お互い 頑張り ま しょう。 【至急】※男子は、見ないでね!:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

新中学生の人に質問です!:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

お互い 頑張り ま しょう

上から目線ですみません 長文失礼いたします。 でも、母が近くにいたので、こっそり言いました。 お湯に浸かると、出てしまうかもしれないらしいので、シャワーだけにしてます。 でも、私は、パンツが汚れてしまうことが、多々あるので、昼でも夜用ナプキン使ってます。 私は、初経が、休校中に来たので、今日はじめての学校がありました。 でも、不安で生理痛がひどくなり、泣いてしまいました。 生理薬は、[バファリンルナj]がおすすめです。 めっちゃ効きます。 ナプキンは、しあわせ素肌がおすすめです。 めっちゃ吸収し、ずれにくいです。 余計なこと、失礼いたしました。 リンゴさん(選択なし・11さい)からの答え とうこう日:2020年6月10日• ニックネームから答えまで、全ての項目を書いてください。 ニックネームにフルネーム(名字・名前の両方)が書かれた回答は紹介 しょうかい できません。 読んでいる人がいやな気持ちや、悲しい気持ちになるようなこと、お友だちを傷 きず つけていると思えるものは書かないでください。 自分やお友だちの本当の名前、住所、電話番号、メールアドレスなどは書かないでください。 送ってくれた回答は全て、キッズ nifty編集部 へんしゅうぶ が確認 かくにん してから、紹介します。 キッズ nifty編集部の判断で、一部を削除しての紹介や、紹介できない場合などがあります。 (誹謗中傷 ひぼうちゅうしょう ととられる内容、他のホームページへのリンクなど)• 夜11時〜朝6時までの「相談の答え」の投稿は受け付けていません。 掲載された回答投稿の削除の依頼をいただく場合がありますが、キッズなんでも相談では、利用にあたり会員登録などを行っていません。 投稿されたユーザーの個人を判断することが出来ないため、削除依頼には対応することは出来ません。 「短編小説」カテゴリへの回答には小説を読んで、感動したことや、感想を書いてください。 小説や書いてくれた人への悪口、小説と関係ない内容が書かれている場合は公開しません。 投稿文章内の誤字 ごじ の指摘は回答として公開しません。 カテゴリごとの新着相談• 04月24日• 03月23日• 03月06日• 06月27日• 06月27日• 06月27日• 06月28日• 06月27日• 06月27日• 06月28日• 06月27日• 06月27日• 06月28日• 06月27日• 06月27日• 06月27日• 06月27日• 06月27日• 06月28日• 06月27日• 06月27日• 06月27日• 06月27日• 06月27日• 06月28日• 06月28日• 06月27日• 06月28日• 06月27日• 06月27日• 06月28日• 06月27日• 06月27日• 06月28日• 06月27日• 06月27日• 06月28日• 06月28日• 06月27日• 06月28日• 06月26日• 06月25日• 06月28日• 06月28日• 06月28日• 06月27日• 06月27日• 06月26日• 04月28日• 04月26日• 04月23日• 06月28日• 06月28日• 06月27日•

次の

一緒に頑張りましょう(。•́•̀。)

お互い 頑張り ま しょう

今日もという事を強調したいのであれば、文章の最後ではなく、最初に言います。 リズム的にも最初の方がいいと思います。 さて、言い方の解説です。 「頑張る」という言葉は英語で言うと一単語がありません。 なのでフレーズで表現するしかありません。 「頑張る」の直訳は「Do your best」ですが、一般的すぎて励ましにならないと思います。 Give it all you got! このフレーズは「あなたのすべてを尽くしてやれ!」という意味です。 この「give」は捧げるという意味です。 文法的にいうと、「got」は正しくないです。 (正しい文法なら、「have」です) でも「got」の方は短くて、ドンとくる言葉なので割と刺激的です。 例: I have no money お金がない。 I got no money! このフレーズは「us」と「our」を使うので、「みんなで、一緒に!」というニュアンスが強いです。 Give your best shotの直訳は「一番の一発という直訳です。 」 イメージはスポーツ的で、「一回やってみよう!」という感じです。 このフレーズは、1つのことを繰り返す時によく使います。

次の

【至急】※男子は、見ないでね!:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

お互い 頑張り ま しょう

先日,運動場で体育の学習の様子を見ていてふと見上げてみると…,何やらあやしいものが…。 というのは冗談で,体育館工事,順調に進んでいるようで,屋根の部分の工事が行われていました。 その工事を進めるためのクレーンです。 大がかりな工事ではあるのですが,工事業者の方々,本当に子どもたちのことをよく考えてくださっていてありがたいんです。 例えば,「音の出る工事,できるだけ子どもたちの邪魔にならないようにしたいので,時間割教えてくれません?」と申し出てくれます。 学校としては本当にうれしいことです。 もちろんすべての作業がそのように…とうまくいくわけではありませんが,その「心遣い」はやっぱりうれしいものです。 そして何よりやはりプロ!先日話を伺うと,順調に工事は進んでいるとのこと。 電気関係や機械関係の工事の方々も,細かなところまで丁寧に仕事してくださいます。 きっと体育館完成後の子どもたちの笑顔,思い浮かべてくれてるんだろうなって勝手に思っています。 そんな「プロの意識」をもった仕事姿を目の当たりにして,改めて子どもたちが登校してきてからの私たち教職員の在り方もしっかりしなきゃいかんと思う次第です。 そう!私たちは教育のプロ!であるはず!しっかりと,丁寧に子どもたちに関わっていきたいな。 そして何より子どもたちにそっと寄り添うことができるようになっていきたいな,そう思っています。 クレーンが上へ上へと伸びていくのを見ていると,なんだか「子どもたちを伸ばしていくのは,これを見ている君だーー!」と言われているような気がしました。 気持ち引き締めてがんばろっと!.

次の