初盆 見舞い。 初盆新盆見舞いの男性女性の服装マナー!提灯の飾り方や処分方法

初盆香典 相場金額》新盆/親戚/会社/親/知人/兄弟/近所/叔父/叔母/孫/親族

初盆 見舞い

一般に、8月13日の迎え火から16日の送り火までの4日間がお盆の期間です。 東京とその他のいくつかの地域は、7月13日を迎え火、16日を送り火とする、旧暦の4日間をお盆としています。 亡くなってから初めてのお盆、新盆では、お坊さんに読経をしてもらい法要をするのが一般的です。 新盆見舞いでは、その 法要に参列するか、お仏壇にお線香をあげに行きます。 新盆見舞いでお供えする物としては、お花や果物、お菓子のほか盆提灯などがあります。 ちなみに盆提灯とは、お盆の期間にご先祖様と亡くなったかたがこの世に帰る目印となるものです。 絵柄が入ったきれいな盆提灯はお仏壇の両脇に飾ります。 お盆にまつわる細かなしきたりは、それぞれの地域で少しずつ異なっています。 新盆見舞いの挨拶のタイミング 風習としてのしきたりの違いはさておき、新盆見舞いの場面では、ご焼香に伺う方もご遺族として迎えるほうの側も、きちんとした挨拶が欠かせません。 新盆見舞いの具体的な挨拶のタイミングとしては、8月13日、14日、15日の3日間のいずれかに行ないます。 13日に新盆見舞いをする場合は午後から夕方の時間帯がおすすめです。 これは13日はお盆の迎え火の日なので、午前中にご遺族の方がお寺にお迎えに出かけたり、お仏壇の準備などで忙しいためです。 したがって 13日午前中の早い時間の訪問は向きません。 弔問にうかがってお宅にお邪魔したら、ご仏壇にお線香をあげる前にご遺族のかたに挨拶をします。 なお東京など7月の旧暦にお盆を行なう地域の場合、7月13日、14日、15日のいずれかに新盆見舞いの訪問をします。 新盆見舞いの挨拶の例文 新盆見舞いにおいては、お仏壇にお線香をお供えする前に、必ず挨拶をします。 この挨拶は、亡くなったかたあるいはご遺族のかたがたと親しい間柄であっても、きちんとした作法で行なうことが大切です。 挨拶は 新盆見舞いのご供養の気持ちを込めて行ないます。 ここでは招待された側とご遺族として迎える側の両方の場合の挨拶について、例文をご紹介します。 招待された側 新盆見舞いに招待された側としては、お悔やみを伝え、ご冥福をお祈りすること、 ご遺族の方々への労わりの気持ちを挨拶のときに表します。 たとえば次のような文で挨拶をするとよいでしょう。 このような挨拶を済ませてから、お仏壇に持参したお供え物を供えて、お線香をあげるのがしきたりです。 新盆は、亡くなってから初めて精霊がこの世に戻ってくる大切なご供養の機会です。 弔問に訪れる場合、 正しいマナーに沿って新盆見舞いの挨拶を行ないたいものです。 弔問客として新盆見舞いの挨拶をするときは、次の2点に気をつけます。 故人を偲ぶ気持ちを伝える 亡くなったかたと近い親戚の場合や親しい友人だった場合は、新盆見舞いでの弔問は欠かせないものとなります。 弔問に訪れたときは、 ご遺族の方に亡くなった方を偲ぶ気持ちを明確に伝えることが大切です。 新盆見舞いは、生前の記憶に残っているやり取りや思い出話などをして、ご遺族のかたと語り合うよい機会となります。 また新盆見舞いには、大切なご家族を亡くしたご遺族の方々を励ます意味も込められています。 長く喋りすぎない 新盆の法要の施主であるご遺族のかたにとって、お盆の期間中の4日間は来客も多く、慌ただしく過ぎるものです。 新盆見舞いに訪れたからといって、そのまま 長居することは禁物と言えます。 新盆見舞いの挨拶を述べて、お線香と持参したお供え物をお供えした後は、長く喋りすぎず、ほどよい頃合いを見て帰り道につくようにしましょう。 新盆見舞いにふさわしい服装とは? 新盆見舞いでは、ご香典を持参するのが一般的です。 ご香典の金額は、 3千円・5千円・1万円の3つの場合がほとんどで、ほかに果物やお花といったお供え物を持参するかでどうかで金額の相場が決まります。 実親の新盆の場合は、ご香典に2万円を包むことがあるようです。 もし、ご自分のお宅にお仏壇があって、ご遺族のかたがすでに弔問に来てくださった場合は、そのときのご香典の金額を参考にするとよいでしょう。 また、複数の親戚のかたが新盆見舞いに出向く場合は、ご香典の金額について親戚の間で事前に打ち合わせをしておくと安心です。 「終活ねっと」では、新盆見舞いのご香典の金額についてさらに詳しい記事を掲載しています。 詳細を亡くなったかたとの関係別にご説明していますので、ぜひ目を通していただければと思います。 新盆見舞いとは、亡くなってから初めて迎えるお盆のこと。 新盆ではお坊さんに読経をしてもらい法要をするのが一般的である。 新盆見舞いでは、その法要に参列するか、お仏壇にお線香をあげに行く。 新盆見舞いの挨拶は、8月13日、14日、15日の3日間のいずれかに行なう。 弔問に訪れたら、ご仏壇にお線香をあげる前にご遺族のかたに挨拶をする。 新盆見舞いの挨拶では、お悔やみを伝えてご冥福をお祈りすること、ご遺族のかたがたへのいたわりを述べるようにする。 ご遺族として弔問客をお迎えする場合は、暑いなかで足を運んでいただいたことへの感謝の気持ちを述べるとよい。 新盆見舞いの挨拶のマナーは、故人を偲ぶ気持ちを伝える、長く喋りすぎないの2点に気をつける。 新盆見舞いでは喪服を着用する必要はない。 地味な色の平服がふさわしい。 新盆見舞いのご香典の金額相場は、3千円、5千円、1万円である。 一年に一度の機会であるお盆のなかでも、初めて迎える新盆は特に大切なご供養の機会です。 今回の記事をご参考に、新盆見舞いのマナーについて、弔問にうかがう側と招く側の両面から考えていただければと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

新盆初盆のお返しに挨拶状お礼状を添える時の書き方の注意点と例文

初盆 見舞い

浄土真宗や神道の方はこのお盆という習慣はありません。 手間がかからないと言えば、楽ですが…… Q:四十九日の忌明けより前にお盆を迎える場合、新盆・初盆はいつですか? A:住まわれている地域の習慣もありますが、一般的に新盆・初盆は翌年になります。 Q:身内を亡くし、初めてのお盆です。 親戚・知人・友人を招くべきですか? A:基本的には普段迎えるお盆と大きく変わりません。 しかし、亡くなった人が初めて家に戻ってきますので、丁寧に行いたいものです。 新盆・初盆にかぎっては、親戚や知人・友人たちを招いて法要を行います。 Q:新盆・初盆の法要はどのように行いますか? A:仏壇、仏具を清めておきます。 そして、お盆の入りには精霊棚(しょうりょうだな)を作り、供物をお供えします。 僧侶にお経(棚経:精進棚の前で読経してもらうので棚経といいます)をあげてもらい、その後、参会者で食事をします。 準備の仕方は、宗派によって違います。 菩提寺の僧侶の方に聞かれたほうがよいでしょう。 ただ、お盆の時期、僧侶の方は忙しいので、連絡は早めにしてくださいね。 Q:新盆・初盆には、白い無地の提灯を飾りますか? A:正式には白張りで家紋入りのものとされています。 しかし新盆・初盆の時だけしか使えないので、最近では絵柄のついた提灯を始めから用意する場合が多くなっています。 これだと毎年お盆にお飾りできます。 新盆・初盆のポイント:服装は招かれた側よりも地味な恰好で 提灯の明かりを目印に故人の霊が帰ってきます。 そしてその華やかな明るさで、慰めてあげる意味もあります Q:主催者の服装は? A:主催者として、招かれた側よりも軽い服装をしてはいけないルールがあります。 一般的に三回忌まで葬儀の時と同じようにブラックアンサンブル、ワンピースなどのきちんとした喪服を着ます。 ですが暑い時期ですので、年配の方などは体調を考え、ゆったりしたものや体温調整のしやすい地味目な服装でもよいでしょう。 招かれた場合も葬儀の時と同じ喪服を着たほうがよいですが、暑い時期ですので、濃いネイビー、グレー、ダークグレーなど落ち着いたスーツやワンピースなどの略式礼装でもかまいません。 Q:僧侶へのお布施はどれくらいするのですか? A:新盆・初盆の場合は、1万円から3万円です(普段のお盆の場合は3千円から1万円ぐらい)。 地方や宗派によってさまざまですので、詳しい方に聞いてくださいね。 表書きは[御布施」。 Q:お寺で供養してもらってもいいのですか? A:菩提寺と自宅が離れている場合は、お寺で供養してもらっても大丈夫です。 Q:白い提灯は新盆・初盆が終わったらどうすればいいのですか? A:送り火で燃やしたり、菩提寺に納めてください。 新盆・初盆のポイント:御仏前の金額と供物はどうすればいい? お参りする時期は、できればお盆の期間内がよいですが、それにこだわらず、先方の都合を聞いてからにしてください Q:親戚として何をしてあげればよいでしょう? A:亡くなった方の近い親族は、新盆・初盆には盆提灯を送るしきたりがあります。 しかし最近は住宅事情などから飾らないところも増えていますので、先方に聞いてから贈るとよいでしょう。 不祝儀袋に「御提灯代」の表書きでお金を包むこともあります。 Q:親戚ではなく、故人と親しかった友人として、何をしてあげればよいでしょう? A:法要に招かれた場合は、「御仏前」「御供物料」として、現金をお供えします。 また故人の好物だったお菓子や季節の果物、贈答用のお線香を「供物」としてもよいでしょう。 御仏前の金額の目安は、故人との関係によりますが、だいたい5千円から1万円です。 Q:施餓鬼会(せがきえ)の法要の案内をもらいましたが、どういうことですか? A:お寺のお盆行事のひとつで、飢えに苦しんでいる餓鬼や供養に恵まれない、いろいろな霊を供養するものです。 お寺に施餓鬼壇(せがきだん)をつくり、位牌を安置した前で、檀家の方がご飯、野菜、果物、お菓子などを持ち寄ってお供えします。 新盆・初盆を迎える家庭は、菩提寺から案内が来るのが一般的です。 いかがでしたでしょうか? 故人となって初めて里帰りする新盆・初盆は、家族全員が顔をそろえて、亡くなった方だけのためにより丁寧に供養してあげてください。 【関連記事】•

次の

初盆・新盆とは?お見舞いにおける準備とマナー【服装・香典・お供え物】

初盆 見舞い

スポンサードリンク 新盆・初盆のお返しで使うのしの選び方 新盆・初盆とは忌明けしたあとの最初のお盆のこと。 故人の四十九日が過ぎてから初めて迎えるお盆なので、一般的には普通のお盆よりも特に念入りに行うのがならわしです。 お盆の行事のしきたりは、その地域の慣習や家によっても違いがあります。 なので、これが正解というのはないのですが、いただいた香典のお返しに使う「のし(掛け紙)」のマナーは知っておきたいところです。 新盆・初盆のお返しにはどんなのしを使うの? 基本的にのし紙の水引は弔事用の黒白の結び切り、または黄白の結び切りを使います。 「水引」というのは贈答品の包み紙を結ぶ紙製の紐のことです。 水引はお祝い・お見舞い・弔事など贈答品全般に用いられ、のし紙の場合はあらかじめ印刷されているものが多く使われています。 「結び切り」は、水引の結び方のひとつです。 二度とあってはならない結婚祝い、弔事、病気見舞い、災害見舞いなどに使います。 弔事に使用されるのし紙(掛け紙)の水引は、 『繰り返さないこと(弔事は繰り返して欲しくない、葬儀が続いてほしくない)』 ということで、結び切りの水引のし紙を使用します。 水引の黒白と黄白の違い 弔事に使用されるのし紙(掛け紙)には、「黒と白の水引のし」と「黄と白の水引のし」があります。 基本的に、仏教では黒白の水引のしを使用し、仏教以外(神道やキリスト教など含む)について弔事用に使われるのし紙は全て黄白の水引ののしを使います。 一方、宗教に関係なく、関西など西日本の地域によっては黄白の水引を使うところもあります。 水引の色については住んでいる地域やその土地の伝承などによっても異なりますので、その地域に住んでいる方や、年長の親戚の方などに聞いてから用意するのが無難です。 「黒白」「黄白」、どちらを使ったらよいのか迷ったとしても、どちらを使っても失礼にはあたりません。 関西の法事でも黒白を使っています。 イメージ的には黒白は仏教、黄白はその他なんにでも使えるのし紙という感じの捉え方で良いと思います。 新盆・初盆のお返しにのしの表書きはどう書く? 新盆・初盆のお返しに使われるのし紙(掛け紙)の表書きの基本となるものをご紹介しますね。 新盆・初盆のお返しで使うのしの表書き• 「志」• 「新盆志」・「初盆志」• 「御新盆志」・「御初盆志」• 「新盆供養」・「初盆供養」• 「粗供養」 一般的なのは「志」です。 「志」というのは感謝の意を表すのし書きです。 神式、キリスト教などでは 「忍び草」 などが使われますが、 「志」は、宗教問わず全般のお返しに使われます。 ただ、「志」だけだと、何回目の法要なのかがわかりにくくなるため、「新盆志」や「初盆供養」といった言葉を使うという考え方もあります。 上記の表書きの基本となる言葉であれば、どれを使っても大丈夫です。 新盆・初盆に併せて、法要を二つ以上まとめて行った場合は、表書きのすぐ下や右横などに小さく書き添えることもできます。 たとえば、表書きに「志」としても、 「亡父 三回忌」 「亡母 初盆供養」 「粗供養」 を併せて書くことができます。 スポンサードリンク 新盆・初盆のお返し用のし名前の書き方 のしの表書き、下の名前部分には施主の名字を書きます。 山田という名字であれば、 「山田」もしくは「山田家」 となります。 最近では施主のフルネームを書くことが多いようです。 同性の名字が多くあるような地域の場合はフルネームがおすすめです。 故人と名字が違う場合はどうするの? 亡くなった方と施主の名字が異なる場合もありますよね。 施主が嫁いでいて、故人の名字から変わった場合などです。 故人と名字が違う場合はフルネームを書きます。 嫁ぎ先の名字だけですと、嫁ぎ先からのお返しの意味になってしまいますよね。 たとえば、山田家の初盆で、施主が嫁いだ長女の鈴木裕子さんなら、名前は「鈴木裕子」とします。 もしくは、「鈴木裕子」の左に「旧姓 山田」と書き添えます。 鈴木の下に括弧書きで「鈴木(山田)」とする書き方もあります。 お返しは内のしと外のしのどちらがいいの? 「内のし」は贈答品に直接のしをかけて上から包装紙で包むこと。 「外のし」は包装紙の上からのしをかけること。 内のし・外のしの使い分けには厳密な決まりごとはありませんが、お渡しする状況によって、どちらかが、より適切という傾向はあります。 たとえば、法要時に持参するお供えは、外のしにすることが多いです。 これは贈り物が一目でわかるので、いただく方も扱いやすいという理由があります。 一方、内のしは包装紙にのし書きが隠れてしまうので、お渡しする時には表書き(贈答品の目的)が見えません。 イメージとしては、控えめな表現に感じられるのが内のしです。 新盆・初盆のお返しを贈る気持ちを控えめに表したいのであれば、内のしがおすすめです。 また、宅配便でお返しを贈る場合、外のしにすると配送途中でのし紙が傷ついてしまうため、外側にもう一枚包装が必要になります。 なので、配送の場合には、内のしが適切です。 「関東は外のし、関西は内のし」とも言われますが、実際は様々です。 決めかねるようなら、このあたりもやはり、年長者の方の意見を参考にできるといいですね。 相談する相手が居ない場合は、お近くの百貨店のギフトコーナーで相談すると教えてもらえます。 大手の百貨店であれば、専門の方が電話でも対応してくれますので気軽に聞いてみるといいですね。 新盆初盆お返しに使うのしの表書きはどう書く?内のし外のしどちらがいいの? まとめ 新盆・初盆のお返しの表書きは、 「志」 と記せば、全国的に間違いにはなりません。 真夏の暑い時期、故人を偲んで法要に足を運んでくださった方や郵送でお供えをくださった方に、スマートに感謝の気持ちを伝えられると良いですね。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の