賭け 麻雀 逮捕。 逮捕されるとどうなる?

賭け麻雀は逮捕すべき?黒川検事長のレートはテンピン 1夜で1万の勝ち負け

賭け 麻雀 逮捕

一般的にどんな少額のレートでも法律上は違法であるという見解で良いのじゃろうか? たとえ1円でも賭ければ、形式的には違法です。 しかし、道に落ちていた1円をポケットに入れるのは形式的には逸失物横領だけど逮捕はされない、というのと同じで、1円賭けただけで逮捕されることはあり得ません。 フリー雀荘は、1円よりはもう少し大きなお金を賭けていますが、検挙されることはあまりありません。 ただ、少ない例ですが、逮捕されるケースもあるのです。 このへん、微妙な問題じゃよなぁ…。 フリー雀荘について誤解があるかもしれんが、別にお店と賭けをしているわけじゃないんじゃな。 海外のカジノはわしが勝てば、カジノ側がわしにお金を支払うし、わしが負けた分はカジノの利益になる。 フリー雀荘はあくまで4人集まってゲームをやってもらっている場所代で利益を出している。 この点でちょっと収益の構造が違うわけじゃよ つまり我々がいくら勝とうが負けようが、お店は1局お一人様500円なり、300円なりの貸卓料しか入ってこないんですね。 あとはカレーライスやラーメンなどのお食事代金の売上。 ジュースは無料の場合が多いです。 麻雀が賭博で逮捕されてしまう場合は、お店側が「 みんなで賭博をできる場を提供している」という罪と、我々が「 お店が主催する賭博に参加している」という罪に別れると思って間違いないんじゃろうか? そのとおりです。 そして、「場を提供している」罪の方が、「賭博に参加している」罪より重いです。 客よりも、雀荘側の方が、重く処罰されるわけです。 さっきの質問だけど、実際に逮捕されちゃうようなことになったらどうなるのかしら? フリー雀荘のお客さんが逮捕されたとき、「不起訴処分」で終わることがあります。 この場合「前科」はつきません。 お客さんが起訴された場合は、「賭博罪」で処罰されて、「罰金刑」になります。 この場合は,軽い前科になります。 前科が付くと、海外旅行に行けなくなったりとか会社設立ができなくなったりしませんでしたっけ? それは、全くのデマです。 「前科」がついたら海外旅行に行けないとか会社設立ができないとかは、ありません。 執行猶予中はパスポートが発行されない等の法的規制はあるのですが、罰金の前科がついたから海外旅行に行けない、ということはありません。 そうなんですね… 嘘だったのか。 痴漢の冤罪とかのほうがよっぽどやばそうっすね。 先日、東京都内のテンゴの雀荘が摘発されるというニュースがあったのは津田くんもご存知かと思う。 雀荘が摘発されるケースはたまにあるんじゃが、それはレートが異常に高い営業じゃったり、有名人が絡んだ摘発じゃったりと、特殊な事情のケースが多かったのかもしれん。 「テンゴという低いレートならば大丈夫じゃろう」って暗黙の了解、空気みたいなものがあったので、このニュースは業界に衝撃が走ったんじゃな。 パチンコ規制とのカラミや、もろもろの噂が飛び交った感じもするんじゃが、このニュースを弁護士である津田くんはどう見たんじゃろうか? 何か思うところがあれば聞かせてほしい。 私個人は、「テンゴの摘発はやめてほしい」と思いました。 テンゴの麻雀が社会秩序を乱しているとは到底いえないと思うので…。 テンゴは普通のサラリーマンが小遣いで遊べる範囲なんだよな。 テンゴの麻雀で破産したとか聞いたことがねえし。 ただ、忘れてならないのは、現在の法律・判例では、テンゴ雀荘も違法だということです。 そうである以上、警察がテンゴ雀荘を摘発するのを批判することはできません。 しかし、これは私個人の考えですが、警察だって、多忙な業務の中で、テンゴ雀荘の摘発なんて本当はやりたくないと思うんですが…そういう意味では、警察も犠牲者なんじゃないかと…個人的には思います。 このへんは警察側も複雑な部分あるかもしれんな…。 やはり、麻雀への法規制そのものを変えないといけない、と改めて思いました。 そして、賭博罪も変えないと。 こんな古臭い法律を残しておいても、色んな人が色んな迷惑を被るだけで、何のプラスにもならないですよ。 法律も古臭い社会を前提にしているものも多いわけじゃし、時代の実態と共に適切に変化すべきもんなのかもしれんな。 まだまだ続きますよ!!.

次の

地検前でテンピン麻雀「黒川杯」を開催したら逮捕される? 賭博罪の告発の行方は(前田恒彦)

賭け 麻雀 逮捕

原則、賭け麻雀は違法である 日本の法律で 賭け麻雀は違法です。 刑法第185条で賭博が禁止されており、わずかな額でもお金を賭けて麻雀をした段階でそれは刑法違反にあたります。 第百八十五条 賭と博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。 ただし、一時の娯楽に供する物を賭かけたにとどまるときは、この限りでない。 引用元: 「一時の娯楽に供する物」とは、判例によると飲食物・お菓子・タバコなどすぐにその場で消費できるようなものや価格の低いもので、お金そのものを賭けている場合は違法になるようです。 「負けたらおごり」程度なら違法にはなりませんが、金銭を賭けた賭け麻雀はどんなに低いレートであっても原則違法になります。 しかし、実際のところ賭け麻雀で逮捕されるケースはそれほど多くありません。 その理由は次の項目で詳しく解説していきます! 賭け麻雀が違法にならない例 賭け麻雀が違法にならないケースは大きく3つに分けられます。 では、違法にならない理由とともに詳しく解説していきます! オンラインカジノの麻雀はグレーゾーン オンラインカジノにはDORA麻雀などのオンラインで賭け麻雀をプレイできるサイトもあります。 もちろんオンラインの賭け麻雀であっても法律上は違法です。 しかし現在の法律では違法と言い切れない理由があります。 ポイントは DORA麻雀 の運営元が海外の企業であるということ。 現在、賭け麻雀を行ったプレイヤーと胴元が国内にある場合は日本の法律で罰することができますが、 胴元が海外の場合は罰することができません。 なのでDORA麻雀のような海外企業が運営しているサイトで賭け麻雀をするのはグレーゾーンなんです。 麻雀大会の賞金は違法にならない 賞金総額1,000万円の「全国麻雀選手権」という麻雀大会が開かれたことがありますが、この大会も違法にはなりませんでした。 この大会が違法にならなかった理由のひとつに 「財物の得喪を争うものではない」ことが挙げられます。 財物とは金銭や財産的価値のある物のことです。 財物の得喪を争うとは勝負に勝った人が財産を得て、負けた人が失うということになります。 この大会は参加費無料で賞金の1,000万円はスポンサーなどが用意したものだったので、参加者が財物の得喪を争うことにならず、賭博罪には抵触しませんでした。 友人間でこっそりやるなら罪になりにくい 第三者が介入しない 友人同士で賭け麻雀をする分には、誰に見つかる訳でもないので処罰の対象になりにくいです。 ただし、誰か特定の人が負けるように数人で結託したり、賭け金が10万円を超えるような場合は賭博罪に抵触する可能性が高くなります。 またSNSなどで発信することも、たとえ賭け金が少額であっても控えた方がいいでしょう。 あくまでも賭け麻雀は違法行為ということを念頭に、友人たちと暗黙の了解で楽しむようにしてくださいね。 雀荘が運営できている理由 雀荘の営業形態にはセットとフリーがあります。 セット雀荘は友人同士で卓を囲んで賭け麻雀ができますし、フリー雀荘はそもそもお店が設定したレートで賭け麻雀をする場所です。 法律上、賭博場を開帳して利益を図ることも禁止されているので、雀荘も摘発を受けて運営ができなくなるはずですが、なぜ雀荘は運営できているのでしょうか。 その理由はズバリ、 警察が放置しているからです。 麻雀の市場規模は500億円くらいでパチンコ・パチスロの市場規模の約20兆円と比較しても少なく、賭け麻雀を取り締まったところで社会に与える影響力は小さいため警察もあまり注力していません。 しかしレートが高すぎて摘発を受けた事例もあります。 基準として1,000点200円(テンリャンピン)以上のレートは摘発されることがあるようです。 一般的なレート(テンサン・テンゴくらい)であれば、処罰を受ける可能性はゼロに等しいでしょう。 麻雀大会の賞金は違法になるのか? 実は賞金は違法にはなりません。 どんな理由なのか解説していきましょう。 麻雀大会の賞金は違法にならないように工夫がされている 4万6000人以上が参戦したインターネット麻雀の全国大会である「全国麻雀選手権」は賞金総額1000万円という大変な「財物」を争うものでした。 【賭博性の回避】大会参加者から参加費などのお金をとらないので、負けても失うものがない。 したがってため「財物の得喪を争う」ことにならないので「賭博」ではない。 【風営法適用外】大会は常に行うものではないため、風営法が適用される雀荘とは一線を画している。 したがって、風営法の許可も必要なく、麻雀をインターネットで深夜にプレイしても風営法の営業時間の規制などに違反しない。 【景表法クリア】プレイヤーを誘う手段として1000万円という高額の賞金を用意したが、この対症を「何かを買った人たちだけ」のように限定すると、景表法、つまり景品表示法の景品の限度額に抵触する。 しかし、この大会は誰でも参加できるオープンなものなので、その規制対象にはならない。 以上のことが法的に押さえられているので、高額賞金のかかった麻雀大会は賭博として刑法違反にもならず、その他の法律にも抵触しないのです。 違法なのに日本で雀荘があるのは何故か? まず刑法では「賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する」と明確に賭け事に場所を提供することを禁じています。 それなのに雀荘がクリアしているのはなぜでしょうか。 賭博の罪として科される水準はあるのか? 先ほど10円でも賭ければ犯罪になると書きましたが、それは法令解釈上の話です。 実際に違法行為を摘発し、逮捕し、裁判にかけるのは、警察と検察になります。 その時、同じ刑法には「犯人の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときは、公訴を提起しないことができる」と書かれています。 つまり世の中のすべての賭け事を警察が逮捕し、検察が起訴するかというとそうではなく、それぞれに 一定の裁量が与えられているのです。 実際のところ、警察の捜査行為を規定した法律もありませんし、さらには起訴するかどうかの判断は検察官の裁量に委ねられています。 では、その意味で賭け麻雀をした場合、どれだけのレートであれば刑法違反で逮捕されるでしょうか。 それは専門家によると 1000点200円以上、1時間で3万円程度の掛け金が動くレベルの麻雀だと言われいます。 実際にそのレートで行っていた麻雀が摘発され起訴されている例も存在します。 要は「点20」以上です。 ですので、1000点50円の点5と程度では、警察は「違法と知っていても逮捕まではしない」ということなのです。 違法性のある雀荘が放置されているのは何故か? しかし、雀荘の中には点20で麻雀をしている客もいるはずです。 それに場所を提供している雀荘はなぜ摘発されないのでしょうか。 これも結論から言えば上記と同じく 「違法とは知っていても黙認している」ということが実態です。 そもそも賭博を罪だとしている「刑法の精神」は「賭博によって努力をせずに幸運を得たいと人間が増え、世間に勤労をよしとしない風潮が蔓延し、同時に暴行、脅迫、殺傷、窃盗、強盗などの明らかな犯罪を誘発する可能性があるから」ということです。 ここから考えると、多くの雀荘はそこで行う賭け麻雀のレートを点5から点10に限定し、店によっては雀卓ごとにレートを一覧にしています。 つまり1日に勝っても負けても数万円です。 その程度の「財物」がほしくて、日常の真っ当な生活を逸脱する人間は少ないでしょう。 警察もそう考えて、おそらく内部的に一定の基準のようなものを設け、それ以下の賭け麻雀は「黙認している」のだ推測されます。 したがって、そこで行われている賭け麻雀を摘発しないことと併せて、それに場所を提供している雀荘も摘発しないのです。 逆に言えば、先に書いた点20以上の賭け麻雀をしていた場合は摘発される可能性があります。 実際にそれで摘発された事例も多くあります。 オンラインの賭け麻雀は違法にならないのか? 今のは主にリアルの場所で行われる賭け麻雀についての話でしたが、それではオンラインで行われるオンラインカジノの賭け麻雀は違法にはならないのでしょうか。 だとしたらそれはなぜなのでしょうか。 オンラインカジノの賭け麻雀が違法にならない訳は? 実はオンラインカジノの賭け麻雀は「 日本で行われた場合」は明らかに違法です。 しかし一般的なオンラインカジノの賭け麻雀は違法ではありません。 それは「ラスベガスに行った観光客がカジノでどれだけ賭け事をしても逮捕されない」ことと同様なのです。 つまりオンラインカジノの賭け麻雀は、法的には「 日本で行われていない」からです。 それはどういう意味かというと、賭け麻雀ができるオンラインサイトは 全て海外のサーバーで運営しているサイトだからです。 したがって仮に日本でプレイしていても、実際のプレイは海外のサーバーの中で行われていますから、海外でプレイしているのを同じなのです。 したがって日本の刑法は適用されないのです。 したがって、オンラインカジノでは安心して賭け麻雀が楽しめるわけです。 全ての賭け麻雀が違法になるわけではない! また賭け麻雀も違法になる場合とならない場合があります。 それはどのような基準なのでしょうか。 違法とならないものとは? 先日九州の飯塚市の視聴と副市長が、勤務時間中に視聴者を抜け出して賭け麻雀を常習していた、ということが発覚し、それによって辞職に追い込まれた、というニュースが日経などでも大きく扱われていました。 しかしこれはニュース記事になって社会を騒がせただけで、逮捕まではされませんでした。 ただし、ニュースサイトなどには名前も写真も出て、社会的には抹殺されたと言ってもよいでしょう。 かと思うと、タレントで漫画家の蛭子能収は賭け麻雀の現行犯で逮捕され、罰金10万円の刑を受けています。 つまり同じことをしていても 逮捕されるかどうかは警察の胸先三寸次第ということです。 その基準は先ほど書いた「点20」というレートですが、しかし今後東京五輪を迎えて、警察が基準値を下げて厳しく摘発してくるかもしれません。 そのような時に、賭け麻雀をして逮捕されない工夫とはどのようなものあるのでしょうか。 1つはお金を賭けない、という方法です。 刑法では「一時の娯楽に供する物」を賭けた場合は賭博に当たらないとしています。 一時の娯楽に供するものとは、「食べ物や飲み物など」です。 つまり負けたら今日の晩飯は奢る、ジュース1本賭けるということであれば、賭け事に該当しないので逮捕されません。 しかしそれでは 「お子様麻雀」のようでやる気にならない人も多いでしょう。 その時にとってほしい方法が2つめです。 それは先に揚げた「 オンラインカジノで賭け麻雀をする」ことです。 これであれば、点20であろうと、点100であろうと、どれだけ高いレートでプレイしても絶対に逮捕されません。 なぜならラスベガスで何億円も損をしても捕まらない人がいるのと原則的には同じですから。 その時におすすめなのが 「DORA麻雀」というオンラインカジノサイトです。 海外にサーバーがあって合法的に運営されているDORA麻雀には、高額な掛け金でも、手ごろな掛け金でも自分で好きに選べる卓が用意されています。 逮捕はされたくない、しかし賭け麻雀でエキサイティングな体験がしたいという人はぜひDORA麻雀のページサイトを開いてみましょう。

次の

賭け麻雀ってそんなに悪い!?その違法性について考える

賭け 麻雀 逮捕

一般的にどんな少額のレートでも法律上は違法であるという見解で良いのじゃろうか? たとえ1円でも賭ければ、形式的には違法です。 しかし、道に落ちていた1円をポケットに入れるのは形式的には逸失物横領だけど逮捕はされない、というのと同じで、1円賭けただけで逮捕されることはあり得ません。 フリー雀荘は、1円よりはもう少し大きなお金を賭けていますが、検挙されることはあまりありません。 ただ、少ない例ですが、逮捕されるケースもあるのです。 このへん、微妙な問題じゃよなぁ…。 フリー雀荘について誤解があるかもしれんが、別にお店と賭けをしているわけじゃないんじゃな。 海外のカジノはわしが勝てば、カジノ側がわしにお金を支払うし、わしが負けた分はカジノの利益になる。 フリー雀荘はあくまで4人集まってゲームをやってもらっている場所代で利益を出している。 この点でちょっと収益の構造が違うわけじゃよ つまり我々がいくら勝とうが負けようが、お店は1局お一人様500円なり、300円なりの貸卓料しか入ってこないんですね。 あとはカレーライスやラーメンなどのお食事代金の売上。 ジュースは無料の場合が多いです。 麻雀が賭博で逮捕されてしまう場合は、お店側が「 みんなで賭博をできる場を提供している」という罪と、我々が「 お店が主催する賭博に参加している」という罪に別れると思って間違いないんじゃろうか? そのとおりです。 そして、「場を提供している」罪の方が、「賭博に参加している」罪より重いです。 客よりも、雀荘側の方が、重く処罰されるわけです。 さっきの質問だけど、実際に逮捕されちゃうようなことになったらどうなるのかしら? フリー雀荘のお客さんが逮捕されたとき、「不起訴処分」で終わることがあります。 この場合「前科」はつきません。 お客さんが起訴された場合は、「賭博罪」で処罰されて、「罰金刑」になります。 この場合は,軽い前科になります。 前科が付くと、海外旅行に行けなくなったりとか会社設立ができなくなったりしませんでしたっけ? それは、全くのデマです。 「前科」がついたら海外旅行に行けないとか会社設立ができないとかは、ありません。 執行猶予中はパスポートが発行されない等の法的規制はあるのですが、罰金の前科がついたから海外旅行に行けない、ということはありません。 そうなんですね… 嘘だったのか。 痴漢の冤罪とかのほうがよっぽどやばそうっすね。 先日、東京都内のテンゴの雀荘が摘発されるというニュースがあったのは津田くんもご存知かと思う。 雀荘が摘発されるケースはたまにあるんじゃが、それはレートが異常に高い営業じゃったり、有名人が絡んだ摘発じゃったりと、特殊な事情のケースが多かったのかもしれん。 「テンゴという低いレートならば大丈夫じゃろう」って暗黙の了解、空気みたいなものがあったので、このニュースは業界に衝撃が走ったんじゃな。 パチンコ規制とのカラミや、もろもろの噂が飛び交った感じもするんじゃが、このニュースを弁護士である津田くんはどう見たんじゃろうか? 何か思うところがあれば聞かせてほしい。 私個人は、「テンゴの摘発はやめてほしい」と思いました。 テンゴの麻雀が社会秩序を乱しているとは到底いえないと思うので…。 テンゴは普通のサラリーマンが小遣いで遊べる範囲なんだよな。 テンゴの麻雀で破産したとか聞いたことがねえし。 ただ、忘れてならないのは、現在の法律・判例では、テンゴ雀荘も違法だということです。 そうである以上、警察がテンゴ雀荘を摘発するのを批判することはできません。 しかし、これは私個人の考えですが、警察だって、多忙な業務の中で、テンゴ雀荘の摘発なんて本当はやりたくないと思うんですが…そういう意味では、警察も犠牲者なんじゃないかと…個人的には思います。 このへんは警察側も複雑な部分あるかもしれんな…。 やはり、麻雀への法規制そのものを変えないといけない、と改めて思いました。 そして、賭博罪も変えないと。 こんな古臭い法律を残しておいても、色んな人が色んな迷惑を被るだけで、何のプラスにもならないですよ。 法律も古臭い社会を前提にしているものも多いわけじゃし、時代の実態と共に適切に変化すべきもんなのかもしれんな。 まだまだ続きますよ!!.

次の