サラリーマン おこずかい。 サラリーマン・会社員のお小遣いはいくら?20代〜50代の平均金額

サラリーマンのおこずかいについて

サラリーマン おこずかい

この記事の目次• 「お小遣いがもっと欲しい・・」 「嫁に節約しろって言われてるけど、飲み会の席も多いのに!」 「同い年の人たちの貯金ってどのくらい?」 同期や同い年の会社員が、1ヶ月間にどれくらい自由なお金を使えるのかは、かなり気になってしまうものですよね。 特に 30代になると結婚もして、あまり自分自身のためにお金を使うことも難しくなってきます。 また独身であっても、周りの同僚や同期の貯金額やへそくり額が知れるとすれば、やっぱり知っておきたいものですよね? 「相手の貯金額やお小遣い額を知ったところで・・」 と思うかもしれませんが、自分自身と照らし合わせて少ないか多いかだけでも分かれば、これからの対策(転職や副業など)が打てます。 ですから30代サラリーマンの平均的な金額を、少しだけのぞいてみませんか? 僕はと言えば、同年代の方たちの平均額があまりにも高額なのを知って驚愕してしまいました(と同時に、モチベーションにもなりました)。 心の準備は宜しいですか? それでは、ぜひ最後までお付き合い下さい。 30代会社員の貯金額・お小遣い額・へそくり額 新卒から 20代後半まではあんまり気にならなかったのですが、 30歳を過ぎるとどうしても気になってくるお金の話。 特に同僚や同期がどれだけ貯金し、どれだけ小遣いがあるのかは大変気になりますよね。 「うちは給料も高いから他よりも多いはず!」 そう思っているあなた、実態は本当にそうでしょうか? 他の会社員はもっともっと賢く節約して、お小遣い額やへそくり額も多いかもしれませんよ。 30代の平均貯金額はどのくらい? 貯金額と一言でまとめていますが、年収によって貯めれるお金も違ってきます。 そのため一概に30代をまとめてることはあまり好きではありませんが、金融広報中央委員会の統計(2016年)によると30代単身世帯の平均資産額は500万円でした。 こちらはあくまでも株式投資や積立保険なども含まれた数字ですね。 少し驚かれましたか? 銀行に預けている純粋な貯金額だけで言うと、 30代は 231万円(単身世帯の場合)です。 それでもかなり多いですよね。 世代別の平均貯金額(銀行預金額) <男性の平均的な月々のお小遣い相場> 20 代:40 ,879 円 30 代:36 ,846 円 40 代:35 ,670 円 50 代:38 ,113 円 平均:37 ,873 円 僕も以前は、この程度のお小遣いで毎月やりくりしていたのですが、今では考えられません。 転職と副業に思い切って舵を切り、今では本当に良かったと思っています。 30代へそくりの総額は? 独身の男性であれば、貯金額がそのままへそくり額と言って間違いありません。 しかし、結婚をしていると、そう単純なものでもありませんよ。 特に財布の紐を奥様に握られている方は、へそくりを貯めるのも一苦労です。 さて、そんな30代既婚男性のへそくりの平均金額ですが、インターネット調査によると約46万円との統計結果が出ています。 「ドキッ・・」 と今思ったあなた、理由はどうであれかなりマズい状況ですよ。 今すぐ自分のお金の使い方を見直してみて下さい。 逆に相当な節約家にも関わらず、貯金が少ないという場合は、どうにかして収入を増やす必要がありますね。 まだまだ間に合います! 僕もほんの5年ほど前までは、貯金すらほどんどない状態でした。 サラリーマンの 1回分の飲み会代の平均金額 会社員をしていると避けては通れない(と思い込んでいる)のが、同僚や上司との飲み会ですよね。 僕が若いときは、上司と飲みに行くと絶対におごってくれました。 ですが 30代を過ぎると役職も付き、今ではおごる立場になった方も多いと思います。 さて、そんな男性の平均的な飲み代はいくらでしょうか? とある TV局の統計によると、男性サラリーマンの 1回の平均飲み代は「約 5, 000円」であるということでした。 僕の経験上も、おそらく妥当な数字だろうと思います。 しかし30代を越えると、自分の飲み代にプラスして部下や後輩の飲み代も追加されますので、それ以上であることがほとんどではないですか? 毎月の飲み会代を貯金すると・・ 例えば毎週 1回、月にして 4回飲み会に行くとします。 これを 1年続けてみると、どうでしょう。 管理職になると、部下を飲みに連れて行く必要があるのかもしれません。 しかし、意外と部下は喜んでないことがほとんどですよ。 そんなムダな飲みの席にお金と時間を使うよりも、少しでも早く家に帰った方がよっぽど生産的ではないですか? もともとの手取りが少ないならば使えるお金も少ないに決まっている 厳しい話をすると、もともと手取り(給料)が少ないのであれば、使うお金をセーブすべきです。 または、今ある給料で我慢する必要がありますね。 「給料が少な過ぎるから困っているんだよ!」 と、僕も昔は思っていました。 この問題への解決策は、やり方が大きく分けて 2通りあります。 1つ目が「節約する」こと。 しかし、節約はもともとの額が増えるわけじゃないため、使えるお金の限度額は変わりません。 2つ目が「手取りをアップさせる」ことです。 そしてこの手取りアップという選択肢こそが、僕が最もおすすめしたい方法なんですね。 さて、手取りをアップさせる方法も同じく 2通りありますね。 そう「転職」するか「副業」するかのどちらか、あるいはその両方です。 僕の話は次回に譲るとして、今回は転職や副業で成功した友だちの話を書いてみました。 転職をして手取りが 20万円アップした A氏の体験談 僕の友人は 32歳のときに、同期よりも給料が圧倒的に少ないことをしり転職活動を始めました。 営業職で人当たりの良い彼でしたが、初めての転職で不安も多かったそうですね。 ですが社会人の転職活動は大学生の頃と 違い、転職エージェントが最適な会社を探してくれます。 A氏の場合も大手「 」を通して5社と面接し(筆記試験あり)、 2度の役員面接を経てから現職に内定したとのことでした。 今では手取りが 20万円アップし、大満足なご様子です。 副業から始めて独立した Bくんの体験談 次に紹介したいのが、僕の後輩でもある Bくんがブログアフィリエイトというネット副業で独立を果たした話です。 独立と言っても会社を起こしたのではなく、 35歳で個人事業主として開業しました。 それでも会社に縛られず自分の力だけで家族を養っているのですから、本当に大した男です。 しかし当時は、本職である事務職と、帰宅後の副業の二刀流は大変だったとのこと。 毎日 4~ 5時間の睡眠時間だった時期もあったほどです。 ですがブログアフィリエイトによって、毎月 1万円・ 2万円と手取りが増えるのが楽しみで、全く疲れを感じなかったと言っていました。 結果、最短 2年で会社の給料を超え、今では立派な個人事業主です。

次の

サラリーマンのお小遣いの平均は?旦那さんの使い道・内訳!!

サラリーマン おこずかい

十兵衛です! サラリーマンの頭を悩ませる事といえば、月に使えるお小遣いの金額です。 自宅と会社への往復が続く毎日にお小遣いの役割は大切なものです。 ところがサラリーマンのお小遣いは年々減り続けているんです。 こうなると400円ほどの「スタバでコーヒータイム」なんていうのも贅沢になってしまいますよね。 しかも、働き方改革で残業代を減らされるという収入源にも直面しているのが現在のサラリーマン。 おまけにトヨタのような日本を代表する大企業でも、終身雇用は難しいという発言が飛び出しています。 こうなればよほど鈍感な人でない限り 資産運用、つまり 自分で資産を増やしておかないとヤバい!という考えが浮かんできますよね。 とはいえ、資産運用を考えたところで元手になる資金は毎月のお小遣いから捻出することはできるのでしょうか? また、捻出できたとして満足の行くリターンは得られるのでしょうか? 今回はサラリーマンがお小遣いを元手に資産運用できるのかについて書いていきます。 2019年サラリーマンの平均的な小遣いはいくら? 2019年6月に公開された新生銀行の調査によるとサラリーマンの平均小遣い額は 36,747円という結果が出ています。 これは1979年の調査以来 過去2番目に低い数字でした。 (過去最低は1982年!の34,100円) 日経平均の折れ線グラフと比較してみても、日本のサラリーマンのお小遣いは経済状況とは連動していないようです。 今の日経平均は2万円を超えているのに、8000円台だった2011年よりもお小遣いの水準が低いのはなぜなのでしょうかね・・・・。 それにしても、奥さんが専業主婦をしていて子供がいない場合の25,022円という小遣いの少なさは驚きですよね。 教育費もいらないのに。 奥さんの管理が厳しい時期なのでしょうか。 お小遣いの使い道は? ではサラリーマンはお小遣いを何に使っているのでしょうか? 2019年のデータを見てみましょう。 1位 81. 携帯電話と昼食代は大半のサラリーマンが必要としている使い道です。 その額はそれぞれ9,000円ちょっとと月々の支出に占めるツートップですが、これらは 「自由に使えるお小遣い」とは言えない使い道です。 むしろ必要経費に近いもの。 ちなみに、 一日の昼食代の平均額は550円とのこと。 また、携帯電話がなかった頃は各家庭にある固定電話料金は小遣いからではなく家計の一部でした。 現代は技術も進んで豊かになったはずなのに、使える小遣いが減ってしまうというなんとも言えない結果です。 約36,000円のお小遣いのうち、絶対必要と言える昼食代と携帯電話代で小遣いの半分が飛んでいきます。 例え、他の支出を我慢したとしても資産運用に使うことができる資金は月に 1万円ほどになってしまいますよね。 お小遣いのやりくりはどうしてる? サラリーマンがお小遣いを節約する方法としてはこんなデータがあります。 端的に言って• 飲食代を削る• 交通費を削る の2点で頑張っているのが実情のよう。 食うために働いているのに飲食代を削ったりってなんだかなあ、という感じです。 また、会社から毎月支給される定期代を1年間分一括で購入することによって差額を稼ぐ人も多いです。 十兵衛の周りには2人いましたよ。 とはいえ、この2点の支出を削るにも限度があります。 また、削ったところで浮くのは上手く行って数千円というもの。 決して生活がラクになったり、潤いをもたらしてくれる金額ではないですよね。 やはり、節約して支出を減らすよりも収入を増やすほうが良策と言えそうです。 サラリーマンが小遣いを資産運用すると? 資産運用といえば、株式やFXなどの投資に目がいきがちです。 しかし、月に使える資金が月に1万円ということであれば投資で小遣いを増やすということは無理と言っても差し支えありません。 なぜなら投資での資産運用はある程度まとまった資金が必要だからです。 例えば、みずほフィナンシャルグループ(みずほ銀行)の株式に投資しようとします。 現在の株価はおよそ156円。 ではお小遣いで作った資金でみずほ銀行の株を買おうとしても、実は買う事ができません。 なぜなら、株式には 単元株という決まりがあり、みずほ銀行の場合100株単位でしか買えないのです。 単元株とは 単元株とは、通常の株式取引で売買される売買単位のこと。 単元は、ある一定のルールをクリアすれば企業が自由に決めることができるので、1単元の株数は銘柄によって異なるが、1株、100株、1,000株が一般的。 つまり、みずほ銀行の株を買いたくても小遣いをやりくりしただけでは買えないのです。 15000円が必要ですから。 また、FX取引を行う場合でも、10000通過単位から取引可能というような取り決めをしているFX会社が多いのも事実です。 ミニ株とかで少額投資もできるけど ただ、決まった単元株未満でも株式を買う事はできます。 100株からしか買えない銘柄でも1株や10株単位で購入できるミニ株というものがあります。 リアルタイムで売買できないなどのデメリットもありますが、これなら少額からでも投資することはできますよね。 しかし、投資額が少なければ少ないほど儲かる額も少なくなってしまうのが弱点です。 例えばみずほ銀行の株を10株1560円で購入したとします。 仮に10円上昇したとしても稼ぎはたったの100円。 手数料や税金を考慮するとさらに少なくなります。 しかも、100円台の株が10円上がるには相当な時間がかかるんです。 やはり、少ないお小遣いから捻出した投資では生活を潤してくれるほどの威力はなさそうです。 信用取引などで大きく張ると? 少ない資金を元に投資で大きく稼ぐ方法があります。 それは 信用取引です。 信用取引とは簡単に説明すると元手の3倍近くの金額で株を購入するもの。 しかし、これは言わば借金をするようなものです。 上手くいけばリターンも増えますが、上手く行かなければ資金を失うことになってしまいます。 丁半バクチみたいなものなので、投資初心者が足を踏み入れると高確率で資金を溶かすことになります。 苦労して捻出した資金が一気に無くなる可能性が高いのでできれば避けたいものです。 株式の信用取引は資金のおよそ3倍で投資できるのですが、FXの場合は10倍なんかで投資することができます。 もちろん、失敗した時のリスクはさらにデカイものになるのは言うまでもありません。 少額でもお金を倍以上に資産運用するには? 少ない資金で十分なリターンをもたらす資産運用をご紹介します。 それは 物販です。 今はインターネットが発達して誰にでもモノを売ることができるようになりました。 例えばこんなモノで稼ぐことができます。 写真はホームセンターで購入したボディソープです。 580円の商品が3割引で406円になっていました。 これをAmazonで購入しようとすると・・・・・。 1880円という価格に。 「こんな値段で買う人いるの?」と思われるかもしれませんが、世の中にはこんな値段でも欲しいと思う人はいるんですね。 で、406円で購入したこのボディソープをAmazonで1880円で売ると、手数料や送料などを諸々考慮してもおよそ1266円ほどになって戻ってきます。 利益はおよそ860円です。 406円の株価が約3倍の1266円になるには、よほどの大ニュース(もちろん新製品がバカ売れしたなど良いニュース)がなければ、かなりの時間を要します。 また、本当に上がるかどうかは誰にも分かりませんし。 しかし、物販だと長い間待つ必要もなければ、必ず利益が出ると確信して稼ぐことができるんです。 実は皆が知らないだけで、こんなに利益がでる商品は世の中にたくさんあるんです。 ミニ株で数十円、数百円儲かった!より破壊力のある稼ぎ方を短時間でできるのが物販です。 詳しい稼ぎ方はこの記事の下にある無料プレゼントを参考にしてみてください。 まとめ 今回はサラリーマンのお小遣い事情と少額でもできる資産運用を説明しました。 サラリーマンのお小遣いの平均は36,747円• お小遣いの半分が昼食代と携帯電話代の必要経費に取られてしまう• 我慢して節約しても資産運用に使えるのは月に1万円ほどしかない• 少ない資金で投資しても稼ぐのはほぼ不可能• 物販なら元手の数倍にする投資ができる サラリーマンの小遣いの少なさには厳しいものがありますね・・・・。 今回紹介した物販なら、少ない元手で5万円稼ぐなんてことも可能ですよ。

次の

20代~50代、夫のお小遣いは平均いくら?家計の何%が理想? [家計簿・家計管理] All About

サラリーマン おこずかい

スポンサーリンク 単純計算で1日に使える小遣いは666円 2万円の小遣いということは1ヶ月を30日間とした場合、1日に使えるお金は 666円となります。 ダーミヤンやらオーメンやら不吉な数字ですが気にせずにいきましょう。 1日いかに666円を超えないように過ごすかが重要ですね。 水筒・タンブラー・ケータイマグを持参で300円節約 会社の自販機で買う飲み物代はバカになりません。 水分を多く取る人は仕事中でも1L~1. 5Lほどは平気で飲みます。 会社に設置してある自販機の飲み物は業者と交渉して安い金額で買うことが出来ますが、1日に数本買えばすぐに300円以上かかってしまいます。 水筒やタンブラーを持参してこの金額を節約しましょう。 1日300円の節約は1ヶ月換算で9000円の節約となります。 ほら!もう9000円節約出来てますよ! タンブラーの中には横にすると水漏れする質の悪い物もありますので、ゴムパッキンの有り無しを見極めて購入してください。 水漏れしないタンブラーでおすすめは Hydro Flask ハイドロフラスク かTHERMOS(サーモス)でしょうね。 僕は画像の通り、ハイドロフラスクを使っています(かわいいから) 昼食代の節約は至上命題、白米だけのお弁当箱を用意 サラリーマンをしていて何にお金がかかるか?と言えば間違いなく 昼食代にかかります。 毎日外食するような 偉そうな奴らお偉いさんもいらっしゃいますが、外食なんて論外です。 お弁当を持参するのが最も良い節約ですが、お弁当を作れないほど忙しい奥さんも当然いますよね。 近くに安いお弁当屋さんがあればいいけど、ない場合はコンビニで買うことになります。 コンビニのお弁当って結構高く1個500円ほどが当たり前ですよね。 僕は昼食代を 300円以内に抑えているので、おにぎりが2個ほどが買える計算になりますが、おにぎりだけだと味気ないのでおすすめはご飯だけは自分で持参して、 100円惣菜だけをコンビニで調達することです。 最大手のセブンイレブンでも150円未満の惣菜を多く取り扱っているので便利! にも安い惣菜が多くありますね。 白米だけを入れるお弁当箱を用意して惣菜だけを買う、毎日500円は節約できることになるのでおすすめです!(1ヶ月1万円以上の節約) サーモスの「保温ごはんコンテナー」は常に温かいお米を食べれる設計なので愛用しています。 スポンサーリンク 禁煙する タバコを吸っていては自分から節約を遠ざけているようなものです。 僕もプルームテックという電子タバコを吸っていましたが、節約のために 禁煙しました。 たばこ税も今後上がっていく見通しだし、1箱400~450円を毎日出費しては家計を圧迫します。 禁煙のポイントは 「気合」以外ないと思ってますw 以前、に禁煙について相談したところ「タバコを捨てよう」という答えが返ってきましたw それくらいしないと止めることは難しいですが、やっぱり気合しかない。 タバコを毎日1箱買うと年間164,250円(1箱450円)となり、1ヶ月の給料に相当する額になります。 これを貯金に回せたら大きいですよね。 節約のために頑張ろうという意志を持って頑張りましょう。 ギャンブルもダメ 勝てるかわからない ギャンブルはしない方が良い。 ギャンブルは余剰資金で楽しむものです。 どうしてもやりたいという方は、小遣いの余剰資金から「〇〇円まで!」と心に決めて、それ以上オーバーしないように注意してください。 僕も競馬競輪が大好きな口ですが、プロでない限りは負けるように出来ていますので手を出さない方が賢明です。 も書いていますが、節約したい人は止めましょうね!w 固定費をクレジットカード払いにする 電気代、水道代、ガス代、スマホ代、飲食代、消耗品代、通勤にかかるガソリン代など生活にかかる 固定費をなるべく クレジットカード払いにしています。 クレジットカードを使うメリットは、• 支払いを後払いに出来る• 財布入れるお金を最小限に出来る• ポイントが貯まる• ボーナス払いを使うことが出来る 以上のことが挙げられますが、着目すべき部分は ポイントが貯まるということです。 僕は固定費を全てで支払うようにしています。 楽天カードはポイントが貯まりやすく固定費を楽天カードで支払うと楽天ポイントを 年間数万ポイント貯めることも可能です。 キャンペーンを利用すれば最大4倍ポイントを上乗せすることが出来る点も魅力的。 楽天ポイントを貯めて楽天市場で商品をポイントで購入するサイクルは本当に便利です。 絶対かかる固定費を払うならポイントが付いた方が絶対に良いですよね。 年会費永年無料で新規入会で5000ポイントもらえる点もラッキー。 アプリで家計簿をつける 自分がどれだけお金を使ったか?を知るためには 家計簿をつけることが最も手っ取り早い。 家計簿帳をつけるのはハードルが高いので、 アプリで管理するのが簡単です。 最近の家計簿アプリはレシートを撮影すれば自動入力してくれる機能がありますが、僕は自分がいくら使ったを把握するために手入力にこだわっています。 「おカネレコ」というアプリが手入力では便利ですね。 金額とカテゴリーを入力するだけだし、アプリが軽いのも特徴の1つ。 こんばんは、競輪競馬が好きと言う事ですが「当たるんです」と言う競輪のサイトがあります。 経産省管轄と言う事が書いてあり安全と言う事が前面に出ています。 神頼み意外となるとやはり普通に働いて貯めるより他は無さそうです、あの故笹川氏、昔日中文化交流事業と言う国の政策の一環で中国へ行った際道院にてとある呪を伝授され事あるごとに唱えていたそうです、本当は年に1、2回で緊急の時以外は唱えてはいけないと言う事でした。

次の