日本 ハウズイング 悪質。 日本ハウズイング 管理 評判

不祥事例

日本 ハウズイング 悪質

日本ハウズイング マンション管理会社として有名な日本ハウズイングについて、大規模修繕の特徴や口コミ評判などをリサーチしました。 大規模修繕工事業者「日本ハウズイング」の口コミ評判 「他社よりも良い印象です」/年齢性別不明 これまで複数のマンションに住んできましたが、日本ハウズイングさんは良い会社だと思います。 価格が割高という声も聞きますが、実際には他社に比べて割高感はありません。 管理組合の付き合い方次第では、むしろリーズナブルな価格にもなると思いますよ。 「満足度の高いサービスです」/年齢性別不明 修繕工事は少々高いような気もしますが、理事長を経験した自分から言わせてもらえれば、総合的には他社よりも良い会社だと思います。 担当者まで適切な指導がしっかりと行き届いていることがよく分かります。 理事会が責任を持って運営しているマンションなら、満足度の高いサービスを提供してくれるのではないでしょうか。 「対応がしっかりしています」/年齢性別不明 他の一般的な業者さんに比べて、料金が多少高めの印象もあるのですが、でもその分しっかりとした対応をしてくれるので良いと思います。 業者任せではなく、管理組合側もしっかりと知識を身につけて様々な交渉をすれば、なお良くなると思います。 housing. 東京2部にも上場する大手企業として、これまで 国内に43万件以上、国外に10万件弱の物件を管理してきた実績があります。 マンション管理業務に関連し、管理物件を中心とした大規模修繕の実績も豊富。 建物の資産価値の維持だけでなく、積極的に資産価値向上も目指す提案をしています。 管理業務の経験を活かした大規模修繕 日本ハウズイングのメイン業務はマンション管理。 日常的な管理業務を通じて培われた経年劣化や自然劣化の状況を熟知しているため、大規模修繕においても、どこをどのように強化すれば良いかのポイントを押さえています。 安心して工事をお任せできるでしょう。 建物の長寿命化を図った工事を提案 一般的なマンション大規模修繕は、外壁塗装や躯体・タイルの補修ですが、日本ハウズイングでは、材料や工法にもこだわった修繕を提案。 物件のため、そしてオーナーのため、物件の寿命を少しでも長期化させる工事を提供しています。 資産価値の維持を目指すグレードアップ工事 マンションの資産価値を長期的に維持させるために、その時代のニーズに合ったグレードアップ工事を提案。 階段脇にスロープを設置するバリアフリー工事、防犯カメラ設置、蛍光灯のLED化、エントランスや中庭の緑化工事など、大規模修繕とともに細部のグレードアップを図ることが可能です。 外観点検を実施して状態をチェック 日本ハウズイングでは、共用部分を中心にプロの目で年1回外観点検を実施。 屋上の防水状況・鉄部の腐食・外壁の劣化など、目視で点検して報告書を提出しています。 5年または10年もの年月が経てば、建物は大規模修繕が必要になるケースがほとんどでしょう。 修繕が必要であれば、修繕工事の提案まで実施してくれるのだとか。 日常的に管理員が給水・排水ポンプの不具合をチェックするので、トラブルが見つかってもスピーディーな対応が可能です。 ほかにも、法律で定められた消防設備を法定点検や貯水槽・浄化槽といった設備点検・定期調査も専門スタッフが対応。 日々のメンテナンスから年1回の点検、5年~10年サイクルの大規模修繕点検に工事まで、マンションの資産価値を維持・暮らしやすさを保つためのサポートを行なってくれます。 マンションオーナー向けにセミナーを開催 管理委託を行っているマンションオーナーに向けて、毎年1回セミナーを開催しています。 過去のセミナーを見ると、「地震防災」「不動産投資」「大規模修繕の重要性」「相続対策」など、内容はさまざま。 テーマに合わせて弁護士や相続コーディネイト実務士など専門家を招いて講演を行い、オーナーが役立つ情報を提供しています。 プロの眼線による建物の点検をもとに、管理組合に 具体的な長期修繕計画を提案。 資金計画のシミュレーションも明確に行なうなどし、多くの顧客から満足の声が上がっています。 施工実績• 具体的な記載なし(管理しているマンションの修繕実績は豊富) 日本ハウズイングの会社情報 会社名 日本ハウズイング株式会社 所在地 東京都新宿区新宿1-31-12 設立 昭和33年 代表者 小佐野 台 資本金 24億9,290万円 事業内容 マンション管理事業/ビル管理事業/不動産管理事業/営繕工事業 従業員数 5,417名.

次の

【日本ハウズィングの口コミと評判】

日本 ハウズイング 悪質

本社所在地 〒160-8410 1丁目31番12号 設立 事業内容 マンション・ビル管理事業、開発建設 代表者 代表取締役社長 小佐野台 資本金 24億92百万円 発行済株式総数 1608万株 売上高 単体730億96百万円 連結885億40百万円 (2016年3月期) 経常利益 単体46億46百万円 連結51億68百万円 (2016年3月期) 純利益 単体29億76百万円 連結31億11百万円 (2016年3月期) 純資産 単体212億30百万円 連結239億37百万円 (2016年3月) 総資産 単体357億5百万円 連結424億65百万円 (2016年3月) 従業員数 単体5,417名 連結6,093名 (2016年3月) 決算期 3月31日 主要株主 33. マンションデベロッパーの系列に属さない、いわゆる独立系の管理会社では最大手である。 管理受託戸数44万0156戸、受託管理組合数8157組合(2017年3月現在)。 沿革 [ ]• (昭和33年)12月 - 富士建物工業を創業。 (昭和41年)9月 - 日本ハウズイング株式会社を設立。 (平成12年)8月 - 株式を店頭登録。 (平成14年)2月 - 第2部上場。 (平成20年)6月 - マンション建設・管理会社の(大証2部上場)から業務提携およびによる事業統合の提案を受けるが、経営陣がこれを拒否。 株主総会で原弘産提案の役員選任を否決する。 2008年(平成20年)10月 - リロ・ホールディング(現・)の関連会社となる。 (平成24年)5月 - 合人社ホールディングス(現・)と業務提携。 管理物件 [ ]• 藤和湯島コープ(東京都文京区) 脚注 [ ].

次の

日本ハウジング 評判 :営業がしっかりしてるようだけど

日本 ハウズイング 悪質

成長・キャリア開発:準社員扱いの入社で、職種はビル管理業務です。 交代勤務のため、シフトの交代時に引継ぎがありますが、個人主義的な空気感が強く、中途採用者を教育する仕組み等はないため、自分から仕事を覚える姿勢がないとやっていけません。 自分でできる事は出来るだけ自分でする。 そして出来ないことも勉強して出来るようになるという姿勢があれば徐々に認められ信頼されていき、職場での地位が確立出来ます。 オーナー様からの業務委託のため、何を措いてもまずはオーナー様の要望に応える、その後自分のアイデアを提案するという仕事の仕方が身に付きます。 あとビル管理上の外部業者との連携が多くやり取りや、商談の仕方など身に着ける事が出来ます。 口コミ投稿日:2015年08月 1日 給与水準:契約社員は週30時間労働の場合月給120,000円で賞与無し。 生活保護がギリギリ受給出来ない最低ラインの賃金しか払わない。 現業員は他企業定年退職者で年金受給者が多いからギリギリ生活が出来るが、それ以外の若手事務員はワーキングプアにされている企業。 正社員は資格取得の社内講習が受けられたり福利厚生倶楽部で優遇されているが、契約社員・パートに福利厚生は全くない。 正社員も残業代で稼がないと所帯を持っている人は生活が苦しいとこぼす程給与水準は同業他社と比べて低い。 現に週刊東洋経済の東京の上場企業で平均給与ワーストランキング2位になっていた。 管理戸数では業界ナンバーワンだが、給与面ではワースト。 口コミ投稿日:2018年03月30日.

次の