尿酸 値 を 下げる 薬。 尿酸値を下げるには?即効の方法はあるのか?これが私の結論!

尿酸値を下げるには?即効の方法はあるのか?これが私の結論!

尿酸 値 を 下げる 薬

Contents• 尿酸生成抑制薬 尿酸は肝臓で作られますが、上の図のように尿酸はプリン体を代謝(身体から出すために形を変える)することで生じます。 その際に重要なのが キサンチンオキシダーゼという酵素です。 この酵素があることでプリン体が尿酸となる反応が起きやすくなり(反応が活性化する)、身体から排泄されます。 しかし、尿酸が高い人にとってはできれば尿酸は作られてほしくないものですよね? そのため、尿酸生成抑制薬はこのキサンチンオキシダーゼという酵素の働きを抑えることで尿酸の生成を低下させます。 名称としては以下のような薬です。 尿酸が高くなる原因として多いのは尿酸排泄低下型で約60%程度です。 混合型を合わせれば、それ以上の割合である尿酸排泄的を解消しようというのがこの薬です。 ここで少し腎臓の話にそれますが、そもそも腎臓は血液中の不要物を濾過してきれいな血液にするための臓器です。 実際に身体の外に出る尿は1日に1~2リットル程度であり、原尿のほぼ全て(約99%)が身体の中に戻っていることが分かるかと思います。 上記の流れを簡単に言うと、ザルのようなもの(糸球体)で本当に必要なものだけは残すようにして大雑把に原尿を作り、そこから必要なもの(水分と栄養素等)を回収するというのが腎臓の役割であり、回収されなかったものが尿となり体外に排泄されているということです。 ここで尿酸の話に戻りますが、尿酸は最初のザルはほぼ通るけどそのあとで90%近くが回収されるという性質があるため、その回収作業をできなくして尿酸値を下げる(身体の外に出す)のが尿酸排泄促進薬です。 名称としては以下のような薬です。 というのも、尿酸排泄促進薬で尿の中の尿酸が増えてしまうと尿酸が濃くなり過ぎて尿路結石を起こす可能性があるため、尿をアルカリ化して結石の発生を抑制するのが目的です。 それぞれの薬の使い方 尿酸値が高くなる原因と高くなることで注意が必要な疾患については以下の記事でまとめています。 それは、 副作用や薬としての使用しやすさの点で比較した際に尿酸排泄促進薬よりも尿酸生成抑制薬の方が良いためです。 尿酸排泄促進薬の特徴 特徴 尿酸排泄低下型に適した働き方をする 尿中の尿酸が増えることで尿路結石ができやすくなる ベンズブロマロンは肝機能障害を起こすことがある 高尿酸血症の原因として尿酸排泄低下型が多いのであればそれに合った働き方をする薬(尿酸排泄を多くする薬)を使用することが本来であれば適しているのですが、デメリット部分の「 尿路結石」や「 肝障害」があるために、全体の使用量としては少ないのが尿酸排泄促進薬です。 「尿路結石」は以下のような要因で起きやすくなります。 尿量低下(水分摂取不足) 酸性尿 尿中尿酸排泄量の増加 尿酸排泄促進薬は上記のうち、「尿酸排泄量」を増加させるため、他の要因を改善することで尿路結石を作らせないようにします。 具体的には、「1日に2リットル以上水分を摂取する」、「尿アルカリ化薬を併用する」などです。 そうすることで尿路結石の発生を予防します。 また、肝障害はベンズブロマロンで報告されており、薬を使用する際のルールとしても「使用開始後少なくとも6か月間は必ず、定期的に肝機能検査を行うこと」とされています。 この肝障害については薬によって起きるものであり、尿路結石のように明確な予防法はありません。 そのために、「肝障害が起きやすい初期のうちは特に注意をして、もし症状が現れたらすぐに発見できるようにしましょう」と決められているのです。 過去に尿路結石や肝障害になったことがある人の場合には使えなかったり、細心の注意が必要になるため、薬を使用するにあたっての配慮すべき点が多いことが使用量の少なさにつながっています。 尿酸生成抑制薬の特徴 特徴 尿酸排泄促進薬に比べて重篤な副作用が起きにくい 尿路結石や肝障害がある人でも使うことができる 水分摂取目標がない 使用経験が短く、情報が少ない(フェブキソスタット・トピロキソスタット) 現在の 高尿酸血症に対する薬物療法のメインは尿酸生成抑制薬の使用です。 実際の現場でも、新規に治療を開始する場合、尿酸生成抑制薬(特にフェブキソスタット)が使用される印象が強いです。 尿路結石や肝障害を気にする必要が少なく、水分摂取目標もありません。 (水分摂取はした方が良いです) 尿酸生成抑制薬のデメリットは、アロプリノールを使用する際に腎臓が弱い人では使用量の調節が必要だったり、皮膚にアレルギー症状が出やすい報告があること、フェブキソスタット(2011年5月発売)とトピロリックは(2013年9月発売)と使用経験が短いことが挙げられます。 また、尿酸生成抑制薬がキサンチンオキシダーゼという酵素の働きを抑えることは前述しましたが、この酵素はカフェインの分解にもかかわっているため、カフェインの作用が強く出る場合があることも注意しなければならない点です。 最近ではフェブキソスタットに重大な副作用の懸念なども出ており、この点については近いうちに記事を作成予定です。 ベンズブロマロンでの肝障害など副作用についても記載しましたが、副作用は必ずしも起きるわけではありません。 注意事項として必要なため記載をしておりますが、半年から1年以上、安定して使えているのであれば不安になる必要は少ないと考えられます。 さらに詳しく知りたいという方は薬剤師向けの記事を近日中にアップする予定ですのでそちらをご覧ください。 では、次回もよろしくお願いします!.

次の

[痛風の予防策]薬を使わないで尿酸値を下げる方法

尿酸 値 を 下げる 薬

健康診断の項目のひとつに「 尿酸値」があります。 これは血液中の尿酸の濃度を示す値のことです。 尿酸が産生される量と体の外に排泄される量とのバランスによって、わたしたちの体のなかで毎日一定量に保たれています。 しかし近年、食生活の欧米化などライフスタイルの変化に伴って尿酸値の高い方が増える傾向にあります。 尿酸値が高くなるとどういったことが起こるのかといいますと、痛風や尿路結石といった激痛を生じる病気につながります。 高尿酸血症の患者には「肉食」「大酒飲み」「肥満」といった特徴がみられ、脂質異常症や糖代謝障害を合併することが多く、動脈硬化が起こりやすくなるといいます。 尿酸の原料はプリン体ですから、尿酸を下げる方法というなら「 プリン体の含まれている食品の摂取を控えればいいのでは?」と思われる方が多いかもしれません。 残りの尿酸は新陳代謝によって細胞が分解された際やエネルギー消費の際に体内にあるプリン体を原料として作られているのです。 痛風の原因となる血清尿酸値が7. 尿酸が作られる量が多すぎる• 尿酸が上手に排泄されない およびその両方が重なることが大きな原因となります。 ですから食事からのプリン体の摂取はもちろんのこと、体内で作られる尿酸を増やさないことが必要なのです。 Contents• 尿酸値が高い原因 尿酸値が高い原因には具体的に次のようなものが考えられます。 プリン体は動物の内臓や魚介類、干物などに多く含まれています。 7mg イサキ白子 305. 5mg あん肝(酒蒸し) 399. 2mg 鶏レバー 312. 4mg マアジ 245. 8mg サンマ 208. 8mg 大正エビ 273. 2mg 牛肉レバー 219. 8mg 豚肉レバー 284. 7mgと意外と少ないです。 飲酒 お酒を飲むことは、おつまみを合わせて食べることも含め尿酸値を上げる要素がたくさんあります。 アルコールを摂取すると体内の尿酸値が上がります。 さらに尿中への尿酸の排出を阻害します。 さらにアルコールの利尿作用によって尿酸が濃縮されます。 酒類に含まれる尿酸+高プリン体のつまみにより尿酸値が高くなります。 アルコールは代謝の際に尿酸値が上がるのでどの種類のお酒でも尿酸値を高くする要因にはなるのですが、プリン体の多さはビールがもっとも多くなります。 ビール大瓶1本 50mg程度 白子やレバー100gあたり 300mg程度 高尿酸血症・痛風の治療ガイドラインでは、「生活指導」の食事療法にプリン体として1日の摂取量は400mgを超えないようにするのが実際的、としています。 ビールに白子、焼き鳥のレバーなどといったお酒とおつまみの組み合わせは、尿酸値を高くするのにある意味最強の組み合わせだということがわかると思います。 血清尿酸値への影響を考えてお酒を飲むのであれば、目安量は1日• 日本酒1合• ビール500ml• ウィスキー60ml 程度と考えておきましょう。 そのため、短距離走や筋トレなどの激しい運動(無酸素運動)を行いますと、新陳代謝が活発になって尿酸値は急上昇してしまいます。 肥満 肥満は体内でのプリン体の合成を促進します。 また肥満になるとインスリン抵抗性によって尿酸の再吸収が促進され、結果尿酸の排泄低下を招きます。 ストレス ストレスは尿酸値を上昇させてしまうだけでなく、ストレスによって痛風発作が起こりやすくなります。 尿酸値を下げる方法は? 厚生労働省の生活習慣病予防のための健康情報サイトによりますと、高尿酸血症の食事療法では、• 細胞由来の尿酸を増やさない• 食事由来のプリン体を増やさない• 尿酸を上手に排泄させる この3つのことを目的としています。 具体的には以下のような生活改善が必要です。 食事の量を減らす• すべてのアルコールの量を減らす• 脂肪分の多い食事やプリン体の多い食事を控える• 水分と野菜を多くとる• プリン体の過剰摂取を控える プリン体はほとんどの食品に含まれるものなので摂取しないというのは無理ですが、過剰な摂取を制限するため、プリン体の多い食品に気をつけるように心がけましょう。 アルカリ性食品で尿をアルカリ性にする 尿がアルカリ性だと尿酸が溶けやすく排泄されやすいため、アルカリ性食品を積極的に摂ることも大切です。 通常の尿は弱酸性なのですが、飲酒やプリン体の多い食事などにより酸性に傾きがちになります。 尿酸は、アルカリ~中性によく溶けますので、海藻類や野菜、芋類などのアルカリ性食品を毎日摂るようにしましょう。 海藻類 ひじき わかめ 昆布 きのこ類 干し椎茸 野菜類 ほうれん草 ごぼう にんじん キャベツ 大根 かぶ なす 芋類 さつまいも 里芋 じゃがいも 果物類 バナナ メロン グレープフルーツ アルカリ性食品とは…?と思われる方もいらっしゃると思います。 食品には「酸性食品」と「アルカリ性食品」とがあるのです。 食品の場合、食品そのものではなく食品に含まれるミネラルが酸性なのかアルカリ性なのかで判断します。 たとえば梅干しの場合、いかにも「酸性」というイメージがありますが、実は梅干しはからだのなかに入るとアルカリ性に変化する「アルカリ性食品」です。 牛乳やヨーグルトなどの乳製品を食べる 乳製品は血清尿酸値を低下させて痛風のリスクも増加させないため、積極的摂取がおすすめです。 牛乳やヨーグルトに含まれるカゼインという成分は胃腸で分解され、アラニンという成分に変わります。 このアラニンが腎臓の働きを助け、尿酸の排泄を促してくれるのです。 納豆は痛風に良くない? 生活習慣病予防に役立つと言われいかにも体にいいというイメージのある納豆ですが、痛風に関しては「プリン体が含まれているから良くない」という意見もあります。 実際のところは納豆のプリン体は100gあたり113. 9mg、納豆1パックあたりは50g程度なので、57mg程度といったところでしょうか。 プリン体含有量は200~300mg以上は多いとされますが、50~100mgは少ないとされていますし、納豆のプリン体含有量は多くないと言えるでしょう。 よいとされる食品にはこのようにいくつかあるわけですが、大切なのは適正な量をバランス良く食べることです。 良いと言われるものでも偏って食べ過ぎないよう注意しましょう。 尿酸値を下げる飲み物 水 尿酸値を下げる飲み物として、まず大切なのは水です。 飲水量を多くして尿量を増やすことは、尿酸の排泄を助けます。 目安として1日2リットル以上の尿量を保つように、十分な飲水を心がけましょう。 十分な飲水といっても、糖分の多いジュースやアルコール飲料を水代わりに飲むことはNGです。 また、牛乳などの乳製品が血清尿酸値を低下させると紹介しましたが、こちらも水代わりにはなりませんので水分は水分で十分摂るようにしましょう。 アルカリ性食品は尿酸を排泄しやすくするので「それならアルカリイオン水もいいのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 たしかに「痛風の予防に」などと紹介されていることがありますが、アルカリイオン水はその内容に誇大な宣伝が多いとして国が通達を出したこともあります。 飲水量を多くして尿量を増やすことは厚生労働省がすすめています。 特別な水ではなく普通の水で大丈夫ですから、飲水量は意識して増やしてみましょう。 牛乳 前述のとおり、牛乳などの乳製品は血清尿酸値を低下させます。 さらに、牛乳はプリン体がゼロです。 ただし、豆乳にはそうした成分は含まれておらず、また豆乳はプリン体を含んでいます。 豆乳は確かに健康に良い成分が豊富に含まれていますが、尿酸値のことに特化して考えるのであれば牛乳のほうがおすすめです。 コーヒー 痛風の発症リスクについて、コーヒー摂取量が多い集団は痛風になりにくいという結果があるそうです。 お茶 お茶が尿酸値を下げるというよりも、飲水量を増やすという点で水やお茶を飲むといいでしょう。 酢(黒酢) お酢の健康効果は疲労回復効果などで良く知られていますね。 黒酢に含まれる酢酸は体内に入るとクエン酸に変化します。 クエン酸は体内で吸収されるとアルカリ性に変わるため尿のアルカリ化に効果的といわれています。 尿酸値を下げる運動 運動といってもジムでの筋トレなど特別なダイエットをする必要はありません。 尿酸値を下げるためには激しい運動ではなく、ジョギングなどの軽い有酸素運動を行うようにしましょう。 高尿酸血症の患者の7割にメタボリックシンドロームの可能性があると言われています。 メタボリックシンドローム改善のためにも、内臓脂肪を減少させることが重要です。 そして有酸素運動はその有効な手段のひとつになります。 尿酸値を下げるサプリメント 尿酸値を下げるのに役立つと言われている成分には、次のようなものがあります。 アンセリン アンセリンは動物の筋肉中に含まれているペプチドで、そのなかでもマグロやカツオ由来のアンセリンには尿酸を作りすぎない・尿酸を体外へ排出しやすくするといった効果があるそうです。 尿酸値にはたらきかけるサプリとしていろいろなものが販売されています。 クエン酸 クエン酸はレモンや梅干しなどに含まれる成分ですが、前述のとおり体内でアルカリ性に変わります。 尿がアルカリ性だと尿酸が溶けやすく、排泄されやすくなります。 DHA、EPA 尿酸値を下げるサプリで検索しますとDHA・EPAのサプリが出てくることがあります。 DHA・EPAといえば血液サラサラ成分として一般的に知られていますね。 DHAや EPAが尿酸値にどのように働きかけるか、はっきりとその根拠となるものは見つけられなかったのですが、尿酸の排出を促してくれる効果が期待できるとも言われています。 基本的には栄養の摂取は食事から摂取が望ましいですが、なかなかバランス良く野菜もあれもこれも摂るのは難しい…という方も多いのではないでしょうか。 日々の食生活を見直してみて、自分に足りていないかも?という成分をサプリメントで補うのも一つの手ですね。 サポニン 痛風が発症する原因は尿酸値が高いだけが理由ではなく、活性酸素が過剰発生しているケースが多いという研究結果もあります。 田七人参に多く含まれるサポニンには、活性酸素を抑制する効果があります。 また、腎臓の機能を向上させて体内の老廃物を排出することで、過剰な尿酸を体外に排出するのです。 さらに消腫効果もあるため、痛風による腫れにも効果があると言われてます。 おすすめのサプリメントは「」です。 尿酸を作る働きを抑える薬(尿酸生成抑制薬)• 高尿酸血症の治療は生活習慣を是正する食生活の指導がもっとも大切になりますが、痛風関節炎を繰り返したりや痛風結節がある場合には生活指導だけでは難しく、薬物治療となります。 薬物治療の目安• 血清尿酸値7. 血清尿酸値8. 血清尿酸値9.

次の

痛風の薬物治療〜尿酸値を下げる薬(=尿酸降下薬)

尿酸 値 を 下げる 薬

尿酸値を下げる薬に副作用ってあるの? 「尿酸降下薬」に副作用はあるの? 夜中に突然足に激痛が走って目が覚めて、やっとの思いで病院に行ったら痛風と診断された・・・なんて人もいるのではないでしょうか。 病院に行って痛風と診断されると、 治療は主に投薬で行われます。 薬の種類には発作に関するものと尿酸値を下げる「尿酸降下薬」の2つがあり、尿酸降下薬にも「尿酸排泄促進薬」と「尿酸合成阻害薬」の2種類があります。 ここで気になるのがなんといっても副作用ですね。 病院で処方される薬は市販薬やサプリメントと違い、 高い効果が見込める一方で副作用にも注意しなければいけません。 はっきり言ってしまうと、尿酸降下薬にも副作用の可能性はあります。 代表的なものとしては 肝障害、尿路結石、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症といったものが挙げられ、 他にも様々な副作用が報告されています。 ただでさえ痛いのに、 まさに二重苦です・・・。 「尿酸排泄促進薬」と「尿酸生成抑制薬」の違いと効果とは? そもそも血清尿酸値が7. タイプにはそれぞれ以下のような特徴があります。 尿酸排泄低下型:腎臓からの尿酸の排泄が悪くなっている 尿酸産生過剰型:尿酸が過剰に作られている 混合型:尿酸排泄低下型と尿酸産生過剰型が混在している 自分がどのタイプに属しているかは病院で調べることになります。 尿酸排泄低下型ならば尿酸排泄促進薬、尿酸産生過剰型ならば尿酸合成阻害薬を服用し、尿酸排泄や産生の機能を正常に戻す必要があるのです。 尿酸合成阻害薬では「ザイロリック」や「アロシトール」、尿酸排泄促進薬では「ユリノーム」や「プロベネシロ」が主な薬として挙げられます。 これらの薬は痛風の痛みを和らげるなどの効果はありませんが、長期服用によって尿酸値を下げたり、尿酸排泄を促すことができます。 しかし、服用にあたっては 一生飲み続けなければならないともいわれます。 新薬「フェブリク」なら副作用が抑えられるって本当? 一生飲み続けなければならない薬となると、副作用の心配はさらに大きくなりますよね。 僕も自分に合ったサプリメントに出会わなければ服用し続けることになっていたかもしれないので、他人事とは思えませんでした。 そんなとき目にしたのが 尿酸生成抑制薬の新薬 フェブリクについての記事です! フェブリクは従来のザイロリックより副作用や、他の薬との相互作用が少なくなっています。 さらに尿酸値を下げる効果もフェブリクの方が高いそうです。 尿酸値を下げる薬の他にも病気の治療などでいろいろな種類の薬を飲んでいる人だと、 相互作用の少ないフェブリクの方が飲みやすくなっています。 さらに副作用の心配も軽減されるとなればフェブリクを選びたくなりますが、 新薬であるフェブリクはザイロリックよりも高価なため、長期にわたって飲み続ける尿酸値の治療薬であることを考えると悩ましいところです。 できれば病院で薬を処方されるようになる前に、こまめに検査をしたりサプリメントで尿酸値を調整するなど、 日頃から尿酸値に気をつけた生活を送るようにしておきたいですね。

次の