小池百合子 宝塚。 【宝塚の画像】天風いぶき:結婚や本名は?プロフィールも

小池百合子はなぜカイロ大学?エジプト語やカイロアメリカン大学とは

小池百合子 宝塚

31日投開票の東京都知事選挙に立候補している元防衛相の小池百合子氏(64)が26日、都内で街頭演説を行い、自身を「厚化粧の大年増」などと批判した元東京都知事の石原慎太郎氏(83)の発言を笑顔で受け流した。 石原氏はこの日の昼、永田町の自民党本部で行われた、増田寛也候補(64)の各種団体総決起集会に出席。 小池氏について「大年増の厚化粧がいるんだな。 これを受け、夜に十条駅前で小池氏が行った街頭演説に応援弁士として参加した若狭勝衆院議員(59)は、壇上で「僕は非常に悲しい。 石原慎太郎さんが小池さんのことを『厚化粧の大年増』と言ったそうです」と落涙。 「増田候補を応援する集会において、政策などについていろいろ言うのはかまいません。 しかし、ここで言うのもはばかられるような言葉を言うのは許せない」と怒りをあらわにした。 続いて登壇した小池氏は「先ほど、若狭さんが男泣き…。 申し訳ないですよ、男を泣かせちゃったんだから」と冗談めかして笑顔。 「我々そういうの、慣れてるんですよ。 しょっちゅうなんですよ。 むちゃくちゃひどいこと言われるの」と余裕の表情で続けた。 さらに「私はだからこそ、今回は都知事に通って、女は聞き分けがいい、使い勝手がいいなんてことは絶対に思わせない!」と宣言。 「いつの間にか男同士の密室で会議が行われて、結論が出されて、日本が正しい方向に行っていたでしょうか?おっさんの論理でこれからも日本が突き進むのでありますか?日本はおっさんの論理でずっとやっていけば、必ず他の国にもどんどん追い越される」と、チクリとやり返した。

次の

天風いぶき 公式サイト|都議会議員候補|北区から東京大改革2.0を実現

小池百合子 宝塚

アメリカ式の教育が行われています。 創設者は北アメリカ連合長老派教会 キリスト教系の英語の大学。 世界50ヶ国もの国から集まった 留学生たちが学んでいます。 小池百合子はカイロ大学首席卒業? 1972年6月、カイロ大学の文学部社会学科に入学。 1976年10月、卒業。 小池さんの著書によれば 「カイロ大学を首席で卒業」と記されている 小池さんのカイロ大学(首席)卒業疑惑問題は 今回だけでなく、たびたび取り上げられているそうです。 ジャーナリストの山田敏弘さんが カイロ大学教授のアーデル・アミン・サーレさんに 取材したところ、 小池さんが、1976年10月に カイロ大学文学部社会学科を Goodの成績で卒業した記録が 残っているとのこと。 普通は7月卒業なので、 2か月遅れたのは 補習を受ける必要が あったのではないかとのこと。 カイロ大学は厳しく、4人に1人は留年するとのこと。 4年間で卒業するのは、すごいことだそう。 小池百合子は元アラビア語通訳!エジプト語とは 2020年6月3日、都議会で上田令子議員から 卒業証書を見せるよう、 また、 フスハー(カイロ大では必修科目) で話すよう求められました。 フスハーというのはアラビア語の文語 日本語で言うと敬語みたいな、きちんとした言葉。 エジプト語と言われるのは、 一般的にカイロで話される アラビア語の口語(アーンミーヤ)の方言 話し言葉です。 小池さんは大学卒業後、日本に戻り アラビア語の通訳として活躍しました。 PLOのアラファト議長やリビアのカダフィ大佐の会見でも、 コーディネーター兼インタビュアーを務めました。 通訳兼インタビュアーなどからはじまり、 その後フリーのキャスターになったそうです。 小池百合子はなぜカイロ大学?エジプト語やカイロアメリカン大学とは まとめ 正直言って、小池さんがカイロ大学を卒業していようが 卒業していなかろうが 都知事選に関して、どうでもいい気がするのですが。 少なくとも、アラファトやカダフィのインタビュアーを できるだけの、 アラビア語力があるのは事実ですし、 大学がカイロ大学だろうが、 カイロアメリカン大学だろうが、 卒業していようがいまいが、 そんなことより、都知事として、 都の運営ををうまくできるかどうかの方が ずっと重要だと思います。 個人的には、 そんなことを引っ張り出すこと事態 「ばかばかしい」と感じてしまいます。 では、最後まで読んでいただきありがとうございました!!.

次の

小池百合子

小池百合子 宝塚

東京都知事選(7月5日投開票)で、オンライン中心の選挙活動を行う現職の小池百合子氏(67)は23日、自身の公式フェイスブックで、東京都医師会の尾崎治夫会長との対談をライブ配信した。 小池氏は現職らしく、冒頭でこの日の新規感染者数を31人と生報告。 「新宿区のリーダーシップで、積極的に検査を受けていただいているが、そういった数字も重なっている。 ここにきて、フェーズも変わっている」と分析した。 新型コロナウイルス感染拡大の第2波にどう対応していくかなどをテーマに、約30分間、オンラインで話し合った。 小池氏は都内の病院を視察したと明かした上で「今、備えるべきは第2波。 備えはかなりできていると認識した」と話した。 尾崎氏は第2波に備える対策として「コロナ患者を専門に診るような病院を作っていただきたい」などと指摘。 小池氏は「いくつか候補もあります。 今、調査しているところです。 専門病院を都として確立していきたい」と、前向きな姿勢を見せた。 【近藤由美子】 18日に告示された東京都知事選の立候補者22人は以下の通り。 れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、現職の小池百合子氏(67)、幸福実現党広報本部長の七海ひろこ氏(35)、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、政治団体代表の桜井誠氏(48)、介護職員の込山洋氏(46)、元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)、先物トレーダーの竹本秀之氏(64)、歌手の西本誠氏(33)、会社社長の関口安弘氏(68)、NPO法人代表の押越清悦氏(61)、音楽家の服部修氏(46=NHKから国民を守る党推薦)、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏(52=N国推薦)、マネジメント業の斉藤健一郎氏(39=N推)、自営業の後藤輝樹氏(37)、作家の沢紫臣氏(44)、イベントプロデューサーの市川浩司氏(58)、フリージャーナリストの石井均氏(55)、薬剤師の長沢育弘氏(34)、元会社員の牛尾和恵氏(33)政治団体代表の平塚正幸氏(38)、元派遣社員の内藤久遠氏(63)。

次の