ゲンガー 剣盾。 【ポケモン剣盾】ゲンガーの英語版表記は?【名前の由来】

【ポケモン剣盾】ゲンガーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ゲンガー 剣盾

このたび剣盾にて瞬間二桁順位に乗せれたため、パーティを公開いたします。 パーティがこちら 順位 大好きなゲンガーを活躍させていけたのでとっても嬉しかったです(小並感) 二桁順位は剣盾の目標だったので乗せれてよかったですね。 実際ヌオー、、なんかは数を増やしているため結構刺さった場面が多かった。 なお、ドサイにぶちかまそうと意気揚々と選出した試合で私のが相手ののダイソウゲンに破壊され、泡を吹いて敗北した。 本当に気が狂ったパワーをたたき出し、並みのの受け出しを許さなかった。 ゲンガーは剣盾に登場するの中で私が一番好きなであり、バトルするのに好きなを入れたパーティを使いたい!ということで変更した。 当初は襷で使用していたが、みちずれはには通らないわ火力は足りないわそもそもドラパが多く、環境がゲンガーに逆風すぎてまったく活躍できなかった。 そこで「ドラパとかスカーフで抜けばええやん!」という頭の悪い発想のもとスカーフに変更。 特にこちらのスカーフダルマを予想した先発臆病スカーフを処理する流れが何回もあり、かなりのアドバンテージを得ることができた。 なおスカーフドラパルトとかいう謎の生物はゲンガーで対面することはなかったので未に対処方がわからない。 このでックスを切るのは大いにアリ。 ダイアシッドでCをあげれるし、霊、毒、妖精の範囲はかなり広いため相手にかなりの負荷をかけることができる。 ただしCを上げておかないと全く火力はなく、耐久も低いため積むタイミングやックスを切るタイミングは上手く考えなければならない。 対面について の影撃ちはックスしていなくても特化珠かげうちで乱数6. 2%と結構耐えることができる。 H4振りはシャドボで確定1発 またックスすれば珠かげうちも珠シャドークローも耐えるため、上手いことックスすれば処理することができる。 (ゲンガーのダイホロウでははばけのかわ破壊ダメージを含めても確定は取れない。 全体的な感想としてはゲンガーがあまりも減りすぎたのと、のせいで本来のゲンガーの耐久を皆忘れてしまったのかあまりこちらが困る立ち周りはされなかった。 トリックについて 受けまわし用に採用。 これがかなり効果的で多くのを機能停止に追い込み、非情に気持ちよかった。 注意しなければいけないのが交換された際に混乱回復きのみをトリックしてしまった場合。 臆病個体のためうっかり混乱してしまわないように注意しよう。 無補正性格で育成しなおし、ミントをキメたほうがいいのかもしれない。 感想 結構スカーフゲンガーは刺さっているように感じた。 なぜかあまりに遭遇しなかったのも大きいのかもしれない。 第八世代でゲンガーは終わった、なんて言われるのは悲しいので皆さんも使ってみてください。 momomochikun.

次の

【ポケモン剣盾】ゲンガーの英語版表記は?【名前の由来】

ゲンガー 剣盾

オーロンゲの壁張りでサポートからのトゲキッスのわるだくみダイマックスで、ポットデスのからやぶバトンからのダイマックスパッチラゴンで全抜きを狙いに行けます。 ブラッキーはあくびで相手を流したり、相手のダイマックスターンを消費させる起点作りとして活躍が可能です。 オーロンゲ特性「いたずらこころ」で 先制して壁を張れるのが優秀ですが、読まれることが多いため、相手の先制攻撃封じも可能なイエッサンなどもおすすめです。 単体で強力な2体が組んで弱い訳がなく、攻撃的なテンプレ構成での 対面構築から、ドラパルトが おにびで起点を作り、ミミッキュの剣舞から全抜きを狙う 積み構築など、コンビながら型は様々です。 パーティに入れ得の最強タッグ 前提として対策が必須になるこの2体は、パーティに入れるだけで 相手の選出を強烈に誘導できます。 そこからある程度投げられるポケモンを読みやすく、そこに対してカウンターになるポケモンを用意しておけば、選出段階から有利を取れるパーティに入れ得のコンビと言えます。 バンギラスの《すなおこし》でドリュウズの《すなかき》を発動させ、あらゆるポケモンを上から殴ります。 通称:バンドリ 性質上「アーマーガア」を投げられる可能性が非常に高いため、対策となるロトム、高火力の炎技を打てるポケモンなどを残りの1枠として選出したいところです。 単体性能が高く、偽装でも使われる バンギラスがドリュウズのサポーターとしてだけでなく、単体としての性能が凄まじいため、「さらさらいわ」を持たせて砂役になるだけでなく、「 弱点保険」で自身が抜きエースとして機能することもできます。 また、ドリュウズも、環境上ミミッキュ、ロトムが非常に多いため、特性をすなかきではなく「かたやぶり」を採用する型も多いです。 バンギドリュウズの並びだからとはいえ、 一概に戦法が読めないのも強力な部分になります。 そこで物理耐久振り 鬼火祟り目ドラパルトを投げ、ミミッキュの機能停止&祟り目でそのまま仕留めます。 また、同じく環境トップメタのドラパルトはブラッキーでほぼ完封することができ、 ドラパミミッキュの並びに強いタッグともいえます。 また、環境にいる多くの物理アタッカーも見ることができます。 ブラッキーの苦手なかくとう技をドラパルトで空かせる点や、ドラパルトでは受けが効かない対象は、ブラッキーで受けやすい点なども高相性です。 通称:ロンゲキッス 後ろの抜きエースが積み技 剣舞、悪だくみなど を使用できるタイミングを作り、ダイマックス技の能力上昇も合わせて全抜きを狙う積み構築です。 抜きエースは高耐久で高火力のポケモンが望ましい オーロンゲは、起点作成次第倒れる前提で立ち回るため、数的不利な状況で積みエースに繋ぐことになります。 残っている相手のポケモン3体を全抜きができるエースは、壁込で耐久力が高く、且つ 《火力》《素早さ》《技範囲》が優秀なポケモンである必要があります。

次の

【剣盾】ゲンガー単体考察

ゲンガー 剣盾

ゲンガーの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 60 65 60 130 75 110 タイプ タイプ1 タイプ2 ゴースト どく 特性 のろわれボディ 30%の確率で受けた技を使えなくする 長所・短所 非常に優秀な種族値で、初代から活躍し続けてきたゴーストタイプの強豪です。 特に 特攻種族値が130とかなり高く、 素早さ種族値も110と高速特殊アタッカーとしてかなり優秀な能力を持っています。 また、攻撃技も変化技も多種多様なものが揃っており、 アタッカーとしてもサポートとしても使える万能なポケモンでもあります。 メガシンカこそ仕様の関係で無くなったものの、代わりに キョダイマックスを得たことで新しい使い方もできるようにもなりました。 …が、第八世代でドラパルトが現れてしまったせいで アタッカーとしての活躍の場を一気に奪われてしまうという事態に。 サポート型にしようにも ミミッキュやギルガルドの存在があり、それもままならない状態です。 結果、 メガシンカ以外は特に弱くなったわけでもないのに使い道が無くなって使用率がマイナー並に激減する羽目になってしまった模様です。 今後 DLCで旧ポケモンが多数登場するようになるため、そちらでゲンガーの使い道をまた得られるようになるのを祈りましょう。 育成論 特殊アタッカー型 努力値 特攻:252(実数値182) 特防:4(実数値96) 素早さ:252(実数値178) 技構成 解説 これまでも使い続けられてきた、特攻と素早さに特化した高速アタッカーの型です。 元々ゲンガーは技の多さと特攻・素早さの高さから、 対面性能の高い高速アタッカーとして使われてきました。 ドラパルトの台頭で厳しいことになってしまっていますが、それでも今の環境で通用する性能はあるので引き続き特殊アタッカーとして使用します。 努力値は当然 特攻と素早さに特化し、さらに性格補正も加えて 素早さも最速にしておきます。 また、持ち物は きあいのタスキにすることで連続技以外は耐えられます。 元の耐久の低さや特性と合わさって相性がいいので持たせておきましょう。 技構成は対フェアリータイプも兼ねた一致技の ヘドロウェーブは確定。 サブウェポンの きあいだまと補助技として おにびを持たせます。 これで最悪攻撃が通らない相手が来たとしても、 おにびで火傷を撒いてスリップダメージと攻撃ダウンのデバフをかけることができます。 もう一つの一致技は火傷状態の相手にダメージが倍になる たたりめか、安定した性能の シャドーボール。 好きな方を入れましょう。 実演してみた では、このゲンガーが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 話題に出した天敵のドラパルトがいるんですがどうしたらいいでしょう。 対戦、よろしくお願いします。 まさかあのゲンガーがメジャーポケモンじゃなくなる環境が来るとはだれも思ってなかったと思います。 使用率が激減しても実力は衰えてません。 オーロンゲくらいならヘドロウェーブで一撃で落とせます。 先制技でも使われない限り、ゲンガーも速く動けるんじゃないかなと。 弱点を突いたとはいえ、ダイマックス相手にもこのダメージ。 やはり上位互換に近いのが現れたせいで使われないだけで、 実力に陰りは無いようですね。 対戦、ありがとうございました。 まとめ 長い間環境で活躍し続けたポケモン、ゲンガーの育成論でした。 強力な特殊アタッカーとして君臨し続けた種族値と、攻撃も補助もなんでもござれの技の数々。 他の強豪ゴーストが君臨する今の環境でも、まだまだ戦える実力は十分にあります。 以上、管理人、八卦がお送りしました。 次回もよろしくお願いします。

次の