ドコモメール設定。 受信できないメールがある

【iPhone】ドコモメールにフォルダ振り分けルールを設定する、プッシュ受信を設定する方法

ドコモメール設定

ここからはドコモnetメールサービスの詳しいサービス内容を解説していきます。 ドコモnetメールサービスの基本機能 まずは、ドコモnetメールサービスの基本機能や便利な機能を確認していきましょう。 メールの基本機能 ドコモnetメールサービスには、6つの基本機能があります。 「 docomonet. jp」のメールアドレスを付与 1回線につき、ドメイン「 docomonet. jp」のメールアドレスが1つ付与されます。 メールBOX容量は10GB 1つのメールアドレスにつき、メールBOXに10GBのデータが保存できます。 メール1通の最大受信サイズは100MB メール1通につき最大100MBのデータが受信できます。 1通のメールで送信できるデータ量は最大10MBとなっています。 メール保存期間は無制限 ドコモnetを解約しないかぎり、「 docomonet. jp」のメールアドレスで送受信したメールデータの保存期間は無制限です。 メール受信方式はPOPとIMAPどちらも利用が可能 ドコモnetメールサービスは、POP、IMAPと2つのメール受信方式に対応しています。 端末にメールがダウンロードされるとメールサーバのデータは削除されるため、基本的に他の端末からメールの送受信はできません。 POPとちがい端末にデータが保存されないため、他のパソコンやスマートフォンからでもメールの送受信がます。 それぞれの特徴を理解したうえで、自分のメール利用にあった受信方式を選びましょう。 メールソフトとWebメールが両方使える ドコモnetメールサービスは、Windows10標準メールアプリやOutlookなどのメールソフトとWebメールの両方で利用できます。 ドコモnetメールサービスのあんしん・便利な機能 ドコモnetメールサービスは、無料で使えるセキュリティサービスが充実しています。 メールウイルスチェック メールウイルスチェックとは、メールを送受信するときに自動でウイルスを検知・駆除するサービスのことです。 どんな動作でウイルスを検知・駆除するのか詳しく見ていきましょう。 受信メールの本文にウイルスが検知された場合 受信トレイにメールが届く前にドコモnetのウイルス検知・駆除サーバーがチェックします。 ウイルス検知・駆除サーバーがメール本文のウイルス感染を検知した場合、メール本文を削除して、受信トレイにウイルス検知メールが届きます。 受信メールの添付ファイルにウイルスが検知された場合 受信トレイに届く前にドコモnetのウイルス検知・駆除サーバーがチェックします。 ウイルス検知・駆除サーバーがメールの添付ファイルのウイルス感染を検知した場合、添付ファイルのみ削除します。 受信トレイにはウイルス検知メールと添付ファイルが削除されたメール本文が届きます。 送信メールでウイルスが検知された場合 こちらから送信するメールも相手に届く前にウイルス検知・駆除サーバーがチェックします。 ウイルス検知・駆除サーバーが、送信メールの本文または添付ファイルのウイルス感染を検知した場合、相手にメールは届きません。 送信側のメールソフトにエラーメッセージが表示させて、送信メールのウイルス感染を知らせてくれます。 迷惑メール自動判定 docomonet. jpに受信されるすべてのメールに対して、迷惑メールの自動判定を行います。 判定の結果、迷惑メールの可能性が高いメールに対して次の情報が表示されます。 ヘッダ情報とは、受信メールの「送信元」「メールの送信経路」「送信日時」「送信元が使用したメールソフト」などの送信元の詳細情報を記録したものです。 メールソフトにより表示されるヘッダ情報の項目は異なります。 ヘッダ情報を確認する方法はメールソフトにより異なります。 使っているメールソフトのヘルプを見て確認しましょう。 件名 メールの件名の先頭に[meiwaku]と表示されます。 モバイル自動同期は終了 パソコンのメールをモバイル端末で確認できる「モバイル自動同期」は2018年3月27日(火)で提供終了となりました。 スマートフォンやタブレットなどモバイル端末からメールを使いたい人は、メールの受信方式を複数の端末でメールの送受信がるIMAPにするとよいでしょう。 メールには設定が必要 機能に続いて、メール設定の一連の流れ、設定方法を一緒に確認していきましょう。 ドコモnet接続情報を確認する メール設定を行うには接続情報が必要です。 接続情報は、ドコモnetマイページから確認できます。 確認方法 1. パソコン、スマートフォンからドコモnetマイページにアクセス。 出典: 3. 画面が切り替わったら、dアカウントまたはネットワーク暗証番号を入力して「ログイン」をクリック。 インターネットまたはWi-Fiからの接続:dアカウントを入力• インターネット接続やメール設定に必要な情報が表示されます。 以下の情報をメモしておきましょう。 設定方法• 有線もしくは無線LANでパソコンとルーターを接続。 168. 詳細はルーターの取扱ご説明書を確認しましょう。 「機器設定用パスワードの初期設定」画面が表示されたら、半角英数字32文字以内で任意のパスワードを入力して「設定」をクリック。 「Windowsセキュリティ」の画面が表示されたら、以下の情報を入力して「OK」をクリック。 詳細はルーターの取扱ご説明書を確認しましょう。 「認証設定ウィザード」画面が表示されたら以下の情報を入力して「設定」をクリック。 ルーター前面のPPPランプなど点灯したら設定完了です。 メールアドレス・パスワードを変更する インターネット接続設定が完了したら、初期メールアドレスとパスワードを変更します。 変更方法 1. ドコモnetマイページにログイン。 「ドコモnetメールアドレス・パスワード変更」画面を開き、「メールアドレス変更」をクリック。 「お申込み内容」画面に切り替わったら、以下を入力して「次へ」をクリック。 入力する情報 ・希望メールアドレス:任意の文字(半角英数字、記号) ・メールパスワード:任意のパスワード ・メールパスワード(再入力):上で入力したパスワードを再度入力 4. 「お申込み内容」確認画面が表示されたら、変更したメールアドレスを確認のうえ、「上記内容を確認しました」にチェックを入れて「申し込む」をクリックすれば変更完了です。 メール設定を行う メールアドレスを変更したらメール設定を行います。 メール設定のやり方は利用するメールソフトやバージョンにより異なります。 ここではWindows10標準メールアプリの設定方法を解説します。 設定方法 1. スタートボタンをクリックして、スタートメニューの「予定と近況」に表示される「メール」アプリのタイルをクリック。 「アカウント画面」が表示されたら、「アカウントの追加」をクリックします。 出典:(IMAP) 初めてメールアプリを起動すると「ようこそ」と表示されます。 その場合「使ってみる」をクリックしましょう。 「アカウントの追加」画面が表示されたら、一番下にある「詳細設定」をクリック。 出典: 4. 「詳細設定」が表示されたら、「インターネットメール」をクリック。 出典: 5.「インターネット メール アカウント」画面が表示されたら、以下の情報を入力して「サインイン」をクリック。 入力する情報 ・メールアドレス:「メールアドレス・パスワードを変更する」の手順3で変更したメールアドレス(XXX@docomonet. jp) ・ユーザー名:メールアドレスと同じ ・パスワード:「メールアドレス・パスワードを変更する」の手順3で変更したパスワード ・アカウント名:任意の名前 ・この名前を使用してメッセージを送信:任意の名前 ・受信メールサーバ:POP「pop. ocn. jp」、IMAP「imap. ocn. jp」 ・アカウントの種類:POP「POP3」、IMAP「IMAP4」 ・メールの送信(SMTP)サーバー:「smtp. ocn. jp」 ・チェック欄:すべてチェック 出典: 6. 完了のメッセージが表示されて、「完了」をクリックすれば作業終了です。 出典: ドコモnetの場合、メールアドレスは引き継ぎできない 最近は、多くのプロバイダが毎月200~300円程度の利用料を支払えば、解約後もメールアドレスをそのまま利用できます。 しかし、 ドコモnetでは解約後にメールアドレスを引き継ぐサービスが提供されていません。 光回線は、ドコモ光のままでプロバイダをドコモnetからOCNやBIGLOBEなどに乗り換えると、@docomonet. jpのメールアドレスは利用できなくなります。 それにともない、メールボックスに保存されたメールがすべて削除されてしまいます。 ドコモnetから他のプロバイダに変更するときは、解約前に大事なメールはバックアップを取るようにしましょう。 【関連記事】 まとめ ドコモnetメールサービスが提供する機能、メール設定の一連の流れは理解できましたか。 利用できるメールアドレスサービスの機能は、他のプロバイダとほぼ同じです。 そのなかでも「メールウイルスチェック」「迷惑メール自動判定」といったセキュリティ機能がオプションではなく、月額料金内かつ特別な設定なしに利用できる点がメリットといえます。 しかし、ドコモnetメールサービスを解約して他のプロバイダに乗り換えると、@docomonet. jpが引き続き利用できないので注意が必要です。 ドコモ光への乗り換えを検討していて、プロバイダにドコモnetの利用を考えている人は参考にしてくださいね!.

次の

Gmailでもドコモメールが使えるって知ってた?|@DIME アットダイム

ドコモメール設定

iPhoneでドコモメールを使う設定 Last update 2019-07-23 21:50:35 iPhoneでは設定はお店では行ってくれないので、自分でやらなければならなりません。 ドコモのメールも、その一つ。 今回はドコモメールをiPhoneで送受信する設定を紹介します。 なお、もう設定が済んでいる。 という人は、やなども参考にしてください。 Sponsored Link 目次• ドコモのメールをiPhoneで使う設定 iPhoneには、青色のアイコンの 「メール」と、緑色のアイコンの 「メッセージ」の2つのメール用のアプリがインストールされています。 ドコモでは、ドコモメールは メールで。 電話番号で送ることが出来るショートメール SMS)は、 メッセージで送受信します。 Wi-Fiをオフにする ここからの設定は、Wi-Fiがオンになっていると出来ません。 なので、まずはWi-Fiがオンか、オフか確認します。 まずはコントロールパネルを表示させ、Wi-Fiをオフにします。 iPhone Xシリーズは画面の右上を指で下になぞるとコントロールパネルを表示させることが出来ます。 コントロールパネルの左上の上から2番目の Wi-Fiのボタンが 青い丸(画像参照)になっている場合は、タップして 白色にします。 このようにWi-Fiのボタンが白色になっていれば、Wi-Fiはオフになっています。 プロファイルのダウンロード まずは、「」のページを開きます。 「設定 メール等 」という部分をタップします。 dアカウントでログインします。 「iPhone初期設定」のボタンをタップします。 このような表示が出たときはWi-Fiがオンになっています。 Wi-Fiをオフにしてください。 ドコモのメールアドレスが表示されるので、「次へ」をタップします。 プロファイルのダウンロードを許可するか聞いてくるので、「許可」をタップします。 プロファイルがダウンロードされました。 「閉じる」をタップします。 iOS12以降 設定を開くと、「プロファイルがダウンロードされました」というボタンが表示されるので、ここをタップします。 右上の「インストール」をタップします。 パスコードを入力します。 警告が表示されますが、かまわず「インストール」をタップします。 今度は画面下の「インストール」をタップします。 これでプロファイルのインストールが完了しました。 「完了」をタップして閉じます。 ショートカットが大量に加わる プロファイルをインストールすると、ドコモが提供するアプリやサービスへのショートカットアイコンが大量にホーム画面に加わってしまいます。 これらのアイコンは削除してしまってかまいません。 アイコンを長タップするとアイコン自体がぶるぶる震えだすので、バツ印をタップします。 めんどくさいですが、一個一個削除してください。 もちろん必要なアプリは残しておいてかまいません。 iOS11以前の場合 古いiOSを使っている人は以下の手順になります。 プロファイルをインストールという画面になるので、右上の「インストール」をタップします。 iPhoneのパスコードを入力します。 参照: 警告の画面が表示されますが、もう一度右上の「インストール」をタップします。 今度は画面の下に「インストール」というボタンが表示されるので、ここをタップします。 ドコモメールを送信した時に、 相手に表示される名前を入力します。 上で設定した名前が、相手に表示されます。 ただし、相手が連絡帳に違う名前で登録していた場合、連絡帳に登録してある名前のほうが優先されるっぽい。 例えば、友達が「鈴木太郎」ではなくて、「すずりん」で登録していたら、「すずりん」で表示されるようです。 右上の「完了」をタップします。 これで完了です。 ドコモメールの使い方 ドコモのメールは、この 「メール」というアプリで受信します。 タップして立ち上げます。 プロファイルをインストールすると、「メールボックス」に「ドコモメール」というボックスが作成されます。 ドコモメール宛へのメールは、ここに保存されます。 下にスクロールすると、「ドコモメール」という項目に様々なメールボックスがあります。 ここは、「送信済み」や「迷惑メール」、そして、作成したフォルダにメールを振り分けたりした場合に、ここで見ることが出来ます。 初期状態でこのようなフォルダになっています。 「sent」は「送信済み」。 「trash」は「ゴミ箱」になります。 新しくフォルダを作成する 新しくフォルダ(ボックス)を作成するには、右下の「新規メールボックス」をタップします。 フォルダの名前を入力し、右上の「保存」をタップします。 「会社」というフォルダが新たに作成されました。 メールを振り分ける メールを振り分けるには、「メールボックス」にある振り分けたいメールを、右から左へ指でスワイプすると、「その他」「フラグ」「ゴミ箱」とい雨簿たんが表示されるので、「その他」をタップします。 「メッセージを移動」をタップします。 転送や返信もここで選択できます。 移動させたいフォルダをタップすると、そのフォルダにメールが移動されます。 メールが来た時に通知する メールが来た時の通知方法の変更方法を紹介します。 「設定」を開き、「通知」をタップします。 「メール」を探し、タップします。 「ドコモメール」を探し、タップします。 通知方法を設定できます。 「ロック画面に表示」をオフにすると、画面が消えている時には、表示しません。 その下の「ロックされていない時の通知スタイル」は、iPhoneを使っている時にメールが来た場合、どのように表示させるか、になります。 例えば「ロック画面に表示」をオンにすると、このように画面が消えているときは、画面が点灯し、知らせてくれます。 次回、ホームボタンを押した時もこのような表示が出るので、メールが来たことがすぐにわかります。 逆に誰にも見らられたくない。 なんてときは、オフにしておけばいいわけです。 iPhoneを使っている時の通知で、「バナー」を選択すると、このように画面の上の方に一瞬表示され、数秒すると消えるスタイルになります。 この画面上部に表示されたバナーをタップすると、すぐにメールを表示させることが出来ます。 ダイアログを選択していると、このように画面中央にメールの通知が表示されます。 こちらは自動では消えてくれないので、大事なメールを受信する機会が多い人は、ダイアログのほうがいいかもしれません。 通知センターに表示をオンにしていると、を開くと、未読のメールが表示されます。 メールを作成・送信 メールを作成するには、画面右下の丸で囲まれた部分をタップします。 このように写真を添付することが出来ます。 手動で設定する方法 ドコモメールはiPadやiPod touchやau、ソフトバンクのiPhoneでも送受信することができます。 やり方は以下。 設定を開き、「アカウントとパスワード」をタップします。 「アカウントを追加」をタップします。 一番下の「その他」をタップします。 メールアカウントを追加をタップします。 なお、dアカウントのパスワードは、My docomoにログインするときのパスワードです。 * パスワードが正しいとこの画面になります。 「保存」をタップします。 「アカウント」にドコモのメールが加わりました。 左上に「Softbank」と表示されているように、ソフトバンクのiPhoneでもこのやり方で登録すればドコモメールを受信することができます。 ちゃんとiPadやSoftBankのiPhoneでもドコモメールが受信できるようになりました。 もちろん送信も可能です。 プッシュ通知 手動で設定したドコモメールでも、プッシュ通知が出来るようです。 プッシュ通知とは、届いたらリアルタイムに知らせてくれる機能のことです。 ユーザー名かパスワードが違いますと表示された このように「メールが取得できません」「ユーザ名またはパスワードが間違っています」と表示された場合は、メールアドレスとパスワードが間違っていないか確認してください。 * なお、メールアドレスもパスワードも間違っていないのにこのようにエラーが出る場合は、dアカウントがロックされている可能性があります。 この場合は、dアカウント管理にログインしてロックを解除してみてください。 関連ページ• 最終更新日 2019-07-23 21:50:35 Sponsord Link.

次の

Windows10の標準メールアプリでdocomoメールを設定する方法

ドコモメール設定

iPhoneでドコモメール(docomo. jp)のメッセージ振り分けルール設定、振り分けしたフォルダに届いたメールをプッシュ受信する設定方法です。 送信・受信とも振り分けに対応しています。 ドコモ産のAndroidスマホだとドコモメールアプリからサクッと設定できるドコモメール(docomo. jp)の振り分け設定。 が、iPhoneにはドコモメールアプリが対応していないのでメールの振り分け、プッシュ受信設定がちょっと面倒です。 送受信とも「振り分け」できるし「プッシュ通知」にも対応してる ただ 設定すればちゃんと送受信ともルールに沿った振り分けができます。 また、振り分け設定を行った受信メールは初期状態だとプッシュ受信できませんが、こちらも設定することでちゃんとプッシュ受信できるようになります。 最初の設定だけiPhoneとドコモのサーバーどちらにも設定を行う必要があり、手順が少々複雑ですが、設定さえしてしまえば、あとはそのまま使うだけです。 ということでiPhoneでドコモメール(docomo. jp)のメール振り分け設定(送受信に対応)、プッシュ受信設定を行う方法を紹介します。 [関連記事] ・ ・ 【iPhone】ドコモメール(docomo. jp)のメール振り分け設定、プッシュ受信設定方法 ブラウザでドコモメールにログイン iPhoneからでもPCからでもOK。 でもPCからの方がオススメ。 PCのブラウザでもiPhoneのSafariなどスマホのブラウザでもログインできます。 ただ、 ドコモメールの画面はスマホ対応していません。。 なので、PCブラウザで自分のdocomo IDとパスワードでログインすることをオススメします。 ちなみにiPhoneのSafariからログインする場合は『dアカウント設定アプリ』でのログインに対応しているのでログイン自体はラクチンです。 ログイン後にPCサイズの画面が開くので見づらいですが。。 関連記事: メール振り分け設定を行う 振り分け用のフォルダを作成 画面上部のフォルダのアイコンをクリックします。 表示されるメニューの「フォルダ作成」をクリックします。 受信メール用フォルダは「受信メール」 送信メール用フォルダは「その他のメール」 にチェックを入れて、任意のフォルダ名を作成します。 (今回は受信メールフォルダを作ってみました。 受信メール用ルールは「振り分けルール 受信メール 」 送信メール用ルールは「振り分けルール 送信メール 」 のタブを選択し、「新規ルール」をクリックします。 メールの移動先フォルダと振り分けルールを設定します。 フォルダと条件を入力したら「更新」をクリックします。 これでフォルダとルールの作成は完了です。 【受信メール】iPhoneでプッシュ通知の設定を行う フォルダとルールの作成は完了しました。 ただ、この状態だと 振り分けたフォルダに届いたメールはプッシュ通知されません。 不要なメールを振り分けたのであればやらなくても問題ない設定です。 作成したフォルダにプッシュ通知を設定 iPhoneの設定を開きます。 下にある「データの取得方法」をタップします。 自分が登録しているドコモメールのアカウントをタップします。 プッシュ通知させるフォルダをここで選択します。 振り分けルールが適用される条件のメールを送信して、振り分けたフォルダに届いたメールがプッシュ通知されるかを確認しときましょー。 【送信メール】メールアプリのトップに入れておくと便利 これは好みの問題ですが、振り分けルールを作成したフォルダをメールアプリのトップに配置しておくとさらに便利になります。 見逃せないメールなどを振り分けた場合はココに配置しておいてワンタップで確認できるようにしておくことをオススメします。 不要なメールを振り分けたのであればやらなくても問題ない設定です。 iPhoneのメールアプリを開きます。 右上の「編集」をタップします。 ズラズラとフォルダやアーカイブが表示されます。 一番下の「メールボックスを追加」をタップします。 自分が登録しているドコモメールのアカウントをタップします。 今回作成した振り分けフォルダにチェックを入れて、完了をタップします。 メールアプリのトップに振り分けしたフォルダが表示されています。 未読メールの件数も表示されるので即確認できて便利です。 【送信メール】振り分け設定を適用させる iPhoneから送信するメールのサーバー上のフォルダを「送信BOX」に設定しておく必要アリ 送信メールも振り分けルールに沿うことができます。 ただ、初期状態ではルールが適用されません。 これはiPhoneのメールアプリが初期状態だとドコモメールのサーバー上の「Sent Messages」に保存されるためです。 この「Sent Messages」を「送信BOX」に変更することで振り分けルールが適用されることとなります。 関連記事: まとめ。 iPhoneでドコモメールのルール振り分けは送受信とも使えるし、プッシュ通知にも対応してる 初期設定がちょっとややこしいけど1回やっちゃえばOK こんな感じで設定していけば、iPhoneでもドコモメール上で設定したルールに乗っ取った振り分けが送受信メールどちらも可能です。 受信時のプッシュ通知も普通にできます。 最初は正直、面倒くさいですが、一度設定すれば後は使うだけなのでiPhoneでドコモメールを使う人は最初だけガッツリ設定してみておいてはいかがでしょうか。 こう考えるとAndroidの純正ドコモメールアプリってありがたいなぁ。。 [関連記事] ・ ・• カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の