幸せ の レシピ。 幸せのレシピ : 作品情報

ややこしいくらい、スーパーメニュー。

幸せ の レシピ

当時の江戸でベストセラーとなり豆腐ブームの火付け役となった『豆腐百珍 とうふひゃくちん 』をパラパラと捲った。 今の私たちからすれば、レシピ本は見慣れたものなのだけれど、その当たり前の走りとなった本だと思って捲ると興味深い本である。 今のように食材が豊富ではなかった時代、限られた食材をいかにバリエーション豊かに食べるかという問題は、台所を預かる者にとっては重要ミッションのひとつだったに違いない。 そのようなときに、豆腐を美味しく食べるためのレシピがギュウギュウに詰め込まれた本があると聞けば、「一冊、くださいな」と私も手を挙げていたようにも思う。 そのような脳内タイムスリップを楽しみつつ流し読みをしていたのだけれど、豆腐を使った汁物の多いこと。 豆腐を使った汁物と言えば、豆腐とワカメのお味噌汁が浮かんだのだけれど、このシンプルなメニューは非常に良くできているメニューだと、栄養士である知人が話していたことがあった。 大豆には様々な働きがあるけれど、その中の一つに、酸化してしまったコレステロールを体外へ排出する働きが挙げられている。 酸化コレステロールが体内に増えてしまうと血管を傷つけ、動脈硬化をはじめとする様々な病の原因になるため、大豆製品は可能であればこまめに摂取しておきたいように思う。 この、魅力的な働きをしてくれる成分は大豆サポニンと呼ばれているのだけれど、どのようなものも一長一短というのは大豆サポニンも同じで、 大豆サポニンの弱点は、酸化コレステロールと一緒に、新陳代謝機能を安定させるヨウドという成分まで体外へ排出してしまうことなのだそう。 だから、豆腐のみを浮かべたお味噌汁ばかりを食べ続けたとすると、体内のヨウドが不足することになるのである。 しかし、ヨウドという成分はワカメや昆布などの海藻類に豊富に含まれているため、大豆製品を食べる際に海藻類も一緒に摂ることで、この弱点を無かったことにすることができるという。 しかも、豆腐に含まれている良質なたんぱく質は、ワカメや昆布などに含まれているカルシウムの吸収を促し、 豆腐に含まれているマグネシウムは、ワカメや昆布に含まれるカルシウムの働きをサポートするという。 何だかややこしくもある豆腐とワカメの関係だけれども、簡単に言えば、弱点を補い合い、互いをパワーアップさせる組み合わせの具材というこのようである。 これからの季節、熱い汁物は喉を通りにくいこともあるけれど、そのような時は、ほんの少しお味噌の量を減らし、温度を下げたものを是非。 私たちの味覚は温度によって感じ方が変わると言われている。 温度が低いものは塩辛さが際立ち、温度が高いものは甘味が際立つため、汁物の温度を少し下げるだけで塩分を控えたお味噌汁が、いつもと同じように感じられるのだ。 塩分量を控えるには出汁を効かせるという方法があるけれど、塩分の摂取量は抑えたいけれど塩辛さは変えたくない場合は、お味噌の量を減らし、温度も少しだけ下げることで欲しい効果と好きな味を欲張ってみるのも手である。 古くから食されている豆腐とワカメのお味噌汁は、私たちが思っている以上にスーパーメニューのようです。 アレルギーがなければ、今晩のお夕食に、お豆腐とワカメのお味噌汁などいかがでしょうか。 健やかな日々を作るための、何かしらのヒントにしていただけましたら幸いです。 関連記事: 画像をお借りしています: hiiragi1111.

次の

ややこしいくらい、スーパーメニュー。

幸せ の レシピ

自分の料理に自信があり、一切妥協しない。 束縛を嫌い心に鎧を纏っている。 だが、その性格を心配したオーナーのポーラからセラピーを受けさせられている。 (キャサリン・ゼタ・ジョーンズ:徐々に心を開いていく姿を絶妙に演じる。 ) 2.ニック:ケイトが姪を預かる事になり、心労も含め負荷を減らそうとポーラが雇ったオペラ好きの陽気で心優しきスーシェフ。 (アーロン・エッカート:陽気だが、懐深い男を好演。 (アビゲイル・ブリスリン:繊細な表情の数々:涙顔・笑顔・ふくれっ面・お茶目な顔・・、全てが愛らしく素晴らしい。 2019年「ゾンビランド・ダブルタップ」で、久しぶりにスクリーンで再会。 ゾーイは少しづつ、そして美味しそうにパスタを食べ始める・・。 その姿を見つめるケイト。 ーニックの優しさが良く分かるし、お祖母ちゃん直伝のトマトパスタの美味しそうな事!。 ゾーイがニックと仲良くなるのも良く分かる。 ー ・ケイトとニックがゾーイがサファリキャンプ風に夕食を摂るシーン。 そして楽しそうにゲームをする三人の姿。 (心の中で「ナインハーフ」か!と軽く突っ込む。 ) ・ある日ゾーイが居なくなり、ケイトが必死に探すと母のお墓の横で泣いている姿 ・・。 とても、好きな作品である。 > マンハッタンの高級レストランで働くケイトは、 腕は一流だが、うまく人間関係を作れない。 ある日、姉を交通事故で亡くし、 姪のゾーイを引き取ることに。 心を閉ざすゾーイをどう扱って良いかわからない。 そんな時、レストランに、 スーシェフ・ニックがやってくる。 自分とは全く正反対の明るく陽気な性格で、 厨房のみんなともうまくやってのけるニックに、 戸惑いを隠せない。 ニックに振り回されつつも、ニックの機転で、 ゾーイとの関係がほぐれていく。 ニックともいつしか恋が芽生え、 自分の人生で大切なものに気づいていく。 不幸の出来事が、人生の大きな転機に。 ゾーイやニックとともに、 どんどん笑顔が増えていくケイトを見ていると、 見ているこちらも幸せになっていく気がする。 とても可愛いいエンディング! 幸せをもらいました!• C 2007 Warner Bros. Entertainment Inc - U. C 2007 Village Roadshow Films BVI Limited - All Other Territories. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

映画「幸せのレシピ」ネタバレあらすじと結末

幸せ の レシピ

No Reservations ドラマ 2007 アメリカ 監督:スコット・ヒックス 脚本:キャロル・フックス 出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アーロン・エッカート、アビゲイル・ブレスリン、パトリシア・クラークソン、ボブ・バラバン 聞いているだけで 頬が落ちそうなレシピ。 ひとしきり披露し終えると シェフのケイトは質問を受ける。 「君はなぜ私の所へセラピーに?」 「オーナーに命じられたからよ」 自分の仕事に忠実で熱心。 他を寄せ付けない孤高の雰囲気。 人付き合いは苦手。 料理はリピーターができる腕前だが、 客に愛想よく振舞う心の余裕はない。 ある日、姉親子の事故の知らせを受け・・・ ニューヨーク。 人気レストランの雇われ女性シェフ(料理長)、ケイト。 雑誌でも取り上げられる料理人で、ケイトの料理の虜になった常連客も多い。 知ったかぶりしてクレームをつける客には容赦なく反撃。 オーナーが宥めようとしても知らぬ顔。 「通りの先にホットドッグの屋台があるわ。 あなたにはソコがお似合いね!」と客を追い返す始末。 完璧主義で独善的、臨月を迎えたスーシェフ(副料理長)をはじめ厨房スタッフも支配的に統率する。 料理の腕とは裏腹に、人付き合いはあまり得意ではない。 そんなある日、シングルマザーの姉が娘ゾーイを連れて遊びにくる途中、自動車事故に。 姉は帰らぬ人となり、ケイトは残された唯一の肉親としてゾーイを引き取る。 しばらく休暇をもらい、ゾーイとの新生活を計るが、慣れない子どもが相手。 勝手が分からない。 ゾーイも母親を失ったショックと新しい環境に馴染めず食事を摂ろうとしない。 アメリカならではの改変を若干加えつつ、仕事中心に生きてきた一人の女性が、人として成長していく姿を描く。 敏腕シェフ・ケイトにキャサリン・ゼタ=ジョーンズ。 仕事で常に気を張っているような強面から、肉親の死による悲しみ、子育ての戸惑い、職場に現れた新顔への警戒心、久しぶりの恋の予感・・・などなど、あの美貌で様々な表情を見せてくれます。 オーナーの肝入りで厨房に入った新顔スーシェフのニックにアーロン・エッカート。 マイアミ出身、イタリアで料理修業したオペラ好き。 お調子者はイタリア仕込み? という憎めない二枚目を、嫌味にならないスレスレの匙加減で好演。 本作でその演技がまぐれではなかったことを証明しています。 ケイトはゾーイと打ち解けられるのか? 新しいスーシェフを採用したオーナーの真意は? ニックは敵? それとも・・・? この作品もまた、鑑賞後に素敵な多幸感に包まれるお気に入り作品。 レシピを語るモノローグが、実はセラピーで何を話せばいいか分からず喋っていた内容だったという意外なオープニング。 しかもオーナーに命じられてセラピストの所へやってきていて、ケイトが何か問題を抱えているものの、それを自覚していないことが提示される。 すっきりとスマートなキャラクター説明。 整然と調理器具が並ぶ白色とステンレスが輝く清潔なキッチン。 真っ白なユニフォームに白いエプロンをキュッと締め、戦闘準備完了! 所作が凛として美しい。 続く一連のシーンで、ケイトの仕事やその生活が描かれる。 満席のレストラン。 キッチンは正に戦場。 と、料理を運ぼうとしたウェイトレスが接触! できたばかりの料理を落としてしまう。 お客様を待たせてはならない。 叱責なんかに取られる時間は無い。 素早くいくつかの作業を止め、落とした料理の作り直しを指示。 進行中の料理と作業、それらのプライオリティを全て把握しているからこそできること。 ケイト、デキるのは料理だけではなさそう。 「お客様がシェフに挨拶したいって」とオーナーのポーラがキッチンへ呼びに来る。 できるだけ人と接したくないケイト、忙しさを理由に断る。 夜遅く帰宅して、朝は夜も明けきらぬうちに起床。 魚市場へ買出しに。 仕入れ状況を市場のオヤジ共と確認しながら、その夜のメニューを考える。 主人公ケイトの人となり暮らしぶり、仕事とライフサイクルが見事にパッケージされた冒頭部。 うっすらとではあるけれど、オーナーのポーラ、臨月のスーシェフ、役者志望のウェイトレス、魚市場の気のいいオヤジ共との関係も見て取れる。 仕事上、必要最低限の相手とはコミュニケーションも取れる。 が、プライベートではやはり苦手。 アパートの階下に住むシングルファーザーが夕食に誘うと「同じアパートの住人とはデートしない主義なの」と断るのも四苦八苦。 血の繋がった家族は姉とその娘ゾーイだけ。 明るく元気な姉と姪が今夜ニューヨークへ遊びに来る。 ひとまずレストランへ。 その日のメニューと下ごしらえの確認をし、夜からは休み・・・のはずだった。 その知らせが入るまでは。 病院へ駆けつけるケイト。 自動車事故。 姉はこの世を去り、ゾーイは軽傷で済んだ。 姉の荷物の中から手紙を見つける。 そこにはケイトとゾーイへの愛が記され、自分にもしものことがあったらゾーイをケイトに託すとあった。 翌日、レストランの開店前。 ケイトが遅れて現れる。 ケイトは着替えたものの感情を抑えきれず、キッチン横の食材庫へ籠もる。 小窓から泣き崩れているケイトを認め、ポーラはやさしくしばらく休みを取るよう申し渡す。 ゾーイの引越し。 ケイトが用意した部屋は、キリンや熊など大小さまざまな動物のぬいぐるみで埋め尽くされる。 二人だけで囲む初めての食卓。 半開きの口に眼が白目を剥いて、こっちを見ている。 ゾーイ、「お腹すいてない」と部屋へ戻ってしまう。 ケイト、敗因が分からず困惑顔。 セラピストに料理を食べさせながら、何も口にしないゾーイのことを相談。 「このソース、絶品!」などと賞賛しながらセラピストは、もっと子どもが好きそうな単純な食べ物を勧める。 それでなくても頭付きの魚料理を気味悪がって嫌う人はいるようで。 休みを終え、ベビーシッターを雇い、久しぶりにレストランへ。 ん? 何か様子がおかしい。 ニヤニヤ笑いながらキッチンからでてくるウェイトレス。 扉の向こうから漏れ聞こえる笑い声と・・・パヴァロッティのオペラ?! キッチンカウンターのケイトのいるべき場所に見知らぬ男がシェフのユニフォームを着てオペラの解説をしながら唄っている! それを聞きながら笑う臨月のスーシェフはじめキッチンスタッフたち。 「スーシェフとして雇われたニックです。 あなたと働けるなんて光栄だ」とケイトに気付いた男が自己紹介。 ケイトは自分のキッチンに見知らぬ男を相談も無く入れたとポーラに食ってかかるが、オーナーの決定は覆らない。 ポーラとニックに反感を抱きつつ仕事をするケイト。 開店前のランチミーティング。 賄いのパスタを作ったニック。 昼食は食べないというケイトに、「祖母の死に際に教わったレシピなんだ。 一口でいいから食べてくれない?」とねだる。 根負けして一口食べるケイト。 「あなたのお祖母さん、マイアミでお元気でしょ?」とポーラは呆れ顔。 「そう、死にそうだった祖母に奇跡が起きて生き返ったんだ!」 いやはや、なんちゅうお調子者。 でも、こうして少しずつニックの料理と味付けをケイトは認めていく。 ケイトが夜遅く帰宅すると、伝染病ウイルスを学んでいるというゴス趣味ファッションのベビーシッターはとうに帰った後。 ゾーイはベッドの下に灯りを持ち込み、ぬいぐるみたちを集め、テントのような閉ざされた全てに手が届く狭い空間を作り上げ、広いアパートに一人でいる恐怖と戦っていた。 切なくなったケイト、ベビーシッターをあきらめ、職場にゾーイを連れて行くことに。 お気に入りのぬいぐるみに話しかけながら恐怖と戦うゾーイがいじましい。 ケイト叔母さんには弱い所は見せたくないと、強がっている様子に胸が熱くなる。 また、やってきたベビーシッターが小柄でゴスファッションに身を包んだ不健康そうな少女。 ちょっと笑ってしまいます。 ゾーイが何も口にしないと耳にしたニック。 キッチン隅のカウンターに腰掛けたゾーイのそばで、下準備を装いバジルをちぎる。 「んんむ、いい香りだ。 ほら、ね?」とゾーイにも嗅がせる。 キッチン中央でパスタを茹で皿に盛ると「先に休憩するよ」と宣言してゾーイの隣に腰掛け、さっきのバジルを振りかけ美味そうに食べ始める。 スタッフに呼ばれたニック、「これ持ってて」とパスタの皿とフォークをゾーイに渡し、キッチン中央へ。 ゾーイ、恐る恐るパスタを一口。 やがてもりもり食べ始める。 ニック、にっこり。 その様子を見ていたケイト、声に出さずそっと彼に感謝の言葉を伝える。 ある日の午後、トリュフの品定め中、臨月のスーシェフが破水。 救急車を呼ぶなど一騒動。 開店前に一息いれようと自宅へ戻って気付く。 ゾーイを学校に迎えに行かなきゃ! 「私のこと忘れたでしょ」 学校の階段に座って待ちくたびれたゾーイ、オカンムリ。 なかなか許してくれなくて、ケイトも逆ギレ。 アパートに帰ると二人して早足で廊下を進み、それぞれの部屋の扉を音高く閉める。 子どもっぽくブンムクレた二人の様子がなんとも可愛らしい。 狭い廊下を挟んで左にゾーイの部屋。 向かいがケイトの部屋。 逆ギレしてしまったものの、やはり迎えを忘れたケイトが悪い。 反省したように廊下に姿を現すケイト「一つだけ何でも言うこときいてあげるから」と許しを請う。 パスタの件で打ち解けたゾーイとニック。 ケイトもゾーイに簡単な作業を手伝わせる。 トリュフを嗅いで顔をしかめ、丸々一個、野菜くずと一緒に捨ててしまうゾーイ。 ケイト、大慌てでトリュフ救出。 「これ、ものすごく高いんだから・・・」 ニック、それを見て大笑い。 レストランの店休日。 ゾーイの願いはニックを招いて一緒に夕食を作ること。 ケイトに話しを聞いたニック、「食材は全部ボクがそろえるから」と二つ返事で了承する。 願いが叶うと大喜びのゾーイ。 アパートの前を行ったりきたり、ため息をつきながら待ちわびる。 この様子がやたらカワイイ。 両手一杯の食材と機材を抱えてきたニック。 ケイトを自室に追いやって、ゾーイと二人でピザを作り始める。 準備万端。 ケイトが案内された部屋には、ゾーイの愛する動物たちのぬいぐるみと、シーツをテントに見立てたサファリディナーが待っていた。 床に敷いたマットにピザの皿を並べ、遠足気分でお食事開始。 まるで本物の家族のように、穏やかで笑いが絶えない時間が流れる。 そろそろ帰るというニックが手を伸ばしてきて・・・キスを迫られていると思い、それを受けようとするケイト。 でも彼は彼女の下にあるマフラーを取ろうとしただけ。 気まずい思いで照れ隠しのケイト。 急速にケイトとニックの距離が近づき、ゾーイを含めた三人の理想的な将来像が提示されるハイライト。 そんなことがあった後日、仕事を終えて職場のキッチンでワインを飲み、料理や仕事の話をするケイトとニック。 酔ってちょっと足下が覚束ないケイトをアパートまで送る。 ゾーイの面倒は階下のシングルファーザーが見てくれた。 彼は「このアパートの住人じゃないね」とニックには意味不明な言葉を残して去る。 送ってくれた礼を言うケイトに、そっとキスをして帰るニック。 見送りながら閉めかけたドア。 少し恥ずかしそうでいて、嬉しさを抑えたような微笑を浮かべ、目でニックを追うケイト。 心残りに閉じられるドア。 このドアを閉めながら見送る微笑みカット。 私がこの作品の中で、キャサリン・ゼタ=ジョーンズに一番惚れた瞬間でございました。 ゾーイに、もうレストランへは連れて行けないと説明する。 が、自分が邪魔なんだと怒ってしまうゾーイ。 頑なに他人との余計な関わりを避けてきたケイト。 映画が始まり、ゾーイを病院に見舞っている時から二人の間に不思議な距離感を覚えていた。 ケイトはゾーイに触れようとしないのだ。 姉の墓地へ連れて行った時も、肩を抱くどころか手を繋ごうともしない。 最初に学校へ連れて行った時も、どこかよそよそしい感じ。 手を引いて歩くということをしない。 この子のそばにいなければと思いながら、寄り添う術を知らないケイト。 この映画では決してそれを強調したり誇張したりはしないのだけど、ものすごい違和感というか、人としての冷たさを通奏低音のように感じさせる演出。 即席サファリで近づいたかに見えたケイトとゾーイだったが、二人の距離はレストランに連れて行けない件で再び遠のく。 夜更けにこっそり母親との思い出ビデオを見ているゾーイ。 気付いたケイトは黙って隣に腰掛け、画面の中で幸せそうに笑う親子を見ながらゾーイをやさしく抱き寄せる。 ケイトが初めてゾーイに身体的な接触を以って愛情を示し、且つ二人が共に失った人、その喪失感と悲しみを共有する。 言葉や年齢を超えて、人として互いを認め理解し合えた瞬間。 この後、ケイトとゾーイの間の溝は見事に解消する。 夜更かしして一緒のベッドに寝た二人は、翌日そろってズル休み。 一日中二人で遊び過ごす。 ニックが他店からのオファーを断り、ケイトの下でスーシェフを務めようと決めた理由の一つ。 ケイトが作るサフランソースのレシピを学ぶこと。 先ずは自作のソースを彼女のアパートに持参。 目隠ししたケイトがテイスティング。 シェフは見事にレシピを言い当てる。 この目隠しテイスティングがかなりエロティック。 仕事に対する敬愛が、いつしか性愛にスライドする二人。 「やぁ、おはよう! パンケーキ作るの手伝ってくれる?」泡だて器をシャカシャカ鳴らしながらゾーイのベッドへやってきたニック。 なぜ朝からニックがウチに? ゾーイ、そこは察しがいいようで。 三人仲良く街へお出かけ。 中華料理の食材専門店で足を止めたケイト。 そこにある食材の一つをニックに嗅がせ、サフランソースの秘密のレシピを教える。 「お客様がシェフに挨拶したいって」 ポーラが呼んだのはケイトではなくニック。 不審に思ったケイトは食材庫でニックを問い詰め、ポーラがニックをシェフにしようとしていることを知る。 裏切られた。 もう同じキッチンでは働けない。 ニックはレストランを後にする。 心を許したのに、この仕打ち? 発作的な怒りで相手の釈明に耳を貸すゆとりもない。 しかしケイトはニックが残した留守電で、彼がシェフとしての契約を固辞していたことを知る。 「あなたが追い出したんだから、後任のスーシェフはあなたが見つけて」ポーラもケイトを突き放す。 続く数人の面接は息抜きのお笑いポイント。 皆が皆、自分本位な言い草で売り込み、おそらく自分が今何を話しているか客観的に判断できてない人たち。 ニックがもうウチに来ないと知ったゾーイが家出。 三人で出かけた思い出もあり、ケイトは意を決してニックに助けを請う。 二人で心当たりを探す。 ニューヨークに来てまだ日も浅く、知ってる場所も限られているはずなのに見つからない。 と、そこでケイトは気付く。 ゾーイは母親の墓所にいた。 自分の未熟さを詫びるケイト。 サンフランシスコに開店するレストランでシェフを務めることになったニック。 祝意を告げたケイトだったが、このままでいいのか煩悶する。 と、ウェイトレスが困惑顔で「このステーキ、レアじゃないってお客が・・・」 ん? 見た目、弾力、焼き加減、完璧なレア。 仕方ないので新しく調理しなおす。 再び皿を戻しにきたウェイトレス、「あのお客、頭にくる! 肉の焼き方も知らんのかですって!! 」 カッ チーーーン 肉塊切り分け用の大きな二股フォークにナマのステーキ肉を突き刺し、颯爽とクレーマーの前に立つケイト。 「あなたのレアってこれのこと?」 ポーラが止める間もなくテーブルに肉を突き立てる。 「スミマセンッ! 今テーブルをセットしなおしますから・・・」ポーラが肉と二股フォークを抜く。 「テーブルセッティングもお手のものよ!」とケイトはカトラリーやグラスを残したままテーブルクロスだけを一瞬で引き抜いてみせた。 呆然とするポーラとクレーマー、賞賛の拍手を送る他の客たちを後に残し、ケイトはレストランを去る。 「人生の料理本があればいいのに。 レシピが何をすればいいか教えてくれるの」 「それは誰よりあなたがご存知でしょう。 自分で作ったレシピが最高だってね」 セラピストの言葉に、自分の気持ちに素直になるケイト。 数ヵ月後。 ゾーイがお手伝いする大賑わいのビストロ。 臨月だった元スーシェフが赤ん坊を抱え旦那さんと、階下のシングルファーザーも二人の息子を連れて、あのレストランの常連だった老夫婦も、みんな美味しそうに食事を楽しんでいる。 その厨房では、二人のシェフが仲睦まじく料理していましたとさ。 この作品、基本的なストーリーや印象的なエピソードは、ほぼ丁寧にドイツ版オリジナル『マーサの幸せレシピ』をなぞっています。 オリジナルで登場するニックに相当するキャラクターは本物のイタリア人。 大変魅力的なオリジナルではありますが、ここでは敢えてアメリカ版リメイクを。 舞台はニューヨークではあるけれど実際に現地でロケしているかは疑問だし、ニックのなんちゃって感溢れるイタリアかぶれやら、ちょっとどーなのよ?って言いたくなる点もあるけれど。 しかし、私の中で全体的に何か気持ちよいまとまり感というか、バランスがとれている映画として受け入れられたのです。

次の