銀行 振込 やり方 ゆうちょ。 ゆうちょ口座と他の金融機関口座間の送金-ゆうちょ銀行

ゆうちょからゆうちょ銀行同士の振込方法【くわしく】手数料・反映は

銀行 振込 やり方 ゆうちょ

目次(もくじ)• ゆうちょ銀行への振込のやり方 ゆうちょ郵便局から まずはゆうちょ銀行や郵便局から振り込む方法です。 ゆうちょ銀行への振込なのでゆうちょ銀行からが手数料が安そうだと感じますよね。 ですがATMか窓口か、口座間の支払いか、現金で払うかでかなり違いますよ。 ゆうちょ銀行というのは他の金融機関とは違うシステムなので少し特殊です。 ゆうちょ銀行の口座は基本的に5桁の記号と8桁の番号で管理されます。 ゆうちょ銀行同士の送金であればこの記号と番号を使うことになります。 ゆうちょ銀行からゆうちょ銀行への送金というのは即時反映されます。 手続きをしたらすぐに相手が確認できるということです。 振込のやり方としてはATMか窓口、もしくはネットのゆうちょダイレクトを利用する方法があります。 ゆうちょダイレクトについては事前申し込みが必要ですので、ここではATMと窓口について紹介しますね。 ゆうちょ銀行のATMでの振込のやり方 あなたの口座から相手の口座に送金する一番お得な方法と、払込取扱票を使って現金を入れるやり方があります。 ゆうちょ銀行のATMでの振込 通帳やカードがあるなら あなたがゆうちょ銀行の口座を持っているなら、現金をその口座に一度入金してから送金する方法が最もおすすめです。 なぜなら手数料が無料だからです。 これは振替といってゆうちょ同士の送金のことですね。 やり方は簡単です。 画面左側真ん中の「ご送金」を押し、「ゆうちょ口座へのご送金」を押します。 そのあとは画面の案内に沿ってくださいね。 ゆうちょ銀行のATMでの振込手数料 口座間送金の場合• 月3回まで無料• 月4回目以降=123円 ゆうちょ銀行のATMでの振込 現金での場合 ゆうちょ銀行のATMで現金での振込には条件があります。 相手口座が0から始まる記号であること。 払込取扱票が対応しているATMでであること。 対応していれば通帳を入れる場所の上に、「払込書」という部分があり払込取扱票を入れられるようになっています。 対応してないATMは赤枠の部分がふさがっています。 この写真のようになっていれば対応しているので、画面左側真ん中の「ご送金」を押し、左上に出てくる「払込書でのご送金」を押します。 対応していないATMでは「払込書でのご送金」のボタンはあらわれません。 あとは画面の案内に沿って順番にやっていけば大丈夫です。 最後に出てくるご利用明細表をもらうのを忘れないようにしましょう。 この方法は「通常払込み」に分類されるので即時反映はされず、数日かかることがあります。 ゆうちょ銀行のATMでの振込手数料 現金の場合• 払込金額5万円未満=80円• 払込金額5万円以上=290円 ゆうちょ銀行のATMで振込できる時間 ゆうちょ銀行のATMは稼働していれば、1月1日から1月3日までをのぞいて、いつでも振込ができます。 稼働時間は場所によって違います。 大きい郵便局や都心にある郵便局のATMは比較的長めなので調べてみると良いでしょう。 ちなみに他銀行のキャッシュカードでゆうちょATMからの振込はできません。 ゆうちょ銀行の窓口での振込方法 窓口で現金を支払う方法として電信払込みと通常払込みがあります。 電信払込み: 相手の口座の記号が0か1から始まる。 一般的なのはこっち。 即時反映。 通常払込み: 相手の口座の記号が0から始まる。 あまり使わない。 手数料は安いが取引に数日かかる。 1から始まる口座は主に個人向け、0から始まる口座は主に企業や団体向けです。 ゆうちょ銀行か郵便局の貯金窓口に行って、払込取扱票という所定の用紙に必要事項を書いて、振込金額プラス手数料を出せばOKです。 用紙の書き方については例が置いてあるので問題ないでしょう。 間違っていても窓口で教えてくれますしね。 ゆうちょ銀行の窓口での振込手数料 同じ窓口でも電信払込みか通常払込みかで振込手数料が違います。 電信払込み• 払込金額5万円未満=540円• 払込金額5万円以上=756円 通常払込み• 払込金額5万円未満=130円• 払込金額5万円以上=340円 ゆうちょ銀行の窓口の振込時間 窓口の営業時間内であれば振り込みを受け付けてもらえます。 ただ窓口によって営業時間は違います。 朝は大体9時からですが16時まで、17時までというところが多いです。 都心の方では18時までなんて窓口もあります。 スポンサーリンク ゆうちょ銀行への振込 他の金融機関から ゆうちょ銀行の口座を持ってなかったり、ゆうちょからは振り込めないこともありますよね。 もちろん他の金融機関からゆうちょ銀行に振り込むこともできます。 もし他銀行などからゆうちょ銀行へ振り込む場合には振り込み先の支店名が必要です。 厳密にはゆうちょに「支店」というものはありません。 ですが支店名に代わるものはあります。 ゆうちょ銀行での「店名」もしくは「店番号」というものです。 数字3桁でできています。 この3桁の店名というものは5桁の記号から対応しています。 ゆうちょの通帳にも記載されていますが記号から変換することもできます。 関連 必要な情報である振込先のゆうちょの店名と口座番号を確認しておきましょう。 これがわかれば一般の銀行同士の振込と同じやり方で取引ができます。 普通に銀行に行って振り込むだけです。 振込手数料はいくら? 振込手数料は使う銀行によって違いますが、他行あてになるので安い銀行でATM利用でも最低216円はかかりますね。 現金での振り込みだともっと高くなります。 そしてその銀行以外のカードを使ったり、時間外での利用などをすると手数料だけで1,000円かかるなんてこともあり得ますね。 使う予定の銀行の手数料を調べてみてくださいね。 振込できる時間 銀行などの場合 銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合は全銀システムでの管理になるので平日の9時前から15時までしか取引が動きません。 15時以降の振込は振込予定となってしまい、次の営業日に実際振り込まれることになります。 ゆうちょ銀行への振込 コンビニATMから コンビニのATMは万能と思われがちですが、意外とそうでもありません。 コンビニATMから振込できる条件があります。 現金振り込みはできない。 キャッシュカードから。 キャッシュカードがあっても振込できる銀行とできない銀行がある。 コンビニに入っている銀行によっても取り扱いできる銀行が違うんです。 例えばセブン銀行ATMでは三菱UFJ銀行はカード振込できますが、三井住友銀行、みずほ銀行はできません。 イーネットATMでは三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のカード振込ができます。 無駄足にならないようにあなたが使う予定の金融機関が対応しているかを確認してくださいね。 コンビニからの振込も、上の章で紹介ましたが他の金融機関からと同じように、ゆうちょの記号・番号を店名・口座番号に変換しておくことが必要です。 関連 コンビニでの振込は振込金額別の振込手数料とは別に、昼間でもATMの使用料がかかるので、かなり割高感がありますね。 手数料だけで500円くらい掛かってしまうこともあるので、自分では使わないかなー。 スポンサーリンク ゆうちょ銀行への振込のまとめ ゆうちょを使うにしろ、他の銀行を使うにしろ、基本的には現金のみで振り込むよりも、一度あなたが持っている口座に現金を入れてからATMで振り込む方が安いです。 おすすめは手数料が安いのでもちろんゆうちょ同士。 なんといっても無料ですからね。 しかもほぼ24時間使えるATMが多いし、深夜でもすぐに相手に反映されます。 ゆうちょが使えないなら他の金融機関からキャッシュカードで口座間送金を。 銀行を複数持っているなら振込手数料が安い方を選びましょう。 どうしても現金で振り込む場合。 相手の口座の5桁の記号が0から始まるならゆうちょ銀行ATMを使いましょう。 5桁の記号が1から始まるならゆうちょATMでの現金振り込みはできません。 違う銀行のATMを使いましょう。 銀行ATMの現金での振込手数料については3万円未満は432円、3万円以上は648円というのが多く、ゆうちょの窓口で払うよりは振り込み手数料が安いですよ。 関連 関連 関連.

次の

ゆうちょ銀行での振込のやり方!窓口・ATM・払込取扱票の方法を解説

銀行 振込 やり方 ゆうちょ

*ご依頼人名とは別に、「メッセージ」を添えることもできます。 *ここではメールによるワンタイムパスワード認証について説明します。 ゆうちょ認証アプリをご利用の場合は、同アプリで認証します。 トークンをご利用の場合は、トークンに表示されたワンタイムパスワードを使用します。 ゆうちょ認証アプリを利用した送金については• トークンの使用方法については *送金先の口座が総合口座(記号・番号の記号が「1」から始まる口座)の場合、受入明細票の送付欄で「送付あり」を選択すると、ご送金の内容をお受取人さまへ郵送で通知します。 この場合、受入明細票の送付料金が100円かかります。 *送金先の口座が振替口座(記号・番号の記号が「0」から始まる口座)の場合、受入明細票の送付の選択にかかわらず、お受取人さまへ送金内容を通知します。 *ゆうちょ銀行あて振替は、毎月5回まで送金料金が無料となります。 6回目以降のご利用には、1回の振替につき送金料金が100円かかります。 また、毎月の無料回数は1日の0:00頃更新されます。 *メールアドレスを複数登録されているお客さまは、ワンタイムパスワード送付先メールアドレスをご選択ください。 *2016年6月13日(月)から、総合口座をご利用で、登録済の送金先口座以外へゆうちょ銀行あて振替をされる際、1日の送金累積額が5万円以上になる場合は、当行が推奨する携帯電話・スマートフォンのメールアドレスを選択いただかないと、即時送金ができません。 (ゆうちょ認証アプリまたはトークンをご利用の場合は除く).

次の

ゆうちょ銀行ATMから他の銀行宛に送金する操作方法[銀行振込]

銀行 振込 やり方 ゆうちょ

ゆうちょ銀行同士の振込みのやり方を解説します。 まずは基礎知識から説明をし、その後に手順をくわしくご説明します。 またゆうちょで ゆうちょの口座から相手のの口座にお金を送ることを 「振込」ではなく「振替(ふりかえ)」といいますが、 ここでは一般の銀行でも使い慣れた「振込」という言葉で統一します。 体験談も解説します。 スポンサーリンク 手順 ゆうちょ銀行ATMからの振替 まずは郵便局の入り口付近などにある、ゆうちょ銀行のATMに行きます。 そしてATMの画面を見ると、どの取引をしたいかの画面が出ます。 「ご送金」というボタンを押します。 次に自分のゆうちょの口座から、相手のゆうちょの口座に振り込みたいので、 「ゆうちょ口座へのご送金」というボタンを押します その次に、「振込詐欺に注意」という内容の画面と、 振替をした際に、依頼人名を知らせるというお知らせの画面が出てくるので それぞれを「確認」というボタンを押します。 そうすると 「カード」もしくは「通帳」を入れてください、という画面が出ます。 暗証番号を入れてください、と入力画面が出ます。 暗証番号を入れ終わったら、次に相手の「記号番号」か「店名」を入れる画面が出ます。 記号か店名どちらかの情報を入れて進めていきます。 僕は「記号番号」を入力しました。 記号を入力します。 確認のボタンを押します。 もし間違えたら「訂正」のボタンを押すと、やり直しになります。 終わると、続いて「番号」の入力画面に変わります。 そして、相手に送りたいお金の金額です。 終わって確認ボタンを押すと、「金額は合っていますか」と確認画面が出ます。 次に、お金を送った後に、相手に知らされる「依頼人名はこのままでいいですか?」 と出ます。 自分の名前が出てきますが、特に変更がなければ、そのままさらに「確認」を押して進めます。 最後に、振り込みする相手の名前や金額の確認画面が出てきますので、問題がなければこのまま「確認」を押します。 これで終わりです。 最後にカードを受け取ってください、と出ます。 カードと取引明細を受け取ったら、終わりになります。 普通の銀行同士の振込だと、相手の銀行の「支店名+口座番号」となりますが、 ちょっとややこしいですが、ゆうちょ同士での振り込みの場合は 「店名もしくは記号」という番号の他に 相手の番号(口座番号)の2つがいります。 参考までに、カードと通帳のどこにこれらが書いてあるかといえば、 「ゆうちょ銀のキャッシュカード」ならカードの表の部分に記号と番号が書いてあります。 通帳では、どこに書いてあるかといえば 1ページめくったところに書いてあります。 振込先の相手が知らせてきた番号が 3桁なら「店名」という番号 で 5桁なら「記号」 になります。 ATMを操作していて、「あれ5桁の番号を入れないといけないのに、知らせてきた番号は3桁だ」などと 勘違いをしないようにしたいです。 もし3桁の番号なら、「店名」なので の箇所を入力します。 また店名を、記号番号に変換できるページもゆうちょで用意されています もし迷いそうなら、あらかじめ変換してメモをしておくといいかもしれません。 ATMからは月に1回までは無料、それ以降は125円かかります。 手数料がかかっても、普通の銀行の、振込手数料よりは割安ですから、もし銀行を選べるなら、ゆうちょ技能を選択してみるのも1つかもしれません。 振込はすぐに反映される 通常、三菱UFJやみずほ銀行などの普通の銀行同士の振込みだと、営業時間外だと、夜や土日に振込をすると 振込の反映が「翌営業日」などとズレることもあります。 でも、ゆうちょ同士の振込みである場合、システムメンテナンス中などでなければ、通常は振込後にすぐに相手にお金が届くようになっています。 ゆうちょ銀行の窓口が休みになっている 営業時間外や土曜日・日曜日・祝日などでもです。 ゆうちょ同士だと、同じゆうちょ銀行のシステムを使うことになるので、その関係で早い、とも言われています。 祝日もすぐに反映されるようです。 口座の残高が振り込むお金より足りなければ、最初に「預け入れ」をする 上の手順では省略しましたが、もし振り込みたいお金がまだゆうちょの口座に入っていない場合は まず入金 「預け入れ」 をしましょう。 しかし、小さめな郵便局だと、土日にATMが閉まる時間もあるので、心配なら事前に営業時間を確認しておいた方がいいです。 参考 例えば、滋賀県の彦根須越郵便局 は ATMが 土曜日は、9時~12時半まで 日曜日は、休み となっています。 ATMの営業時間は郵便局によって違うので心配なら念のため調べてから行くと良いです。 なお、ゆうちょのネットバンク 「ゆうちょダイレクト」なら、ATMの営業時間に関係なく、振り込みが可能です。 このうち セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート(イーネットATM) から出来ません。 主要どころのコンビニではできないのが残念です。 ファミリーマートのうち であれば出来ます。 これには条件があって、 キャッシュカードと暗証番号の設定 をした口座になります。 振込がすぐに反映されていない。 もし相手が振込先の情報で、このように知らせてきた場合は、記号と番号の情報の可能性が高いです。

次の