喜 本 容疑 者。 喜本奈津子(ガラケー女)の現在!出身と実家や経歴・卒アル画像・逮捕その後まとめ

喜本奈津子の家族や生い立ちは?宮崎文夫とは出会い系アプリで交際!

喜 本 容疑 者

5ちゃんねるやツイッターで広まる この事件をめぐって、とある人物が「同乗者」なのではとの情報が、喜本容疑者の逮捕状を請求する方針を固めたという報道が出る数日前から投稿されていた。 しかし、その人物が代表を務める会社のサイトで、代理人が18日、「SNS等で流通している当社代表者に関する情報について」と題した声明文を発表し、「虚偽の情報を広めている者に対し法的措置を取ることを検討しています」と見解を示した。 代理人が発表した声明文などによると、喜本容疑者については指名手配や氏名の公表がされなかったことから、17日早朝までの間に掲示板「5ちゃんねる」やツイッターなどで、同乗者をこの人物だとする情報が広まった。 ネット上で容疑者だとされた根拠について、その人物が宮崎容疑者のインスタグラムアカウントをフォローしていること、事件当時に喜本容疑者が身につけていた帽子やサングラスや服が、その人物がインスタグラム上の写真で着用していたものと似ていたことや、両者の顔が似ていることが挙げられているという。 名指しされた人物は17日午前、知人を通じて、自分の名前が同乗者として挙がっていることを知った。 代表を務める会社へは同日午前から、偽の情報に触れたとみられる人からの電話が殺到し、業務に必要な電話を取ることができなかったとしている。 民事や刑事告訴を視野に 声明文では、偽の情報は会社と人物の名誉権を著しく侵害するものなどとしており、「虚偽の情報を広めている者に対し法的措置を取ることを検討しています」と方針を示している。 J-CASTニュースが19日、代理人の小沢一仁弁護士に取材したところによると、民事や刑事告訴を視野に入れているとし、「警察に(被疑者がこの人物なのか)イエスかノーかだけでもいいから発表できないのかと言おうと思っていた」と振り返った。 小沢氏は17日朝、名指しされた人物から相談を受けたという。 「私に相談で来る前に一度、(その人物が直接)警察に相談で行っているが『誰がやっているかわからない』と断られた。 こちらの方ではどこの誰かを特定できた時に刑事告訴まで踏み込む。 発信者情報開示請求をして、(情報を広めたのが)どこの誰か調べていく」と話していた。 なお事件をめぐっては「同乗者」に加えて、宮崎容疑者が指名手配される16日より前から、暴行した運転者とする人物の氏名がネット上で拡散された。 この人物の氏名が最初に書き込まれたのは、8月13日午前だとみられる。 掲示板では「インスタで加害者の氏名でたね」などと書き込まれ、ツイッターやトレンドブログで、名前が拡散されていた。 (J-CASTニュース編集部 田中美知生).

次の

喜本奈津子容疑者を“あおり事件”の凶行に駆り立てた「歪んだ母娘関係」

喜 本 容疑 者

「危険な運転をしたつもりはない」と供述 「車をぶつけられ、頭にきて殴った」。 報道によると、傷害の疑いで逮捕された宮崎容疑者は、常磐自動車道で停車させた車の男性ドライバーの顔を殴ってケガをさせた動機について、こう供述したという。 しかし、宮崎容疑者とのもみ合いでドライバーの足がブレーキから離れたとも報じられており、元々の原因は宮崎容疑者にあるとみられている。 煽り運転については、ドライバーの車が遅く、妨害されたと感じたとし、暴行容疑での立件もありうるとされているが、「危険な運転をしたつもりはない」と供述したという。 一方、交際相手の喜本容疑者は、宮崎容疑者をかくまった犯人蔵匿・隠避の疑いで逮捕され、殴る様子を携帯電話で撮影するなどしていたことから、傷害ほう助容疑での立件もあると報じられている。 ニュースのコメント欄などでは、「悪事を働いたものには厳罰を」と宮崎、喜本両容疑者への非難が相次いでおり、中には、「殺人未遂が適用されてもいい」との意見もあった。 両容疑者は、いくつかの罪に問われる可能性があるが、量刑の見通しはどうなのだろうか。 元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は8月20日、J-CASTニュースの取材に次のような見方を示した。 3つの罪で懲役2年前後... でも執行猶予? 「被害者の方が1~2週間ぐらいのケガの場合、執行猶予中でなければ、普通は罰金で終わります。 しかし、世間で騒ぎになり、警察や検察も懲役刑を視野に捜査しているでしょう。 『殺すぞ』と言っていたので、ほかに脅迫罪が考えられ、期限を越えて代車を乗り回していた横領罪もありうると思います。 この3つの罪で、懲役2年前後になる可能性があります」 NHKなどの報道によると、宮崎容疑者は2018年3月、タクシー運転手に対する監禁容疑で逮捕されたが、起訴猶予になっている。 また、その内容ははっきりしないが、10年前に別の監禁事件を起こしたという週刊誌報道もある。 こうした点について、若狭弁護士は、「起訴猶予は、前科ではなく前歴なので、裁判官の心証に若干関わる程度。 懲役・罰金刑の前科が多いと量刑に響きますが、普通は執行猶予が付くでしょう」と言う。 つまり、宮崎容疑者は、実刑にならない可能性があるということだ。 煽り行為による暴行罪は、極端な幅寄せなどの要件が必要でハードルが高く、殺人未遂はもちろん、危険運転致傷罪の可能性も低いという。 現状では、罰金の可能性も高いとし、実刑になるかどうかは余罪次第だとみている。 喜本容疑者については、逮捕容疑の犯人蔵匿・隠避は、懲役3年以下と重い罪になるが、宮崎容疑者より重い刑罰になることはないのではないかとした。 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の

喜本奈津子容疑者を“あおり事件”の凶行に駆り立てた「歪んだ母娘関係」

喜 本 容疑 者

・喜本奈津子(きもとなつこ) ・年齢 51歳 ・出身 関東出身 ・会社員 ・独身 家族の情報は調べましたが、有力な情報は出てきませんでした。 51歳ということで、結婚はしていた過去があってもおかしくありません。 宮崎容疑者とも結婚を考えていた可能性はありそうですよね。 宮崎容疑者が経営している、不動産事業を手伝うまでの関係だったのから、そのように思います。 単に彼女だったらそこまでは深く関わることはないのではないかと思います。 私生活のほとんどを一緒に過ごしていたとのことで結婚はしていないけれど、関係としてはほぼ同じような状態だったのではないかと思います。 喜本奈津子、宮崎文夫とは出会い系アプリで交際! 出会い系アプリで出会ったことがわかっており、テレビ番組でも取り上げられました。 番組では2人の関係にフォーカスを当てた。 そして女の高校時代からの友人の話として「彼女は独身で結婚したくて。 のアプリってあるじゃないですか。 2月の下旬にあった時に『新しい人がこういう人で』って。 『今、この人と付き合ってる』とか写真を見せてもらって」という話をプライバシー保護の音声で流していた。 引用 宮崎容疑者は会社を経営していてお金もあるはずなのに、かなり年上の女性を出会い系で見つけ交際したんですね。 若い女性を連れてる経営者さんたちは多くいるようなイメージなので、不思議に思います。 よっぽど惹かれる魅力があったんだと思います。 ネットの声 多くの批判的なコメントで溢れていました。 宮崎文夫と喜本奈津子は現代のボニーとクライドのつもりなのだろうか。 いや、ロミオとジュリエットのつもりかもしれない。 この1週間は、愛の逃避行だったのだろうか。 他事件でも同じようなことがありましたね。 それほど大事な人だったのかもしれませんね。 連日ニュースで取り上げられ、目が覚めなかったのでしょうか。 まとめ ネットの声でもありましが何かの事件が発生した時の容疑者のことではなく、遺族のことをかなり大きく取り上げられたりと、違和感を感じます。 取り上げられるべきは、悪いことをした人ですよね。 遺族の人はそっとして欲しいのが本音ではないでしょうか。

次の