府中 伊勢丹 跡地。 府中基地跡地留保地活用基本方針 東京都府中市ホームページ

旧伊勢丹府中店入居ビルを活用、ノジマが「府中駅南口ショッピングセンター」を来春開業

府中 伊勢丹 跡地

巨大な廃墟「米軍府中基地跡地」はどんな所? 元々は旧日本陸軍の燃料廠(ねんりょうしょう)だった場所が、終戦後に米軍に接収されて米軍基地として利用されていました。 私が幼少の頃は、まだ返還前だったので近所には米軍人の住居もあり、アメリカ人の家族も時々見かけました。 近所の友人はアメリカ人の子供とケンカして、木の棒で殴られた事もあり「おそろしやアメリカ人…」なんて話もしてました(笑) そう言えば、歌手の布施明さん、近くに住んでいらっしゃいました。 東京ドーム3.2個分(14.9ha)と言われてもピンときませんが、結構な広さです。 有明テニスの森公園が16.4haなので、同じくらいの広さと言う事なんですね。 この留保地、廃墟となっていた米軍人用のアパートなどがあったのですが、2016年にほとんど解体されてしまいました。 その後、しばらく見に行ってなかったので、現在の様子を散歩がてら見てきました。 スポンサーリンク. 府中米軍基地跡地の現在の様子 浅間町交差点から「反時計回り」に一周しながら写真を撮ってきました。 小金井街道の浅間町交差点近くから(地図のA地点) 現在も現役の米軍の通信塔の下に北向きにそびえるパラボラアンテナの頭が見えます。 小金井街道沿いのフェンスは新しいものになっていました。 ん? 小金井街道脇の歩道がセットバック(道路拡大の為の敷地縮小)されてる…。 これは、いよいよ留保地の再利用計画が本格的になった…、と言う事なのでしょうね。 しかし、小金井街道沿いからフェンス越しに見る留保地は、原生林のごとく樹々がうっそうとしています。 タヌキも住んでるらしいですが、私は見た事がありませんよ(笑) コジュケイ(小綬鶏:キジの仲間)は昔からいますけどね。 古い「国有地」の立て看板 手前には新しい看板も立ってました うっすらと見える敷地内の道路 「府中の森公園」の交差点、ここから北側が留保地です。 東西に延びる「美術館通り」で留保地と府中の森公園、航空自衛隊が分断されています。 美術館通りを「生涯学習センター」方面に左折していくと、すぐに僅かに残された米軍の廃墟が見えてきます。 大きなダクトの付いた建物 厨房か何かでしょうか 大きな扉のある廃墟 研究施設なのかな? 建物を見上げると、屋上の方までツタが伸びていました。 近くに住む住人としては見慣れた風景ですが、確かに老朽化していて今にも倒壊しそうですね。 府中市生涯学習センターの隣にある「平和の森公園」の入り口付近にこんな看板が… 時々「平和の森公園テニスコート」を利用してますが、気が付きませんでした。 公園に入って奥まで行くと… 少し開けた場所から廃墟を見る事が出来ます。 大多数の軍人用アパートが解体されたのに、この一角だけ残っています。 居住用とは思えない外観なので、解体されなかった理由が気になります…(危険物が残っていたとか?) この「平和の森公園」の奥には、金網を補修した跡が2、3か所… 中に入ってみたい気持ちは分かりますが、こりゃ犯罪ですね。 生涯学習センターの脇道 ここを通ってテニスコートに向かいますが、正面にパラボラアンテナが見えていたとは… 久々の一眼レフ… パラボラアンテナの背面がチラっと見えます。 生涯学習センターの東側に沿って、現在も稼働中の米軍通信施設への通路があり、厳重に封鎖されていました。 ここからフェンスに沿って散策して行きますが、住宅街に入りますので騒音は厳禁ですね。 小さな公園で見つけた「草木に埋もれたベンチ」 パラボラアンテナの真横から 居住用の建物が解体されてから4年 基礎のコンクリも草に覆われてきてました。 昔はここからパラボラアンテナは見えなかったと思いますが、建物が無くなって見える様になっています。 この近くに住むお婆さんとお話しさせて頂きましたが 「解体前は老朽化が激しくてねぇ、いつ倒れてもおかしくない状態で、やっと安心できるし、清々するわ~」と仰ってました。 昔と違って、パラボラアンテナは建物で遮られて見えにくくなっていましたが、ハッキリと今も存在します。 近くで見ると圧倒的な大きさに驚かされます。 茶色く見えるのは、老朽化でサビが出ているからなのでしょうね。 それにしてもデカい… 直径は14mあるそうです ちなみに、この辺りは住人とのトラブルも多い様ですので、知り合いでもいなければ都営住宅の敷地内に入るのは止めた方が良いですよ。 パラボラアンテナの正面から 隣のマイクロウェーブ通信用鉄塔は現役で、未だ米軍所有の敷地内ですが、パラボラアンテナは留保地内に位置しています。 従って、留保地の利用計画が進めば、このパラボラアンテナは解体される事になります。 自分にとっては、幼少のころから夕焼けに染まりそびえ立つパラボラアンテナを見ながら育ったので、少し寂しい気もします。 一市民として期待してた用途 いよいよ本格的に動き出しそうな留保地の利用計画ですが、府中市に在住する私としては、人の集まる豊かな市にもなって欲しいとも思うのです。 衰退する府中市 はっきり言って、府中市は落ち目です。 府中駅前にある「伊勢丹」の撤退 「トイザらス」の撤退(予定) 「くるる」も怪しい 以前は都内でも裕福な市でしたが、唯一の百貨店(伊勢丹)撤退で衰退が加速している様に思います。 京王相模原線と分岐する調布は、駅前のパルコが全国の中でもトップクラスの売り上げを上げているのと対照的です。 味の素スタジアムも調布市ですしね… 府中市では「スポーツの街、府中」として、留保地の利用計画を立てている様ですが、中途半端な施設では赤字を垂れ流すだけのモニュメントになってしまいます。 府中市はラグビーの街なの? 現在の府中市は「ラグビーの街」として売りだしています。 いったい誰がいつ決めたのか… 確かに東芝府中のラグビー部は強いですし、その事自体は市民としても嬉しいです。 ですが、市民の多くはラグビーをしませんし、観る機会もあまりありません。 だから「ラグビーの街」と言われても、他人事と思っている市民も少なくありません。 府中市はテニスの街である 私がテニスをしているからと言うのもありますが、府中市はテニスをする人にとっては素晴らしい環境の街です。 近隣の市が、4~5か所程度しかテニスコートが無いのに対し、府中市は4倍の16か所もあります。 面数で言えば、45面もテニスコートがあるのです。 隣接する市の都営のテニスコート(小金井公園、野川公園)も利用できるので、合わせると69面… それに、地域在住者に優先的にコートの割り当てがある為、大勢の市民がテニスを楽しんでいるのです。 一緒にテニスをするメンバーには、90歳を超える人もいますし、「テニスをする為に府中市に引っ越してきました」とか「テニスに没頭して離婚しました」とか、よく聞く話ですよ(笑) 昔の市議会議員がテニス愛好家だった為にテニスコートを沢山作ったとも聞きましたが、真偽は定かではありません。 それだけ多くの人がテニスをしているので、府中市は「テニスの街」だと個人的には思っているのです。 留保地と有明テニスの森を比較 テニスの国際大会も可能な多目的スポーツ施設 そんなのが出来たらいいなぁ~ と密に思っていました。 大きさ(面積)的には、有明テニスの森とほぼ同等の広さがあり、府中の森テニスコートを使えば立派な大会も開催可能です。 2018年に楽天ジャパンオープンが、調布の「武蔵野の森総合スポーツプラザ」で開催されましたが、完全に調布市に負けてるな~と感じた訳です(笑) 「府中の森テニスコロシアム」でも作って、他府県からも大勢の人を呼び込めたら、府中市の復権も叶うのでは…、と考えるのは少数派なんでしょうけどね。 2020年3月に提出された利用計画 そんな矢先、留保地の利用計画が2020年3月26日に国へ提出されたそうです。 より具体的な提案書では「リビングフィールド府中の森」と言うのが、採択されている様です。 採択と言っても、今後の参考にする程度だそうですが、その概要は… 多摩川沿いにある「私立総合体育館」の移設… これまた素朴と言うか控え目と言うか、パっとしませんね… これでは、市外からの集客はできませんし、室内競技を行うごく一部の人しかメリットありません。 市内に住んで50年以上、総合体育館は一度も使った事がありません(笑) 隣に府中の森公園もあるし、生涯学習センターに立派な体育館やプールもありますので、もう少し集客にも考慮した施設を考えて欲しいものです。

次の

東京・府中市出資の会社、三越伊勢丹を賃料めぐり提訴(日経)

府中 伊勢丹 跡地

相模大野の伊勢丹相模原店が今月末で閉館。 伊勢丹のT(ティー)に最後の 記念撮影。 百貨店世代の人口も急激に減少 しているのだろうか? 商売が長続きしない時代に入ったと 感じている。 最終日の 閉店時には 開店前から約1500人もの客が行列を作り 「街の顔がなくなってしまう」と 伊勢丹との別れを惜しみました。 閉店後の跡地が何になるのか 近隣住民の最大限気になるところです。 伊勢丹相模原店の閉鎖理由は? 伊勢丹 相模原店は 売上が減少しました。 1990年に開店した当初の売り上げは順調に伸び 1996年には 「377億円」に達し その後は赤字に転落しています。 2017年には、「 195億円」にまで落ち込んでいました。 伊勢丹相模原店・閉店後の跡地はどうなる? 伊勢丹相模原店の跡地、解体なら上空空間にモノレールでも通せんかな。 県道52号に抜ける文京、若松の一帯の上空権が問題になるかもだけど、それ以外は国、県、市いずれかの施設と県道上空を通せば相模大野駅と北里大学病院が軌道系交通機関で結べるから、界隈の渋滞をなんぼか解消できないかなと。 — AlTarf AlTarf ・伊勢丹相模原店の跡地、 解体なら上空空間にモノレールでも通せんかな。 県道52号に抜ける文京、 若松の一帯の上空権が問題になるかもだけど、 それ以外は国、県、市いずれかの施設と県道上空を通せば 相模大野駅と北里大学病院が軌道系交通機関で結べるから、 界隈の渋滞をなんぼか解消できないかなと。 ーーーーーー 近隣住民が待ち望む 安らぎの場や 交流の場となる 複合施設ができることを切に望みます。

次の

閉館が決まっている伊勢丹府中店に行ってきた

府中 伊勢丹 跡地

伊勢丹府中店の閉店はいつ? 「最後の大北海道展」伊勢丹府中店スタート! — MinkOgawa minkogawa 伊勢丹 府中店は、1996年4月に多摩地区最大の百貨店として京王線府中駅にオープンしました。 その多大な経済効果と地元の活性化に大きく影響を及ぼしていただけに、今回の閉鎖に対して府中市や地元住民らから多くの悲しみの声が。 また、伊勢丹 府中店の閉店は 「2019年9月30日 月 」 となっています。 やはり、洋服やレストラン、催事などでしか集客ができない百貨店はというビジネスモデルは、すでに時代遅れ。 都心では、訪日客がいるのである程度は繁盛していますが、地方店ではそれもないのでもろにダメージ受けて経営難になっており、特に三越伊勢丹ホールディングスは次々と郊外のお店を閉店してますね。 スポンサーリンク 伊勢丹府中店の閉店後の跡地は何が建つ? また、伊勢丹府中店の閉店後の跡地がどうなるか気になるところです。 現時点では、跡地がどうなるかは 「未定」です。 昨年末に行われた府中市議会の話によると、 ショッピングモールなどを手掛ける商業デベロッパーの㈱フォルマと三越伊勢丹ホールディングスの間で契約が成立しており、協議の最中とのことでした。 また㈱フォルマと三越伊勢丹HDの協議では、 「新たな商業施設を誘致することを目指しているが、現段階ではまだわからない」 といった感じです。 ただ、この協議からすでに半年以上も経っているのでかなり進んでいるのではないかと個人で気には思います。 また、過去に閉鎖された例として伊勢丹相模原のA館・B館 2016年閉鎖 や伊勢丹松戸店 2018年閉鎖 などの跡地には、• A館:高層マンション 地上15建て 136戸• B館:雑居ビル 建物自体はそのまま利用 &駐車場• 伊勢丹松戸店:商業施設 となっており、マンションや商業施設、雑居ビルといろいろな使い方をしています。 伊勢丹府中店の閉店後の閉鎖・撤退理由は売上減少? 伊勢丹 相模原店の閉店の理由は、ズバリ 「経営の悪化=売上減少」です。 1996年4月に開店した伊勢丹 府中店ですが、初年度 に売上が 「261億円」まで達しましたがここがピークで、その後は赤字が恒常化。 そして2018年3月期には、売上がピーク時の半分くらいで 「148億円」まで落ち込んでいました。 また、三越伊勢丹HD ホールディングス は、2018年に不採算店の閉鎖などのリストラの一環として• 伊勢丹 相模原店• 伊勢丹 府中店• 新潟三越 の3店舗の閉鎖を決めています。 都心の店舗は、訪日外国人の影響で景気は悪くないのですが、地方店は他の大型店に負けてしまっており百貨店業界にも都心店と地方店の2極化が進み、上記3店の売上はピーク時の半分まで減少。 また、昨年や一昨年にも同様に地方の店舗を閉鎖しています。 2017年3月:三越千葉店• 2017年3月:三越多摩センター店• 2018年3月:伊勢丹松戸店 ちょっと前までは、伊勢丹や三越などの大型百貨店が閉鎖するなんて考えられませんでしが、都心と地方の2極化が進んで時代の流れには勝てませんね・・・ 伊勢丹府中店の閉店後の跡地は何が建つ?閉鎖・撤退理由は売上減少?のまとめ 今回は、伊勢丹府中店の閉店後の跡地は何が建つ?閉鎖・撤退理由は売上減少?について書いてきました。 現時点では、伊勢丹府中店の跡地に何が建つかは「未定」です。 ショッピングモールなどを手掛ける商業デベロッパーの㈱フォルマと三越伊勢丹ホールディングスの協議では、 「新たに商業施設を作る」 との話も出ていますが、今のところ確定してはいません。 ネットなどでは、商業施設を希望しているコメントなどが多く見られますね。

次の