お忙しいところ恐れ入りますが 言い換え。 「お忙しいところ」の正しい使い方|電話やメールで使える例文・類語表現

「お忙しいところ」のビジネスメールでの正しい使い方

お忙しいところ恐れ入りますが 言い換え

様々なやり取りを行うビジネスメール。 ビジネスメールのやり取りを行えば相手のビジネスレベルがわかる、とも言われており、相手への配慮をしつつわかりやすくコミュニケーションをとることは重要なポイントです。 最低限相手に失礼のないメールができるよう相手に配慮するメール文面を理解しておきましょう。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う場面とは相手にお願いするとき ビジネスメールで「お忙しいところ」というフレーズは、「相手に仕事や質問・問い合わせの回答を頼むなど、相手の負担になることをお願いするとき」に使います。 たとえば、添付した資料の確認を求めるときには、「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします。 」といいます。 ビジネスメールは相手に要求する内容が多いため「お忙しいところ」をよく使う 相手に商談の時間をとってもらいたいときには、「お忙しいところ申し訳ございませんが、打ち合わせの時間をとっていただきたく、お願い申し上げます。 」とします。 ビジネスメールの多くは、相手になんらかの要求をする内容です。 なので自然に、「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを多用することになるのです。 「お忙しいところ」のバリエーションを相手や場合によって使い分ける ここでは、ビジネスメールで使う「お忙しいところ」のバリエーションを紹介します。 【ビジネスメールの「お忙しいところ」のバリエーション】 「ご多忙中、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中のところ誠に恐縮ですが」 「ご多用中恐縮でございますが」 「ご多忙のところ大変恐縮ですが」 「ご多忙の折、お手数をおかけして恐縮ですが」 「ご多忙のところ、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中とは存じますが」 「お忙しい中、失礼いたします」 です。 丁寧なビジネスメールは「ご多忙のところ大変恐縮ですが」を使う これらのバリエーションの中から、メールの用件に合ったものを選んで使いましょう。 丁寧なのは、「ご多忙のところ大変恐縮ですが」というように、「ご多忙」「お忙しいところ」と「恐縮」という言葉をセットにすることです。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う締めくくりは「よろしくお願いいたします」にする ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは大抵、自分の都合で質問や問い合わせ、仕事などの頼み事をするときでしょう。 なので、そのようなビジネスメールを書くときには、用件を持ちだすときに「お忙しいところ」を使い、メールの締めくくりは「よろしくお願いいたします」と書きましょう。 ビジネスメールでは相手に指図しないのがマナー また、「お忙しいところ」を書いたとき、相手に「指図をしない」ようにしましょう。 たとえば「早めのお返事、お待ちしております」というような書き方は、忙しいとわかっている相手に「早く返信しろ」と指図しているのでNGです。 反対に、「このメールへの返信は必要ありません」という書き方も、相手の行動を制限していることになるのでしてはいけません。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは相手に合わせた書き方にする 以上が、ビジネスメールにおける相手に対しての「お忙しいところ」の使い方についてです。 「お忙しいところ」というフレーズは、ビジネスメールでは相手に対してよく使うので、使い方はきちんとおさえておきましょう。 バリエーションも覚えておくと、用件や相手に合わせた書き方ができます。

次の

お願いできますでしょうかは敬語?言い換えの言葉やビジネスメール例も

お忙しいところ恐れ入りますが 言い換え

「お忙しいところ恐縮ですが」の意味と使い方とは? 「お忙しいところ恐縮ですが」とはクッション言葉 「お忙しいところ恐縮ですが」は相手に何かお願いをしたいときに使われるクッション言葉です。 お願い事だけを相手に伝えるのは相手の都合を考えていないという横柄な印象を与えてしまう可能性があります。 しかし、「お忙しいところ恐縮ですが」というクッション言葉が入ることによって相手にへりくだる柔らかい印象を与えることができるのです。 「お忙しいところ恐縮ですが」は暇でも使える 「お忙しいところ恐縮ですが」をもっと分かりやすい言葉にすると「お忙しいのに申し訳ない」となります。 言葉の意味を考えると忙しい人に対して使う言葉なのかと考えてしまいますが、相手が忙しいか忙しくないかは関係なく、明らかに暇だと分かっている相手に対しても使うことができるのです。 「お忙しいところ恐縮ですが」はこちらがお願いをすることで相手に面倒をかけることから、謝罪の意味を込めて使います。 「お忙しいところ恐縮ですが」の言い換えと例文とは? 「お忙しいところ恐れ入りますが」の例文 ビジネス使いのポイントとは? 「お忙しいところ恐縮ですが」で感謝を伝えつつ内容は簡潔に 日本人ははっきりとは言葉にせず遠回しに伝えるのが良いとされる場面もあるのですが、ビジネスメールにおいては簡潔に内容を伝えることが良いとされています。 ポイントは、「件名で何の要件なのかが分かるようにすること」「内容は文章の頭に結論を持ってくること」です。 文章全体の柔らかさは文末に「お忙しいところ恐縮ですが」があれば十分です。 社内メールであっても命令はマナー違反 ビジネスメールでは依頼内容は簡潔に伝えるのが良いと説明しましたが、命令したり制限を設けるような書き方はマナー違反です。 いくら「お忙しいところ恐縮ですが」と一言添えたとしても相手に対して失礼なメールとなってしまいます。 例えば、一方的に期限を決めてしまうのは相手にだって都合がありますので、配慮が足りないといえますし、依頼についても「〇〇してください」ではなく「〇〇していただければ幸いです」といった表現を使うようにしましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」を電話で使う場合 メールで使う場合と同様で、「お忙しいところ恐縮ですが」は感謝や労いの意味で使います。 例えば、「お忙しいところ恐縮です。 私株式会社〇〇の山田と申しますが・・・」と話し初めに使ったり「お忙しいところお時間をいただき恐縮です。 それでは失礼いたします。 」と話の締めに使うこともできます。 「忙しい」という言葉は嫌がられることもある 「忙しい」という言葉は縁起の悪い言葉とされています。 「忙」という字は「心」を「亡くす」と書くため冠婚葬祭では使ってはいけない言葉となっていますが、ビジネスシーンでは、「忙しい」という言葉を使っても問題はありません。 しかし、ビジネスでは縁起担ぎをすることもありますので、人によっては良く思わないこともあるということを覚えておきましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」の類語 「お忙しいところ恐縮ですが」の類語は「お忙しいところ」と「恐縮ですが」に分けて説明していきます。 「お忙しいところ」の類語 ご多忙・ご多用 「ご多忙・ご多用」どちらも頭に尊敬を表している「ご」がついていることから目上の方が忙しくしているという意味になります。 「恐縮ですが」の類語 失礼ですが 「失礼」は「無礼な振舞いをする」という意味なので、これから相手に礼儀を欠くようなことを聞く相手に「失礼ですが」と前置きをします。 お手数ですが 「お手数ですが」は自分が依頼したことで相手に手間をとらせてしまうときに労いや感謝を表す言葉として使われます。 まとめ 「お忙しいところ恐縮ですが」は特にビジネスシーンでは定型文のようなものですが、これからは相手に感謝や労いの気持ちを込めて使うようにしましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」などのクッション言葉は上手に使うことで文章全体を感じの良いものに仕上げることができます。 これは人間関係を円滑にするためのテクニックであるともいえるのではないでしょうか。

次の

電話の言葉遣い一覧|ビジネスで間違いやすい正誤例30フレーズをチェック!

お忙しいところ恐れ入りますが 言い換え

ビジネスは、時間との勝負。 特に責任の重い人は、限られた時間の中で優先順位をつけながら仕事をこなしています。 そういう人にお願いごとをするときには、相手が忙しいことを認識していると伝えてからお願いすると、交渉がスムーズに進みます。 特に敬語の使い方が分からないと気にする人が多いようです。 また、先輩たちに「後輩のイラッとするところ」を聞くと、「言葉遣いがなっていない」という回答が上位となります。 敬語というと、高度な尊敬語や謙譲語の使い分けをイメージしますが、実際には決まり文句のような「クッション語」をうまく挟み込むことの方が、ビジネスにおける言葉遣いの印象をアップさせるには効果的なのです。 例えば、忙しい人に頼みごとをするとき、どのようなお願いの仕方をするでしょうか。 ビジネスに慣れない若手社員だと、担当直入に用件だけを話してしまいがちです。 A社営業担当「それでは今回のご結論は、来週の月曜日までにお願いします」 B社社長「(なんだよ急に。 こっちは忙しいんだよ・・・)ああ、なるべく結論を出すよ」 A社営業担当「よろしくお願いします」 こういうお願いの仕方では、翌週「社長、お約束の件ですが」と連絡を入れたとしても、「悪いけど忙しくて決めていないんだ」「なるべくとしか言ってないだろ?」という返事しかもらえません。 何が悪かったのでしょうか? 相手を思いやる一言で「バリア」を破る A社の営業担当さんは、相手が多忙であることを気遣う一言を入れなかったがために、B社社長の「自分は忙しくて時間がないのだ」という心理的な障壁を破ることができなかったのだと思われます。 責任が重い仕事をしている人は、常に優先順位を考えて行動しています。 したがって、より重要なもの、より成果に結びつきやすいもの、より儲かるもの、より心の動くものから手を着けようとしたがるわけです。 そういう人に対しては「あなたが忙しいことは十分承知している」ということをきちんと伝え、言いたいことを言ったうえで「あなたの中での優先順位を上げてくれませんか?」というシグナルを一緒に送ることが大切です。 A社営業担当「社長、ご多忙のところ恐縮ですが、今回の件は来週の月曜日をメドに結論をお願いできますでしょうか?」 B社社長「ああ、わかったよ。 今週いっぱいは予定が立て込んでいて忙しいんだけど・・・。 土日で検討して、なんとか月曜日の午前中には結論を出すことにするよ」 A社営業担当「ありがとうございます。 お忙しいところ恐れ入ります。 それでは来週月曜の午前中にご連絡を差し上げます。 よろしくお願いします」 なお、「来週の月曜日までに」を「月曜日をメドに」へと変えたことで、相手へのお願いが和らぎ、好感度をアップさせています。 相手を思いやるサインを出す一言があるかないかで、バリアを破れるかどうかが決まるのです。 いちど覚えれば、いろいろな形で使えますが、知らないと使えません。 ひとつの単語のように覚えて、お願いごとをするときに使ってみてください。

次の