山梨コロナ女性 渡辺。 「ネット私刑」コロナ禍で過熱懸念 執拗に本人特定、デマも拡散 (1/2ページ)

【爆サイ】山梨コロナ女性の名前や顔画像を特定か?

山梨コロナ女性 渡辺

小倉美咲さんキャンプ場行方不明事件、インスタグラムに中傷コメント 山梨県道志村のキャンプ場で千葉県成田市の小学1年小倉美咲さん(7)が行方不明になってから2か月が過ぎた。 情報提供を呼びかける母のSNSには、美咲さんの無事を願い、家族を気遣う投稿が多く寄せられている。 ただ、中には中傷もあり、専門家は「悪質な場合、刑事罰に問われることもある」と指摘する。 美咲さんは9月21日、家族や友人と訪れたキャンプ場で行方不明になった。 母のとも子さん(36)は、経営するトリミングサロンの画像共有サービス「インスタグラム」に娘の写真などを載せ、情報を募っている。 無事を願う人からは「家族の悲しみが痛いほど分かる」「同じ年の子を持つ親として、いてもたってもいられない」などの言葉が届く。 一方、心ない匿名のコメントもある。 行方不明の数日後、捜索ボランティアが連れてきた馬の写真を載せ、「たくさんの人と動物たちも美咲のために頑張ってくれたんだよ」と書き込むと、「神経を疑う」と批判された。 娘を一人にしたことへの後悔や捜索への感謝をつづった投稿には「投稿する暇があるなら探しなよ」、知人らの募金活動は「詐欺だ」と中傷された。 とも子さんは「心ない言葉はつらいが、励ましはありがたい。 今は美咲を早く見つけることが大事」と話す。 悪質な投稿は名誉毀損きそん罪や侮辱罪に当たる可能性もある。 ネット投稿の問題に詳しい本多基記弁護士(東京弁護士会)は「書き込みは個人が特定できる。 責任が伴うことを考えて投稿する必要がある」と指摘する。 出典:読売新聞オンライン 【不明女児の新たな写真公開】 山梨県道志村のキャンプ場で9月21日に行方不明になった小倉美咲さんの家族が美咲さんの新たな写真を公開しました。 そんなヒマ人相手にせずに、引き続き情報提供の呼びかけを続ければいいと思う。 中傷コメントの投稿者には刑事罰でよし。 小倉美咲ちゃんが行方不明になって2か月以上。 母親に対して、心ない中傷の書き込みはやめた方が良いのでは?名誉毀損罪や侮辱罪になります。 — 川辺たあ坊 kawabe0113 山梨県道志村小倉美咲ちゃん失踪事件 大変気になるのは がこの事件について追及せず忖度のような報道しかしないこと。 巨大な闇組織(政治系か宗教系)が関与しているからではないか? 山梨女児不明2か月、相次ぐネット中傷…刑事罰に問われる可能性も — ブルーフォックス:皇室とて反日は許されぬ/平和の反対は被侵略,戦争はそのどちらに転ぶかの中間状態です bluefoxhispeed ネットやSNS上のコメント欄では匿名だけど、辿ればすぐ分かるだろうね。 悪質な投稿者は侮辱罪で起訴された方がいいよ、ホント。 小倉美咲ちゃんほんとどこ行ってしまったんだろう? お母さん批判されまくりだし確かに「?」な行動だらけだけど…、インスタにただの誹謗中傷や汚い言葉だけわざと残して荒らす奴って見てて残念だな。 メソメソした文章書いてるけど、それもどこまで本当の気持ちなの?悪は必ず裁かれる。 こんな悪党、母親やるべきじゃなかったね。 おそらく、の話をしてる。 ご家族を思うならば冷たく批判するのではなく、協力的な姿勢で見守りたいですね。 最後までお読みいただきありがとうございました。 【関連リンク】.

次の

山梨コロナ感染女性「犬を飼っていた。入院したら2週間誰も面倒見れず死んでしまうから東京に帰った」

山梨コロナ女性 渡辺

だがその後、女性が陽性だと知りながら高速バスに乗っていたことが判明、報道されると批判が集中した。 県には女性に関する苦情・問い合わせが200件以上寄せられた。 「女性の行動についての情報をさらに開示すべきだ」という内容や、県の対応を非難するものもあった。 それ以上に激しかったのは、ネット上での批判だ。 真偽不明だが、女性本人のものとされる名前や顔写真、SNSアカウントのほか、卒業アルバムなどが次々と出回り、それらの情報をまとめた「トレンドブログ」も登場した。 女性の勤務先としてネット上で名指しされた飲食店が、ホームページ上で「当社関係各位に新型コロナウイルス感染者は確認されていない。 この風評被害に関しては、法的措置も視野に厳正に対応していく」と反論するなど、余波は広がった。 《山梨コロナ女》《逮捕しろ》《まだ何か隠している》。 ネット上には、女性を誹謗する内容が今も残る。 法的なリスク 女性の行為が軽率だったことは確かだ。

次の

山梨帰省女性が接触の男性感染 検査当日に会う

山梨コロナ女性 渡辺

だがその後、女性が陽性だと知りながら高速バスに乗っていたことが判明、報道されると批判が集中した。 県には女性に関する苦情・問い合わせが200件以上寄せられた。 「女性の行動についての情報をさらに開示すべきだ」という内容や、県の対応を非難するものもあった。 それ以上に激しかったのは、ネット上での批判だ。 真偽不明だが、女性本人のものとされる名前や顔写真、SNSアカウントのほか、卒業アルバムなどが次々と出回り、それらの情報をまとめた「トレンドブログ」も登場した。 女性の勤務先としてネット上で名指しされた飲食店が、ホームページ上で「当社関係各位に新型コロナウイルス感染者は確認されていない。 この風評被害に関しては、法的措置も視野に厳正に対応していく」と反論するなど、余波は広がった。 《山梨コロナ女》《逮捕しろ》《まだ何か隠している》。 ネット上には、女性を誹謗する内容が今も残る。 法的なリスク 女性の行為が軽率だったことは確かだ。

次の