イカリ三宮。 いかり神戸三宮店

関西マダム御用達、いかりスーパーでおすすめの食品やスイーツは?

イカリ三宮

神戸で素敵なお土産を選びたい 洋菓子、スイーツの激戦区である神戸元町や三宮周辺には、魅力的なお店がたくさんあります。 激戦区だけに、見た目だけで実力が伴わないようなお店は、すぐに淘汰されてしまう神戸。 逆にやり甲斐がある地だと感じ、あえて神戸に出店するパティシエも多く、スイーツ好きにはたまりません。 今回は、創業30年を越える老舗店や創業30年以下の平成時代に開業したお店、そして甘い物以外と3つのカテゴリーに分けて神戸のおすすめ土産をご紹介します。 お土産を贈る方に合わせて、喜ぶ顔を思い浮かべながらお店を選んでくださいね。 <神戸のお土産:定番の老舗編> 舌の肥えた人が多い神戸で長く続くお店は、それだけでも信用度が高く安心感があると言えます。 ちなみに、老舗店の定義の1つは創業30年以上と言われています。 フロインドリーブの「ミミ&クッキー」 フロインドリーブは、ドイツ人のハインリッヒフロインドリーブ氏が1924年に開業したお店です。 神戸を代表する洋菓子のお土産「ミミ」。 ミミはハートの形をしたパイで、大きめの大ミミと小型の小ミミがあります。 神戸っ子におすすめのお土産を聞いたら、必ず名前があがるのがフロインドリーブのミミです。 神戸っ子がミミをすすめる理由は、一度食べてみると分かります。 パイ生地をかじると、サクッとした食感とともに、じんわりと甘みが口いっぱいに広がります。 ハート形のパイは、日本全国でたくさんのお菓子屋さんが販売していますが、ミミはひと味もふた味も違います。 ミミの名前の由来は、耳。 ハート形のパイですが、確かにその半分は耳の形に見えますね。 ドイツでは豚の耳が縁起が良いとされており、ミミは豚の耳をインスパイアして作られています。 フロインドリーブでは、ミミだけではなくクッキーもおすすめ。 バターとナッツがたっぷり練りこまれたものなど、種類も豊富です。 フロインドリーブのミミとクッキーは、神戸に行ったら必ず手に入れたいお菓子のお土産です。 ロシア革命を逃れて来日、神戸でチョコレート店を経営していたロシア人のモロゾフ一家が、1931年に設立した神戸モロゾフ製菓。 次にご紹介するドイツ菓子のユーハイムと並んで、神戸の2大洋菓子メーカーとして知られています。 モロゾフと言えば、可愛いガラスの入れ物に入ったプリンが有名ですが、お土産としては重量もありちょっぴり不便。 そんなプリンは三宮にあるカフェモロゾフで、カスタードプリンパフェ(おすすめ!)を頂くとして、お土産にはもう少し軽めの物を選びましょう。 1986年の発売以来、ロングセラー商品として幅広い層の支持を得ているのが「ファヤージュ」です。 フランス語で木の葉を意味するファヤージュは、パリっとした食感にナッツの香ばしさが特徴の焼き菓子。 1日に8万枚を焼き上げるという人気商品です。 ナッツの風味を損なわなように、生地に油を使わずに薄く焼き上げたファヤージュはその軽い食感と繊細な味わいが魅力です。 ドイツの伝統菓子であり、お菓子の王様と称えられるバウムクーヘン。 カール・ユーハイムが初めて日本に伝えてから100年という月日が流れ、今では数多くのメーカーが製造販売するようになりましたが、やはりユーハイムは別格です。 ドイツの伝統的なレシピに基づいて、不要な添加物は使用しないという食の安全にこだわった菓子作り。 そんなユーハイムのバウムクーヘンは、しっとりとして口あたりが良いのが特徴です。 お土産におすすめなのは、食べやすくカットされた「リーベスバウム」。 上品なパッケージで個包装されているので、職場へのお土産にも最適です。 見た目よりもずっしりとしていて、食べ応えもあるので、おやつタイムにも喜ばれますね。 1897年(明治30年)創業の神戸風月堂。 1917年(大正6年)には神戸で最初の喫茶店を営業し、1927年(昭和2年)にゴーフルを発売。 神戸の街に根付いて120年以上というレジェンド的な存在です。 神戸風月堂のゴーフルは、フランスの焼き菓子をヒントに、日本の和菓子作りのテイストをプラスして試行錯誤の末出来上がりました。 小麦粉、砂糖、牛乳、バターなどの材料を、和菓子のせんべいを焼く技術を活かし、直径15cm、厚さ1mm程度の円形にさっくりと焼いた2枚に、薄く伸ばしたクリームを挟んでいます。 1953年には商品登録もされていますが、現在は風月堂の流れをくむ2社でも同じようなゴーフルが製造されています。 同じく本高砂屋から代名詞ともいえる「エコルセ」。 旨さを楽しみ味に遊ぶ、伝統の味を守りながらも新しい味を追求して行く「旨味味遊」という経営理念の通り、伝統的な和菓子にとらわれずに、美味しい物を創り出す本高砂屋の大ヒット商品です。 引き出物や内祝いでいただくことも多く、「そういえば家にあったなあ」という神戸っ子も多いのではないでしょうか。 「エコルセ」は、本高砂屋が新しい感覚のお菓子を求め、フランス伝統の製法に基づいて研究・開発を重ねて生まれたお菓子です。 エコルセの名前の由来は、フランス語の「樹の皮(エコルス」。 薄く焼いた生地を素早く巻き取って層のような重なりに仕上げます。 口に入れると、繊細に重なる生地の層がサクサクっとほぐれて、焼き立ての香ばしさと優しい甘さが口いっぱいに広がります。 発売から30年が経っても類似品がないのは、簡単に真似して作れるものではないから。 エコルセは、溶けるほど薄く焼いた生地はベーシックな短冊、プレスして美味しさを凝縮させた三角形、そしてミルクとホワイトのチョコレートが入った丸型の3タイプ。 冷凍庫に入れてパリパリにして食べたり、逆にレンジでチンして温めて食べたり、封を開けてしばらく置いて柔らかくして食べたり、ミルクに浸したりと、その食べ方は千差万別。 本当に美味しい物を少しだけというタイプの方への上品なお土産におすすめです。 1988年、阪急岡本駅前にオープンしたチョコレートショップ、モンロワール。 品があり高級感が漂う神戸のお土産を探しているなら、モンロワールの「リーフメモリー」がおすすめです。 「リーフメモリー」の魅力は3つ。 1つ目は、かわいい銀紙の包。 箱を開けると、かわいい銀紙の袋があらわれます。 2つ目は、銀紙の包を開けた時の驚きです。 巾着状の包を開けると、中から小さなチョコレートが登場します。 3つ目は、バリエーション豊かなおいしいテイストです。 銀紙の袋の色は数種類あって、中にはテイストの違うチョコレートが3種類入っています。 一粒一粒のチョコレートはとてもおいしくて、一度食べ始めると止まらなくなります。 壺の中のプリンは、テーマによって多層の構成で作られています。 ベーシックな「魔法の壺プリン」は、ふんわりクリームがたっぷりのった下に、濃厚なとろとろカスタードプリン、壺の底にビターなカラメルソースが入っています。 「ショコラ」だと、1番上がチョコレートチョコレートガナッシュ、2番目がショコラクリーム、3番目が甘酸っぱいアクセントとしてフランボワーズピューレ、4番目がメインのとろとろショコラプリン、最後にチョコレートガナッシュといった組み合わせです。 多層構造で計算されたテイストは、食べるときに口の中でミックスされることで、贅沢な味わいを生み出します。 「 魔法の壺プリン」は、定番の他にシーズンごとに限定商品が登場するので見逃せません。 1日25,000個を売り上げるという超人気のプリンは、お土産だけではなく、自分用にもしっかり買っておきたいところです。 創業23年を迎えたコンディトライ神戸は、多くの人に愛されるスイーツを届けたいという思いを持って様々な新しいスイーツを生み出してきました。 看板商品は何度もメディアに取り上げられている「神戸白いチーズロール」。 2種類の生クリームとクリームチーズを合わせたレアチーズクリームが、ふわふわで真っ白なスポンジ生地に包み込まれています。 真っ白なスポンジ生地は卵黄不使用という独自の製法。 1つずつスチームオーブンで丁寧に焼き上げることで、フワフワなのにしっとりという驚きの食感を完成させました。 甘さ控えめで、食べやすく見た目のインパクトもあるため、可愛い物が好きな方へのお土産にいかがでしょうか。 日持ちは冷凍保管で14日間あるので安心です。 大阪土産の551蓬莱の豚まんは全国的に有名になりましたが、神戸土産の豚まんなら、三宮一貫楼の名があがるでしょう。 神戸元町駅からすぐ、商店街の角にある本店は、実演販売がされていて、出来立てのアツアツを頬張る人や持ち帰りの人でいつも賑わっています。 三宮一貫楼のぶたまんの特徴は、凝り過ぎないシンプルな具材と味付け。 国産にこだわった豚肉に、水っぽさがでない玉ねぎ、高級菓子に使用できるレベルの小麦粉を使用し、毎日8千~1万個のぶたまんが手づくりされています。 柔らかくもっちりした生地の中には、ジューシーな豚肉と玉ねぎがたっぷり入っていてボリューム満点。 551蓬莱の豚まんと比べるとシンプルなので、食べ始めはあまりインパクトがないかもしれませんが、シンプルだからこそ飽きずに食べることが出来る神戸のソウルフードの1つです。 大阪湾、淡路島沖、播磨灘などで水揚げされるいかなご。 「いかなごのくぎ煮」とは、いかなごの稚魚(新子)を醤油、ざらめ砂糖、生姜で煮詰めたもので、できあがりが折れたくぎのように見えることからこう呼ばれています。 いかなご漁の解禁は2月上旬から3月上旬にかけて。 淡路や明石、神戸の家庭ではこのくぎ煮を家庭で炊く家も多く、たくさん作ってご近所や親せきにお裾分けするのが習慣的になっています。 神戸の垂水や明石港では、朝早く出漁して昼過ぎには魚が並ぶ昼網があり、シーズンになると新鮮ないかなごを求めて人々が集まります。 創業50年を超える神戸北野の「大黒屋」は老舗の佃煮店で、旬の時期になると「いかなごのくぎ煮」が店頭に並びます。 神戸の春の風物詩ともいえる「いかなごのくぎ煮」をお土産にしてみませんか? かなり味は濃いですが、生姜が入っているのでさっぱり感もあり、ご飯のお供にピッタリです。 TV番組・秘密のケンミンSHOWで、兵庫県民の朝ごはんとして紹介された「神戸牛の佃煮」。 神戸元町の「辰屋」は明治創業、4代続く老舗の神戸牛専門店です。 辰屋の作る神戸牛の佃煮の特徴は、その肉感です。 厚めにカットした焼肉用の神戸牛モモ肉を、醤油、砂糖、水飴で甘辛く炊き上げて生姜で風味付けをしています。 一般的な佃煮はお肉の姿が見え隠れというレベルの物が多いのですが、辰屋の佃煮は別格と言えるほどのお肉のサイズが自慢です。 現店主のお母さんの味付けを再現しているという佃煮は、旨みたっぷりの煮汁を一晩寝かせ、表面に固まった余分な脂の層を取り除いてからお肉の中に戻すことで、より一層ジューシーさが増します。 お肉をカットするところから、調理、最後の封入まで職人がひと鍋ずつ丁寧に手作り。 保存料や化学調味料は一切使用していないので安心ですね。 目上の方や、食通の方へのお土産に最適です。

次の

#三宮 人気記事(一般)|アメーバブログ(アメブロ)

イカリ三宮

いかりスーパーってご存知ですか。 関西、特に阪神間や阪急沿線に多い、輸入食品を多く扱う「ちょっといいスーパー」です。 関西で高級スーパーといえばいかり、というような存在。 関西に住んでたらここの ikariロゴのたくさん入った丈夫な紙袋は使ったことがあるはず。 重いものを入れても底が抜けない・破れない、でとにかく丈夫なので実家からの食品お裾分けなどに多用されています。 レジは2人体制でていねいな袋詰めまですべて店員さんがやってくれます。 成城石井にちょっと似ているかな。 (でも成城石井より価格帯は高いかも) ターミナル駅のよく通る場所にあるので、今は成城石井のほうがよく利用していますが、イカリスーパーにもおいしいものがたくさん。 おすすめのものをご紹介します。 Contents• イカリスーパーのおすすめ イカリスーパーといえばめずらしい食材や調味料、おいしいものが置いてあるお店、というような印象。 実家近くにあったので昔はおばあちゃんと一緒に行って変わったお菓子を買ってもらうのが大好きでした。 自分が大人になってからは会社帰りに三宮店でスイーツやパン、アイスなどを買って帰ったりするのが定番に。 主婦になった今も変わらず、いかりで買うものと言えばおやつ系が多いです。 ホットケーキミックス 中にバニラシードの黒いつぶつぶがたくさん入っているホットケーキミックス。 ちょっとケーキみたいなお味。 そんなに甘くないしふんわりしていて、とてもおいしい子どもも大好きな一品です。 お店で焼いているたい焼き 前を通るとおいしそうで、ついつい買ってしまう1個100円のたい焼き。 小さめサイズであんこがしっぽまで入ってます。 オリジナルスイーツ各種 最近買って美味しかったのは栗のスイーツ。 モンブランもおいしかったけれど、特に 栗のテリーヌという焼き菓子が絶品でした。 中には渋皮マロンと甘露煮マロンの2種類がまるごとゴロゴロ入っていて食べ応えがあります。 1個のケーキの中に栗が6粒は入っていたと思います。 お値段は450円ぐらい。 スーパーで買うデザートとしてはちょっと高い気がするけれどそのへんのケーキ屋で売ってるケーキよりおいしく食べ応えがあって栗好きにはたまりません。 栗を食べている感覚で、コーヒーだけでなく日本茶にもすごく合いますよ。 梅田の阪急百貨店に入っている 足立音衛門の栗のパウンドケーキ(マローネ栗)にも匹敵する美味しさだと思います~。 (一万円のには負けるけど) スイーツといえば、子供が小さいころよく取り分けて食べていたプリン。 今はプリン3つだと取り合いになるので、あまり買いませんがこちらもおいしいですよ。 昔懐かしいプリンアラモードの味です。 同じようなスコップケーキのシリーズで、ザッハトルテ・モンブラン・いちごのケーキなどもありますが、どれもほどよい量で家族で3~4人で取り分けて食べるには最適かも。 いかりのオリジナルアイス いかりの丸い棒アイスも昔からありますが、あっさりしていておいしいですよ。 一本ずつのバラ売りのレギュラーサイズもあれば、ミニスティックも。 シャリシャリした感じのアイスミルクバーで551のアイスキャンデーと似ているかな。 イカリスーパーではドライアイスも無料でつけてくれるのでちょっと遠くても持って帰れるし手土産にも。 うどんそばつゆ たぬき庵(いかりブランド)のうどんそばつゆは、これぞ関西のおだしの味!って感じでおいしいです。 味が薄かったり風味があまりなかったり、スーパーのおだしでも自分で調味しないとなんだかなぁ、っていうものもありますが、これはそのままでおいしい。 普通の冷凍うどんがお店の味に変わります(笑)。 このおだしを使って作った出し巻き卵も絶品。 結構日持ちするし冷凍もできるのでストックしておくと便利です。 ベーカリーのパン 焼きたてパンがいろいろならんで目移りしてしまうパンコーナーですが、 クロワッサンと フランスパンがお気に入りです。 いかりオリジナルの食パンも、おいしいです。 原材料も安心。 添加物が少ないし、ちゃんとバターが使われているからおいしいのかも。 クロワッサンはスーパーで買うと、原材料がバターでなくマーガリンなどの油脂を使ったものが多かったりしますが、いかりスーパーのものはちゃんと バターが使われています。 フランスパンもふつうスーパーで買うのはちょっとな…と思ったりしますが、パン屋さんで買うものと同じぐらいおいしいので、食事にバケットという時でも安心して買えます。 他にも和菓子などもおいしくてついつい食材以外の余計なものを買ってしまういかりスーパー。 ちょっとした手土産のお菓子や調味料、いかりPBブランドも充実しているし見るのが楽しいスーパーでおすすめです。

次の

いかりや

イカリ三宮

仕事帰りに お得に買い物 社員割引制度を使うと、いかりスーパーの厳選された商品を購入で10%キャッシュバック。 お中元やお歳暮の時期はなんと20%還元!パートさんでも、いかりスーパーのこだわり商品がお得に購入できると主婦の方からも好評です。 おいしいものに 詳しくなれる 選び抜かれた旬の食材をお客さまにご提供するいかりスーパー。 おいしい食材に囲まれて働くうちに、家庭でも役立つ食材の見分け方が身につきます。 おいしいものやカラダに良いものが食卓にのぼれば家族にも喜んでもらえるかも!?• 世界中の ステキな商品に囲まれて 本当に良いものを厳選しているからお客さまにも自信を持っておススメできます。 他のスーパーには見られない輸入食品やプライベートブランドなど、いかりスーパーならではのステキな商品に囲まれてお仕事ができます。 お客さまとの 会話が楽しい いかりスーパーはお客さまも自慢。 長年利用していただいているお客さまは優しい方が多く、新人の時に励まされたスタッフも。 お客さまとのちょっとした会話も楽しいひとときです。 お客さまから信頼されて来店時にお声かけしていただくのもモチベーションに。 制服貸与で 洗濯も不要 パート、アルバイトで着用する制服は貸与します。 しかもクリーニングは会社負担なので、洗濯の手間もありません。 さらに水を扱う部署(惣菜や精肉・鮮魚など)は長靴もお貸ししますので、ご安心ください。 学校とアルバイトの 両立も楽々 シフトは柔軟に対応するので学生の方も安心。 試験やサークル活動など学生生活を優先したシフトが組めるので、学校とアルバイトの両立も無理なくできちゃいます。 長期休暇で帰省する時などにも調整できるので安心してください。

次の