレディタリー 継承」が傑作と名高い評価を得ており、今作品も期待が高い映画です。 ヘレディタリーはジワリジワリと侵食されるような恐ろしさで、見終わった後も引きずりまくりの作品でした。 そう感じますよね。 でも、怖いもの見たさでワクワクします! ここでは、 ・映画ミッドサマーには年齢制限があるの? ・映画ミッドサマーで対象年齢の個人的見解 ・観た人の怖さやグロさに関する評価感想について について触れていきたいと思います。 今作品、映画ミッドサマーは 「R15+」指定となっています。 ですので、 15歳未満の子供たちは閲覧禁止です。 それぐらい怖い表現や衝撃的な描写があるという事になります。 「どうしても見てみたい」という子供たちは R指定を承知の上で保護者の方にDVD、ネット配信を見せてもらって下さい。 個人的には、今作品は子供たちにはオススメしません。 映画ミッドサマーを見るのに対象年齢の個人的見解 上記でも述べましたように、今作品は 「R15+」指定となっています。 ですので、中学校3年生から高校一年生からの鑑賞が可能という事になります。 僕の個人的な見解を言いますと、 「ホラー映画が好きで怖い映像に慣れている」 そういう子なら 年齢制限の対象にならない子は観ても良いと思います。 「怖いのやグロいのが少しでも苦手」 そういう子は 無理して観ない方がいいかもしれません。 ですが、今作品はグロい描写が多そうに見えますが、そこまで凄くないようです。 グロい描写がある事は間違いないのですが、 多くはないみたいですね。 「怖いのは見たいけど、グロのはちょっと・・・」 という方は、比較的大丈夫なんではないかと思われます。 年齢制限の理由としては、怖さやグロさの衝撃というよりも、 性的描写の方が強いためと思われます。 女性の裸が出てくるシーンが結構あり、性描写もあるようです。 少し安心できるかもしれませんが、一緒に誰かと見に行くなら、ちょっと考えなければならないかもしれません。 だって、一緒に見る人は気まずくなりませんか? ですので、できれば一人で見る方が無難かもしれませんね。 明るいことが逆に怖いフェスティバルスリラーです。 1回観たらもう1回観たくなりますよ! ホラーが苦手な人でも楽しめます 私は苦手ですがめっちゃ楽しめました 笑🤣 — えすでぃー SD07672799 本国で公開してからずっと楽しみにしていた、「ヘレディタリー」のアリ・アスター監督 最新作「ミッドサマー」を試写会で見てきました。 冒頭で地獄、お祭り始まって地獄、ラストまで地獄。 怖いというよりおぞましかった。 だけど最高に面白かった。 ホラー映画好きなら是非映画館で! — ペイジロー payjiro 試写会でした。 評判は見ていたので内心かなりびびっていましたが、終盤はなんか苦笑いでした。 怖いんですけどね、いろんな意味で。 こちらの心象次第で見え方がまるっきり変わるゲスな現象の最たるやつって感じでした。 特にアレをアレするシーンはほとんどコント — 真昼の幽霊 mahirunoyurei ミッドサマーはマジでネタじゃなくて解放のカタルシスが得られる映画なので少しだけグロが写るけどそれが大丈夫なら兵長にこそ見てほしい映画 — (祝)しづゑ(祝) NoKichStickHigh まとめ いかがでしたでしょうか。 「映画「ミッドサマー」は怖いしグロいので子供はトラウマ級?ぼかし入りの年齢制限も解説」についてでした。 少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。 今作品は前評判も高く、観た人もかなり満足度の高い映画という声が多いです。 期待できますね。 ぜひ、明るいけど「何か怖い・・・」 それが、どういう物なのか映画館に足を運んでみて下さいね。 こちらの関連記事もいかがですか? 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の