ご 送付 いただけ ます でしょ うか。 メールで「送ってください」と正しい敬語できちんと伝える【メール文例付き】

「ご覧になっていただけないでしょうか」は正しい日本語でしょうか

ご 送付 いただけ ます でしょ うか

例えば「資料の作成の仕方を、教えていただけないでしょうか」と言えば、職場の上司に教えてもらいたい内容を明らかにできます。 かなり目上の上司でも、このお願いの仕方で不快に感じる人は、ほとんどいないででしょう。 上司によっては普段から忙しくしてる人もいるため、「 もしよろしかったら、資料の作成の仕方を教えていただけないでしょうか」のように、相手を気遣うフレーズを入れた後に、丁寧な質問を用いることをおすすめします。 そうすれば、本当に忙しい上司はあなたの丁寧な言葉遣いによって、断り易く感じるでしょう。 また、丁寧な例文でお願いされていれば、「しょうがないな。 そこまで言うなら助けてあげよう」と進んで助け手を差し伸べてくれる上司もいます。 大前提として、上司や取引先の人に対して送信するビジネスメールの中でも、「教えていただけますでしょうか」を使うことはできます。 しかし、文章で意思を伝えるビジネスメールの中では、より丁寧な言い方をすることが大切です。 つまり、 「お教えいただきたく存じます」のような、「教えていただけますでしょうか」よりも丁寧で、深い敬意が込められている文章をビジネスメールで使えば、書き言葉に相応しい、かしこまった響きがあります。 後半部分の「存じます」では「思います」という意味を敬語の謙譲語に言い直しています。 基本的には、誰が受け取るのか特定することができないビジネスメールの文章を考えている時には、丁寧な言い回しの謙譲語を使用すると良いです。 メールの文章を作成する時におすすめの謙譲語とは、自分の身分を相手よりも低くみなして、相手に深い敬意を示せる敬語です。 つまり、会社の社長や上司、身分の高い取引先にビジネスメールをする時には、謙譲語を使うと相手の身分に合った敬意が表現できます。 例えば、「教えていただけますでしょうか」を「お教えいただきたく、お願いいたします」に言い換えてメールの中で使うこともできます。 そうすれば、「いたします」という謙譲語で深い敬意が示されています。 かなり目上の人が教えてくれるようにメールでお願いするためには、謙譲語で深い敬意を示して、相手が自分に教えてくれる機会を、貴重なものと見ている事を表現すると良いでしょう。

次の

「送付」の意味、敬語「ご送付」の使い方!「添付」との違い、類語や反対語、英語も紹介

ご 送付 いただけ ます でしょ うか

「送付状・添え状」についての基本知識 「送付状」「添え状」の役割 ビジネス文書を送付する時は、送る書類の内容や送付者の名前などを書いた送付状や添え状を書類に添えることで、内容がすぐにわかるとともに丁寧な挨拶も行うことができます。 逆に送付状を添えずに書類だけ送付することは、ぶしつけで失礼ですので注意しましょう。 「送付状」「添え状」の構成と書き方のポイント 送付状(添え状)の書き方は、3つに分かれる構成にしたがって作成します。 ビジネス文書は「社外文書」用と「社内文書」用がありますが、基本的な構成は同じです。 【前付け】発信年月日 宛名 差出人・住所• 【本 文】件名 前文 主文 末文• 【前付け】:「発信年月日」「宛名」「差出人・住所」を書きます。 発信年月日の年は、西暦か年号のどちらかで統一させます。 受信者名は会社宛ての場合は「御中」、担当者宛の場合は「様」と書きます。 「差出人・住所」は文書によって住所や電話番号を省略することもあります。 【本文】:「件名」を20文字以内位ではじめに書き、次に「前文」として「挨拶」と「日ごろのお礼」を書き、次に「主文」である用件を簡潔に書きます。 「末文」には「何卒~お願い申し上げます」「まずはご通知申し上げます」など結びの言葉を書きます。 【後付け】:「記書き」の形で主文と分けて書類の内容を別記します。 一項目に一用件の箇条書きとします。 別記したい注意事項などの追伸文がある場合は「なお、~」として最後に書き入れます。 「送付状・添え状」の目的別テンプレート(例文・文例) 送付状・添え状の文例を書類の目的別にテンプレートで紹介します。 一般的なテンプレート以外は、【本文】と【後付け】部分のみを紹介しますので、用途に応じてアレンジしてください。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼を申し上げます。 さて、早速ではございますが下記の書類をお送りいたします。 よろしくご査収くださいますよう、お願い申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、〇月〇日に納品させていただきましたご注文の商品の代金は、同封いたしました請求書の通りでございます。 何卒ご確認のうえ、〇月〇日までに代金をお支払いくださいますよう、お願い申し上げます。 敬具 記 ・同封書類 請求書一通 以上 領収書に同封するテンプレート 書類送付のご案内 拝啓 貴社ますますご清栄のことと心よりお喜び申し上げます。 平素は一方ならぬご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 つきましては、下記の通り領収書をお送りいたしますので、ご査収のほどよろしくお願い申し上げます。 敬具 記 ・同封書類 領収書 〇通 以上 その他の「送付状・添え状」の書き方 英語の「送付状・添え状」の書き方のポイントとテンプレート 英語の書き方のポイント 英語のビジネス文書にも決められた形式があります。 書く順番にしたがって説明します。 差出人住所: 右上に差出人住所を記入します。 住所の書き方は日本と逆の書き方となり、地番から始まり郵便番号で終わります。 最後に「JAPAN」を書きます。 日付: 日付の書き方はアメリカ式とインターナショナル式があります。 アメリカ式は月・日・年の順(例:May 15,2019)、インターナショナル式は日・月・年の順(例:15 May 2019)に書きます。 宛先人の名前と住所: 左上に受取人(会社名)、住所の順に書きます。 呼びかけ: 日本語の「拝啓」にあたる部分です。 「Dear Mr. Mrs. Smith,」のように書きます。 男性はMr. 既婚女性はMrs. 未婚女性はMiss と以前は表記していましたが、昨今は女性はどちらにも使える Ms. を使うのが一般的です。 会社宛ての場合や担当者名がわからない時は「関係各位」という意味の「To Whom It May Concern」と書きます。 本文: 時候の挨拶などは不要で、すぐに用件に入ります。 結論から入り、簡潔にまとめるのがポイントです。 結び: 日本語の「敬具」にあたる部分です。 ビジネスでは「Sincerely Yours」「Yours Sincerely」「Truly yours」「Truly yours」が一般的です。 署名と差出人氏名: 右下に直筆で名前をサインします。 漢字の名前でも問題ありません。 サインの次の行にはローマ字の名前を書きます。 性別や既婚・未婚を明らかにしたい時は自分の名前に「Mr. 」「Miss」をつけることができます。 英語のテンプレート 〇〇〇 Co. , Ltd. 1-2-3 Sakuragaoka Shibuya-ku, Tokyo 150-0000 Japan 20 Dec. 2019 ABC Co. , Ltd. 123 ABC Dr. Chicago, IL 45678 U S A Dear Mr. Smith, I would like to ~ Sincerely Yours, サインを記入 Namie Sakamoto 履歴書の「送付状・添え状」のテンプレート 履歴書を応募先に送付する時は「送付状・添え状」を添えればビジネスマナーをわきまえていることを伝えられます。 送付状の構成は先に説明したとおりです。 例文をテンプレートで紹介します。 さて早速ではございますが、この度貴社の求人に応募させていただきたく、履歴書と職務経歴書をご送付させていただきます。 是非ともご検討いただき、ご面談の機会をいただけましたら誠に幸いに存じます。 ご査収のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 敬具 記 ・履歴書 1枚 ・職務経歴書 2枚 以上 社内用の「送付状・添え状」の書き方のポイント 社内文書の送付状を作成する場合は、儀礼的な要素は必要ないため、「本文」には件名と主文のみ書き入れ、前文と末文は必要ありません。 宛名の敬称は個人宛の場合は「殿」、複数人に配布する場合は「各位」とします。 「各位殿」とすると二重敬語となり好ましくありません。 その他の文書構成は社外用と同じです。 まとめ 日々のビジネス文書はメールのやりとりで済んでしまいますが、郵便で書類を送る場合は送付状(添え状)を同封するのがマナーです。 基本のテンプレートを作成しておき、季節にあわせて時候の挨拶をアレンジできるとさらにマナー力がアップします。 「時候の挨拶」を用いたビジネスレターの書き方は以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

次の

メールで「送ってください」と正しい敬語できちんと伝える【メール文例付き】

ご 送付 いただけ ます でしょ うか

「送付」の敬語表現 「ご送付」は自分が送る場合も相手が送ってくれる場合も使うことができる 相手から何か送ってもらう際の「ご送付」の「ご」は尊敬を表します。 「ご送付ください」では「送付」を強いる印象があるため「ご送付願います」などと使いましょう。 また、相手の動作だけでなく、「ご送付」は自分の動作についても使えます。 自分が送る場合、「ご送付」の「ご」は、謙譲を表します。 例文 ・ご確認の上、折り返しご送付いただけますか。 ・お名前とご住所を記入いただき、ご捺印のうえご送付願います。 ・大変恐縮ですが、至急ご送付くださいますようお願い申し上げます。 ・報告書につきましては、後ほどご送付いたします。 「ご送付いたします」は二重敬語ではない 「ご(お)〜いたす」は謙譲語の基本形のため「ご送付いたします」は二重敬語ではありません。 そのため、自分から相手に送付する場合「ご送付いたします」と使うことができます。 例文 ・本日中に見積書はご送付いたします。 ・明日の会議の資料をご送付いたしますので、ご確認ください。 ・書類に不備があり、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。 修正しましたので、再度ご送付いたします。 簡単に言うと、 書類を送付する際の表紙、目次のようなものです。 「挨拶状」「送り状」「添え状」「カバーレター」などとも言います。 ビジネスシーンにおいては、書類を送る際には送付状を同封するのが礼儀です。 また、送付状は、書類の記入漏れを防ぐ役割も果たします。 メールの「送付状」の書き方 メールの「送付状」の書くときのポイントは以下になります。 ・送信年月日 ・相手先会社名、氏名 ・書類作成者会社名、氏名 ・頭語と結語 ・挨拶文 ・送付内容 相手の会社名、氏名を書くときは、敬称の付け方に気をつけます。 会社名・部署名には「御中」、氏名には「様」をつけます。 両方使ってしまうとマナー違反になるので注意しましょう。 文章の最初は、「貴社におかれましては、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」などといった挨拶で始めます。 また、 頭語と結語も付けます。 頭語は「拝啓」「拝呈」「啓上」、結語は「敬具」「敬白」「拝具」などがあります。 faxでの「送付状」の書き方 faxで書類を送るときも、送付状をつけるのがマナーです。 faxはメールとは違い、ミスが起こった場合、被害が大きいです。 誤送信などを防いだり、被害を最小限に抑えるためにも、送付状は必ず付けるようにしましょう。 faxでの「送付状」の書くときのポイントは以下になります。 ・送信年月日 ・相手先会社名、氏名 ・書類作成者会社名、氏名 ・送信枚数 ・送付内容、備考 送信年月日はfax送信状の右上に記載します。 日付を書いておかないと、トラブルの元になってしまいます。 氏名に関しては、会社名・住所・電話番号・氏名の4点を記載します。 また、faxの場合は、 必ず送付枚数を書くことが重要です。 faxの場合、頭語と結語、挨拶文は必要ありません。 付けたいとしても「いつもお世話になっております」程度で簡潔にします。 本文は、要件を手短にまとめて書くようにしましょう。 「送付」と「添付」の違い 「送付」・・・書類や物品などを送り届けること 「添付」・・・書類やメールに他のものを付け添えること 「添付」の意味は「書類やメールなどに、他のものを付け添えること」 「添付」は「 てんぷ」とよみます。 意味は「書類やメールなどに、他のものを付け添えること」です。 ビジネスメールで資料などを付けることを「添付」と言います。 また本来メールを送ることは「送付」と言わず「送信」と言いますが、メールで資料を送る場合は「送付」を使います。 「添付」の例文 ・メールに添付してある資料は来週のミーティングで話す内容となっているため、各自確認しておいてください。 ・提案書に追加の資料を添付する。 「送付」と「発送」の違い 「発送」・・・「荷物や商品などを送り出すこと」 「送付」・・・「資料や品物を送りとどけること」 「発送」の意味は「品物を送り出すこと」 「発送」は「 はっそう」と読みます。 意味は「品物を送り出すこと」を意味します。 2つとも「送る」ことを意味していますが「発送」は「物を他の場所へ向けて送ること」、「送付」は「物を目的のところへ届けること」といった違いがあります。 そのため「発送日」は「品物を送る日」であり届く日ではありません。 ・本日宅急便にて、商品の発送を完了いたしました。 「送付」のその他の類語 送り届ける 「送り届ける」の意味は「人や物を、目的のところやそれを待つ物のところへ送って届ける」です。 品物だけでなく、人に対しても使います。 例文 ・本を小包にして送り届ける。 ・部下を家まで送り届ける。 差し出す 「差し出す」の意味は「前方に出す」「提出する」「発送する」などといった意味があります。 物を送るときによく使われる「差出人」がありますが、これは「提出した人」「発送した人」といった意味になります。 例文 ・案内状を差し出しました。 ・差出人の名前はいかがなさいますか。 「送付」の反対語 「送付」は「送り届けること」「送り渡すこと」を意味しているので、反対語は「受け取ること」を意味する言葉になります。 受け取る 「受け取る」の意味は「自分のところへ来たものや届いたものを手に入れること」です。 「受け取る」は一般的にもよく使われる言葉になります。 「届いた」だけでなく「しっかりと自分の手で取ること」となるため、届いた事実を確認していても自分の手元にない場合は使わないようにしましょう。 例文 ・先ほど、郵便物を受け取りました。 ・受け取った荷物の中に他の人のものが紛れ込んでいた。 受領 「受領」は「 じゅりょう」とよみます。 意味は「(正式に)金品など重要なものを受け取ること」です。 そのため、「受領」は物理的な物にのみ使い「親切」「厚意」などに対して使うのは誤用となります。 例文 ・メールを受領しました。 ・ありがとうございます。 確かに受領いたしました。 「送付」の英語 「送付」は英語で 「send」、「郵便する」は 「mail」を使います。 「send」は、メールを送る場合も郵便物を送る場合も幅広く使うことができます。 「mail」は郵便物にのみです。 「email」は「メールを送る」という意味で使います。 日本語の「メール」は英語で「e-mail」ですので注意してください。 「メールするね」を誤って「I'll mail you. 」と言ってしまうと「郵便するね」という意味になってしまいます。 「send」「mail」「email」の語順はどれも「give」と同じです。 I send a letter to you. のどちらでも構いません。 例文です。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の