美味しい ホット サンド。 【簡単美味しいホットサンドレシピ】脱マンネリ!キャンプの朝ごはんの定番、ホットサンドの具材20選

卵とベーコンがジューシー!簡単でやみつきになるホットサンドの基本

美味しい ホット サンド

専門店ができるほどブーム真っ盛りの「ホットサンド」。 そのホットサンドの魅力に憑かれ、Facebookで「」というコミュニティを立ち上げたのが、大林千茱萸(ちぐみ)さん。 これを、フォロワー数7500人を超えるまでに成長させた大林さんは、2018年10月末にはレシピ集の『』(シンコーミュージック・エンタテイメント刊)を出すなど、ホットサンド界の一翼を担うホットなお方です。 さて、ホットサンドといえば、カフェで注文する定番レシピ。 「自分で作るには敷居が高い」と思っていませんか? 実は、流れとコツさえつかめば作るのは難しくありません。 今回はホットサンド作りのイロハを、大林さん宅で教えていただきました。 ホットサンド作りに必要な道具は? そもそも、ホットサンドを作るには、どんな道具が必要なのでしょうか? 答えはシンプル。 「ホットサンドメーカーが1つあれば大丈夫です」と大林さん。 ホットサンドメーカーは、主に「直火式」と「電熱式」があります。 「直火式」は四角いミニサイズのフライパンを2枚、向かい合わせたような形状をしています。 把手をつかんで開き、そこに具を挟んだパンを収めて、また閉じて火にかけられるという、いたって簡単な構造です。 大林さんが最初に購入したベーシックなホットサンドメーカー(開いたところ) Photo: 鈴木拓也 真ん中が縦にくぼんだタイプ、猫などの焼き柄が入れられるタイプなど、バリエーションはあります。 まずは、基本形の四角いタイプだけを用意しておけば大丈夫だそう。 大林さんが所有する30個のホットサンドメーカーのうち、よく使用するもの Photo: 鈴木拓也 ホットサンドの作り方:その1「かき揚げホットサンド」 一口にホットサンドと言っても、使用できる具材はまさに多種多様。 大林さんのレシピ集を見ると、納豆、イカ、カボチャ、みたらし団子、おでん、とんかつなど…ほぼなんでもアリの世界。 今回は、初めてチャレンジする人でも失敗しにくく、驚くほどおいしい意外な素材ということで、メインの食材は「かき揚げ」。 これは、惣菜屋で売っているふつうのかき揚げで構いません。 パンも普通の食パンでOK。 ホットサンドメーカーからはみ出る大きさであれば、周囲をカットし、具材と一緒に挟めばよりボリューミーになり一挙両得だとか。 さらに、「グルテンフリーが良いなら米粉パンを、ライ麦パンや全粒粉パンやバゲット、ベーグルなど、パンはどんな種類でも使えます」と大林さんは言います。 他に用意するのは、めんつゆ(希釈タイプを薄めず原液で)、七味唐辛子、練からしを少々。 食パン2枚、かき揚げ、めんつゆ、七味唐辛子、練からしを用意 Photo: 鈴木拓也 手順1:めんつゆをパンに塗る めんつゆを、まんべんなく両方のパンに塗り広げます。 めんつゆをパンの隅々まで塗る Photo: 鈴木拓也 大林さん「めんつゆは接着剤代わりにもなり、端っこがはがれるという、よくある問題が予防できます。 つゆだくにした方が、味が濃い目でパンチのきいた風味になります。 また、こんな感じで水分を加えた方が、出来上がりがふっくらするという利点もあります」 手順2:かき揚げをパンに乗せる めんつゆを塗り終えたら、片方のパンにかき揚げを乗せます。 次いで、練からしをめんつゆで溶いて、かき揚げに塗ります。 かき揚げを乗せ、めんつゆで溶いた練からしを塗る Photo: 鈴木拓也 大林さん「初心者ですと、かき揚げがパンからはみ出たらどうしようと心配しますが、多少はみ出ても気にする必要はありません」 そして、七味唐辛子をパンにパラパラと振りかけます。 パンに七味唐辛子を振りかける Photo: 鈴木拓也 手順3:パンをホットサンドメーカーにセット かき揚げの乗っていない方のパンを、乗っている方のパンにかぶせ、手で軽くプレスして余分な空気を逃がします。 これをホットサンドメーカーに移して、再度プレスします。 こうすれば、きれいに焼けるそう。 パンを重ねて手で軽くプレス Photo: 鈴木拓也 ホットサンドメーカーに乗せたら再度プレス Photo: 鈴木拓也 今まで見てきたとおり、大林さんは、まな板の上でめんつゆを塗るなどの工程を済ませてから、ホットサンドメーカーに乗せています。 最初からホットサンドメーカーにパンを置いて、調味料を塗ったり、具材を乗せたりするのはアリでしょうか? 大林さん「簡単な具材ならアリですが、ホットサンドメーカーの上だと途中でソース類を塗る、キャベツ類など細かい具材を挟む場合はコンロまわりが汚れてしまう。 オススメは安定感のあるまな板の上ですべてを組み立てることです」 手順4:ホットサンドメーカーを火にかける ホットサンドメーカーを、ガスコンロの上に乗せて火にかけます。 最初は強火で、ホットサンドメーカーが十分熱くなったら、火を弱めます。 ホットサンドメーカーが熱くなるまで強火にかける Photo: 鈴木拓也 大林さん「冬の早朝は少し時間がかかりますが、それでも5分もあれば完成します。 何度もひっくり返す必要はありません。 それは1回で十分で、片面2~3分ずつ焼くのを目安にしてください。 また、パンの焦げ具合をチェックするため、開けて確認してもかまいません」 パンの表面全体に多少焦げ目がついたら完成です。 カットするため、まな板にいったん戻します。 パンの表面に焦げ目がついて完成したら、まな板に戻す Photo: 鈴木拓也 手順5:カットして器に移す 食べやすい大きさに切り分けます。 波刃のパン切りナイフでなく、よく切れる通常のナイフ(包丁)を使います。 ナイフの刃先で、浅い切り込みをまず入れる Photo: 鈴木拓也 刃を切り込みに合わせて一気に押し切る Photo: 鈴木拓也 完成(写真は2回切って4個に切り分けたもの) Photo: 鈴木拓也 大林さん「まず、刃先の部分を使って、切り取り線を作るイメージでパンの片側に浅い切り込みを入れます。 その切れ目に包丁の刃全体を合わせ一気に押し込むと、きれいに切れます。 あとは、好みの器に移し替えて完成です」 ホットサンドの作り方:その2「カレーホットサンド」 ホットサンドは、汁気の多い具材を使って作ることもできます。 例えばカレー。 手順1:サイコロ状に切ったパンとカレーを混ぜる 具材を挟むための2枚のパンとは別に、1枚のパンを用意します。 このパンは、サイコロ状に切っておきます。 カレーのような汁気の多い具材の場合、サイコロ状に切ったパンを用意 Photo: 鈴木拓也 大林さん「今回使うカレーは、レトルト食品ですが、事前に温めておく必要はありません。 最初は冷たいままでも、ホットサンドメーカーに入れるとすぐに加熱できますので」 サイコロ状のパンはカレーに投入します。 パンが充分にカレーを吸い込むよう混ぜ合わせます。 サイコロ状のパンはカレーと混ぜ合わせる Photo: 鈴木拓也 手順2:パンを凹ませて具材を乗せる 汁を含んで嵩の大きくなった具材をパンに乗せる前に、スプーンの腹でパンを押し凹ませ、「堤防」を作ります。 スプーンでパンを少し凹ませておくのがコツ Photo: 鈴木拓也 大林さん「凹みは浅くて大丈夫。 これは液だれしないための工夫です。 こうしたシンプルな工夫で、ホットサンドは、より仕上げがきれいに、そしておいしくなるのです」 具材を乗せ、好みで粉チーズを軽く振ります。 片方のパンに具材を乗せ、粉チーズを振る Photo: 鈴木拓也 この後の工程は、かき揚げホットサンドと同じ。 汁漏れもなくきれいにカレーホットサンドが出来上がりました。 完成したカレーホットサンド(中央に仕切りがあるホットサンドメーカーを使用) Photo: 鈴木拓也 食べてみると、かき揚げホットサンドもカレーホットサンドも、想像を超えるおいしさ。 安い食材でも、ワンランク上の風味にアップするので、ホットサンドメーカーの購入費用(数千円)は、すぐに元が取れます。 大林さんは、「ホットサンドは、冷蔵庫の余りものの活用に最適」と語るように、家庭内のフードロス対策にもなって一石二鳥。 興味がわいたら、ホットサンドを食生活の一部に取り入れてはいかがでしょうか。 大林千茱萸(おおばやし ちぐみ)さんプロフィール Facebook「」の部長。 「昭和天皇の料理番」として宮内庁東宮御所大膳課主厨を務めた渡辺誠氏に師事し、フランス料理と国際儀礼を学ぶ。 テーブルマナー講師にして、映画『100年ごはん』 2013年 の監督でもある。 いまも映画と共に旅を続け世界の食事情をリサーチしている。 『ホットサンド倶楽部 もっと! いつでも、どこでも、おいしいレシピ!!』は、2012年刊の『こんがり! ホットサンドレシピ100 はさんで焼くだけ、おいしくたのしい』に続く第2弾のレシピ集。 大林千茱萸さん近影 Photo: 鈴木拓也 Source: 『』 Photo: 鈴木拓也 あわせて読みたい.

次の

ホットサンドのお弁当の包み方や持って行き方は?夏でも硬くならない方法やお弁当箱もご案内

美味しい ホット サンド

直火式ホットサンドメーカーの特徴 直火式はコンロの上などで直接火にかけて調理を行います。 コンパクトで収納しやすいです。 持ち運びやすく、キャンプなど屋外でも活躍します。 パンに具をたっぷり挟めます。 使い方• パンと具材を挟み、中火〜弱火で両面をお好みの焼き加減まで火にかけます。 使うたびに薄く油やバターを塗ると焦げ付きにくくなります。 もちろん、IHに対応した商品もあります! IH対応はガス火専用に比べて少し重くなりますが、IHとガス火のどちらでも使えるので汎用性は高いかと思います。 焼き加減が分かりにくく、パンが真っ黒に焦げてしまうこともあります。 ときどき開いて焼け具合をチェックすると失敗しにくいです。 本体がアルミニウム製のホットサンドメーカーは熱伝導が良いので、中火〜弱火で加熱しましょう。 上下をひっくり返したり、円を描くように火に当てると、まんべんなく焼き目を付けられます。 電気式ホットサンドメーカーの特徴 電気式はその名の通り電源を必要としますが、コンロのない場所で調理できます。 コンロ不要なので、リビングで家族や友人と賑やかに作ってみたり、忙しい朝にはホットサンドを焼いている間に他の作業を行うことができます! もちろん、完全に放っておく訳にはいきませんが、その場で飲み物やお皿を用意したりのことはできるかと思います。 使い方• 余熱後にパンと具材を挟んだら自動で焼き上がります。 プレートが交換できるものもあり、弊社商品ですと、ホットサンド以外にワッフルや焼きおにぎりを作れるものもあります。 機種によりますが、パンの耳を切らないと入らないものもあります。 パンに挟む具が多いと、ホットサンドメーカーが閉じない場合があります。 アルミニウム製:直火式ホットサンドメーカーのお手入れ 多くのホットサンドメーカーがアルミニウムを素材にしているかと思われます。 直火式ホットサンドメーカーの素材がアルミニウムの場合、基本的には食器用洗剤を付けてスポンジ等で洗い、水気を拭き取ればOKです! 表面に傷がついてしまうので、スチールたわし、磨き粉等は使用しないでくださいね。 本体が取り外せるものは、取り外して洗ってください。 実際に本体を取り外した様子 直火式ホットサンドメーカーの焦げ付きの落とし方(アルミニウム製) 金属製の固いものは使用せず(金属製の固いものを使用して表面を傷つけると腐食の原因になってしまいます!)、お湯に浸して焦げ付きを柔らかくしてから取り除きます。 直火式ホットサンドメーカーの塗装が剥がれた・ぶつぶつしてきた!(アルミニウム製) お手入れが不十分だったり、物をいれたままにしておくと、塗装が剥がれたり、ぶつぶつ状になる場合があります。 この状態になると、こびりつきやすくなってしまうので注意が必要です。 劣化を防ぐためには正しいお手入れの他、使うごとに薄く油を引いて調理すれば塗装が長持ちします。 また、アルミニウムは熱伝導の良い素材ですので、火力は中火以下で使いましょう。 高温になりすぎると塗装が剥がれる原因になってしまいます。 同様の理由で、過度の空焚きも注意が必要です。 アルミニウムは多量の酢や重曹に注意! 多量の酢や重曹等の酸性又は、アルカリ性のもののご使用は避けてください。 アルミニウムに腐食(サビ)が生じる事があります! 安全性が高く、便利な重曹ですが、アルミニウムとの相性はあまり良くありません。 鉄製:直火式ホットサンドメーカーのお手入れ アルミニウム素材のホットサンドメーカーが主流かと思いますが、鉄素材のものも存在します。 しかし、誠に申し訳ない話なのですが、現在弊社に鉄製ホットサンドメーカーはありません…。 それでも!フライパンや天ぷら鍋などの鉄製品を数多く取り扱っている弊社は、鉄の魅力も特徴も十分に把握しております!メーカー的にはフライパンベースになってしまいますが、鉄製品のお手入れをご紹介したいと思います。 電気式ホットサンドメーカーはプレートが取り外せるものと、取り外せないものがあります。 取り外せるプレートは直火式のものと同様に、基本的には食器用洗剤を付けてスポンジ等で洗い、水気を拭き取ればOKです。 実際にプレートを取り外した様子 取り外せないプレートは、使用後の温かいうちに水を含ませよく絞った柔らかい布や、水をしみ込ませたキッチンペーパーを使って拭き取ります。 電気式ホットサンドメーカーの焦げ付きの落とし方 使っている内に焦げ付く様になってくると、焦げ付きが癖になってしまい、その焦げ付きが中々落ちにくくなります。 この場合は、焦げ付き部分に少し多目に油を引いて通電し、焦げを少し浮かしてティッシュなどで擦り落とします。 ある程度の焦げ付きが無くなれば、問題なくご使用頂けるかと思います。 焦げ付き防止に、連続して焼く場合はプレートに残った調理クズをしっかり拭き取りましょう! 電気式ホットサンドメーカーの塗装が剥がれて来た! 直火式でも取り上げましたが、過熱やキズなどによる劣化で塗装が剥がれてくる場合があります。 こびりつきやすい場合、少し多目の油を引いてご使用ください。 電気式ホットサンドメーカーで上側が上手く焼けない! 直火式は自分で加減を見ながら熱を通せますが、電気式は自動で焼き上がります。 そこでたまに出てきてしまう、電気式ホットサンドメーカーで「下側は上手く焼けるが、上側は上手く焼けない」現象。 トースター用の食パン1枚の場合や、ホットケーキなどの比較的粘度のある柔らかい生地でご利用の場合、生地全体が下側に偏ってしまいます。 そのため、上部のプレートに上の部分が少ししか接触していない時に、下側だけが焼けてしまうのです。 そうなった場合は生地を裏返すと上手く焼けます。 単純な話ではありますが、故障を疑う前に是非お試しください。 まとめ 直火式と電気式、それぞれの特徴や使い方、お手入れについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?少しでもお役に立てれば幸いです。 手軽で便利なホットサンドメーカー。 正しく使って、長く美味しいホットサンドを楽しみましょう!.

次の

これぞ悪魔メシ! 「ホットサンド×缶詰」はどれが美味しいのか?|テレ東プラス

美味しい ホット サンド

具材のアレンジで色んな味が楽しめるホットサンド。 ホットサンドメーカーを使いたいけど、シーンごとに活用しきれていないという方や、シーンごとにどんな具材のレシピがいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか? この記事では、下記のようなシーンにぴったりの、ホットサンドメーカーの人気レシピを紹介していますのでぜひ作ってみてくださいね。 ・キャンプの朝食に簡単な具材で作りたい ・大体のコンビニで販売されている材料を使って作りたい ・忙しい朝でも野菜も同時にしっかり食べたい ・保温が難しく冷めやすいお弁当でも美味しく食べたい ・子供も喜んで食べれる栄養も豊富なホットサンドを作りたい ・ダイエット中でも安心して食べれるボリューム満点の低カロリーのホットサンドを作りたい ・飽きのこない意外な材料を使った美味しいホットサンドを探している ・スイーツ感覚で食べれるおしゃれなホットサンドを作りたい また、ガス式・電気コード式別にホットサンドメーカーの商品情報も詳しく解説しています。 まだホットサンドメーカーを持っていない方も、参考にしてみることであなたが探していた商品を見つけることができるでしょう。 先ほど紹介した、ホットサンドメーカーを使い簡単にホットサンドを作りたいと思ったとき、あなたならどんな具材を想像しますか? ハムに卵にチーズに・・・オーソドックスな具材からSNS映えするような色とりどりの健康野菜をたっぷり取り入れた具材などホットサンドでは様々なバリエーションを楽しむことができますね。 ですが、アウドドアなどの冷蔵庫の無い環境では使える食材が限られてしまう・・・なんてことも沢山あるはず。 アウトドア以外にも、包丁でいちいちカットする時間なんてない!と言う忙しい朝に超簡単な具材があれば便利で優雅に朝食を楽しむことができるでしょう。 そこで今回は冒頭で紹介した、シーン別に様々な人気のレシピを紹介していますので、こちらのレシピを参考に美味しいホットサンドを作ってみてくださいね。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は2~3分と若干短い分数がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は3~5分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は2~4分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は1分半~2分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 (焼き加減は2~4分がおすすめですが、正しくはホットサンドメーカー説明書記載の焼き時間をご確認ください。 ) 具だくさんのホットサンドが作れる!人気のホットサンドメーカーは?.

次の