アマゾンマスターカードゴールド メリット。 Amazonゴールドカードはお得なの?Amazon利用者が使うメリットや価値を解説!

Amazon Mastercard(アマゾン マスターカード):sva.wistron.com

アマゾンマスターカードゴールド メリット

スポンサーリンク 1. Amazonマスターカードの「家族カード」の基本情報 Amazonマスターカードで発行できる家族カードの基本情報をまとめていきます。 何枚まで発行が可能なのか、年会費や貯まるポイントなどについても詳しくみていきます。 申し込み枚数は3枚まで!年会費は無料 家族カードの発行枚数については、本会員1人に対して 3枚まで申し込むことができます。 そして、「クラシック」「ゴールド」共に年会費は何枚発行しても 無料です。 家族カードで貯めたポイントは本会員に集約 家族カードをショッピングなどで利用した場合に貯まるポイントは、 本会員のカードのアカウントに集約されます。 家族カードを持っている人のアカウントに貯まるわけではありません。 ポイント還元率は少し複雑 家族カードを利用した時のポイント還元率については少し複雑な仕組みになっています。 まず、Amazonマスターカードの基本的なポイント還元率をみていきます。 Amazonマスターカード クラシック Amazonマスターカード ゴールド Amazonでのお買い物 プライム会員 2. 5% Amazon以外での利用 -- 1. 0% このようになっています。 クレジットカードに付帯している家族カードでは、本会員のポイント還元率がそのまま適用されることが多いですが、気になるのは「Amazonマスターカード クラシック」です。 こちらはプライム会員か否かによってもらえるポイントが異なります。 Amazonマスターカードの家族カードでは、 カードの利用者がAmazonプライムに加入していなければポイント還元率2. 0%とはなりません。 あくまでここでは個々人のプライム会員資格の有無が重要となります。 家族カード利用者がAmazonプライムに加入していなければ還元率は1. ただ、Amazonプライム会員には 「家族会員」という仕組みがあります。 これは、Amazonプライムに登録した本人以外でも、 同居する家族2人までを家族会員としてプライム特典(配送に関するサービスのみ)が利用できるというものです。 こちらを利用して家族カードの利用者を 「プライム家族会員」にすれば、「Amazonマスターカード クラシック」の 家族カードのポイント還元率を2. ゴールドカードに関しては、家族カードでもポイント還元率は2. 年会費と保険が魅力!Amazonマスターカード「家族カード」のメリット 「家族カード」を発行することによって得られるメリットを紹介していきます。 年会費無料でクレジットカード発行可能 やはり家族カードの魅力の1つは 「年会費」です。 年会費無料でクレジットカードを発行でき、Amazonマスターカードの場合はポイント還元率も高いのでお得に利用可能です。 クレジットカードの発行が難しい主婦や学生の方でも、家族カードなら本会員の支払い能力が審査基準となるので、発行のハードルも低くなっています。 また、ゴールドカードであっても家族カードなら年会費が無料です。 Amazonマスターカード ゴールドはAmazon利用時のポイント還元率が2. 家族カードにも保険が適用される Amazonマスターカードでは、家族カードにも本会員並みの保険が付帯します。 「Amazonマスターカード クラシック」では、ショッピング補償しか付帯していませんが、「Amazonマスターカード ゴールド」では、 国内・海外の旅行保険が付帯しています。 また、Amazonマスターカードの保険の適用範囲を考えると、本カードの 「家族特約」を利用するよりも、 家族カードを発行した方がより広い範囲をカバーできます。 詳しい内容はこちらの記事での解説をご覧ください。 家族で海外旅行などに行く機会がある人は、 「Amazonマスターカード ゴールド」+「家族カード」を発行して、万全の保険を備えておくといいでしょう。 Amazonマスターカード「家族カード」の注意点 Amazonマスターカードの「家族カード」には上記のようなメリットが得られるので大変おすすめですが、いくつかの注意点も把握しておく必要があります。 Amazonマスターカード ゴールドの「プライム特典使い放題」はなし 「Amazonマスターカード ゴールド」には、 Amazonプライムが使い放題になる特典が用意されています。 また、Amazonプライム会員では、「プライム家族会員」として本人以外の2名を登録できるとなっています。 しかし、「Amazonマスターカード ゴールド」に付帯しているAmazonプライム使い放題特典は、 家族会員のアカウントには適用されません。 テンポラリーカードは本人のみ Amazonマスターカードでは、 即時審査というサービスを実施しています。 カードを発行するための所定の審査を受ける前に、利用枠3万円の仮カード(テンポラリーカード)を発行できます。 申し込みをしてからすぐにクレジットカードの利用ができるサービスですが、これを家族会員が利用することはできません。 あくまでテンポラリーカードを発行できるのは 本人のみです。 まとめ Amazonを頻繁に利用する人にとって大きなメリットのあるAmazonマスターカード。 家族カードでも、本カードと同等のサービスを受けることができます。 年会費が無料なので、少なくともデメリットになることはないでしょう。 家族カードがあると、家族もクレジットカードを利用できますし、利用明細も一本化できるので家計の支出をよりわかりやすくすることができます。 また、海外旅行によく行く人はゴールドカードの付帯保険にも注目すべきです。 家族カードを発行することによって、より充実した保険を取り揃えることができます。 家族カードの特徴やメリットをしっかりと理解した上で発行してみてください。

次の

Amazonゴールドカードの特典とメリットは?本当にお得なのか分かりやすく解説

アマゾンマスターカードゴールド メリット

読みたいところだけ読むための目次• 結論:Amazonプライム会員なら入って損なし! 先ずは結論から・・・・ Amazonのゴールドカードは実質年会費 420円で特典多数で超お得。 Amazonで買い物をすれば420円もあっという間にポイント還元で 実質無料にも出来る。 特に現在、Amazonプライム会員ならゴールドカードを持たない理由が見当たらない。 その他特典も充実。 では、実質420円の年会費というのはどんな計算から出た数字なのでしょうか。 「マイ・ペイすリボ」に登録すると年会費が半額 いきなり大きな割引ですが、 「マイ・ペイすリボ」なるものに登録するだけで 年会費が半額になります。 これで5400円になるわけです。 「マイ・ペイすリボ」とはカード請求支払額を毎月一定額にするクレジットカードの設定のことなんですが、この設定を変更しておかないと余計な利息が取られてしまうので入会後に必ず一括の支払い額を変更しておきましょう。 月に200万円も使う人はあまりいないと思いますので200万円くらいに設定しておけば安心です。 2年目以降は更に1,080円引き! web明細の利用と 初年度6回以上のアマゾン利用で2年目以降は更に 1,080円引きとなります。 これで年会費が4,320円になりますね。 初年度は1500円になりますね。 年会費にはAmazonプライム年会費が込み! 実は、この残り4,320円の中に Amazonプライムの年会費が込みなんです。 Amazonプライムの年会費は 3,900円ですので、これを引いて420円がゴールドカードとしての年会費となるわけです。 420円でゴールドカードが持てるのはAmazonくらいです。 いくら買い物をすれば年会費420円もペイするか? Amazonゴールドカードにはポイントプログラムもあります。 もう一つあるクラシックカードの方は、Amazon co. jpでのお買い物で1. 5%のポイント還元率なのですが、 ゴールドカードは2. 年間16,800円以上のお買い物で420円分以上のポイントが付く計算になります。 私も最初は16,800円も買い物しないよと思っていたんですが、月に1,400円ですからね。 結構あっという間に利用しています。 Amazon co. jp以外の支払いでも1. その他特典も充実! Amazonゴールドカードは年会費が実質無料になるだけではありません。 一般的なゴールドカードとして十分な特典ももちろん付いています。 旅行保険が付いている!• 海外旅行保険最大5000万円• 国内旅行保険最大5000万円• ショッピング保証最大300万円 これは旅行を良くする人にも十分な補償ですね。 海外でケガや病気になった経験のある人もいるかと思いますが海外の医療は法外な額が請求されることがありますので安心のために必ず保険に入りましょう。 Amazonゴールドカードなら持っているだけで保険が適用されますから安心です。 空港ラウンジの利用が出来る! 国内主要28空港41箇所のラウンジが利用できる。 41箇所もあるのでほとんどの空港でラウンジが使えます。 出発前にラウンジでゆったりした時間を過ごせるのもAmazonゴールドカードの特典の一つです。 まとめ 結論は出ていますが、今現在Amazonプライム会員であれば当然Amazonでの買い物が多いわけですから実質年会費無料となれるので入会しない理由はありません。 現在、Amazonプライム会員以外の人でもAmazonプライムの特典(送料無料や無料の映画・音楽・本など)を利用する様になることを考えるとあっと言う間に年会費をペイすることが出来ます。 とにかくデメリットが無いゴールドカードです。 Mastercardがブランドとして嫌い!とかいう理由がなければ誰にでもメリットのあるカードです。 Amazonのサービスを上手に利用してお得にショッピングを楽しみたいですね。

次の

Amazonカードを作るならクラシックとゴールドのどっちがお得?

アマゾンマスターカードゴールド メリット

Amazon Mastercardの特徴とメリット・デメリット Amazon Mastercardの特徴とメリット・デメリット Amazonでネットショッピングをする方の中には、Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)を作ろうと考えている方も多いでしょう。 Amazon MastercardはAmazonで利用するとポイントが大量に貯まるクレジットカードなので、Amazonを頻繁に使うのであればぜひ持っておきたいと考えますよね。 Amazon Mastercardには、「Amazonでのポイント還元率が高い」「カードの即日発行が可能」といったメリットがあります。 しかし、 Amazonの利用頻度や使い方次第では、Amazon Mastercardよりも別のクレジットカードを作るほうがメリットは多くなります。 Amazonユーザーの方はAmazon Mastercardの特徴とメリット・デメリットを正しく理解し、自分に合ったクレジットカードを作りましょう。 年に1度でもカード利用すれば年会費無料• Amazon内でのショッピングでポイント還元率1. 段ボールのような券面デザインが人気 上位カードである「Amazon MasterCardゴールド」は、Amazonプライムが無料で利用でき、海外旅行保険も自動付帯。 Amazon Mastercardの特徴はプライム会員が優遇される点 Amazon mastercardの特徴は、プライム会員が優遇される点です。 プライム会員がAmazon Mastercardを発行した場合、年会費やポイント還元率など、利用条件が優遇されます。 また、Amazon MastercardクラシックやAmazon Mastercardゴールドの発行を検討している方の多くはAmazonユーザーであるため、Amazonポイントの貯まりやすいAmazon mastercardはおすすめできるクレジットカードと言えます。 ただし、Amazon mastercardの特徴には、メリットだけでなくデメリットもあります。 そのため、Amazon mastercardの発行を検討している方は、申込前にメリットとデメリットを確認しておきましょう。 Amazon Mastercardのメリット Amazon Mastercardのメリットは、以下のとおりです。 【Amazon Mastercardのメリット】• Amazonでのポイント還元率が高い• 年会費に割引が適用される• 即時審査サービスを利用すればカードの即日発行ができる Amazon Mastercardには即日審査サービスがあるため、Amazon Mastercardを申し込んだその日のうちにカードを利用できます。 カード保有に際しては年会費が発生する場合もありますが、ポイントが貯まりやすいカードなので、Amazonで買い物をする頻度が多ければ、年会費の元は取れるでしょう。 Amazonでのポイント還元率が高い Amazon Mastercardは、Amazonでのポイント還元率が高いクレジットカードです。 具体的なポイント還元率は、以下のとおりです。 【Amazon Mastercardのポイント還元率】 カード名 クラシック ゴールド ポイント還元率 (Amazon) プライム会員は2. 0% 非プライム会員は1. 5% 2. 0%、Amazon Mastercardゴールド(ゴールドカード)をAmazonで利用した際のポイント還元率は2. 5%です。 なお、クレジットカードのポイント還元率は0. 5%が平均です。 ポイント還元率が高いことで知られる楽天カードやオリコカード・ザ・ポイントであっても、ポイント還元率は1. 0%しかありません。 他のクレジットカードと比較すると、Amazon MastercardをAmazonで利用したときのポイント還元率は高いことが分かります。 そのため、Amazonの利用頻度が高い方であれば、Amazon Mastercardは持っていて損のないクレジットカードと言えるでしょう。 AmazonのヘビーユーザーでなければAmazonポイントを貯めるメリットはない Amazon Mastercardで貯められるポイントはAmazonポイントです。 有効期限はポイント獲得日から1年間ですが、ポイントの変動(ポイントを獲得する、ポイントを利用するなど)があると、有効期限が自動的に延長されます。 Amazon Mastercardを持っていればポイントは毎月獲得できるので、 Amazon Mastercardを作れば、Amazonポイントの有効期限は実質無期限となります。 Amazonポイントは、1ポイント=1円としてAmazon内で販売されている商品を購入する際に利用可能です。 ただし、 Tポイントをはじめとする他社ポイントとの交換には対応していないため、Amazonの利用頻度が少ない方にとっては使い勝手の良いポイントとはいえません。 「Amazonで利用するとポイント還元率が高くなる」「獲得できるポイントはAmazonでしか使えない」という点を考慮すると、Amazon MastercardはAmazonを頻繁に利用する方でなければ持つメリットがありません。 「Amazonを利用するときもあるけど、頻度は多くない」という方は、Amazon Mastercard以外のクレジットカードを作りましょう。 年会費には割引が適用される Amazon Mastercardでは、クラシックカード・ゴールドカードともに年会費が発生します。 各カードの年会費は、以下のとおりです。 【Amazon Mastercardの年会費】 カードの種類 クラシック ゴールド 年会費(税抜) 初年度年会費無料、2年目以降1,250円 10,000円 最近は年会費永年無料のクレジットカードが増えていますが、Amazon Mastercardはクラシックカード・ゴールドカードともに年会費が発生します。 ただし、 Amazon Mastercardは一定の条件を満たすと、年会費無料や割引が適用されます。 Amazon Mastercardの年会費を割引にするための条件と割引後の年会費は、以下のとおりです。 【Amazon Mastercardの割引後の年会費】 カードの種類 年会費(税抜) 割引が適用される条件 クラシック 初年度年会費無料、2年目以降1,250円 年1回以上のカード利用で翌年度の年会費が無料 ゴールド 10,000円 初年度:マイ・ペイすリボ選択で5,000円(税抜) 2年目以降:WEB明細書割引の利用で9,000円(税抜) マイ・ペイすリボの利用で5,000円(税抜) 併用した場合の年会費は4,000円(税抜) クラシックカードでは、年1回以上カードを利用すると翌年度の年会費が無料になります。 場所や金額は問わず、自宅近くのコンビニで100円のアイスクリームを買うだけでも条件を満たせます。 条件を満たすのは容易なので、クラシックカードの年会費は実質的に無料と言っても差し支えないでしょう。 一方、ゴールドカードは年会費を無料にできません。 ただし、 マイ・ペイすリボとWEB明細書割引を利用すれば、年会費を最大4,000円(税抜)まで下げられます。 マイ・ペイすリボとは、毎月の支払いを自動的にリボ払いにするサービスのことです。 マイ・ペイすリボもWEB明細書サービスも、カード発行と同時に申込可能なので、カード申込時にまとめて申し込みましょう。 ゴールドカードにはプライム会員の年会費も含まれている ゴールドカードには、Amazonプライム会員を無料で利用できる特典が付帯します。 言い換えるなら、ゴールドカードにはAmazonプライム会員の年会費が含まれているとも考えられます。 Amazonプライム会員の年会費は4,537円(税抜)です。 一方、ゴールドカードの年会費は最大で4,000円まで下がります。 つまり、 Amazonプライム会員の年会費を支払うよりも、ゴールドカードの年会費を支払うほうが、毎年の支払いを節約できるのです。 これからAmazonプライム会員になろうとしている方にとって、Amazonプライム会員の年会費を抑えられるだけでなく、Amazonポイントも貯められるゴールドカードは、大変魅力的なクレジットカードと言えるでしょう。 即時審査サービスの利用でカードの即日発行が可能 Amazon Mastercardには、カード申込時に利用できる「即時審査サービス」というサービスがあります。 即時審査サービスを利用すると、Amazon Mastercardの即日発行が可能です。 即時審査サービスを利用したい方は、カード申込時に「即時審査サービス」を選択しましょう。 即時審査サービスを利用してAmazon Mastercardを申し込むと、3分程度で入会審査が完了したのち、「Amazonテンポラリーカード」が発行されます。 Amazonテンポラリーカードとは、Amazon内での買い物に利用できる仮カードのことです。 仮カードといっても、物理的なカードが発行されるわけではありません。 カード申込が完了するとカード番号のみが発行されるので、発行されたカード番号を使えば、Amazonで最大3万円までショッピングを楽しめます。 即日審査サービスは、Amazon Mastercardを今すぐAmazonで使いたい方にとても便利なサービスです。 Amazonで買いたい商品がある方は、即日審査サービスを利用しましょう。 本カードの受け取りにかかる日数は7~10日 Amazon Mastercardの本カードを受け取るには、カード申込から7日~10日ほどの日数が必要です。 Amazon Mastercardには即日審査サービスがあるので、カードをAmazon内での買い物にしか使わないのであれば、本カードが手元になくても困らないでしょう。 しかし、Amazon MastercardをAmazon以外でも使おうと考えているのであれば、カードを使う時期までに本カードを手元に用意しておく必要があります。 そのため、Amazon MastercardをAmazon以外でも使いたい方は、本カードが必要になる時期の10日前までにカード申込手続を完了させましょう。 クラシックカードにはデメリットもある Amazon Mastercardのメリットを紹介してきましたが、クラシックカードにはいくつかのデメリットもあります。 クラシックカードのデメリットは、以下のとおりです。 【クラシックカードのデメリット】• クラシックカードよりもポイント還元率の高いカードがある• 海外旅行傷害保険が付帯しない Amazonでのポイント還元率が高いクレジットカードを探しているのであれば、クラシックカードにこだわる必要はありません。 複数のクレジットカードを見比べた上で、自分に本当にふさわしいクレジットカードを見つけましょう。 クラシックカードよりもポイント還元率の高いカードがある クレジットカードの中には、Amazonでのポイント還元率がクラシックカードよりも高いカードが存在します。 【Amazonでのポイント還元率が高いクレジットカードの一覧】 カードの種類 ポイント還元率 クラシックカード 1. 0%になります。 クラシックカードのポイント還元率は通常1. 5%なので、 JCB CARD Wやオリコカード・ザ・ポイントを利用するほうが、クラシックカードを利用するよりも多くのポイントを獲得できます。 Amazonでのポイント還元率が高いクレジットカードを作りたいのであれば、JCB CARD Wかオリコカード・ザ・ポイントを作成しましょう。 プライム会員になるとポイント還元率は2. 0%にアップする クラシックカードのポイント還元率は通常1. 5%ですが、Amazonプライム会員になるとポイント還元率が2. 0%にアップします。 しかし、 クラシックカードを持ちながらAmazonプライム会員になるのはおすすめしません。 ゴールドカードを持ったほうが毎年の年会費の支払いを抑えられるだけでなく、ポイント還元率も高くなるからです。 クラシックカードをお持ちの方がAmazonプライム会員になると、年会費として4,900円(税抜)が毎年必要になります。 また、カードのポイント還元率も2. 0%にしかなりません。 一方、 ゴールドカード会員の年会費割引制度を利用すると、毎年4,000円でAmazonプライムの会員資格を獲得できるだけでなく、カードのポイント還元率も2. 5%と高くなります。 Amazonプライム会員になる予定の方や、現在Amazonプライム会員の方は、クラシックカードよりもゴールドカードを保有するほうがメリットは多くなります。 Amazonプライム会員になる予定の方、現在Amazonプライム会員の方は、Amazon Mastercardクラシックではなく、Amazon Mastercardゴールドを選択しましょう。 海外旅行傷害保険が付帯しない クラシックカードには、海外旅行傷害保険が付帯しません。 一方、 Amazonでのポイント還元率が高いクレジットカードのひとつとして知られるJCB CARD Wには、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯します。 クラシックカードは、ポイント還元率の面でも海外旅行傷害保険の面でもJCB CARD Wに劣っています。 「ゴールドカードを作るほどではないけど、Amazonでのポイント還元率が高いクレジットカードが欲しい」と考えている方は、JCB CARD Wを作りましょう。 Amazon以外も利用する人はJCB CARD Wがおすすめ 「Amazonを利用する機会はあるけど、楽天やYahoo! ショッピングも同じくらい利用する」という方には、Amazon MastercardではなくJCB CARD Wをおすすめします。 Amazon MastercardをAmazon以外で利用した場合のポイント還元率は1. 0%です。 そのため、 Amazon Mastercardを楽天やYahoo! ショッピングで利用したとしても、獲得できるポイントは商品利用代金の1. 0%にしかなりません。 一方、JCB CARD Wの場合は、カード会社が運営するポイントアップサイトを利用すれば、 楽天やYahoo! ショッピングを利用した際に獲得できるポイントを2. 0%まで上げられます。 JCB CARD WはAmazonのポイント還元率も2. 0%にできるので、Amazon以外のショッピングサイトも利用するのであれば、JCB CARD Wのほうがポイントをバランスよく貯められます。 Amazon Mastercardは、Amazonでの利用に特化したクレジットカードです。 Amazon以外のショッピングサイトでの利用も考えているのであれば、JCB CARD Wを作るのがいいでしょう。

次の