ボートレース鳴門リプレイ。 ボートレース尼崎 Official Site

競艇場(ボートレース)ライブ

ボートレース鳴門リプレイ

次節の総展望 頑張れレノファ! 徳山からエールを送る6日間! ボートレース徳山では7月20日から「レノファ山口カップ」が開催される。 サッカー・J2リーグで戦うレノファ山口とコラボしたこの大会は、17年にスタートして今年で4回目。 毎年夏の恒例レースになってきた。 今回はA1勢から山一鉄也(福岡)、荒井輝年(岡山)、市橋卓士(徳島)、竹田辰也(山口)、海野康志郎(山口)、中田元泰(香川)、末永由楽(岡山)、片岡雅裕(香川)、長谷川雅和(岡山)、高田明(佐賀)が参戦。 高速ドリブルで水面を切り裂き、Vゴールを駆け抜けるのは誰になるのか。 V候補の筆頭格に挙がるのは市橋卓士だ。 今年の勝率7. 05は今節出場メンバーのなかでトップの数字。 今年5優出1Vとコンスタントな活躍を見せており、3月のSGボートレースクラシックでは予選6位に入るなど記念戦線でも存在感を示している。 徳山では過去2回のV歴。 当地前走となる18年のG3企業杯で堂々のオール3連対Vを飾っており、今節は徳山2節連続3回目の優勝がかかる一戦だ。 対抗一番手は竹田辰也と海野康志郎の地元勢か。 竹田は昨年7月に行われた「レノファ山口カップ」で優出2着。 羽野直也と優勝争いを演じて惜しくも準Vだっただけに今回は頂点を狙いたい。 徳山は通算15優出0V。 悲願の当地初Vを目指す。 海野は徳山通算19優出2V。 近況当地2節連続優出中だ。 今年初めての徳山参戦で大暴れを見せるのか。 荒井輝年も見逃せない。 4月の江戸川戦と5月の若松戦で優勝するなど今年6優出2Vをマークしている。 徳山は今年すでに2回走っており、2月の「山口マツダ周南東店カップ」では松井繁や上條暢嵩らとV争いを演じて優出4着に入っていた。 徳山初Vは射程圏だろう。 その他ではG1タイトルホルダーの意地を見せたい片岡雅裕や、5~6月に4節連続優出を飾るなどリズム上昇中の山一鉄也、前期勝率6. 20で2期連続のA1級キープに成功した末永由楽、6月のG1大村周年で予選6位に入るなど近況地力アップが光る中田元泰、前期勝率6. 44で4期ぶりのA1級復帰を果たした長谷川雅和、6月の住之江戦で約3年9カ月ぶりの優勝を飾った高田明らがV争いに加わってきそう。 またA1勢以外にもSGタイトルホルダーの田頭実(福岡)と濱村芳宏(徳島)や、徳山2Vの実績がある上田隆章(香川)と眞田英二(徳島)、6月の丸亀戦で約7年ぶりの優勝を飾った吉田光(佐賀)、4月の宮島GWレースで優勝した松本博昭(広島)など楽しみな選手が揃っている。 (データはすべて7月2日現在。 カッコ内は所属支部)• 一般戦• モーニング• 女子戦 本場一般席 7月 1 水 2 木 3 金 4 土 5 日 6 月 7 火 8 水 9 木 10 金 11 土 12 日 13 月 14 火 15 水 16 木 17 金 18 土 19 日 20 月 21 火 22 水 23 木 24 金 25 土 26 日 27 月 28 火 29 水 30 木 31 金 本場 JLC放送 682 680 680 680 680 681 681 681 681 681 681 680 681 681 681 681 681 684 683 683 683 683 683 683 684 684 場外 本場指定席&すなっちゃ徳山 本場 休館 モーニング デイ ナイター•

次の

レースリプレイ

ボートレース鳴門リプレイ

ボートレース鳴門とは? ボートレース鳴門(なると・鳴門競艇場)は、徳島県鳴門市にある競艇場です。 施行者は鳴門市と松茂町のほか、二町競艇事業組合(松茂町・北島町・板野町による一部事務組合で、以前は藍住町も参加しておりました。 兵庫県と香川県の県境ということもあって、徳島県だけではなく在阪局や岡山香川準広域局でもCMが放映されているなど、地域住民からも親しみのあるボートレース場として有名です。 特徴 ボートレース鳴門は、SG級の全国規模の名レーサーを数多く抱える割には、施設の規模の小ささもあり、SGの開催は草創期に現在の笹川賞競走の前身にあたる「 全国地区対抗競走」が1度開催されたのみとなっております。 初の全国発売レースとして2009年4月14日 ~19日まで「 競艇名人戦競走」が開催されたあと、施設改修後の2016年7月13日~18日に初めての「 SGオーシャンカップ競走」が開催されました。 また、場内に設置されている大型映像装置の大きさは、ボートレース住之江に次ぐ大きさとなっています。 2011年11月には本場に隣接して従来あった外向前売発売所を改装した外向発売所「 エディウィン鳴門」がオープンしました。 2014年2月19日~2月23日に開催された「 60年ありがとう競走」を最後として、2016年4月27日までは南海地震の津波対策として防御柵の設置工事を行うため、レースの開催を実施しませんでした。 なおこの期間中も、外向き発売所・エディウィン鳴門と、ボートピア土佐、オラレ美馬での他場の相互場間場外の発売は実施を行っておりました。 そして、2016年4月28日に新スタンド完成とともに開催を再開し、場内は2018年4月頃に、場内撮影が解禁となりました。 ただし、スリットライン10m前後付近は未だに撮影禁止です。 マスコットキャラクター ボートレース鳴門のマスコットキャラクターは、鳴門鯛をモチーフにした「 なるちゃん」です。 鳴門の渦潮は世界三大潮流に数えられており、その渦潮に揉まれた真鯛は『鳴門鯛』と呼ばれ、身が引き締まりぷりぷりとした味わいでブランド化されており、なるちゃんはこの鳴門鯛をモチーフにした見た目となっています。 ボートレース鳴門の施設がリニューアルオープンした時に、デザインも一新されました。 コース競走水面の特徴 ボートレース鳴門のコース水面は海で、水質は海水です。 競争水面の幅は第一ターンマークのホーム側が45メートル、バック側が80メートルで全国24か所の競艇場の中でもかなり狭い部類になります。 小鳴門海峡上に水面があるので、潮の流れが速く、イン逃げが決まりやすいという特徴があります。 防波堤があるので大きな波やうねりは理論上少ないのですが、目に見えないような小さなうねりが出て乗りにくいというレーサーもいます。 海に面しているので、天候に左右されやすく、打ち切り開催中止や順延、中止日程短縮になることもたまにあります。 名物グルメ ボートレース鳴門の名物グルメは「 鳴ちゅるうどん」です。 実はボートレース場の名物というよりは徳島県鳴門市のご当地うどん(B級グルメ)として有名なグルメで、ちゅるちゅるとうどんを食べる音と鳴門市の鳴が合わさって「鳴ちゅるうどん」と命名された名物グルメです。 また、マスコットキャラクターのなるちゃんを焼いた「 なるちゃんたい焼き」も名物おやつとして人気のグルメです。 主要開催競走 ボートレース鳴門の主要開催競争をご紹介します。 女子リーグ戦の名称は「 渦の女王決定戦競走」、お正月には「 松竹杯競走」、ゴールデンウィークには「 日本モーターボート選手会会長杯競走」、お盆には「 渦王杯競走」が行なわれています。 2010年6月からは「ドーンと勝負! 鳴門の3段ロケットレース!! 」として、企画レースも開始されています。 予想攻略のポイント ボートレース鳴門ではあ、防波堤があることで大きな波やうねりはないと言われつつも、やはり世界的渦潮のある鳴門海峡は一筋縄ではいきません。 その為、第一にチェックしたいのが潮の流れです。 公式ページにもしっかり潮見表があるので、まずは必ず確認するようにしましょう。 満潮の時は乗りにくく、レースも荒れやすくなるのですが、特に水位の上昇中と下降中では大きな違いがあり、下がっている時の方がレーサー的には断然乗り心地が良く気持ちよく走れるようです。 ボートレース鳴門のコース別のデータを見ると、1コースのイン逃げに次いで、3コース、4コースからのまくりの決まり手が多いという特徴があります。 また、2コースの差しだけではなくまくりという決まりてが見られやすいのも、ボートレース鳴門の特徴とも言える部分でしょう。 また、ボートレース鳴門は艇が風の影響を大きく受けると言われ、場合によってはインコース絶対有利が崩れるほどの風となります。 夏場は甲子園の浜風、冬場は六甲おろしと季節風が吹き荒れることでレースの戦況を変え、スタートタイミングが取りづらく選手がスタートを上手くきることができずに、まくり差しが出やすい状況が生まれます。 更に、鳴門の花道と呼ばれるバックストレッチ内側の、艇のスピードが伸びる位置が存在しており、1周1マーク旋回後に6コースから最内を差した選手が大きく伸びてトップになったり、他アウトコースから差してきた選手が舟券に絡むことが多くなるなど、オッズ的にも展開的にも荒れるレースが見られる事も多いのがボートレース鳴門です。 結果はbbで配信されていない? 多くのボートレース場では、ライブ配信とレース結果はbbで見る事が出来ますが、ボートレース鳴門では直接公式サイトをチェックする必要があります。 ・ライブ配信(外部リンク) ・リプレイ(外部リンク) なぜこのような仕様となっているのかは不明ですが、見ることはできるので特に問題はありません。 アクセス方法• JR鳴門線鳴門駅から無料送迎バス5分• JR高徳線徳島駅から無料送迎バス30-35分• 淡路島(東浦バスターミナル発)からも無料送迎バスが運行されています。 関西方面から高速バス高速鳴門バス停下車徒歩10分。 まとめ ボートレース鳴門(鳴門競艇場)は2016年4月に施設リニューアルがされたことで、全国の他の競艇場と比較しても非常に綺麗な設備が整っております。 また、レース展開は、干満と天候によって大きく荒れることもあり、特にホームではないレーサーは適応に時間がかかるので、未だにスタートがうまく出来ないというレーサーも多く、予想する際には当地成績のチェックは必須といえます。 朝一からモーニングレースでボートレース鳴門、夜からナイターでボートレース丸亀という一日競艇を満喫できるコースも競艇ファンにはたまりません。 是非一度お試しください。

次の

競艇場(ボートレース)ライブ

ボートレース鳴門リプレイ

20:41• モーニング• サマータイム• ナイター• ルーキーシリーズ• オールレディース• ヴィーナスシリーズ• 締切予定時刻は締切5分前より赤く表示されます。 お好みレーサー出場のレース場は で表示されます。 (ログイン後に表示されます).

次の