過去 の ツイート 遡る。 ツイッター検索で日付・期間指定して自分の過去ツイートを探す3つの方法【twitter】

Twitterで過去の自分のツイートを検索して見る方法を完全解説!|アプリ村

過去 の ツイート 遡る

最初のツイートから古い順に見る方法 TwitterのAPI上、最大で3,200件前までしか遡ることができないのですが、というサービスを利用すれば古い順から新しい順にツイートを見ることができます。 これまでのツイート数が3,200件未満であれば最初のツイートから最新のツイートまでを確認することができます。 サイトにアクセスしたら「Twitter IDでログイン」をタップしてログイン情報を入力し、お使いのTwitterアカウントとフリカエッターを連携させます。 連携が完了したら「 Twitter IDを入力」という欄に自分のユーザー名を入力してふりかえるをタップして下さい。 そうすると古い順から新しい順にツイートが表示されます。 その他にもTwitterアカウントを作成して何日目であるかも知ることができます。 他人のTwitterも確認できる! フリカエッターは自分のツイートだけでなく、他人のツイートも最初から古い順に見ることができます。 ふりかえるボタンの下側に自分がフォローしているユーザーの一覧が表示されているので、そちらから選択していただいても良いですし、フォローしていないユーザーであっても 「 Twitter IDを入力」にユーザー名を入力すれば閲覧可能です。 初めてのツイートを調べる方法 ツイート数が3,200件未満であればフリカエッターで初めてのツイートを確認することができるのですが、ツイート数がそれ以上になると初めてのツイートを確認することができません。 初めてのツイートのみをピンポイントで調べられるサービスにTwitter公式の「Discover your first Tweet」というサービスがあったのですが、現在は閉鎖されているのでツイートの日付指定とユーザー指定を利用して調べる必要があります。 以下の情報をツイートの検索欄に入力すると調べられます。 0220nicole since:2014-04-01 until:2014-04-30 アカウントを登録しただけで登録年月に必ずしも最初のツイートを行っているわけではないのと、過去にツイートを削除している可能性も考えられるので、ツイート検索しても何も表示されない場合は日付を若干変更してみて下さい。 著名人の最初のツイートまとめ ここからは上記で解説した方法を用いて調べた著名人の最初のツイートをご紹介致します。 前澤友作さん 1億円のお年玉キャンペーンでリツイート数の世界記録を達成したZOZOTOWNの前澤社長の初めてのツイートはこちら。 企業家倶楽部のみなさんの強い勧めもあり、twitterはじめてみます。 よろしくお願いします。 () HIKAKINさん 日本を代表するトップYouTuberのHIKAKINさん。 最初のツイートを投稿した際もYouTubeの編集を行っていたのでしょうか。 pcイジイジ() 米津玄師さん 2018年の紅白歌合戦出場で大きな話題を呼んだ米津玄師さんの初めてのツイートはやはり音楽関係! 作曲() 渡辺直美さん Instagramではぶっちぎりで日本一のフォロワー数を誇る渡辺直美さんの初ツイートは… 1週間ぶりに家に帰ってきた() まとめ Twitterで最初のツイートから古い順に見る方法や初めてのツイートを調べる方法は以上です。 自分の最初のツイートを調べ終わったらフォローしているユーザーやフォロワーさんの最初のツイートも調べてみて下さい。

次の

Twitterで過去の自分のツイートを検索して見る方法を完全解説!|アプリ村

過去 の ツイート 遡る

過去のツイートを遡る方法 キーワードから検索する 検索したい言葉が既に決まっているのであれば、トップページの検索窓を使って過去のツイートを検索するという方法を最初に紹介できます。 まず、検索欄につぶやきを見たいアカウントのIDを入力して、空白を挟んでから見つけたいキーワードを書いて、検索します。 すると、そのアカウントが昔ツイートした当該キーワードを含むツイートが、投稿が新しい順番に表示されていきます。 すべての過去ツイートを遡れないことが難点ではありますが、ピンポイントでつぶやきを見つけたい場合にはとても有効な方法です。 例えば誕生日や記念日がいつだったか気になった場合などに、相手のアカウントと一緒に誕生日と書いて検索すると、情報が手に入るかもしれません。 期間を絞ってツイートを遡る キーワードで絞るのではなくて、そのアカウント全体のツイートを一気に遡りたいということならば、タグを入力するような形で過去の投稿を見つけることができます。 仮にabc1234というアカウントのツイートを2018年1月1日から2018年1月31日まで見たい場合には、こう書きます。 from:abc1234 since:2018-1-1 until:2018-1-31 この文字列を書き込んで検索してみると、この期間中に投稿されたすべてのツイートが一覧で表示されます。 自分自身が去年の1月に何をしていたか気になったときや、特定のアカウントがある一定の時期に書いていたツイートが気になったときは、この方法で遡りましょう。 自分の過去ツイートをすべて読みたいとき 過去に自分で行ったすべてのツイートを読みたいときには、Twitterデータをダウンロードすることで情報をゲットできます。 最初にホーム画面を開いて、設定タブから【設定とプライバシー】、次いで【アカウント】をタップして、【Twitterデータ】を選びましょう ページの下のほうにパスワードを入力する項目がありますから、ここにパスワードを入れて、【アーカイブをリクエスト】します。 ツイートの件数によっては長い時間がかかることがありますが、準備が整うと、zip形式で過去のツイートをすべて取得できます。 かなり昔の投稿になるとリロードをしても表示されなくなってしまいますが、アーカイブを取得すれば第一回目のツイートから見直すことが可能です。 外部サービスから遡る方法 外部アプリの中で特に優秀なのがで、最も新しい100件しか表示されないというデメリットはありますが、過去ツイートを見やすく表示できます。 日付ごとにまとめられることがメリットになっており、特定の日にちに行われたツイートを、自分のアカウント・他人のアカウントを問わず見つけられます。 さらに古いツイートを見つけたい場合にはを利用すると、最新分の3200ツイートを振り返ることができます。 こちらもIDを入力して検索するだけで昔のツイートを見つけられるので、覚えておきたいサービスの一つです。

次の

Twitterで過去ツイートを遡る方法【自分/他人】

過去 の ツイート 遡る

見返したい、が… 日々の何気ないつぶやきでも、何年も散り積もると立派なライフログとなっていたりします。 ご存知のように 過去のツイートは自動で蓄積されていきますが、これをiPhoneなどで遡るのは結構大変です。 古いツイートへスクロールしていけば、ある程度までは遡れますが、何百何千となると途中で読み込めなかったりしてもうお手上げ。 自分の初投稿とか気になりませんか?こんなときに使える便利な方法を紹介します。 過去ツイートにたどり着くまで まずは、パソコンでTwitterにアクセスしてログインします。 ダウンロードしたzipファイルを解凍するとフォルダ構成はこんな感じ。 ツイートは年、月別に分類されています。 これだけたまっているとなんだか感慨深いですね…。 始めた当初と比べて最近は全然つぶやいていないのが一目瞭然笑。 思い出の残し方 この記事を書きながら自分の過去ツイートを見返してると、「あ、こんなこともあったっけ」みたいな取るに足らない日々の小さな出来事がたくさんで、思わず懐かしい気持ちになってしまいました。 私は全てにおいて面倒くさがり屋なので、日常的に写真を撮ったりや日記を書いたりはしていません。 ただ、少しでも日々の記録を残すため、これからもツイートくらいはちょっとずつ続けてみようかななんて思ったり。

次の