花びら の よう に ちり ゆく なか で。 散蓮華

散蓮華

花びら の よう に ちり ゆく なか で

[画像のクリックで拡大表示] 花のように見えて花でない。 東南アジアに生息するカマキリの仲間、ハナカマキリ。 花びらのような足と鮮やかな色をした体をもち、花になりすまして獲物を引き寄せる。 ただしこれはメスの話。 オスはと言うと、メスに比べて大きさは半分ほどで色も地味だ。 それは単に外見が違うという話ではなく、ほかのカマキリと比べても大きく異なっている。 今回、その特異な男女差に、ほかの昆虫やクモには見られない進化がかかわっているらしいことが、最新の研究で明らかになった。 ランの花に似た大きなメスと、小柄で隠れるのが得意なオス。 今回の研究によると、このように男女差の大きい進化を遂げた背景には、メスの捕食行動が関係しているのではないかという。 (参考記事: ) [画像のクリックで拡大表示] その結果から見えてきたのは、ハナカマキリの先祖はある時点で花のまわりで暮らすようになり、それによって花粉を運ぶ虫を捕まえやすくなった可能性があることだ。 「その後、この系統の一部のグループで、メスの体が大きく進化し始めました。 花に集まる虫を捕まえるには、体が大きい方が有利だからです」とスベンソン氏は話す。 大きなメスほど、大小問わずさまざまな獲物を捕らえることができる。 「最初に分かれた系統は、ほとんどの他のカマキリと同じような色でした。 まわりと区別がつきにくく、捕食者に見つかりにくい緑や黒の模様だったのです」 続いて、2種のハナカマキリで、メスが鮮やかな黄色、白、ピンク色に進化する。 大きく、カラフルになったメスのハナカマキリは、花に擬態して昆虫を引き寄せる能力を得た。 しかし、オスのハナカマキリは小さく目立たない体のままだった。 捕食者から隠れたり、メスを見つけたり、獲物を待ち伏せたりするのに便利だからだ。 [画像のクリックで拡大表示] 「メスを見つけて交尾しなければならないオスは、すばやく動き回れる必要があります。 オスが小さいままなのはそのためではないかと考えています」とスベンソン氏は言う。 「花のような目立つ姿で活発に動き回れば、すぐに正体がばれてしまいますからね」(参考記事: ) さらに大きく美しく スベンソン氏によると、こうした狩猟戦略の違いもまた、メスが大きく美しく進化した要因になっているだろうと言う。 狩猟戦略が進化をうながす例は、これまで節足動物では知られていなかった。 節足動物のメスが大きいのは珍しいことではない。 クロゴケグモがいい例だ。 (参考記事: ).

次の

GENERATIONS from EXILE TRIBE 花 歌詞

花びら の よう に ちり ゆく なか で

[画像のクリックで拡大表示] 花のように見えて花でない。 東南アジアに生息するカマキリの仲間、ハナカマキリ。 花びらのような足と鮮やかな色をした体をもち、花になりすまして獲物を引き寄せる。 ただしこれはメスの話。 オスはと言うと、メスに比べて大きさは半分ほどで色も地味だ。 それは単に外見が違うという話ではなく、ほかのカマキリと比べても大きく異なっている。 今回、その特異な男女差に、ほかの昆虫やクモには見られない進化がかかわっているらしいことが、最新の研究で明らかになった。 ランの花に似た大きなメスと、小柄で隠れるのが得意なオス。 今回の研究によると、このように男女差の大きい進化を遂げた背景には、メスの捕食行動が関係しているのではないかという。 (参考記事: ) [画像のクリックで拡大表示] その結果から見えてきたのは、ハナカマキリの先祖はある時点で花のまわりで暮らすようになり、それによって花粉を運ぶ虫を捕まえやすくなった可能性があることだ。 「その後、この系統の一部のグループで、メスの体が大きく進化し始めました。 花に集まる虫を捕まえるには、体が大きい方が有利だからです」とスベンソン氏は話す。 大きなメスほど、大小問わずさまざまな獲物を捕らえることができる。 「最初に分かれた系統は、ほとんどの他のカマキリと同じような色でした。 まわりと区別がつきにくく、捕食者に見つかりにくい緑や黒の模様だったのです」 続いて、2種のハナカマキリで、メスが鮮やかな黄色、白、ピンク色に進化する。 大きく、カラフルになったメスのハナカマキリは、花に擬態して昆虫を引き寄せる能力を得た。 しかし、オスのハナカマキリは小さく目立たない体のままだった。 捕食者から隠れたり、メスを見つけたり、獲物を待ち伏せたりするのに便利だからだ。 [画像のクリックで拡大表示] 「メスを見つけて交尾しなければならないオスは、すばやく動き回れる必要があります。 オスが小さいままなのはそのためではないかと考えています」とスベンソン氏は言う。 「花のような目立つ姿で活発に動き回れば、すぐに正体がばれてしまいますからね」(参考記事: ) さらに大きく美しく スベンソン氏によると、こうした狩猟戦略の違いもまた、メスが大きく美しく進化した要因になっているだろうと言う。 狩猟戦略が進化をうながす例は、これまで節足動物では知られていなかった。 節足動物のメスが大きいのは珍しいことではない。 クロゴケグモがいい例だ。 (参考記事: ).

次の

一々のはなのなかよりは: 畢竟依を帰命せよ

花びら の よう に ちり ゆく なか で

概要 こちらの本は、バラやツバキ、マリーゴールドなどの花びらを用いた花びら染めの作品をカラー写真で紹介するとともに、花びら染めの方法についても解説しています。 また、花びら染めだけでなく、イチゴやブルーベリーなどの果物を使った染め物の作品も紹介されており、その染め方も花びら染め方法の解説時に併記されています。 本の構成は、前半はバラやツバキ、ひまわりなど色とりどりの花びらを用いて染めた作品を紹介。 本のおおよそ半分を使ってカラー写真で紹介しています。 後半は、花びら染めに使用する花びらを集める際のポイントや5種類の染色方法を解説しています。 花びらの色とは全く違う色に染まったかと思えば、花の色がそのまま移ったように染まることもあったりと、染まり方は様々。 好きな花を使用して染めたハンカチやTシャツを身に着ければ、気持ちの良い一日が送れそうですね。 目次 ブラウス・ショール・小物類 身にまとう装いは、花のもつ可憐さ、やさしさ。 バラ花びら染めのナイロンレースエプロン• シルクスカーフ、毛糸ショール• ベニバナ染めのドレスとショール• ツバキノセーター、サザンカのシルクスカーフ• ブーゲンビレア花びら染めのブラウス• コスモス、ラベンダー花びら染めのポケットチーフ• マリーゴールド花びら染めのタオル掛け• 花びら染めの小物 染色布地 綿を染め、麻を彩り、絹を奏でる。 ストローフラワー花びら染めの麻ショール• ラークスパー花びら染めのシルクショール• ブラックマロウ花びら染めのシルクショール• カモマイル花びら染めの綿ショール• シルクスカーフ 染まりゆく息吹は、花ことばの情熱でしょうか。 アキノキリンソウ• マリーゴールド• スカシユリ• ヒマワリ• キンギョソウ• シャコバサボテン、シクラメン• ベゴニア• ポインセチア• デンファレ、アスター• ストック• コギク、コスモス、スプレーマム• カーネーション• グラジオラス• バンジー、セントポーリア、サンタンカ• トルコギキョウ• ラベンダー、リンドウ 果物染め グラスのなかのひとときも、想い出も染めてあげて・・・。 ラズベリー、ブルーベリー、巨峰、クランベリー、イチゴ• ヤマブドウ• ラズベリー、ブルーベリー• ドライハーブ染料 染色布地• ケイトウ花びら染めシルクスカーフ• ムクゲ花びら染めシルクショール• ストローフラワー花びら染め麻ショール• 花びら染めについて• 花びら染めをする前に• 花びら染めの染色方法• 花びら染めに使う花材 あとがき.

次の