インク サンズ。 サンズマインズ・シャーピー:マジックショップのフレンチドロップ。手品 用品(グッズ)の通販

サンズ好き集まれェェ:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

インク サンズ

「これはあなたの物語。 」 Undertaleの二次創作ゲーム シナリオ的にN,TP,G全部ネタバレ ローディングされない。 Chromeがおすすすめ。 色々調べてください。 サンズが仲間になるとどこでも好きなタイミングで ACTでサンズと会話できたりします。 エンディングは全部で5個か6個ぐらい。 微妙にセリフ変化する場合は除いてます。 周回前提の構成です。 ツクール歴も製作期間も6ヶ月。 ゲーム画面真っ暗になった A. 更新すると治るかも? Q. 溶岩の所の光の玉が投げれません A. 左下の音量の隣りにあるパッド使え サンズと仲良くなる攻略メモ スマホ:頭の上の方を指でタッチしたままひたすら擦る PC:頭の上の方をドラッグし続けて撫でる セリフで仲良し度が上がってるか判断できます。 手を離したり変なとこ触ると仲良し度が下がります。 アイスショップ、BAR、カフェが海辺の街でオープン。 色々イベントやエンディング追加。 終盤のイベントの会話と反応と出来ることを色々増やす。

次の

#1 アートとは。

インク サンズ

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 中央区の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 空港周辺• 中央区の人気レストラン• 人気の料理• 人気のレストラン カテゴリー•

次の

サンズ好き集まれェェ:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

インク サンズ

!注意!インクくんのキャラが崩壊してます!クールでキュートなインクくんのイメージを壊したくない人はブラウザバックを激しく推奨!!なんでも許せる人のみ観覧して下さい! インクサンズはその姿の通り、絵画が得意だ。 なんなら描いた物に命を吹き込むことだってできる。 塗料をぶち撒ければ、AU……所謂時空間さえ行き来できてしまう。 誰もが夢にみたような事が彼にはできる。 そう、なんだってできてしまうのだ。 なんだってできるのは確かに凄い。 いっそ羨ましいくらいだ。 ある一種才能に恵まれ、色々な可能性を秘めているのだから。 そこは認めよう。 でも、だ。 「ちょっと人間のデッサンがしたいからさ。 下心とかも恐らく無い……いや、だとしてもだ。 人として普通に嫌なものは嫌だ。 「大丈夫だよ…凄くセクシーに描いてあげるからさ……」 前言撤回。 彼は下心ありきで私をモデルにする事を要求している。 そんな変態くさい表情、今までに見たことないんだけど!! 「……私じゃなくて、別の人に頼んだら?なんなら男の人でもいいよね?」 「何が悲しくて男の裸体を描かなあかんのや。 」 こちらの反論も虚しく、うげぇ…と物凄く嫌そうな顔をしながらインクサンズは私の提案を却下した。 キャラまで崩壊したしこの骨……。 「……ネットで"人間 デッサン"とでも検索にかければいくらでもモデルは出てくるんじゃない?」 ならばこれでどうだと、さらに提案してみると、 「こういうのはリアリティが大切なんだよッ!!!実物をモデルにする方がより繊細かつ芸術的な絵が描けるのッ!!!」 いや、力説されましてもね……。 もっと他にもパーツを動かせるような模型を使うなりできるでしょうよ……。 尚も抵抗を続けるとぐぬぬと歯を食い締めて口惜しげな表情を見せたのち、ふーー……と溜め息をつかれた。 ……諦めてくれたかな。 ほっと肩の力を抜いたその瞬間、インクサンズはとんでもないことを口走った。 「こうなったら仕方がないね……あんまり強硬手段とかとりたくないし、手荒なことはしたくないんだけど……抜いでくれないなら脱がせるまで!!」 「!?」 な、なんて奴だ!! こちらに飛びかかってきたのでサッと素早く避け、インクサンズから目を離さないまま後退する。 彼もまたUNDERTALEのモンスター同様、魔法で形成された身体故に魔法が使えるという事を…… 「忘れてた…?僕は元々"UNDERTALE"のサンズなんだ……つまり、あの子ができる事は僕自身にもできるのさ!!!」 「!!!」 インクサンズが身を翻し、指をパチンと鳴らすと左眼から虹色のオーラのようなものが発され、瞳が青く輝き、星の形に変わったかと思ったらピィーン!という音ともに私の服に重圧がかかった。 いや器用すぎでしょ!!脱げてしまわないように逆に上へ上へと必死に引き上げようとするも魔法なので当然ビクともしない。 「へへへへへ…無駄な抵抗はやめなよ…服、破けちゃうよ…?僕としてはむしろその方がいいけどねぇ!!!」 「こ、この…ヘンタイ!!ヘンタインク!!」 目の前のインクサンズはニヤニヤとイヤらしい笑みを浮かべ、鼻と口から黒いインクをだらだらと流している。 ……鼻血とか涎とかそういう類かそれは… こうしている間にも服は今にも破れそうだ…!あともう一息だとばかりにインクサンズが指をさらに下へと下げていく。 何故彼がここに来たのか、さしずめインクサンズを探してここに来たのか、どのような要件で姿を見せたのかなどこの際後にする。

次の