エクセル計算されない。 エクセルで計算結果にエラーを表示しないIFERROR関数の使い方

SUM関数で計算できない:エクセル2010基本講座

エクセル計算されない

スポンサーリンク 図のような表のB4番地には、「手数料」を計算するための数式が入力されています。 コピー元であるB4番地をすると、そのセルが太い枠で囲まれ、その右下にポッチが付いています。 このポッチにマウスポインタを合わせると、マウスポインタが 黒い十字の形になるので、下に向かってドラッグします。 の操作です。 数式をコピーできました!と言いたいところですが、明らかにおかしな状態になっています! なぜ「おかしな状況」なのか、じっちゃんの名にかけて、原因を解明していくことにしましょう。 スポンサーリンク コピーで数式がおかしくなる原因 原因を解明したい時には、おかしなことになっている箇所の、現状を把握することがとっても大切! そこで、コピー先であるB5番地をした状態で数式バーを見ると、このセルには、 = A5 * B2 という数式が入っていることが分かります。 更にその下のコピー先も見てみましょう。 B6番地をした状態で数式バーを見ると、このセルには、 = A6 * B3 という数式が入っていることが分かります。 現在の「手数料」欄に入っている数式をまとめると、図の左側「現在の数式」のような状態になっています。 なので、このコピー元のセルと、見ただけで明らかにおかしいコピー先の数式を、すべて消していくことにしましょう。 B4からB7番地をした状態で、[Delete]キーを押すと、 ! それでは気分を改めて。 コピー元となる数式を入力するところから始めていきましょう! 数式を入力したいB4番地をし、 数式を入れる合図の「=」(イコール)を入力します。 そしてこの、「購入額」にあたるA4番地は、 図の「正しい数式」のようにA4、A5、A6、A7、A8と、数式をコピーした時にズレて構わないセルなので、特に何もせず、いつも通り先に進みます。 この、「手数料率」にあたるB1番地は、 数式をコピーした時にズレては困るセルなので、ここでズレないようにする技をほどこします! キーボードの [F4]キーをポンッと押すと、数式内の「B1」の部分に ドルマークが付きました! これで、数式をコピーしてもズレないようにできたわけなんですが、これを良く見ると、「B1」の「B」の前と、「1」の前に、それぞれドルマークが1つずつ付いていることが分かります。 (この時、ドルマークが「B」の前と、「1」の前に1つずつではなく、片方だけにしか付いていない、またはどちらにも付いていないという方は、[F4]キーを押すときに緊張してしまってキーを長押ししてしまい、[F4]キーを何回も押してしまったのと同じ状態になっています。 そうなってしまっても、そのまま先に読み進めれば対処できますので、慌てることなく、そのまま読み進めてください。 ) ここでもう一度 [F4]キーをポンッと押すと、今度は「B」の前にあったドルマークが消え、「1」の前にだけ付きました。 更にもう一度 [F4]キーを押すと、今度は「B」の前にだけドルマークが付き、「1」の前のドルマークが消えました。 更にもう一度 [F4]キーを押すと、「B」の前からも、「1」の前からもドルマークが消え、一番最初と同じ状態に戻りました。 このように、 [F4]キーを押すたびに、ドルマークの付く位置が変わっていくのですが、数式をコピーした時にズレないようにする通常パターンは、「B」の前にも、「1」の前にも、 両方にドルマークが付いている状態なので、 もう一度 [F4]キーを押して、「B」の前にも、「1」の前にも、両方にドルマークが付いている状態にします。 数式はこれでいいので、最後に[Enter]キーを押すか、数式バーの[入力]ボタンをクリックして、数式を確定します。 早速、してみましょう! 数式を入力したB4番地をすると、そのセルが太い枠で囲まれ、その太い枠の右下にポッチが表示されます。 「B1」はズレないように設定してあったので、コピー先でもドルマークが付いているわけですね。 私の経験では、Excelで数式をコピーする際、今回のように縦方向にのみオートフィルするか、もしくは横方向にのみオートフィルするか、といった、どちらかの方向にのみオートフィルするケースが大半を占めます。 特に初心者の方は、「両方にドルマークが付いていればズレない」という風に、単純に覚えていただいてOKです。 ところが、だんだんExcelを使い慣れてくると、1つの数式を、縦方向にも、 横方向にもコピーしたいことが出てきます。 そういった、縦方向にも横方向にも同じ数式をコピーしたい時に出てくるのが、片方にだけドルマークを付けるパターンです。 これは「複合参照」というものなのですが、Excel初心者の方が「複合参照」に手を付けるのは早いと、私は思っています。 (あくまでも私本人の個人的な見解です。 ) というわけで、まずは今回ご紹介した、 [F4]キーを一回ポンッと押して、両方にドルマークが付いている状態にすることで、数式をコピーしてもズレないようにできる「 絶対参照」を徹底的に覚えてください。 「絶対参照」という名前は覚えなくていいので、「 [F4]キーでドルマークを付け、ズレないようにする」ということは、確実に覚えていきましょう!.

次の

SUM関数で計算できない:エクセル2010基本講座

エクセル計算されない

Sheet1のA列に番号を入力すると、B・C列に品名と「原価」が表示されるようにしてみました。 別案として、入力規則で品名を「リスト」設定しておけば プルダウンで直接品名を選択できます。 この方が番号での管理より簡単だと思います。 2さんがおっしゃっているように、月末付近に祝日はないような感じですが、 祝日も考慮する場合はどこかに祝日データの表をシリアル値で作成しておき、それを参照します。 具体的には、総時間と開始時間を入れると、ある特定の時間(休憩時間)を考慮して終了時間を自動算出するというものです。 なるべく関数でやりたいと思っています。 >時刻表示に関しては特にこだわりはありませんので、アドバイス頂きました内容でも大丈夫です。 前回のは破棄してください。 又、8時前の開始にも対応しています。 (休憩時間テーブルの範囲が2行増えています) ------------------------------------------------------------------- Option Explicit 'TTime:総時間(単位:分) 'STime:開始時間(HH:MM形式) 'TTable:休憩時間テーブルの範囲(開始時間の先頭セル:終了時間の最後のセル) '上記の情報から終了時間(HH:MM)を算出する '終了時間=開始時間+総時間+休憩時間テーブルの該当休憩時間の和 Public Function EndTime ByVal TTime As Variant, ByVal STime As Variant, ByRef TTable As Range As Variant Dim i As Long Dim etime As Variant Application. Columns. Rows. Count If TTable. Cells i, 1. Cells i, 1. Cells i, 2. Value - TTable. Cells i, 1. >時刻表示に関しては特にこだわりはありませんので、アドバイス頂きました内容でも大丈夫です。 前回のは破棄してください。 又、8時前の開始にも対応しています。 Q いつもお世話になっております。 エクセルに入力した内容をもとに、階層式のフォルダを作成したいと思っています。 Excel2010を使用しています。 excel. studio-kazu. html) 以下の入力状況でフォルダ作成は可能でしょうか。 B列のか・き・く用にC列は6行づつ使いたいです。 か・き・くの中に入るフォルダ(C列)の数は1~6個です。 (例として3つまで上げましたが、実際は3つ以上で中身の数も不規則です) C列に空白があると、「か」フォルダしか作成されません。 何とかC列を詰めることなく、「き」、「く」フォルダも作成できないでしょうか。 よろしくお願いいたします。 A |B |C 1 あ|か|さ 2 | | 3 | | 4 | | 5 | | 6 | | 7 |き|さ1 8 | |し1 9 | | 10 | | 11 | | 12 | | 13 |く|さ2 14 | |し2 15 | |す2 16 | |せ2 17 | |そ2 18 | |た2 いつもお世話になっております。 エクセルに入力した内容をもとに、階層式のフォルダを作成したいと思っています。 Excel2010を使用しています。 excel. studio-kazu. html) 以下の入力状況でフォルダ作成は可能でしょうか。 B列のか・き・く用にC列は6行づつ使いたいです。 か・き・くの中に入るフォルダ(C列)の数は1~6個です。 (例として3つまで上げましたが、実際は3つ以上で... A ベストアンサー まず、シート名:作業 を追加してください。 表示されているシートの内容を作業シートにコピーします。 (対象となるのはA,B,C列のどれかが空白でない行です) そうすると、あなたのイメージ通りのシートが作成されます。 このシートをアクティブシートしてあなたが作成したプロシージャ 仮にsampleとします)を呼び出します。 そして、元のシートをアクティブ化します。 こちらで提示したマクロではsampleのなかはmsgboxで表示だけです。 Call sample 'これはあなたが作ったプロシージャ で、実際に呼び出すのは、あなたが作成した本当のプロシージャにしてください。 Count, "C". End xlUp. Value "" Or Cells row, "B". Value "" Or Cells row, "C". Value "" Then ws. Activate '作業シートをアクティブ化 Call sample 'これはあなたが作ったプロシージャ savews. Activate '元のシートをアクティブ化 End Sub Public Sub sample MsgBox "完了" End Sub まず、シート名:作業 を追加してください。 表示されているシートの内容を作業シートにコピーします。 (対象となるのはA,B,C列のどれかが空白でない行です) そうすると、あなたのイメージ通りのシートが作成されます。 このシートをアクティブシートしてあなたが作成したプロシージャ 仮にsampleとします)を呼び出します。 そして、元のシートをアクティブ化します。 こちらで提示したマクロではsampleのなかはmsgboxで表示だけです。 Call sample 'これはあなたが作ったプロシージャ で、実際に呼び出す... Q エクセルについて教えて下さい! シート1のA1のセルに、シート2のリストより文字列を探して入力したいのですが、 シート2のリストがとても多く、似たような文字列がたくさんあります。 そのため、シート1のA1に何文字か入力すると、その文字が含まれた文字列がリストアップされて出てきて、選択できるようにしたいです。 例えば、シート1のA1に「りんごジュース」と表示させたい場合、「りんご」といれたら、シート2のリストにある、りんごジュース・青森りんご・りんご飴などのリストが出てきて、そのリストから「りんごジュース」を選択できる。 ただSheet1のチェンジイベントで別シートのデータ消去はできなかった記憶があります。 そうなると標準モジュールに手を加えなければなりませんので、 チェンジイベントでもとりあえずリスト候補の表示はしないコードにしてみました。 Range "A:A". この再選択もしないようにしたい場合は 最初に書いたように標準モジュールにSheet2のA列2行目以降のデータを消去するマクロを追加する必要があると思います。 そのマクロをChangeイベントで呼び出すくらいですかね。 ただSheet1のチェンジイベントで別シートのデータ消去はできなかった記憶があります。 そうなると標準モジュールに手を加えなければなりませんので、 チェンジイベントでもとりあえずリスト候補の表示はしないコードにしてみました。 Q エクセル2013です。 名前の先頭に本日の日付を付したデータを、セルの随所に使い廻し(コピー)したいのです。 しかし、この値を単なるコピーでは関数表示となり困っています。 もっと簡便な別のやり方でも構いません。 どなたか詳しい方教示いただければ嬉しいです。 A ベストアンサー No5です。 以下のようにしてください。 Cells Rows. Count, "A". End xlUp. Cells lrow, "A". Cells lrow, "B". Value "" Then ws. Cells lrow, "C". Cells Rows. Count, "L". End xlUp. Cells lrow, "L". Cells lrow, "M". Value "" Then ws. Cells lrow, "N". 以下のようにしてください。 Cells Rows. Count, "A". End xlUp. Cells lrow,...

次の

【Excel(エクセル)術】自動で計算されない?よくある原因と対処法

エクセル計算されない

ショートカットキー• 『SHIFT』+『F9』 『SHIFT』+『F9』を押すと、現在のシート(アクティブシート)のみ『再計算』が実行されます。 ブック内の全数式(関数)を再計算させる(ステータスバー) 最後は、 ステータスバーの『再計算』コマンドを実行する方法。 実は、『手動計算』が有効になっている時に数字を入力すると、ステータスバーの左側に『再計算』が表示されます。 つまり、『再計算が必要ですよ』と教えてくれるわけです。 なので、この『再計算』をポチッと押せば、『再計算』が実行されます。 『自動計算』を設定して反映させる 自動で計算がされなくなった時は、『手動計算』になっていることが多いので、計算方法の設定を『自動計算』に変更してみます。 これで数字を入力した時に、すぐに計算結果が更新されるようになります。 なお、この設定は エクセル(ブック)ごとに有効となるので、すでに保存されている他のエクセルがこの設定変更の影響を受けることはありません。 『自動計算』されない原因 自動計算がされなくなる原因には3点ほど考えられます。 『自動計算』の設定が勝手に『手動計算』に変わってしまう 自動で計算されなくなる場合というのは、 いつの間にか『手動計算』の設定に切り替わっていることが多いです。 エクセルを1つしか開いていない場合は、『手動計算』(または『自動計算』)に勝手に切り替わる現象は発生しません。 しかし、 複数のエクセルを開いた時に『自動計算』のエクセル、『手動計算』のエクセルが混在していると、 『手動計算』に切り替わる現象が発生します。 『手動計算』に切り替わる条件やエクセルの仕様については、次の記事で詳しくまとめています。 勝手に『手動計算』に変わる理由を知りたい人は、ぜひ参考にしてください! ・セル内の数字が『右揃え』の場合は、『数字』 ・セル内の数字が『左揃え』の場合は、『文字列』 つまり、次のようにセルの中の数字が、どちらに寄っているかということです。 『文字列』となっている場合は、そのセルの『表示形式』を『標準』の状態に設定して、改めて『数字』を再入力すると、『自動計算』されるようになります。 数式(関数)が機能しなくなっている 『手動計算』になっていない。 数字も『文字列』にもなっていない。 それなのに自動で計算されない。 この場合ははっきりした原因はわかりませんが、 数式(関数)そのものが正常に機能しなくなっている可能性が高いです。 こういう場合は最後の手段として、ショートカットキー 『CTRL』+『ALT』+『F9』を押してみましょう。 マイクロソフトの公式サイトでは、『CTRL』+『ALT』+『F9』は以下のように解説されています。 開いているすべてのブックのツリーの再構築と計算の強制 難しいことが書かれていますが、要は 『計算式を作り直して再計算させる』ということです。 『CTRL』+『ALT』+『F9』を押す場合は、念の為事前にエクセルをバックアップした方がいいかもしれません^^ エクセルで数式が計算されない場合の対応方法まとめ まとめ• すぐに数式(関数)の計算結果を反映させたい場合は『F9』(ブック内を反映)または、『SHIFT』+『F9』(現在のシート内を反映)を押す。 『手動計算』になっている場合は、『自動計算』の設定にする。 なぜ勝手に『手動計算』に変わってしまうのか、その原因を理解すること混乱をさけることができる。 『自動計算されていたのに、いつのまにか計算されなくなった!』 何度も書いていますが、ほとんどは 『手動計算』に切り替わってしまったことが原因なので、計算されない現象が発生しても、慌てず騒がず『自動計算』の設定に戻しておきましょう。 『いつの間にか手動計算になってしまう』エクセルの仕様を理解しておくと、安心して対応することができますよ^^.

次の